2022年3月7日

【比較】おまとめローンおすすめ8選!低金利・即日審査の人気ローンを紹介!

おまとめローンおすすめ
おすすめのおまとめローンを知りたいです!
おまとめローンを選ぶ際にポイントや注意点はありますか?

おまとめローンについて、上記の様な悩みや疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、おまとめローンを選ぶ際に大切な以下のポイントを押さえておすすめのおまとめローンを紹介します。

おまとめローンを選ぶ際のポイント

  • すべての借り入れを一本化できるか
  • 融資限度額が他社での借入総額より高いか
  • 借金をまとめる前より低金利になる可能性があるか

上記のポイント押さえたおすすめのキャッシング方法は「プロミス(おまとめローン)」です。

来店不要で最短1時間融資も可能!

この記事を最後まで読むことで、あなたにおすすめのおまとめローンを選択することができるでしょう。

また、おすすめのカードローンや消費者金融を知りたい方は、「【金利比較】カードローン・キャッシングおすすめ11選|人気の会社を選ぶならどこがいい?」や「【比較】消費者金融おすすめ一覧|大手・中小の人気消費者金融はどこがいい?」を参考にしてください。

おまとめローンとは?一本化の仕組みについて解説

おまとめローンとは、複数社のローンを1つのローンへと一本化することです。

借入先を複数社から1社にまとめることで、返済管理をしやすいことがメリットの1つです。

金利が以前のカードローン会社より低く設定されている場合は、返済額を減らすことも可能となります。

また、おまとめローンを利用することで多重債務者ではなくなることもメリットの1つとして挙げられます。

ただし、おまとめローンは返済専用になるため、原則追加の借り入れはできません。

【徹底比較】おすすめの人気おまとめローン8選

プロミス(おまとめローン) SMBCモビット 三井住友銀行カードローン アイフル(おまとめMAX) 横浜銀行カードローン 千葉銀行カードローン オリックス・クレジット(VIPフリーローン) auじぶん銀行カードローン
貸付限度額 最高300万円 最高800万円 最高800万円 最高800万円 最高1,000万円 最高800万円 最高800万円 最高800万円
貸付利率 6.3%〜17.8% 3.0%〜18.0% 1.5%〜14.5% 3.0%〜17.5% 1.5%〜14.6% 1.4%〜14.8% 3.0%〜14.5% 1.48%〜17.5%
無利息期間 - - - - - - - -
融資スピード - 最短即日 最短翌営業日 - 最短翌日 - - 約1週間
返済方式 元利定額返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式 残高スライド元利定額 元利定額返済方式 残高スライド方式 - 元利込定額返済 -
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

プロミス(おまとめローン)

名称 プロミス(おまとめローン)
貸付限度額 最高300万円
貸付利率 6.3%〜17.8%
無利息期間 30日間
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 元利定額返済方式

プロミス(おまとめローン)の魅力!

  • おまとめ前より金利が低くなる可能性があり、最長10年間に渡る返済ができる
  • 月1回の返済でまとめることができる
  • 以前に借入を行っていた業者にプロミスが返済を行ってくれる

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミス(おまとめローン)は、運営会社がSMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社となっているおまとめローン専用のカードローンです。

プロミスおまとめローンの魅力として、おまとめ前より金利が低くなる可能性があるだけでなく、最長で10年間に渡る返済が可能となることが挙げられます。

これにより自身の収入にあったペースでの返済が可能となります。ただし、返済が長期化する場合は、大きな利息が発生してしまいますので注意が必要です。

また、プロミスおまとめローンの魅力として、店頭申し込みの場合、即日融資が可能なことも挙げられtます。

そのため「今している借り入れ総額をなるべく早く一本にまとめたい」と考えている方にもおすすめと言えるでしょう。

プロミスおまとめローンは現在の金利より低くなる可能性のある、おまとめローン専用のローンとなっています。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスのおまとめローンについて詳しく知りたい方は「プロミスおまとめローンとは?他社解約は必要か審査・メリットなどを解説!」を参考にしてください。

SMBCモビット

名称 SMBCモビット
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 3.0%〜18.0%
無利息期間 -
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビットの魅力!

  • 最短即日融資が可能である
  • 10秒で簡易審査結果を表示できる
  • 三井住友銀行のATMで手数料が無料になる

来店不要で即日融資も可能!

