2022年3月7日

プロミスの口コミ・評判はどう?デメリットやメリット、評価を解説!

プロミス 口コミ
プロミスの口コミや評判ってどうなの?
プロミスのメリット・デメリットも気になりますよね!

プロミスについて、上記のような疑問や要望を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、プロミス(フリーキャッシング)について評判やメリット・デメリットを紹介しています。

プロミス(フリーキャッシング)のまとめ

  • 初回利用の場合30日間の利息なしのサービスが受けられる
  • 最短即日で融資が受けられる
  • 返済手数料が無料でさまざまな返済方法が選択できる
  • 実際にプロミスを利用している方の口コミや評判も良い

来店不要で最短1時間融資も可能!

この記事を最後まで読むことで、プロミスの評判やメリット・デメリットを理解できるでしょう。

また、プロミス以外にもおすすめのカードローンや消費者金融を知りたい方は、「【金利比較】カードローン・キャッシングおすすめ11選|人気の会社を選ぶならどこがいい?」や「【比較】消費者金融おすすめ一覧|大手・中小の人気消費者金融はどこがいい?」を参考にしてください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、ご注意ください。

プロミスのカードローンとは?融資限度額や金利などを解説!

名称 プロミスフリーキャッシング
貸付限度額 最高500万円
貸付利率 4.5〜17.8%
無利息期間 30日間
審査スピード 最短30分
担保・保証人の有無 不要
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミス(フリーキャッシング)の魅力!

  • 最短即日融資が可能である
  • スマホ・Webで手続きが完結する(アプリローンの場合)
  • ご自身に合わせた返済方法を選択できる

プロミスフリーキャッシングは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているカードローン商品です。来店不要・最短即日で融資が可能であることが魅力です。

スマホ・Webから申し込めるなど、時間がない方でも利用しやすいカードローン商品です。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスのメリット9個を紹介!

プロミスのメリットとして、以下の9点が挙げられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

来店不要で最短1時間融資も可能!

最短即日融資が可能である

プロミスのメリットとして、最短即日融資が可能であることが挙げられます。

プロミスは最短30分で融資が可能となっており、50万円以下の融資であれば最短15秒で審査結果を解答してくれます。そのため、今すぐにお金が必要という方も利用しやすいでしょう。

また申込みに時間がかからないため、何度も来店するなどの手間がかからないこともメリットと言えます。

ただし審査の内容によっては融資まで時間がかかる場合があるため、審査時間はあくまでも目安として捉えておきましょう。

審査の早さはカードローンの中でもトップクラスと言えるでしょう。

初回利用は30日間利息0円で利用できる

プロミスのメリットとして、初回利用は30日間利息0円で利用できることが挙げられます。

無利息期間について、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

メアド登録とWEB明細利用で30日間無利息サービスをプレゼントします!

初めてプロミスフリーキャッシングを利用される方は、30日以内に返済すれば実質無利息でローンを利用できます。一時的に現金が必要になった場合も便利な特典といえるでしょう。

ただし無利息期間の適用については、メールアドレスの登録やWEB明細を利用するといった条件を満たす必要があります。

簡単な条件で無利息期間がもらえるのは便利ですね!

来店不要で最短1時間融資も可能!

女性用の「レディースキャッシング」が用意されている

プロミスのメリットとして、女性用の「レディースキャッシング」が用意されていることが挙げられます。

プロミスには電話で女性のオペレーターが対応してくれる申込方法があります。レディースキャッシングは、公式サイト記載の女性専用ダイヤルから利用できます。

女性のオペレーターに対応してもらえることで、初めてカードローンを利用する女性の方でも安心して電話をかけられるでしょう。不明点がある際でも気軽に質問できるメリットもあります。

なお、レディースキャッシングは女性専用ダイヤルであるため、男性は利用できません。

スマホ・Webで手続きが完結する(アプリローンの場合)

プロミスのメリットとして、スマホ・Webで手続きが完結することが挙げられます。

プロミスフリーキャッシングでは、アプリローンを利用することでスマホやWeb上ですべて手続きが完了します。本人確認書類などもスマホで撮影してアップロードできるため、郵送などの手間もかかりません。

ローンの申し込みのために専用ATMに行くなど足を運ぶ必要もなく、融資を受けるまでの時間もかかりません。またアプリローンはカードが発行されないため、紛失・盗難などの心配をすることもありません。

またアプリローンの利用者は、全国約20万ヶ所の施設で割引価格サービスが受けられる「おとくらぶ」の特典もあります。

自動契約機に行く必要がないのはありがたいですね!

来店不要で最短1時間融資も可能!

上限金利が他消費者金融と比べると低い

プロミスのメリットとして、上限金利が他の消費者金融と比べると低いことが挙げられます。

以下の表で、他の消費者金融業者との金利を比較しています。

消費者金融機関 金利
プロミス 4.5〜17.8%
レイクALSA 4.5〜18.0%
アコム 3.0〜18.0%

一般的に初めて消費者金融を利用する際は、上限金利が適用される傾向があります。そのためプロミスフリーキャッシングを利用すると、他社よりも低い金利で借りられる場合があります。

金利が抑えられることで、他社に比べ返済総額も少なくなるメリットもあります。

ただし借入額によっては金利が他社と変わらないことがあるため、まずは審査をしてみることをおすすめします。

借入額が大きい場合は金利にも十分注意しましょう!

24時間いつでも申し込める

プロミスのメリットとして、24時間いつでも申し込めることが挙げられます。

ローンの申込時間について、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

原則24時間いつでも振込可能!
土日夜間でもOK!

