2022年3月7日

アイフルおまとめローンとは?審査や口コミ、ペナルティについて解説!

アイフル おまとめローン
アイフルおまとめローンの評判を知りたいです!
アイフルおまとめローンのメリット・デメリットもわかると嬉しいですよね!

アイフルのおまとめローンについて、このような要望を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アイフルのおまとめローンついて評判やメリット・デメリットを紹介しています。

アイフルおまとめローンの評判・口コミ

  • アイフルおまとめローンは、さまざまなローンをまとめられるサービス
  • 来店不要の申込方法など、目的に合わせた申し込み方法もある
  • 融資限度額が800万円と比較的高い
  • 利用することで、現在の返済総額から少なくなる可能性もある
  • 実際にアイフルおまとめローンを利用している方からの評判も良い

さまざまなローンをまとめられる!

この記事を最後まで読むことで、アイフルのおまとめローンについて評判やメリット・デメリットを理解できるでしょう。

また、アイフル以外にもおすすめのカードローンや消費者金融を知りたい方は、「【金利比較】カードローン・キャッシングおすすめ11選|人気の会社を選ぶならどこがいい?」や「【比較】消費者金融おすすめ一覧|大手・中小の人気消費者金融はどこがいい?」を参考にしてください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、ご注意ください。

アイフルおまとめローンとは?

おまとめMAXの基本情報|申込条件や対象者など

名称 おまとめMAX
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 3.0%~17.5%
無利息期間 -
審査スピード 最短即日
担保・保証人の有無 不要
返済方式 元利定額返済方式

アイフルおまとめローンの魅力!

  • さまざまなローン・キャッシングをまとめられる
  • 多様な申込方法を選択できる
  • 土日祝日でも申し込みができる

さまざまなローンをまとめられる!

おまとめMAXは、アイフル株式会社が提供しているカードローン商品です。おまとめMAXは申込み条件が幅広く、比較的申し込みやすいことが特徴です。

おまとめMAXの魅力として、さまざまなローンやキャッシングをまとめられることが挙げられます。

そのため複数の会社から借り入れを行っている方は、おまとめMAXを利用することで借入の整理ができるため、返済の管理も楽になるでしょう。

土日祝日も申し込めるため、既存の返済を今すぐにまとめたい方におすすめのローン商品です。

さまざまなローンをまとめられる!

アイフルの口コミについて詳しく知りたい方は「アイフルの口コミ・評判は?利用している人の評価も紹介!」を参考にしてください。

おまとめMAXの審査

おまとめMAXの借入審査は、最短即日で終わる場合もあります。

また、公式サイトでは以下のような記述も見受けられます。

Q,[おまとめMAX・かりかえMAX] 審査に通る自信がないのですが、申込んでも大丈夫ですか?

まずはお気軽にお申込みください。定期的な収入がある20歳以上のお客様すべてが審査の対象です。

上記からもわかる通り、比較的申し込みの対象者は広いと言えるでしょう。

さまざまなローンをまとめられる!

一方で、借入をしている会社があまりに多い場合や過去に返済遅延履歴が複数回ある場合、個人情報について虚偽の記入をした場合は審査に通らなくなることがあるため注意が必要です。

収入さえあれば比較的申し込みやすいと言えますね!

アイフルおまとめローンのメリット5つ

アイフルおまとめローンのメリットとして、以下の5つが挙げられます。

メリットを知ることで、より良い条件でのローンに借り換えられる可能性があるでしょう。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

返済額が少なくなる可能性がある

アイフルおまとめローンのメリットとして、返済額が少なくなる可能性があることが挙げられます。

アイフルのおまとめローンを利用することで借入金利が下げられると、支払利息の負担が減少されます。そのため返済総額も減る可能性があるでしょう。

その具体的な例について、以下の表で示しています(※4年間48回払い、元利定額返済方式の場合)。

借入先 金利 返済総額(返済期間4年)
・A社:20万円
・B社:50万円
・C社:30万円
18.0% ・A社:281,952円
・B社:704,976円
・C社:422,976円
計:1,409,904円
アイフルおまとめローン:100万円 15.0% 1,335,840円

おまとめローンを利用することで、高い利息を支払わずに済む場合もあります。

まとまった金額を返済する際は便利ですね!

