2022年2月3日

お金を借りるおすすめの方法|即日・今すぐに必要ならどこがいい?安全に早く借りる際の注意点も紹介!

お金借りる
お金を借りるにはどんな方法がありますか?
今すぐお金を借りたいけれど、どんなことに気をつける必要がありますか?

お金を借りる際にこの様な悩みを抱えている方は多いではないのでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめのお金を借りる方法やその際の注意点について解説しています。

お金を借りる際のポイント

  • 金利
  • 借入限度額
  • 融資スピード
  • 無利息期間

上記のポイントを押さえたおすすめのお金を借りる方法は消費者金融カードローンである「アコムカードローン」がおすすめです。

この記事を最後まで読むことで、あなたにおすすめのお金の借り方を把握できるでしょう。

また、お金を借りるのにおすすめのカードローンや消費者金融を知りたい方は、「【金利比較】カードローン・キャッシングおすすめ11選|人気の会社を選ぶならどこがいい?」や「【比較】消費者金融おすすめ一覧|大手・中小の人気消費者金融はどこがいい?」を参考にしてください。

お金を借りるならどこがいい?お金が必要な方におすすめの人気な方法13選

はじめに、おすすめのお金の借り方である以下の13個の方法を紹介していきます。

これらを押さえることによって、ご自身に合ったお金の借り方を知ることができるでしょう。

それでは、それぞれの借入方法を確認していきましょう。

消費者金融カードローン

お金を借りる方法の1つとして、消費者金融カードローンが挙げられます。

消費者金融が展開するカードローンは口座開設が不要で、融資スピードが早いという特徴があります。自分が既に持っている口座で返済が可能というのは消費者金融のカードローンの魅力の1つです。

加えて、即日融資を実施している会社も多く、急いでいる場合でもすぐに融資を受けることが期待できます。

また、無利息期間を設けている会社もあり、条件が合えば借入額分の返済のみで済む場合もあります。

ここでは、おすすめの3つの消費者金融カードローンを以下で紹介します。

アコムカードローン レイクALSA プロミスフリーキャッシング
貸付限度額 最高800万円 最高500万円 最高500万円
貸付利率 3.0%~18.0% 4.5%〜18.0% 4.5%〜17.8%
無利息期間 30日間 30日間/60日間/180日間(※初めての場合、選択可能) 30日間
融資スピード 最短即日 最短60分 最短即日
返済方式 定率リボルビング方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
残高スライド元利定額返済方式
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

アコム

名称 アコムカードローン
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 3.0%〜18.0%
無利息期間 30日間
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 定率リボルビング方式

アコムカードローンの魅力!

  • 30日間金利0円サービスがある
  • 最短即日で借り入れができる
  • 利用した日数分だけに利息が発生する

アコムカードローンは、アコム株式会社が提供するカードローン商品です。

アコムカードローンの魅力として、30日間金利0円サービスがあることが挙げられます。はじめて利用する方は契約日の翌日から30日間は無利息で借りられるため、初めてお金を借りる方におすすめです。

また、アコムカードローンの魅力として、最短即日で借り入れができることも挙げられます。審査時間は最短30分で完了するため、すぐにでもお金を借りたい方にもおすすめできる商品と言えます。

利用日数分だけに利息が発生することも嬉しいポイントです!

レイクALSA

名称 レイクALSA
貸付限度額 最高500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
無利息期間 30日間/60日間/180日間(※初めての場合、選択可能)
審査スピード 最短15秒
担保・保証人の有無 不要
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式

レイクALSAの魅力!

