2021年7月28日

年会費無料ゴールドカード9選!永年・実質無料のカードを紹介!

ゴールドカード_無料_アイキャッチ
年会費無料のゴールドカードを知りたいです!
高級感のあるゴールドカードを年会費無料で持てたら嬉しいですよね。

ゴールドカードは一般カードよりもステータス性が高く、保有していると優待特典や旅行傷害保険などの充実したサービスを受けられます。

この記事を読むことで「年会費無料」で発行できるゴールドカードや、具体的な発行方法がわかるでしょう。

この記事のまとめ

  • 年会費無料のゴールドカードは、大きく分けて以下の3通り
  • 方法①初年度無料のカードを発行する
  • 方法②招待・インビテーションで発行する
  • 方法③利用額条件を満たして無料にする
  • 提示される利用額条件は比較的高額な場合もあるため、おすすめは初年度無料のカードを発行する方法
  • 初年度無料のカードでおすすめは「JCBゴールド
  • JCBゴールドは、オンライン入会で初年度無料充実した旅行傷害保険ポイント還元率が身近な店舗でアップ

初年度の年会費が無料で充実したサービス!

年会費が無料のゴールドカードは存在する?

年会費が無料のゴールドカードは存在します。

ゴールドカードの年会費を無料にする方法は、大きく分けて以下の3通りが挙げられます。

ゴールドカードの年会費を無料にする方法

  • 初年度無料のカードを発行する
  • 招待・インビテーションで発行する
  • 利用額条件を満たして無料にする

上記の点を知ることで自身に適した方法で年会費無料のゴールドカードを作成できるでしょう。

例えば初めてゴールドカードを作る際、初年度無料のカードは実際に利用して使い勝手の良さを試せます。万が一自身に合わない場合でも、1年で解約することが可能です。

また一度でも利用額条件を満たせば永年無料になるカードもあるため、年会費がお得になるように上手く利用額を調整することもできるでしょう。

ただし、年会費が無料のゴールドカードは年会費が数万円かかるゴールドカードよりもステータス性は劣るケースが多いです。

【料金形態別】おすすめの年会費無料ゴールドカード

料金形態別で年会費が無料のゴールドカードを以下にまとめました。

ここからは、それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

初年度の年会費が無料のカードなら

初年度の年会費が無料のゴールドカードは以下が挙げられます。

それぞれのカードのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

JCBゴールド

JCBゴールド

カード名 JCBゴールド
年会費 ・初年度無料
※オンライン入会の場合
・2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド JCB
付帯サービス ・旅行傷害保険
・空港ラウンジサービス
・グルメ優待サービス
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・オンラインからの入会で初年度の年会費が無料である
・旅行傷害保険や航空機遅延保険が自動付帯している
・優待店が多いため、ポイントを貯めやすい
デメリット ・通常のポイント還元率は一般的である
・発行できる国際ブランドがJCBのみのため海外などで利用できない場合がある
おすすめの人 ・旅行によく行く方
・優待店を利用してポイントを効率よく貯めたい方

初年度の年会費が無料で充実したサービス!

JCBゴールドは、株式会社ジェーシービーが発行するクレジットカードです。年会費は通常11,000円かかりますが、オンライン入会の場合初年度の年会費が無料になります。

このカードは、旅行傷害保険や航空機遅延保険が自動付帯しています。また、旅行傷害保険は最高1億円まで補償されるため、安心して旅行を楽しめるでしょう。

また、ポイントの優待店が多い点も特徴です。スターバックスカードへのチャージやAmazon,セブンイレブンの利用など、身近な店舗でお得にポイントが貯まります。

貯めたポイントの交換先も商品券や特定の商品など豊富にあるため、自身のほしいものと交換もできるでしょう。

旅行傷害保険やポイント優待店など、便利な特典が豊富なゴールドカードです。

初年度の年会費が無料で充実したサービス!

三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールド

カード名 三井住友カードゴールド
年会費 ・初年度無料
・2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
付帯サービス ・旅行傷害保険
・ショッピング補償
・空港ラウンジサービス
・ゴールドデスク
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・楽天Edy
メリット ・「WEB明細+マイ・ペイすリボ」コースの加入で年会費を4,400円まで下げられる
・利用金額に応じたボーナスポイントがある
・空港ラウンジを利用できる
・家族カードが1枚まで無料である
デメリット ・30歳以上の方のみ申し込める
・基本還元率が標準的である
おすすめの人 ・30歳以上でゴールドカードを持ちたい方
・月の利用金額が多い方

初年度の年会費が無料で空港ラウンジサービスなどの豪華な特典!