さまざまなローンをまとめられる!

さまざまローンをまとめられる

アイフルおまとめローンのメリットとして、さまざまローンをまとめられることが挙げられます。
アイフルのおまとめローンの対象は以下の通りとなっています。

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • クレジットカードのリボ払い
  • 信用金庫・労働金庫からの借り入れ

銀行や信用金庫などでの借入もまとめられるため、さまざまな種類のローンを1つにまとめられます。

ただし住宅ローンや車のローンは対象外となっています。また返済総額が高いと審査に通りづらくなることがあります。

ご自身の目的に合わせた申し込み方法がある

アイフルおまとめローンのメリットとして、ご自身の目的に合わせた申し込み方法があることが挙げられます。
アイフルおまとめローンの申込方法は以下の通りとなっています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WEB

アイフルおまとめローンの申込方法として、WEB申し込みがあります。

WEB申し込みは24時間申込が可能なため、忙しい方でも隙間時間に申し込み手続きが行えます。また郵送物が自宅に届くことがなく、アプリで借入の管理ができることもメリットと言えます。

スマホアプリから申し込むと、本人確認書類などもスムーズに提出できるため、郵送の手間などもかかりません。

WEB申込では最短25分でローン実行まで完結するため、時間がない方にもおすすめです。

ただし審査結果については電話でお知らせが来る場合もあります。

夜中や祝日でも申し込めるのはありがたいですね。

さまざまなローンをまとめられる!

来店

アイフルおまとめローンの申込方法として、来店による申込が挙げられます。

来店申込では、最短即日で審査が完了する場合があります。また契約までサポートしてくれるためATMの操作にが不安な方でも申し込みがしやすいでしょう。

来店申込みは平日10時〜18時までであり、本人確認書類と収入証明の準備が必要である点に注意が必要です。

郵送

アイフルおまとめローンの申込方法として、郵送による申込が挙げられます。

郵送による申込はWEBでの申込方法がわからない方でもスムーズに契約できることが特徴です。郵送の際にはアイフルの社名が入っていない封筒で郵送されるため、周りの目を気にする心配もないでしょう。

ただし最初の申込みはwebまたは電話で申し込む必要があります。また郵送による書類のやり取りには時間がかかるため、余裕を持って申し込むことをおすすめします。

Webの操作がわからない方でも申し込みやすいですね!

さまざまなローンをまとめられる!

申込対象者の幅が広い

アイフルおまとめローンのメリットとして、申込対象者の幅が広いことが挙げられます。

申し込み対象者について、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

貸付対象者
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

アイフルおまとめローンはアルバイトやパートなでで定期的な収入があれば、学生や主婦でも申込ができます。

ただし収入が少なかったり、借入額が大きかったりする場合は審査に通りづらくなることもあります。

少額の返済でもまとめやすいと言えますね。

融資限度額が比較的高い

アイフルおまとめローンのメリットとして、融資限度額が比較的高いことが挙げられます。

アイフルおまとめローンの融資限度額は800万円となっています。借入限度額について、他の消費者金融業者と比較しています。

業者・商品名 限度額
東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン) 1,000万円
アイフル「おまとめMAX」 800万円
プロミスおまとめローン 300万円

なお、返済額をまとめることで返済期間が長くなることもあります。返済期間が長引くと利息が増える場合があるため、おまとめローンの利用時には事前にしっかりとシミュレーションを行いましょう。

多重債務の場合でも申し込みやすいと言えますね!

さまざまなローンをまとめられる!

アイフルおまとめローンのデメリット3つ

アイフルおまとめローンのデメリットとして、以下の3点が挙げられます。

あらかじめデメリットを確認しておくことで、申込時に気を付けるべきポイントを知っておくことができます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

アイフルからの追加借り入れができなくなる

アイフルおまとめローンのデメリットとして、アイフルからの追加借り入れができなくなることが挙げられます。

おまとめローン利用時の注意点として、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

おまとめローンの注意ポイント
追加の借入れはできない

そのため、急な出費でキャッシュフローが苦しくなった場合でも追加で借り入れることができません。

おまとめローンを利用する際には、これ以上ローンを利用する必要がないように十分返済計画を立てる必要があります。

新規で借金を作らなくて済むメリットとも言えるでしょう。

さまざまなローンをまとめられる!