  • ご自身の都合で無利息期間を選択できる
  • 最短15秒で審査結果が表示される
  • 最短60分でお金を借りられる

レイクALSAは、新生フィナンシャル株式会社が提供するカードローン商品です。

レイクALSAの魅力として、自身の都合で無利息期間を選択できることが挙げられます。借入額や申し込み方法によって、初回契約日の翌日から30日間、60日間、180日間の無利息期間からの選択が可能です。

利息が発生しない場合、借入額のみの返済で良いため、お金を借りる際に不安がある方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

ただし、60日間はWeb申し込み限定で、180日間は5万円までの借入となっています。加えて、60日間の無利息期間と180日間の無利息期間は併用ができないため、注意してください。

また、レイクALSAの魅力として、最短15秒で審査結果が表示されることも挙げられます。他のカードローン会社では最短30分以上かかる場合もあるため、すぐに審査結果を知りたい方にはおすすめのカードローン商品です。

レイクALSAは複数の無利息期間が用意されており、利用しやすいカードローンとなっています。

プロミス

名称 プロミスフリーキャッシング
貸付限度額 最高500万円
貸付利率 4.5%〜17.8%
無利息期間 30日間
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスフリーキャッシングの魅力!

  • 初回利用なら30日間の無利息期間がある
  • 最短30分で融資を受けられる
  • 2021年度オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位の実績を持つ

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスフリーキャッシングは、SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が提供するカードローン商品です。

プロミスフリーキャッシングの魅力として、初回利用なら初回借入日の翌日から30日間の無利息期間があることが挙げられます。30日以内では借入額のみの返済で良いため、期間内に返済できる見込みがあるお金を借りたい方には大きなメリットだと言えるでしょう。

また、プロミスフリーキャッシングの魅力として、最短30分で融資を受けられることも挙げられます。このカードローンサービスは審査スピードが最短30分、融資が最短即日となっています。

そのため、急いでお金が必要になった際にも、スピーディーな融資を受けることが可能です。

プロミスは、無利息期間が用意されているおすすめのカードローンとなっています。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスの口コミについて詳しく知りたい方は「プロミスの口コミ・評判はどう?デメリットやメリット評価を解説!」を参考にしてください。

銀行系カードローン

お金を借りる方法の1つとして、銀行系カードローンが挙げられます。

銀行系カードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると低金利となっています。また、知名度のある銀行が運営しているため、安心感を持って利用できるのも特徴の1つです。

三井住友銀行カードローン みずほ銀行カードローン 横浜銀行カードローン 楽天銀行カードローン
貸付限度額 最高800万円 最高10~800万円 最高1,000万円 最高800万円
貸付利率 1.5%〜14.5% 2.0%〜14.0% 1.5%〜14.6% 1.9%〜14.5%
無利息期間 - - - -
融資スピード 最短翌営業日 - 最短翌日 -
返済方式 残高スライド元利定額 残高スライド方式 - 残高スライドリボルビング返済方式D
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

クレジットカード付帯のキャッシング機能

クレジットカード付帯のキャッシング機能もお金を借りる方法の1つとして挙げられます。

クレジットカードにはお買い物などで料金を支払うカードとしての役割だけではなく、キャッシング機能が付帯しているものもあります。また、この機能を利用することでコンビニATMで24時間引き出しが可能です。

この方法は、キャッシング枠に応じてお金を借りることができます。ただし、キャッシング枠が0円に設定されている場合は利用できません。

ご自身のクレジットカードにキャッシング機能があるかどうかは、アプリや会員サイトで簡単に確認できます。また、審査の上キャッシング枠を後で追加することも可能です。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

PayPay

お金を借りる方法の1つとして、PayPayが挙げられます。

キャッシュレス決済ができるPayPayではキャッシング機能も利用できます。また、最短即日融資に対応しているため、急な出費にも対応可能です。

加えて、PayPayで借入をする場合、100日間の無利息期間が適用されるキャンペーンも行っています。無利息期間を適用するにはいくつか条件があるため、詳しくは公式サイトを確認することをおすすめします。

共済貸付(公務員限定)

お金を借りる方法の1つとして、共済貸付(公務員限定)が挙げられます。

共済貸付は組合員の支援を目的とした制度のことです。公務員のみが融資を受けることが可能です。

金利が1~4%程度※と低く、利用目的が貸付条件に合えば低金利で利用できることが特徴です。

※利用目的や国家公務員、地方公務員などにより金利が異なる

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

JAバンク(農業協同組合員限定)​​

JAバンク(農業協同組合員限定)もお金を借りる方法の1つとして挙げられます。

JA(農業協同組合)では農業従事者をメインに貸し出しを行っています。JAバンク(農協)でお金を借りる方法は8種類あり、教育ローンや多目的ローンなどさまざまに展開されています。