三井住友カードゴールドは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。このカードの申込条件は、30歳以上の安定した収入のある方が申し込み対象です。

年会費は通常11,000円かかりますが、オンライン入会で初年度は無料になります。また、通常11,000円の年会費をWeb明細+マイ・ペイすリボコースの加入で4,400円まで下げることが可能です。

このカードのメリットして、利用金額に応じたボーナスポイントをもらえる点が挙げられます。5万円で100ポイント、10万円上は5万円利用するごとに200ポイントが付与されるため、利用金額が高ければよりポイントを貯められるでしょう。

また、全国28の空港ラウンジを無料で利用できたり、一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux」を優待価格で利用できたりと、ステータス性の高いサービスも利用可能です。

利用額に応じてボーナスポイントがもらえるんですね!
三井住友カードゴールドは30歳以上の方が対象であるため、30歳以上でゴールドカードを持ちたい方豪華な特典を受けたい方におすすめです。

初年度の年会費が無料で空港ラウンジサービスなどの豪華な特典!

UCSゴールドカード

UCSゴールドカード

カード名 UCSゴールドカード
年会費 ・初年度無料
・2年目以降3,300円
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
付帯サービス ・旅行傷害保険
・空港ラウンジサービス
・UCSロードサービス24
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・ゴールドカードの中では比較的年会費がお得である
・海外旅行傷害保険が充実している
・全国のアピタや宇佐美直営店で常時割引がある
デメリット ・アピタやピアゴを使わない方にはメリットが少ない
・国内傷害保険が手薄い
おすすめの人 ・海外旅行をよくする方
・アピタやピアゴ、宇佐美を利用する方

初年度の年会費無料で付帯特典が充実している!

UCSゴールドカードは、株式会社UCSが発行するクレジットカードです。発行条件は年収500万円以上、勤続年数または営業年数5年以上、本人に安定した継続的な収入のある方が対象となります。

年会費は通常3,300円かかりますが、初年度は無料です。年会費はゴールドカードの中では比較的お得であると言えるでしょう。

このカードは、最大5,000万円まで補償する海外旅行傷害保険が付帯しています。また、空港ラウンジサービスも利用できるため、旅行の際には空港でゆったりと時間を過ごすことも可能です。

また、全国のアピタや宇佐美直営店で常時割引があります。アピタでは会計金額から5%割引で、宇佐美ではガソリンや灯油が2円/L引きとなるため、それらの優待店をよく利用する方におすすめのカードです。

ラウンジサービスや海外旅行傷害保険が手厚いため、旅行によく行く方にもおすすめです。

初年度の年会費無料で付帯特典が充実している!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド_アメリカン・エキスプレス・カード

カード名 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 ・初年度無料
・2年目以降11,000円
ポイント還元率 0.5~1.0%
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
付帯サービス ・ショッピング安心保険
・旅行傷害保険
・スポーツ施設優待サービス
・ラウンジサービス
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・初年度の年会費が無料で入会キャンペーンが手厚い
・海外旅行保険が手厚い
・ポイントに有効期限がない
デメリット ・基本のポイント還元率が標準的である
・通常の年会費が比較的高い
おすすめの人 ・海外旅行をよくする方
・ポイントを効率よく貯めたい方
・ステータスの高いカードがほしい方

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードです。このカードの申込条件は、学生・未成年を除く安定した収入があり、社会的信用を有する方が対象です。

このカードのメリットとして、初年度の年会費が無料で入会キャンペーンが手厚い点が挙げられます。例えば、入会キャンペーンとしてカード利用と家族カードの発行で最大8,000円相当のポイントが手に入ります。

また、ポイントは永久不滅ポイントであるため、有効期限を気にする必要がありません。さらに、国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償と手厚い点もメリットと言えます。

ポイントに有効期限がないので、期限を気にせず貯められます。
ラウンジサービスや海外旅行傷害保険が手厚いため、海外旅行によく行く方におすすめです。

インビテーション・招待で年会費が永年無料のカードなら

インビテーション・招待で年会費が永年無料のゴールドカードは以下が挙げられます。

はじめに上記のカードについて紹介していきます。

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス_ゴールド

カード名 セブンカード・プラス(ゴールド)
招待条件 非公開
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド ・VISA
・JCB
付帯サービス ・ショッピングガード保険
・家族カードの発行無料
・ETCカードの発行無料
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・Pay Pay(VISAのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・nanaco
メリット ・年会費が永年無料である
・セブン&アイグループでの買い物がお得になる
・国内のショッピングガード保険が付帯している
デメリット ・インビテーションがないと発行できない
・ポイント還元率が標準的である
おすすめの人 ・年会費が無料のゴールドカードがほしい方
・セブン&アイグループでよく買い物をする方

