2022年2月3日

低金利のカードローン8選!金利・利息が安いキャッシングを紹介!

カードローン低金利
低金利で利用できるおすすめのカードローン・キャッシングは?
カードローン・キャッシングの金利を低金利にするための方法はあるの?

カードローンやキャッシングについて上記の様な悩みや疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、カードローン・キャッシングを選ぶ際に大切な以下のポイントを押さえたカードローン・キャッシングを紹介していきます。

カードローン・キャッシングを選ぶ際のポイント

  • 低金利で利用できるか
  • 無利息期間はあるか
  • 融資スピードは早いか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードローン・キャッシングは「プロミスフリーキャッシング」です。

来店不要で最短1時間融資も可能!

この記事を最後まで読むことであなたにおすすめの低金利のカードローン・キャッシングを選択できるでしょう。

また、おすすめのカードローンや消費者金融を知りたい方は、「【金利比較】カードローン・キャッシングおすすめ11選|人気の会社を選ぶならどこがいい?」や「【比較】消費者金融おすすめ一覧|大手・中小の人気消費者金融はどこがいい?」を参考にしてください。

カードローンの金利とは?

カードローンについて金利や利息に定義、利息の算出方法を紹介していきます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

金利が低いカードローン商品がわかる!

カードローンの金利・利息の定義

金利とは借入している金額に対して、追加して支払う金額の割合のことです。

お金を借りたことによって伴う「手数料」のようなイメージです。金利が高いほど、支払う利息額も増えます。

「金利○%」と表示されているのが基本で、消費者金融のカードローンでは利息制限法によって上限金利が20.0%と法律によって定められています。

具体的な利息の算出方法

具体的な金利の算出方法は以下の式で表されます。

「融資額×金利×利用日数÷365(年間日数)=利息額」

利息額はこのような式で求められ、「融資額・金利・利用日数」の3つの変数によって変動します。

具体例として融資額100万円、金利15%が適用されたときの1年間にかかる利息の算出方法は以下の通りです。

「100万円×15%×365÷365=15万円」

上記の様に金利は利息を決定する上では欠かせない指標となっています。

以下では「金利」が低いおすすめのカードローンを紹介します。

金利が低いカードローン商品がわかる!

【比較一覧】金利が安いカードローン・キャッシング8選

プロミスフリーキャッシング レイクALSA みずほ銀行カードローン SMBCモビット 三井住友銀行カードローン 横浜銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン オリックス・クレジットVIPローンカード
貸付限度額 最高500万円 最高500万円 最高10~800万円 最高800万円 最高800万円 最高1,000万円 最高800万円 最高800万円
貸付利率 4.5%〜17.8% 4.5%〜18.0% 2.0%〜14.0% 3.0%〜18.0% 1.5%〜14.5% 1.5%〜14.6% 1.9%〜14.5% 1.7%〜17.8%
無利息期間 30日間 30日間/60日間/180日間(※初めての場合、選択可能) - - - - - -
融資スピード 最短即日 最短60分 - 最短即日 最短翌営業日 最短翌日 - 最短即日
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
残高スライド方式 借入後残高スライド元利定額返済方式 残高スライド元利定額 残高スライド方式 残高スライドリボルビング返済方式D リボルビング払い
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

プロミスフリーキャッシング

名称 プロミスフリーキャッシング
貸付限度額 500万円
貸付利率 4.5%〜17.8%
無利息期間 30日間
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスフリーキャッシングの魅力!

  • 上限金利が17.8%と消費者金融カードローンの中では低金利である
  • 初めての利用の場合、30日間の無利息期間がある
  • 最短即日での融資が可能である

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスフリーキャッシングは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローン商品です。

プロミスフリーキャッシングの魅力として、上限金利が17.8%と消費者金融カードローンの中では低金利であることが挙げられます。そのため利息を抑えてカードローンを利用することが可能です。

また、プロミスフリーキャッシングの魅力として、初めての利用の場合、30日間の無利息期間があることも挙げられます。

無利息期間に返済が完了すれば利息がかからず、借入額のみの返済で済みます。そのため、無利息期間内に返済できる見込みがある方にとって嬉しいポイントです。

プロミスフリーキャッシングは消費者金融カードローンの中では比較的金利も安く、無利息期間もあるためおすすめのカードローンとなっています。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスの口コミについて詳しく知りたい方は「プロミスの口コミ・評判はどう?デメリットやメリット評価を解説!」を参考にしてください。

レイクALSA

名称 レイクALSA
貸付限度額 最高500万円
貸付利率 4.5%〜18.0%
無利息期間 30日間/60日間/180日間
審査スピード 最短15秒
担保・保証人の有無 不要
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式

レイクALSAの魅力!