借入を行う際には組合員になる必要がありますが、金利も比較的低く利用できることがメリットです。

ただし、JAバンクの金利は地域によって変わってきます。借入時の組合員の出資状況、組合員の人数などによって状況が変わります。

自身の地域の金利を確認してから利用するようにしましょう。

学生ローン(学生限定)

お金を借りる方法の1つとして、学生ローン(学生限定)も挙げられます。

学生ローン(学生限定)は比較的収入の低い学生でもお金を借りられるように設計されたローンです。

ローン会社によっては、20歳未満(高校生除く)でも利用することができます。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

ろうきん(労働金庫)

お金を借りる方法の1つとして、ろうきん(労働金庫)が挙げられます。

ろうきん(労働金庫)は、お互いを助け合うために作られた共同組織です。銀行のように預金や融資業務などを担っています。

非営利団体のため、6~8%程度の金利で利用することが可能です。

また、労働組合に参加していない方や、勤務先が労働組合に加入していない場合でも、その地域に住んでいれば利用できるローンとなっています。

パートやアルバイトの方でも借入できるため、主婦や学生の味方的なローンだと言えるでしょう。

質屋

質屋もお金を借りる方法の1つとして挙げられます。

質屋は物品を担保にお金を借りることができ、預けた物品の買取価格の7~8割程度のお金を借りることが可能です。

借りたお金を返済することで預けた物品が手元に帰ってくる仕組みとなっています。

審査不要で利用でき、信用情報機関に情報が登録されないことも魅力の1つです。その他、少額の借入にも対応可能となっています。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

預ける物品を持っていればスピーディーにお金を借りることが可能です。

生命保険に付帯の契約者貸付制度

お金を借りる方法の1つとして、生命保険に付帯の契約者貸付制度が挙げられます。

生命保険に付帯の契約者貸付制度は、生命保険会社からお金を借りられる制度のことです。

保険契約解約時に受け取れる「解約返戻金」を担保にして貸付されます。保険は解約せず融資を受けられ、金利も3~6%と比較的低いのが特徴です。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

生活福祉資金貸付制度

対象者は限定されますが、生活福祉資金貸付制度もお金を借りる方法の1つとして挙げられます。

生活福祉資金貸付制度は国民の生活を補償するために作られた公的融資制度です。65歳以上の高齢者や障害者、低所得者世帯が貸付の対象となっています。

比較的返済能力の低い方でも申込みができ、連帯保証人を立てる場合は無利子で利用することが可能です。

なお、連帯保証人を立てない場合は1.5%の金利となりますが、それでも低金利で借りることができると言えるでしょう。

対象が限定されている制度です。

従業員貸付制度

お金を借りる方法の1つとして、従業員貸付制度が挙げられます。

従業員貸付制度は、従業員の方が万が一お金が必要となったときに会社側がお金を貸し付けてくれる制度のことです。

従業員貸付制度を導入している企業で勤務している場合のみ、貸付対象となっています。

給与の前借りとは異なり、会社のお金から支払われます。出産や通院などのまとまったお金が必要な場合に用意されている制度です。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

金利は2~4%と低くなっていることが多いため、勤務している会社の福利厚生にある場合は利用を検討してみても良いでしょう。

生活再生ローン

お金を借りる方法の1つとして、生活再生ローンも挙げられます。

生活再生ローンとは生活が苦しい方を支援するためのサポートのことです。一般社団法人生活サポート基金によって運営されており、生活資金が必要と判断された場合には融資を受けることが可能です。