プロミスを利用できる主な金融機関として、以下の銀行が挙げられます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行

プロミスでは24時間ローンが受けられるため、至急お金が必要になったという場合でもすぐに現金を手にできます。

また土日祝日や夜間、長期休暇などにも利用できることも利便性があるといえるでしょう。

ただし利用する金融機関によって振込時間が異なる場合があります。

24時間融資可能なのは大きな魅力ですね。

来店不要で最短1時間融資も可能!

ご自身に合わせた返済方法を選択できる

プロミスのメリットとして、ご自身に合わせた返済方法を選択できることが挙げられます。

返済方法として、以下の5つの方法が挙げられます。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ

インターネット返済はWeb上で簡単に返済手続きができたり、店頭窓口は返済計画を相談できたり、それぞれの返済方法にメリットがあります。

ご自身の利用シーンに合わせて返済方法の選択ができるため、資金の計画を立てやすいと言えます。

それぞれの返済方法の詳細については、公式サイトで確認しましょう。

それぞれの方法にメリットがあるため、確認すると良いでしょう!

来店不要で最短1時間融資も可能!

返済手数料が無料で利用できる

プロミスのメリットとして、返済手数料が無料で利用できることが挙げられます。

プロミスの返済手数料は、いずれの返済方法もすべて無料となっています。月の返済額が少なく、返済回数が多い場合でも無駄な手数料がかからないため、返済にかかるコストを削減できるでしょう。

ただし銀行振込による返済の場合は、金融機関が指定する振込手数料がかかります。

無料で借入シミュレーションができる

プロミスのメリットとして、無料で借入シミュレーションができることが挙げられます。

プロミスでは、公式サイトにて生年月日、年収、現在の借入状況を入力すると借り入れが可能か診断できる機能があります。

審査に通るか自信がない方でも一度シミュレーションで確認できるため、おすすめの機能です。電話などで問い合わせる必要がないため、誰でも気軽に利用できるでしょう。

ただしシミュレーションは簡易的な審査であるため、実際の申込時の審査結果とは異なる場合があります。

初めての利用で不安な方は、まずシミュレーションしてみると良いでしょう。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスの審査について詳しく知りたい方は「プロミス審査は甘い?厳しい?審査時間や結果までの流れ難易度などを解説!」を参考にしてください。

プロミスのデメリット2個を紹介!

プロミスのデメリットとして、以下の2点が挙げられます。

あらかじめデメリットを確認しておくことで、申込時に注意すべき点について知ることが出来ます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

来店不要で最短1時間融資も可能!

限度額が低いと感じる場合がある

プロミスのデメリットとして、限度額が比較的低いことが挙げられます。

プロミスの利用限度額は500万円となっています。

以下の表で、他の消費者金融業者と借入限度額について比較しています。

プロミス 500万円
レイクALSA 500万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
アコム 800万円

プロミスでは借入限度額が500万円となっているため、高額融資を検討している場合は希望額を借り入れできない事があります。

消費者金融は総量規制の対象のため500万円以上の融資を受けるには、1,500万円以上の年収が必要となります。プロミスの借入限度額は平均的な年収に見合った設定といえるでしょう。

500万円以上借りることが少ない点を考えると、大きなデメリットではないと言えますね!

在籍確認の連絡が来る場合がある

プロミスのデメリットとして、在籍確認の連絡が来る場合があることが挙げられます。

在籍確認について、公式サイトでは以下の通りに記載されています。

「ご本人様がお勤めされている事」の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます。

在籍確認を行われることで、会社の同僚に消費者金融を利用していることを知られてしまう場合もあります。

ただし在籍確認の際はプロミスの名前を伏せて電話をかけてくれるため、すぐに在籍確認の電話だと気付く方は少ないかもしれません。

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスの評判・口コミ

来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスで申し込みをする手順

プロミスの申込みの流れは以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

来店不要で最短1時間融資も可能!

手順①必要書類を準備する

申し込みの際に必要となる書類を準備します。

必要書類の種類として、公式サイトでは以下のように記載されています。

本人確認書類 ・運転免許証
・パスポート
・保険証+住民票
本人確認書類記載住所と現住所が異なる場合に必要な書類 ・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
収入証明書 ・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

融資希望額が50万円を超える場合、または他社の借り入れと合わせて100万円以上の借り入れになる場合については、収入証明書の提出が必要となります。

申込の前にあらかじめ準備しておくとスムーズに手続きできるでしょう。また申込方法によって必要書類の数が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

書類不備があると契約が進まないため、しっかり確認しておきたいですね!

来店不要で最短1時間融資も可能!

手順②Webで申し込みをする

公式サイトの申し込みフォームから申し込みを行います。氏名、自宅住所、勤務先、希望額などの個人情報を正確に入力します。

申し込みを行う前に、入力内容に相違がないかもう一度確認すると良いでしょう。

手順③審査を待つ

申込後に必要書類の提出を行います。Web申込みの場合はスマホで撮影してアップロードすることとなります。アップロードが完了したら審査結果を待ちましょう。

審査結果の連絡方法はメールか電話のいずれかの方法を選択できます。

ご自身の都合に合わせて電話かメールを選択しましょう。

手順④本契約の手続きを行う

審査後に本契約の手続きを行います。

カードの有無や、返済方法について選択します。この際に「カード発行なし」を選択した場合でも、後からカードを発行することも可能です。

また「カード有り」を選択した場合は後日カードが郵送されてきます。

来店不要で最短1時間融資も可能!

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。