セブンカード・プラス(ゴールド)は、セブン・カードサービスが発行するゴールドカードです。招待制のゴールドカードで、年会費は永年無料です。ただし上表からもわかる通り、招待のための条件は非公開のカードとなります。

このカードのメリットとして、セブン&アイグループでの買い物がお得になる点が挙げられます。例えば、セブン&アイグループで買い物をするとポイント還元率が2倍になります。

また、イトーヨーカドーで毎月8のつく日は5%OFFなるため、お得と言えるでしょう。さらに国内でのショッピングガード保険が付帯しているため、万が一商品に不備があっても安心です。

発行できれば年会費が永年無料なのは嬉しいですね!
セブン&アイグループでの優待が多いため、セブン&アイグループでよく買い物をする方にもおすすめです。

セブン&アイグループでお得に利用できる!

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

カード名 イオンゴールドカード
招待条件 カードショッピングご利用金額が直近年間100万円以上
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
付帯サービス ・国内空港ラウンジサービス
・イオンラウンジサービス
・旅行傷害保険
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ)
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・WAON
メリット ・年会費が無料である
・旅行傷害保険が付帯している
・イオンラウンジを利用できる
デメリット ・インビテーションをもらうまでに一定金額使う必要がある
・ポイント還元率は標準的である
おすすめの人 ・イオン系列でよく買い物をする方
・旅行によく行く方

イオンゴールドカードは、イオン銀行が発行するクレジットカードです。発行条件は、対象のカードでショッピング金額が直近年間100万円以上利用した方が対象になります。

このカードのメリットとして、年会費がかからずに旅行傷害保険が付帯している点が挙げられます。年会費が無料のカードの中では、補償金額が最大5,000万円と手厚いと言えるでしょう。

また、全国のイオンにあるイオンラウンジを利用することが可能です。イオンラウンジはイオンの特定店舗にある会員制のラウンジで、簡単な軽食を無料で楽しめます。

イオン系列でよく買い物をする方旅行によく行く方におすすめのカードです。

イオンでのお買い物がお得になる!

利用額の条件付きで年会費が無料のカードなら

利用額の条件付きで年会費が無料になるゴールドカードは、以下が挙げられます。

それぞれのカードのメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

カード名 エポスゴールドカード
利用額条件 年間ご利用額50万円以上
年会費 ・5,000円
※年間50万円以上ご利用で翌年以降永年無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
付帯サービス ・海外旅行傷害保険
・空港ラウンジサービス
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay
・楽天Edy
メリット ・年間利用額が50万円を一度でも越えれば、翌年以降も年会費が永年無料になる
・ポイントに有効期限がない
・マルイで年に4回開催されるキャンペーン期間での買い物で10%OFFになる
デメリット ・国内傷害保険が付帯していない
・ポイント還元率が標準的である
おすすめの人 ・年会費が無料になる条件を満たせる方
・マルイでよく買い物をする方

エポスゴールドカードは、株式会社エポスカードが発行するゴールドカードです。

このカードは基本年会費が5,000円かかりますが、カード会社からのインビテーションや会員のご家族からの招待、年間50万円以上の利用のいずれかで年会費が無料になります。

エポスゴールドカードのメリットとして、年間利用額が50万円を一度でも越えれば、翌年以降も年会費が永年無料になる点が挙げられます。初年度に条件を満たせば、翌年以降年会費の負担がなくなるでしょう。

また年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」期間中、マルイやモディ全店、マルイのネット通販でのお買物が10%OFFになります。

エポスゴールドカードは年会費が無料になる条件があるため、その条件を満たせる方におすすめです。

一度条件を満たせば年会費が永年無料になる!