また、自己破産をした方も融資の対象となっています。不動産などを担保に融資が可能となっており、生活相談などにも対応してくれます。

対応地域や貸付対象者は限られていますが、年12.5%以内と比較的低金利です。

【目的別】お金を借りるおすすめの方法

以下の4つの目的別でお金を借りるおすすめの方法を解説していきます。

これらの点を押さえることによって、自分の経済状況や生活状況に合わせた融資方法が見つかるでしょう。

それでは、それぞれを確認していきましょう。

今すぐ・最短即日で借りたい急ぎの方には

今すぐ・最短即日で借りたい方におすすめの借入方法は、消費者金融カードローンです。

消費者金融系カードローンの中でおすすめのカードローンを選ぶポイントは以下の項目になります。

今すぐ・最短即日で借りたい際にカードローン会社を選ぶポイント

  • 最短即日融資に対応しているか
  • 審査スピードが早いかどうか
  • その他基本サービスが充実しているか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードローンはアコムカードローンです。

アコムカードローンの魅力として、最短30分の審査スピードが挙げられます。

入院でお金が必要になった時やクレジットの支払が手持ち資金で間に合わないときなど、まとまったお金が急に必要になることがあるかと思います。そういった場合でも、アコムは最短即日融資で対応することが可能です。

無利息期間サービスも用意されているため、期間内に返済できる見込みがある方にもおすすめと言えるでしょう。

即日融資ができるカードローン・キャッシングについて詳しく知りたい方は「即日融資ができるカードローン・キャッシング8選!審査が甘い・通りやすいものはない?」を参考にしてください。

比較的低金利で借りたい方には

比較的低金利で借りたい方におすすめの借入方法は、銀行系カードローンとなっています。

銀行系カードローンの中でおすすめのカードローンを選ぶポイントは、以下の通りです。

比較的低金利で借りたい際にカードローン会社を選ぶポイント

  • 低金利で利用できるかどうか
  • その他審査スピードや限度額は充実しているかどうか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードローンは三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの魅力として、金利が1.5%~14.5%と、大手消費者金融と比較すると安く利用できることが挙げられます。

利用限度額が高いほど金利は低くなるため、高額の借入を予定している方は、金利の恩恵を受けることができるでしょう

三井住友銀行が運営するため、安心して利用できることも魅力の1つとなっています。

低金利のカードローンについて詳しく知りたい方は「低金利のカードローン8選!金利・利息が安いキャッシングを紹介!」を参考にしてください。

審査に不安な低収入の方には

審査に不安な低収入の方におすすめの借入方法は、消費者金融カードローンとなっています。

消費者金融系のおすすめのカードローンを選ぶポイントを以下にまとめました。

審査が不安な際にカードローン会社を選ぶポイント

  • 収入証明書が不要か
  • 無利息期間があるかどうか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードローンは、プロミスフリーキャッシングとなっています。

プロミスフリーキャッシングの魅力として、50万円以下の借入であれば収入証明書不要で申し込みができることが挙げられます。そのため、収入証明書が提出できない方や、急ぎでお金が必要な方でも申込みすることが可能です。

2021年度オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位にも選ばれているおすすめの消費者金融となっています。

来店不要で最短1時間融資も可能!

無職でもお金を借りる方法について詳しく知りたい方は「無職がお金を借りるには?お金がない無職が即日で借り入れをする方法も解説!」を参考にしてください。

学生でお金を借りたい方には

学生は学生カードローンが用意されていますが、限度額が消費者金融などと比較すると低いケースが多くなっています。

学生でも10万円以上借りたい場合は、消費者金融カードローンがおすすめです。

その際のおすすめのカードローンを選ぶポイントを以下にまとめたので、参考にしてください。

学生の方がカードローン会社を選ぶポイント

  • 申し込み基準に学生が含まれているか
  • 金利などの条件は無理のない範囲内か

上記のポイントを押さえたおすすめのカードローンはレイクALSAとなっています。

レイクALSAの魅力として、申込み対象が「満20際以上70際以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)」であるため、アルバイトをしている20歳以上であれば学生でもお申し込みできることが挙げられます。