SMBCモビットは、運営会社が株式会社SMBCモビットとなっているカードローンです。

おまとめローン専用のカードローンではありませんが、他社での借入総額以上を希望し、融資された額を他社へ一括返済することでおまとめすることが可能です。

SMBCモビットの魅力として、最短即日融資が可能であることが挙げられます。

学費の入金が間に合わない時やクレジットの支払に間に合わないときなど、急にまとまったお金が必要になることはあるかと思います。そういった場合でもSMBCモビットは最短即日で融資を受けられるため、対応が可能です。

また、SMBCモビットの魅力として、10秒で簡易審査結果を表示できることも挙げられます。審査結果をすぐに知りたい方には嬉しいポイントだと言えるでしょう。

SMBCモビットは融資スピードが早く、借入を急いでまとめたい方にはおすすめのカードローンとなっています。

来店不要で即日融資も可能!

三井住友銀行

名称 三井住友銀行カードローン
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 1.5%〜14.5%
無利息期間 -
審査スピード 最短翌営業日
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド元利定額

三井住友銀行カードローンの魅力!

  • 最短翌営業日には融資を受けられる
  • 低金利であるため利用しやすい

三井住友銀行カードローンは、運営会社が株式会社三井住友銀行となっているカードローンです。

おまとめローン専用サービスではありませんが、他社での借入総額以上を借入し、他社へ一括返済することでおまとめすることが可能になります。

三井住友銀行カードローンの魅力として、最短翌営業日には融資を受けられることが挙げられます。そのため、いち早くローンをおまとめすることが可能です。

加えて、三井住友銀行では指定のATMで返済することで手数料を無料にすることが可能です。複数社からの借入がある場合、手数料がかさむため、借入先が多い方にとって嬉しいポイントとなっています。

また、三井住友銀行カードローンの魅力として、低金利であるため利用しやすいことも挙げられます。そのため、金利を低く抑えたい方にとって、銀行系のカードローンで借入をすることはメリットが多いと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンは大手銀行が提供するサービスのため、安心感があるのも特徴の1つです。

アイフル(おまとめMAX)

名称 アイフル(おまとめMAX)
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 3.0%〜17.5%
無利息期間 -
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 元利定額返済方式

アイフル(おまとめMAX)の魅力!

  • 銀行ローンやリボの借入もおまとめが可能である
  • 短即日のおまとめが可能である
  • 利用限度額が最高800万円と比較的高い

WEB申込で最短25分融資が可能!

アイフル(おまとめMAX)は、運営会社がアイフル株式会社となっているおまとめローン専用のカードローンです。

アイフルおまとめMAXの魅力として、銀行ローンやリボの借入もおまとめが可能であることが挙げられます。

そのため、消費者金融のカードローン以外の借入もしている方にとって嬉しいポイントだと言えるでしょう。

また、アイフルおまとめMAXの魅力として、最短即日のおまとめが可能であることも挙げられます。

おまとめ後に利率を下げることが可能な場合、なるべく早く利息を抑えることができるため、すぐにおまとめローンを利用したい方にはおすすめです。

アイフルおまとめMAXは消費者金融以外の銀行系のカードローンもまとめることができるおまとめローンとなっています。

WEB申込で最短25分融資が可能!

アイフルのおまとめローンについて詳しく知りたい方は「アイフルおまとめローンとは?審査や口コミペナルティについて解説!」を参考にしてください。

横浜銀行

名称 横浜銀行カードローン
貸付限度額 最高1,000万円
貸付利率 1.5%〜14.6%
無利息期間 -
審査スピード 最短翌日
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド方式

横浜銀行カードローンの魅力!

  • 銀行系カードローンであり、比較的低金利で利用できる
  • 最短翌日融資が可能である

横浜銀行カードローンは、運営会社が株式会社横浜銀行となっているカードローンです。

横浜銀行カードローンもおまとめローン専用のサービスは取り扱っていませんが、審査に通ればおまとめローンのように一本化することが可能となります。

横浜銀行カードローンの魅力として、銀行カードローンであり、比較的低金利で利用できることが挙げられます。

消費者金融より金利の上限が14.6%と大幅に低いため、横浜銀行に返済を一本化することで合計の返済額を大きく減らすことが可能です。

横浜銀行は融資限度額も1,000万円となっているため、おまとめする際におすすめのカードローンとなっています。

千葉銀行

名称 千葉銀行カードローン
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 1.4%〜14.8%
無利息期間 -
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 -

千葉銀行カードローンの魅力!

  • 金利が1.4%〜14.8%であるためおまとめ前より低金利になりやすい
  • 銀行側がおまとめローンとしての利用を許容している

来店・郵送不要で手続きが完結!

