2022年4月13日

生活費はクレジットカード払いがお得!固定費の管理におすすめのカードを紹介!

生活費_クレジットカード_アイキャッチ
生活費の支払いでおすすめのクレジットカードはありますか?
生活費がお得に支払えるクレジットカードだと嬉しいですよね!

クレジットカードを発行する際に、生活費がお得に支払えるクレジットカードが欲しいと考える方も多いのではないでしょうか?

この記事では、生活費を支払うのにおすすめのクレジットカードや生活費をクレジットカードで管理するメリットやデメリットについて紹介しています。

生活費を支払いたい方がクレジットカードを選ぶポイント

  • 生活費の支払いでもポイント還元率が高いか
  • 年会費が無料か(特典とのバランスはお得か)
  • ポイントの交換先が豊富か

上記のポイントを押さえているおすすめしたいクレジットカードは、「JCB CARD W」です。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

この記事を最後まで読むことで、自身のニーズに合った生活費がお得に支払えるクレジットカードを見つけられるでしょう。

また、ほかにもおすすめのクレジットカードについて詳しく知りたい方は「クレジットカードおすすめ比較|人気・お得なメインカードを作るならどこがいい?」を参考にしてください。

生活費がお得!おすすめのクレジットカード7選

JCB CARD W Orico Card THE POINT リクルートカード dカード 三井住友カードデビュープラス 楽天カード
JCB CARD W Orico_Card_THE_POINT リクルートカード dカード 三井住友デビュープラス 楽天カード
年会費 無料 無料 無料 無料 ・初年度無料
・2年目以降1,375円
※年一回以上の利用で無料
無料
還元率 1.0% 1.0% 1.2% 1.0% 1.0% 1.0%
発行スピード 最短3営業日 最短8営業日 ₋- ・通常1~3週間
・最短で5日
最短翌営業日 通常1週間~10日前後
ランク 一般カード 一般カード 一般カード 一般カード 一般カード 一般カード
国際ブランド JCB ・Mastercard
・JCB
・VISA
・Mastercard
・JCB
・VISA
・Mastercard
・VISA ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

それでは、それぞれのクレジットカードについて詳しく見ていきましょう。

JCB CARD W

JCB CARD W出典:https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w/

発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費 無料(※18~39歳の間に入会された方に限ります
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド JCB

JCB CARD Wの魅力!

  • ポイント還元率が1.0%と生活費の支払いでお得にポイントが貯まる
  • 年会費が永年無料で利用できる
  • ポイント特約店が充実している

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

株式会社ジェーシービーが発行するJCB CARD Wは、通常のポイント還元率が高水準なことで知られています。

JCB CARD Wの魅力として、生活費の支払いでもポイント還元率が1.0%であることが挙げられます。そのためユーザーは日々の生活費の支払いに使うだけで、お得にポイントを貯めることが可能です。

またJCB CARD Wの魅力として、年会費が永年無料で利用できることも挙げられます。そのためクレジットカードにコストをかけることなく持ち続けられるでしょう。

このカードの申込対象は18歳以上39歳以下となっていますが、発行後に40歳を超えたあとも年会費が発生することはありません。

JCB CARD Wは年会費が永年無料で、生活費の支払いがお得になるカードが欲しい方におすすめです。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

JCB CARD Wについて詳しく知りたい方は「JCB CARD Wのデメリット・メリットは?キャンペーン評価・口コミを解説」を参考にしてください。

Orico Card THE POINT

Orico_Card_THE_POINT出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/

発行会社 株式会社オリエントコーポレーション
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド ・Mastercard
・JCB

Orico Card THE POINTの魅力!

  • 通常のポイント還元率が1.0%と生活費の支払いでお得にポイントが貯まる
  • 年会費が永年無料である
  • オリコモール経由のネットショッピングでお得にポイントが貯まる

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

株式会社オリエントコーポレーションが発行するOrico Card THE POINTは、ポイント還元率が高くお得にネットショッピングができることで知られています。

Orico Card THE POINTの魅力として、生活費の支払いで利用してもポイント還元率が1.0%であることが挙げられます。そのため、ユーザーは水道光熱費などの生活費の支払いにカードを利用すると、高い還元率でポイントを得られるでしょう。

またOrico Card THE POINTの魅力として、入会後半年間は2倍の還元率であることも挙げられます。そのため、直近でまとまった買い物をする予定の方にもおすすめです。

還元率が1.0%だと生活費の支払いでお得にポイントが貯まりますね!
お得に生活費の支払いをしたい方日用品をネットショッピングで購入する方におすすめのクレジットカードです。

年会費無料でネットショッピングでも活躍!