NTTグループカードゴールド

NTTグループカードゴールド

カード名 NTTグループカードゴールド
利用額条件 年間ショッピング利用額100万円以上
年会費 ・5,500円
・年間ショッピング額が100万円以上ご利用で翌年の年会費無料
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
付帯サービス ・空港ラウンジサービス
・国際線手荷物宅配優待サービス
・旅行傷害保険
対応スマホ決済 ・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay(Mastercardのみ)
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・楽天Edy
・Suica
・ICOCA
・PASMO
メリット ・月額対象通信料金が高いとキャッシュバック率が非常に高い
・出光で給油をするとキャッシュバックがある
・旅行傷害保険が充実している
デメリット ・年会費無料になる利用額条件が高い
・月額対象通信料金が少ないとキャッシュバック率がお得でなない
おすすめの人 ・対象の通信料金が高い方
・旅行によく行く方

NTTグループカードゴールドは、NTTファイナンス株式会社が発行するクレジットカードです。このカードの申込条件は、学生を除く18歳以上の安定した継続収入がある方が対象です。

年会費は通常5,500円かかりますが、年間ショッピング額が100万円以上ご利用で翌年の年会費が無料になります。

このカードのメリットとして、NTT関連の対象通信料金がかかっている場合、金額に応じたキャッシュバックを受けられる点があげられます。

また、出光で給油をすることでもキャッシュバックを受けられるため、よく車に乗る方は嬉しい特典と言えます(通信料金キャッシュバックとは別枠のサービス)。

さらに、対応の電子マネーにチャージする際にポイントを二重取りできる点も大きな特徴です。

NTT関連の通信を利用している方はお得ですね!
自宅の固定電話やインターネット環境、携帯料金などをNTTで統一するとよりお得感を得られるゴールドカードです。

利用額に応じて翌年の年会費が無料になる!

三菱UFJ VISA ゴールドカード

三菱UFJ_VISA_ゴールドカード

カード名 三菱UFJ VISA ゴールドカード
利用額条件 年間ショッピング利用額100万円以上
年会費 ・11,000円
※年間ショッピング額が100万円以上ご利用で翌年の年会費無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
付帯サービス ・ショッピング保険
・空港ラウンジサービス
・旅行傷害保険
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・楽天Edy
・Suica
・ICOCA
メリット ・旅行傷害保険が手厚い
・ショッピング保険が付帯している
・空港ラウンジサービスが使える
デメリット ・年会費無料になる利用額条件が高い
おすすめの人 ・初めてゴールドカードを持ちたい方
・普段の買い物で利用する方

三菱UFJ VISA ゴールドカードは、三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードです。このカードの申込条件は、満20歳以上の安定した収入のある方が対象です。

年会費は通常11,000円かかりますが、年間ショッピング額が100万円以上のご利用で翌年の年会費が無料になります。

このカードのメリットは、旅行傷害保険が手厚い点が挙げられます。国内・海外問わず最大5,000万円まで補償されるため、よく旅行に行く方は安心して旅行を楽しめるでしょう。

また、空港ラウンジサービスを利用できるため、出発前や到着後に空いた時間をラウンジでゆったり過ごすことも可能です。

さらにショッピング保険も付帯しているため、万が一購入したものが壊れてしまっても安心できるでしょう。

ショッピング保険がついているのは安心ですね!
旅行傷害保険が手厚く空港ラウンジサービスも付帯しているため、旅行によく行く方におすすめです。

ゴールドカードの年会費を無料にするにはどの方法がおすすめ?

ゴールドカードの年会費を無料にするおすすめの方法は、以下の2通りが挙げられます。

ゴールドカードの年会費を無料にするおすすめの方法

上記の方法を知ることで、自身に合った方法で年会費をお得にできるでしょう。それでは、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

初年度無料のカードを申し込む

ゴールドカードの年会費を無料にする方法として、初年度無料のカードを申し込む方法も挙げられます。初年度無料のカードを申し込むと、ゴールドカードを実際に利用してみて自身に合うか確かめることが可能です。

例えば、一度利用してみて自身の利用用途に合わない場合、1年間で契約を終了することもできます。ここでは、初年度無料のゴールドカードの例を下表にまとめました。

カード名 発行会社 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 特徴
JCBゴールド 株式会社ジェーシービー ・初年度無料
※オンライン入会の場合
・2年目以降11,000円
0.5% JCB 旅行傷害保険や航空機遅延保険が自動付帯している
三井住友カードゴールド 三井住友カード株式会社 ・初年度無料
・2年目以降11,000円
0.5% ・VISA
・Mastercard
通常11,000円の年会費だが「WEB明細+マイ・ペイすリボ」コースの加入で4,400円まで下げられる
UCSゴールドカード 株式会社UCS ・初年度無料
・2年目以降3,300円
0.5% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ゴールドカードの中では比較的年会費がお得である
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 株式会社クレディセゾン ・初年度無料
・2年目以降11,000円
0.5~1.0% AMERICAN EXPRESS 初年度の年会費が無料で入会キャンペーンが手厚い
三井住友カードプライムゴールド 三井住友カード株式会社 ・初年度無料
・2年目以降5,500円
0.5% ・VISA
・Mastercard
満20歳から30歳未満の方対象で2年目以降の年会費が最大1,650円まで割引できる
MUFGカードゴールド 三菱UFJニコス ・初年度無料
・2年目以降2,095円
0.1% ・VISA
・Mastercard
・JCB
ゴールドカードの中では比較的年会費がお得であり、付帯保険が充実している
JCB GOLD EXTAGE 株式会社ジェーシービー ・初年度無料
・2年目以降3,300円
0.5% JCB 20歳から29歳の方が対象でゴールドカードの中では比較的年会費がお得である