  • 初めての利用なら選べる無利息サービスがある
  • 最短60分で融資を受けられる
  • 新生銀行カードローンATMでは手数料無料で利用できる

レイクALSAは、株式会社新生フィナンシャル株式会社が提供しているカードローン商品です。

レイクALSAの魅力として、初めての利用なら選べる無利息サービスがあることが挙げられます。初めてレイクALSAで借入をする場合、Web申し込み限定で1〜200万円の借入であれば60日間の無利息期間が選択可能です。

加えて、借入額のうち5万円までは180日間無利息期間を適用できるサービスもあります。そのため、一定期間以内に返済できる見込みがある方にとって嬉しいサービスだと言えるでしょう。

また、レイクALSAの魅力として、最短60分で融資を受けられるという魅力も挙げられます。そのため、急にお金が必要になった場合でもレイクALSAであれば対応することが可能です。

学費の入金や車の修理など、突然の出費ができた際にも利用できるのはレイクALSAのメリットだと言えるでしょう。

レイクALSAは、初めての利用なら30日間/60日間/180日間から自身にあった最適な無利息期間を選択できるためおすすめのカードローンとなっています。

みずほ銀行カードローン

名称 みずほ銀行カードローン
貸付限度額 最高10~800万円
貸付利率 2.0%〜14.0%
無利息期間 -
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド方式

みずほ銀行カードローンの魅力!

  • 2.0~14.0%と比較的低い年率で利用できる
  • 利用限度額が10~800万円と高い
  • みずほ銀行キャッシュカードで利用できる

みずほ銀行カードローンは、株式会社みずほ銀行が提供しているカードローン商品です。

みずほ銀行カードローンの魅力として、2.0%〜14.0%と比較的低い年率で利用できることが挙げられます。そのため、少額の場合でもお得に借入することが可能です。

また、みずほ銀行カードローンの魅力として、利用限度額が10~800万円と高いことも挙げられます。

みずほ銀行カードローンは比較的低年率で利用できる上に、利用額も高く設定できる可能性のあるカードローンとなっています。

SMBCモビット

名称 SMBCモビット
貸付限度額 800万円
貸付利率 3.0%〜18.0%
無利息期間 -
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビットの魅力!

  • 三井住友銀行のATMで手数料が無料になる
  • 10秒で簡易審査結果を確認できる

来店不要で即日融資も可能!

SMBCモビットは、株式会社SMBCモビットが提供しているカードローン商品です。

SMBCモビットの魅力として、3.0%〜18.0%三井住友銀行のATMで手数料が無料になることが挙げられます。

SMBCモビットの場合、金利においては3.0%〜18.0%と一般的ですが、ATM手数料が無料であることで支出を押さえて利用することが可能です。

一回あたりのATM手数料が220円で48回返済の場合だと、約1万円ほどの手数料が発生します。この様に一回あたりの手数料は少なくても、返済期間によっては高額になる手数料をカットできるのはメリットの1つと言えるでしょう。

また、SMBCモビットの魅力として、10秒で簡易審査結果を確認できることも挙げられます。審査結果が早く出ることで、最短即日融資となる可能性が高まります。そのため、急ぎで借入をしたい方にぴったりのカードローンです。

SMBCモビットは、三井住友銀行のATMを利用することで手数料を抑えることが可能なカードローンです。

来店不要で即日融資も可能!

三井住友銀行カードローン

名称 三井住友銀行カードローン
貸付限度額 800万円
貸付利率 1.5%〜14.5%
無利息期間 -
審査スピード 最短翌営業日
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド元利定額

三井住友銀行カードローンの魅力!

  • 上限金利が14.5%と低く利用しやすい
  • 最短翌営業日には融資を受けられる

三井住友銀行カードローンは、株式会社三井住友銀行が提供しているカードローン商品です。

三井住友銀行カードローンの魅力として、上限金利が14.5%と低く利用しやすいことが挙げられます。そのため、他社のカードローンと比較してお得に利用することが可能です。

また、三井住友銀行カードローンの魅力として、最短翌営業日には融資を受けられることも挙げられます。そのため、学費の入金など、急にまとまったお金が必要になった場合でも対応することが可能です。

三井住友銀行カードローンは比較的金利も安く、三井住友銀行・提携コンビニATMで手数料が無料になるおすすめのカードローン商品です。

横浜銀行カードローン

名称 横浜銀行カードローン
貸付限度額 最高1,000万円
貸付利率 1.5%〜14.6%
無利息期間 -
審査スピード 最短翌日
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド方式

横浜銀行カードローンの魅力!

  • 1.5%~14.6%と比較的低金利で利用できる
  • 利用限度額が1,000万円と高い

横浜銀行カードローンは、株式会社横浜銀行が提供しているカードローン商品です。

横浜銀行カードローンの魅力として、1.5%〜14.6%と比較的低金利で利用できることが挙げられます。上限金利が14.6%であるため、少額の借入でもお得に利用することが可能です。

また、横浜銀行カードローンの魅力として、利用限度額が1,000万円と高いことも挙げられます。そのため、さまざまな目的での借入に対応できると言えるでしょう。

横浜銀行カードローンは融資限度額が1,000万円と高く、最短翌日融資が可能なカードローン商品です。

楽天銀行スーパーローン

名称 楽天銀行スーパーローン
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 1.9%〜14.5%
無利息期間 -
審査スピード -
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式D

楽天銀行スーパーローンの魅力!