審査に通らない可能性がある

アイフルおまとめローンのデメリットとして、審査に通らない可能性があることが挙げられます。

アイフルおまとめローンの申込時に、既存の借入先数や借入額、信用情報によっては審査に通らない場合があります。また審査結果によっては、一部のみおまとめとなる場合もあります。

一部のみおまとめとなった場合は、おまとめ前と借入金利や支払利息が変わらないこともあるため、よく比較することが大切です。

また比較した結果おまとめローンを利用しなかった場合でも、ローンを申し込んだ記録は信用情報に残されます。

さまざまなローンをまとめられる!

返済額が増える場合がある

アイフルおまとめローンのデメリットとして、返済額が増える場合があることが挙げられます。

借入先を一本化すると借入総額が大きくなるため、返済期間が延びることになります。返済期間が延びると、その分支払利息の総額が増える可能性もあります。

そのため、おまとめローンの利用前と比べて、利息負担が大きくなるかもしれません。

ただし毎月の返済額を多くすることで、返済期間を短くして支払利息を減らすことも可能です。

おまとめローンの利用前に、自身のキャッシュフローに見合った返済計画を立てましょう。

返済額と返済期間を見直すと良いですね!

さまざまなローンをまとめられる!

アイフルおまとめローンの申込方法・手続きの流れを紹介

アイフルおまとめローンの申込みの流れは以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

手順①おまとめMAXを申し込む

WEB、電話、来店のいずれかから申し込みを行います。

氏名、生年月日、借入希望額、勤務先など基本情報を入力します。

申込方法によって問い合わせができる時間帯が異なるため注意しましょう。

それぞれの受付時間は以下の通りです。

web 24時間365日
来店 平日10:00~18:00
電話 平日9:00~18:00

さまざまなローンをまとめられる!

手順②必要書類を準備する

申し込みの際に必要な書類を準備します。

必要書類の種類として、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート(※所持人記入欄があるもの)
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書
・在留カード
・公的証明書類(氏名・住所・生年月日あり)
・個人番号カード(表のみ)
収入証明書 ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給料明細書※
・確定申告書
・所得証明書
その他書類 他社借入条件等の確認できる書類

必要書類は申込方法によって提出するタイミングが異なります。あらかじめ必要書類を準備しておくと手続きをスムーズに進められるでしょう。

また本人確認書類は2点以上必要な場合があります。

書類不備があると契約まで時間がかかることもあります。

さまざまなローンをまとめられる!

手順③契約の手続きを進める

申込を行った後は審査完了の連絡を待ちます。審査が完了したらWebやアプリから本契約の手続きをすすめます。

返済方法を口座振替、またローンカードをカードレスとすると郵送物が送られることなく契約が完了します。

手順④既存の借り入れ先へ返済が完了する

契約完了後、アイフルから他社へ完済するための融資が行われます。融資が実行された後にご自身で既存の借入先へ返済手続きを行いましょう。

手続きの際には、既存の借入額が証明できる書類の提出が必要な場合があります。また既存の借入先へ全額返済の旨を連絡する必要があります。

おまとめローンを利用した旨と返済総額や返済するタイミングを確認しましょう!

手順⑤アイフルへの返済を開始する

既存の借入先へ完済手続きを行った後、アイフルへ返済を開始します。

アイフルへの返済は口座振替のため、返済が遅れないように注意しましょう。また既存の借入先の解約証明書の提出が必要な場合があります。

アイフルおまとめローンの口コミ

さまざまなローンをまとめられる!

アイフルおまとめローンについてよくある質問

アイフルおまとめローンは即日融資が可能?

アイフルおまとめローンは即日融資が可能です。

公式サイトでは以下の通りに記載されています。

お借入れ<WEB申込みなら融資は最短25分!>

既存の借入先への返済手続きを考慮すると、平日14時までに申し込むと良いでしょう。

アイフルおまとめローンのペナルティは?

アイフルおまとめローンにはペナルティがあります。

借入金の返済が遅れると遅延損害金が発生します。遅延損害金について、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

遅延損害金(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)

さまざまなローンをまとめられる!

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。