千葉銀行カードローンは、運営会社が株式会社千葉銀行となっているカードローンです。

千葉銀行カードローンもおまとめローン専用のサービスは取り扱っていませんが、おまとめローンとしても利用することが可能です。

千葉銀行カードローンの魅力として、金利が1.4%〜14.8%であるため、おまとめ前より低金利になりやすいことが挙げられます。

適用金利は、借入の利用限度額が高いほど低くなります。現在の複数社からの借入が800万円程度ある場合、審査に通れば最大金利1.4%での借入が可能です。

比較的低金利でおまとめが可能となるため、合計額が高額になる人には大きなメリットとなっています

また、千葉銀行カードローンの魅力として、銀行側がおまとめローンとしての利用を許容していることも挙げられます。使い道が自由のカードローンとなっているため、審査に通れば気兼ねなくローンの一本化ができると言えるでしょう。

千葉銀行カードローンは融資限度額も800万円と高く、おまとめに利用しやすいおまとめローンとなっています。

来店・郵送不要で手続きが完結!

オリックス・クレジット(VIPフリーローン)

名称 オリックス・クレジット(VIPフリーローン)
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 3.0%〜14.5%
無利息期間 -
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 元利込定額返済

オリックス・クレジット(VIPフリーローン)の魅力!

  • 金利が3.0〜14.5%であるため、おまとめ前より低金利になる可能性が高い
  • 融資限度額が800万円と高い

オリックス・クレジット(VIPフリーローン)は、運営会社がオリックス・クレジット株式会社となっているおまとめローン専用のカードローンです。

オリックス・クレジットVIPフリーローンの魅力として、金利が3.0%〜14.5%であるため、おまとめ前より低金利になる可能性が高いことが挙げられます。

これにより、おまとめ前より低い金利で返済を楽にすることが可能です。

また、オリックス・クレジットVIPフリーローンの魅力として、融資限度額が800万円と高いことも挙げられます。

複数社から借入をしており、返済総額が高額な場合でも、このサービスであればおまとめローンとして一本化できる可能性があります。

オリックス・クレジットVIPフリーローンは、比較的低金利で利用できる可能性が高く、利息をカットできるおまとめローンとなっています。

auじぶん銀行

名称 auじぶん銀行カードローン
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 1.48%〜17.5%
無利息期間 -
審査スピード 約1週間
担保・保証人の有無 不要
返済方式 -

auじぶん銀行カードローンの魅力!

  • au限定割・借り換えコースの適用で上限金利が12.5%になる
  • 借入限度額も800万円と高い

毎月1,000円からの返済額で計画が立てやすい!

auじぶん銀行カードローンは、auじぶん銀行株式会社が提供するカードローンです。

おまとめローン専用のサービスは取り扱っていませんが、「au IDの登録・100万円以上の借入・他社への返済を利用目的とする」といった条件を満たせば借り換えコース専用のコースが適用されます。

auじぶん銀行カードローンの魅力として、au限定割・借り換えコースの適用で上限金利が12.5%になることが挙げられます。au IDに登録し、借り換え希望で100万円以上かつ他社への返済を利用目的とするだけで適用条件を満たすことが可能です。

12.5%と低い金利で借入が可能なため、現在複数社から高い金利で借入をしている場合は大幅に返済額を減らすことがきるでしょう。

また、auじぶん銀行カードローンの魅力として、借入限度額も800万円と高いことも挙げられます。そのため、契約限度額が800万円近くになった場合、1.48%と低い金利で借入が可能です。

したがって、複数社からの返済を一本化して金利をお得にしたい方には大きなメリットだと言えるでしょう。

auじぶん銀行カードローンは一定の条件を満たせば、低金利でのおまとめが可能になるカードローンです。

毎月1,000円からの返済額で計画が立てやすい!

おまとめローンを選ぶ際のポイントを3個紹介

おまとめローンを選ぶ際のポイントとして、以下の3点が挙げられます。

上記の点を押さえることによって、どうすれば自分の借金を減らすことができるかを判断できるでしょう。

それでは、それぞれのポイントを確認していきましょう。

すべての借り入れを一本化できるか

おまとめローンを選ぶ際のポイントとして、すべての借入を一本化できるかどうかが挙げられます。

おまとめローンを取り扱う会社の中には、すべてのローンを一本化できないところもあります。

例えば「銀行系のローンは一本化できるのに対して、消費者金融系は特定の会社のみ可能」といったようなケースが存在します。

返済管理・残高確認管理を簡素化するためにも、すべてのローンを1つにできるかは確認しておくことがおすすめです。

人気のおすすめおまとめローンがわかる!