 

上表の初年度無料のゴールドカードの中でも、「JCBゴールド」がおすすめです。旅行傷害保険が充実していて、ポイントの優待店も多いため利用しやすいゴールドカードと言えます。

初年度の年会費が無料で充実したサービス!

一般カードの利用実績を積む

ゴールドカードの年会費を無料にする方法として、一般カードの利用実績を積む方法が挙げられます。

この方法では、カード会社から優良なユーザーとみなされてインビテーションが届くことで年会費が無料になります。

カード会社からの招待のため、通常通りゴールドカードを申し込むよりも比較的審査に通りやすいです。

一般カードの利用実績を積む方法の具体例を下表にまとめました。

カード名 形式 条件
セブンカード・プラス(ゴールド) インビテーション 非公開
エポスゴールドカード ・インビテーション
・条件により無料
・当社からご招待:永年無料
・プラチナ・ゴールド会員のご家族からご紹介:永年無料
・年間ご利用額50万円以上:翌年以降永年無料
イオンゴールドカード 条件により無料 カードショッピングご利用金額が直近年間100万円以上

上表からもわかる通り、年会費が無料になる条件が明確なカードもあれば非公開のものも存在します。

上表の中でも一般カードとして実績を積むのにおすすめのカードは、セブンカード・プラスです。

セブン&アイグループでお得に利用できる!

セブンカード・プラスとその上位カードであるセブンカード・プラス(ゴールド)に関して、下表にまとめました。

カード名 セブンカード・プラス セブンカード・プラス(ゴールド)
ランク 一般カード ゴールドカード
年会費 無料
付帯保険 ショッピングガード保険(海外):年間100万円まで ショッピングガード保険(国内):年間100万円まで
特徴 ・ショッピングガード保険が海外のみである
・セブン&アイグループでお得に利用できる
・ショッピングガード保険が国内に適用される
・年会費無料でゴールドカードを持てる
・セブン&アイグループでお得に利用できる

セブンカード・プラスは、年会費無料で実績を積むことが可能です。また、ゴールドカードになれば国内のショッピングガード保険も付帯されるため、買い物も安心してできるでしょう。

まとめ

この記事では無料で発行できるクレジットカードについて解説しました。無料のゴールドカードにもさまざまな料金形態があり、それぞれでメリットが異なります。

記事を読んだうえでどのカードを発行するか迷っている方は「JCBゴールド」をおすすめします。

初年度の年会費が無料で充実したサービス!

JCBゴールドは、オンライン入会で初年度の年会費が無料になります。また、旅行傷害保険や航空機遅延保険が自動付帯しているため、安心して旅行を楽しめるでしょう。

さらにポイント優待店はセブンイレブンやAmazonなどの身近な店舗が対象のため、お得にポイントを貯められます。

改めておすすめのクレジットカードを確認したい方は「【料金形態別】おすすめの年会費無料ゴールドカード」を参考にしてください。

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表
㈱メディエス代表取締役
TAC専任講師

■プロフィール・経歴
・兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ
立教大学卒業後、池田泉州銀行日本GEタマホームなどを経て現職
・タマホームFPとして600件超のFP相談実績
・サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています
・得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください

■所有資格
日本FP協会会員(CFP)宅地建物取引士貸金業務取扱主任者
住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段

■記事監修についての一言
「お金は誰から、どこから借りるのか?」将来の自分からです。
信用できる自分を目指しましょう。人生でかかるお金はある程度決まっています。予想できることは予め準備しましょう。キャッシュレスの普及、成人年齢の引き下げ、回復しないうえに新型コロナで打撃を受けた景気。社会にはいろいろな予想できない変化も起こります。そのためにもお金のことを知っておきましょう。銀行、リース・クレジット会社で勤務した経験、住宅メーカーFPとして相談に乗った経験、個人で通算5億円を借入した経験をもとに監修させていただきます。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。