  • 金利が1.9%~14.5%と比較的低金利で利用できる
  • 楽天銀行の口座開設不要で利用できる

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行株式会社が提供しているカードローン商品です。

楽天銀行スーパーローンの魅力として、金利が1.9%〜14.5%と比較的低金利で利用できることが挙げられます。そのため、なるべく少額の利息での借入が可能です。

また、楽天銀行スーパーローンの魅力として、楽天銀行の口座開設不要で利用できることも挙げられます。

カードローン利用の際に口座開設が必要な場合もあるため、このカードローンを選ぶことで手続きを減らすことが可能です。口座開設にかける時間が無くなるため、融資スピードを早くすることにも可能です。

楽天銀行スーパーローンは入会時に1,000円相当の楽天ポイントがもらえるというメリットもあります。

オリックス・クレジットVIPローンカード

名称 オリックス・クレジットVIPローンカード
貸付限度額 最高800万円
貸付利率 1.7%〜17.8%
無利息期間 -
審査スピード 最短60分
担保・保証人の有無 原則不要
※審査結果によっては保証会社を利用する必要あり
返済方式 リボルビング払い

オリックス・クレジットVIPローンカードの魅力!

  • 金利が1.7%~17.8%と消費者金融カードローンの中では低金利で利用しやすい
  • 最短即日融資が可能である

オリックス・クレジットVIPローンカードは、オリックス・クレジット株式会社が提供しているカードローン商品です。

オリックス・クレジットVIPローンカードの魅力として、金利が1.7%〜17.8%と消費者金融カードローンの中では低金利で利用しやすいことが挙げられます。そのため、比較的お得に借入することが可能です。

また、オリックス・クレジットVIPローンカードの魅力として、最短即日融資が可能であることも挙げられます。

家電の買い替えや車の修理など、お金が必要になる場面は多くあるかと思います。オリックス・クレジットVIPローンカードではこういった急にお金が必要になった場合でも対応することができます。

オリックス・クレジットVIPローンカードは、ネットバンクなら返済手数料無料で利用できるおすすめのカードローンです。

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法として以下の3つが挙げられます。

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法

それでは、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

金利が低いカードローン商品がわかる!

無利息期間のあるカードローンを利用する

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法の1つとして、無利息期間のあるカードローンを利用することが挙げられます。

無利息期間があることで一定期間ではありますが利息額を下げ、実質的な金利を下げることが可能です

レイクALSAやプロミスなどの消費者金融カードローンでは、初めての利用者に無利息期間が設けられており、お得に利用することが可能となっています。

短期間での返済が可能な場合は無利息期間のサービスを利用することで、比較的安い利息額で利用できます。

金利が低いカードローン商品がわかる!

滞りなく返済を続ける

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法の1つとして、滞りなく返済を続けることが挙げられます。

滞りなく返済を続けることで、「返済能力の高い顧客」とみなされ、金利が下がる可能性があります。

これは貸金業者側が返済能力の高い顧客にサービス優遇を行うことで、自社のサービスを継続的に利用してほしいと考えているからです。

したがって、返済遅延などを起こすことなく返済を続けることは、金利を下げられる可能性があると言えるでしょう。

限度額を増額する

カードローン・キャッシングの金利を低くするための方法の1つとして、限度額を増額することが挙げられます。

一般的に貸し付け額の上限を上げることで金利が下がっていきます

中でも消費者金融のカードローンでは利息制限法によって、貸し付け額に応じた上限金利は決まっています。

貸し付け額 上限金利
10万円未満 20.00%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

上記の表のように貸し付け額が上がれば、適用金利が下がります。

ただし利用限度額を増額する場合は別途審査が必要となります。

金利が低いカードローン商品がわかる!

カードローンの金利に関するよくある質問

銀行系カードローンの方が金利が低い?

結論として銀行系カードローンの方が消費者金融カードローンに比べて、金利は低くなっています

銀行系のカードローンでは上限金利が14~14.5%前後が一般的ですが、消費者金融カードローンでは上限金利が17.8~18%前後が一般的です。

金利が低いカードローン商品がわかる!

カードローンの金利を確認する際の注意点は?

カードローンの金利を確認する際の注意点として、上限金利を必ず確認する必要があります。

初回契約では上限金利が適用されるケースが多く、下限金利が適用される可能性は低いです。

下限金利にも目がいきがちかもしれませんが、上限金利が適用されると想定して返済額を確認しておくべきだと言えるでしょう。

この記事の監修者

加陽 麻里布

加陽 麻里布

永田町司法書士事務所代表 / 東京司法書士会理事
会社法人登記業務を中心に、SO発行設計・不動産登記・相続手続・裁判事務など
幅広く専門的な法律手続を取り扱う司法書士事務所

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。