融資限度額が他社での借入総額より高いか

おまとめローンを選ぶ際のポイントとして、融資限度額が他社での借入総額より高いかどうかも挙げられます。

そもそも借入額の総額が他社での融資限度額を超えてしまっている場合はローンを1つにまとめることができません。

他社での借入総額が融資限度額を超えないように、限度額の高いおまとめローンを選択しましょう。

借金をまとめる前より低金利になるか

借金をまとめる前より低金利になるかどうかもおまとめローンを選ぶ際のポイントとして挙げられます。

一般的におまとめローンを利用することで、金利が数%下がる可能性があります。これにより無駄な利息分をカットすることが可能です。

しかし、中にはほとんど金利が変わらないものも存在します。おまとめ前より低金利になるかをしっかりと確認しておきましょう。

人気のおすすめおまとめローンがわかる!

おまとめローンは複数のローンを一本化することで、返済管理軽減と利息分のカットが可能となります。

おまとめローンを契約する際の注意点

おまとめローンを契約する際の注意点として、以下の3点が挙げられます。

それでは、それぞれの注意点を確認していきましょう。

返済額と完済期間のバランスはどうか

おまとめローンを契約する際の注意点として、返済額と完済期間のバランスはどうかが挙げられます。

自身の経済状況を加味して、無理のないように返済は行うべきだと言えるでしょう。

しかし、毎月の負担を減らすために少額での返済を続けていると返済期間が伸びてしまい、結果として高額な返済額となってしまいます

下記に借入額100万円、金利15.0%の場合で12ヵ月〜36ヵ月のそれぞれの期間で返済を行う場合の返済総額をまとめたので、参考にしてください。

返済期間 借入金額 返済金額
12ヵ月 1,000,000円 1,083,094円
24ヵ月 1,000,000円 1,163,668円
36ヵ月 1,000,000円 1,247,934円

上記のように、完済期間が長いと返済額が高額になるので、返済期間と完済期間のバランスに注意するようにしましょう。

人気のおすすめおまとめローンがわかる!

保証会社が必要な場合がある

おまとめローンを契約する際の注意点として、保証会社が必要な場合があることも挙げられます。

保証会社とは、銀行から借入をした人がリストラなどで返済能力がなくなった時に代わりに返済してくれる会社のことです。

銀行系のおまとめローンを利用する場合などは保証会社が必要な場合があります。

一例として横浜銀行では、保証会社をSMBCコンシューマーファイナンス株式会社としています。

銀行系のカードローンに申し込んだ際、銀行側と保証会社側で審査が行われます。

そのため、申込みを考えている銀行の保証会社のカードローンの審査に落ちた経験がある場合は、再度審査に落ちる可能性もあると言えるでしょう。

申し込みたいおまとめローンに保証会社があるのかを確認してから申し込みをするようにしましょう。

銀行系のおまとめローンでは即日融資が厳しい

おまとめローンを契約する際の注意点として、銀行系のおまとめローンでは即日融資が厳しいことも挙げられます。

複数社からの借入を行っている・返済能力の有無を見分ける必要があるといった理由から、銀行系のおまとめローンでは融資が翌日以降になってしまいます。

また、警察庁データベースを用いた照合も行われるため、審査に時間を要します。

一方で、消費者金融のおまとめローンの場合は、審査方法が異なるため即日融資が可能な場合もあります。

人気のおすすめおまとめローンがわかる!

急いでおまとめローンを契約したい方は消費者金融系のおまとめローンがおすすめです。

おまとめローンで借金をまとめる際によくある質問

おまとめローンと借り換えの違いは?

おまとめローンは複数のローンを1つに集約すること、一方で借り換えローンは金利の低いローンへと移行させることを指します。

おまとめローンは複数のローンを1つに集約することで、返済管理を楽にすることが可能です。また、金利を下げることも可能です。

借り換えローンは、利率を下げることを目的としており、総返済額を減らすことが可能です。

多重債務を背負っている方は返済管理を楽にするために、おまとめローンを検討することをおすすめします。

人気のおすすめおまとめローンがわかる!

カードローンの借り換えについて詳しく知りたい方は「カードローンの借り換えにおすすめの商品10選|デメリットも解説!」を参考にしてください。

年収は申し込み条件に必要?

年収は申込み条件に必要となっています。

銀行系のおまとめローンを利用する場合は100万円〜といったように最低年収を設けていることがあります。

なお、高収入で勤続年数が長いほど審査に有利になるでしょう。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。