そのため、継続してアルバイトを続けており、ある程度の収入が今後も見込める場合は、審査に通る可能性があると言えるでしょう。

レイクALSAは比較的収入が少ない学生であっても申し込みしやすい、おすすめのカードローン会社となっています。

【チェックリスト】比較的安全に借入するなら押さえておきたいこと

安全にお金を借りる際に押さえておきたいポイントとして、以下の8点が挙げられます。

それでは、それぞれの押さえておきたいポイントを確認していきましょう。

自身の返済能力を把握して必要最低限の額だけ借りる

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの1つ目として、自身の返済能力を把握して必要最低限の金額だけ借りることが挙げられます。

自身の返済能力を過信した上でお金を借りてしまうと、返済に苦しむ可能性があります。また、返済額には金利がつくことも考慮に入れておきましょう。

「念のために多くお金を借りておこう」と考え、借入金額を大きくすると、その分審査が厳しくなる事態になりかねません。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

自身の信用情報を整えておく

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの2つ目として、自身の信用情報を整えておくことが挙げられます。

お金を借りる際は必ず審査が行われます。審査は利用者の収入状況や、これまでの延滞履歴を確認されます。審査に通るには、これらの信用情報を整えておくべきです。

今必要なくても将来借りる必要が出てくることもあります。そのために、クレジットカードの支払いをきっちり済ませるなど、信用を落とさないようにしておきましょう。

記入内容が正しいか注意する

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの3つ目として、記入内容が正しいか注意することが挙げられます。

記入内容とは、借入契約の申込みの際に記入する項目のことを指します。誤った内容を記入してしまうと、「偽りの申告をした」といったように悪い印象を与えかねません。

必ず審査に不利と思われるような状況であっても正しく記入するようにしましょう。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

収入証明書は事前に用意しておく

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの4つ目として、収入証明書は事前に用意しておくことが挙げられます。

大手消費者金融の場合では、借入希望額が50万円を超える際に収入証明書は必要です。

また、他社との借入額の合計が100万円を超える場合も収入証明書が必要になってきます。加えて、契約後に証明書を求められる場合もあります。

希望借入額に応じて、収入証明書は前もって準備しておくべきでしょう。

上限金利を確認しておく

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの5つ目として、上限金利を確認しておくことが挙げられます。

借入先の上限金利が低いことで、無駄な利息を払う必要がなくなります。一方で、上限金利が高いと、上限金利近辺での金利が適用された場合に、高額な利息を払う必要があります。

利息制限法により上限金利は20%となっているため、20%での金利が適用される場合は、金利が高いというイメージを持っておきましょう。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

総量規制に気をつける

お金を借りる際に押さえておきたいポイントの6つ目として、総量規制に気をつけることが挙げられます。

総量規制とは、貸金業者からの借り入れなどにおいて適用され、「借入額の合計は年収の3分の1まで」というルールを記載した法律のことです。

例えば、年収が300万円の場合の借入限度額は100万円となります。

この総量規制に従って借入は行われるため、ご自身の収入を鑑みて借入額を決定するようにしましょう。

複数社申し込まない

安全にお金を借りる際に押さえておきたい7つ目のポイントとして、短期間に複数社申し込まないことが挙げられます。

複数社申し込むことで、申込者が現在の収入に不安を感じているような印象を与えかねません。審査の際は「返済能力の有無」も確認されるため、貸金業者に警戒されてしまう可能性のあることは避けるのが無難と言えます。

少なくとも複数社申し込むことが審査で有利に働くことはないため、複数社申し込む場合は、1社ずつ期間をあけて申し込むようにしましょう。

お金を借りるおすすめの方法がわかる!

闇金業者には気をつける

お金を借りる際に押さえておきたいポイントとして、闇金業者には気をつけることも挙げられます。

貸金業者は、国に登録を行い、法律に基づいた商売をする必要があります。一方で、闇金業者は許可なく営業を行っている業者を指します。

この闇金業者でお金を借りると、違法な金利での貸付となってしまいますので、登録業者かどうかの確認が必要です。

たとえどんなにお金が必要でもあっても、闇金業者の利用は厳禁です。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。