リクルートカード

リクルートカード出典:https://recruit-card.jp/

発行会社 ・三菱UFJニコス株式会社(VISA、Mastercard)
・ジェーシービー株式会社(JCB)
年会費 無料
ポイント還元率 1.2%
ランク 一般カード
国際ブランド ・Mastercard
・JCB

リクルートカードの魅力!

  • 通常の還元率が1.2%と高く、生活費の支払いで多くのポイントが貯まる
  • 年会費が永年無料である
  • リクルートの提供するサービスを利用すると最大4.2%還元される

年会費無料で1.2%の高還元率!

リクルートカードは、ポイント還元率が高いことで知られています。

リクルートカードの魅力として、生活費の支払いでもポイント還元率が1.2%と高いことが挙げられます。基本的にどの料金を支払っても高還元率なため、日々の生活費をカードで支払うのみで効率よくポイントを貯まるでしょう。

またリクルートカードには、リクルートの提供するサービスを利用することで、最大4.2%のポイント還元を受けられる魅力もあります。

リクルートが展開するサービスであるじゃらんネットやホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメなどを利用する際に、リクルートカードで決済することで最大4.2%のポイント還元を受けられます。

リクルートカードは、家賃や光熱費などの固定費をクレジットカードで支払う方におすすめのカードです。

年会費無料で1.2%の高還元率!

dカード

dカード出典:https://d-card.jp/st/

発行会社 株式会社NTTドコモ
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
dカードの詳細情報
発行スピード 通常1~3週間
海外旅行傷害保険 最高2,000万(29歳以下の方のみ)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円(29歳以下の方のみ)
ショッピング保険(海外) 最高100万円
ショッピング保険(国内) 最高100万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay(Mastercardのみ) ・Pay Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー iD

dカードの魅力!

  • ポイント還元率が1.0%と高く生活費の支払いでお得のポイントが貯まる
  • ドコモの携帯の補償を受けられる

身近なポイント特約店でお得!

株式会社NTTドコモが発行するdカードは、ドコモユーザーにメリットが多いことで知られています。

dカードの魅力として、通常の生活費の支払いでポイント還元率が1.0%と高いことが挙げられます。水道光熱費などの公共料金で高還元率なため、多くのポイントを貯めやすいと言えるでしょう。

またdカードの魅力として、ドコモの携帯の補償を受けられることも挙げられます。dカードには特典として「dカードケータイ補償」が付帯されています。

そのためユーザーは携帯の故障・盗難・修理不能などの際に、新しい携帯電話購入代金の一部について補償を受けることが可能です。

ドコモユーザーには、嬉しい特典ですね!
dカードはクレジットカードで生活費を支払うドコモユーザーの方におすすめのクレジットカードです。

身近なポイント特約店でお得!

三井住友カードデビュープラス

三井住友デビュープラス出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp

発行会社 三井住友カード株式会社
年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,375円※年一回以上の利用で無料
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド VISA

三井住友カードデビュープラスの魅力!

  • ポイント還元率が1.0%と高く生活費の支払いでお得にポイントが貯まる
  • 年1回以上の利用で年会費が無料でになる

学生・新社会人がお得に使えるクレジットカード!

三井住友カード株式会社が発行する三井住友カードデビュープラスは、申込対象が25歳までであることで知られています。

三井住友カードデビュープラスの魅力として、いつもの生活費の支払いでポイント還元率が1.0%と高いこと挙げられます。食費や公共料金、交通費などの支払いでも高還元率なため、年間で多くのポイントを貯めやすいでしょう。

また三井住友カードデビュープラスの魅力として、年1回以上のカード利用で年会費が無料になることも挙げられます。

そのため日々の生活費の決済に利用するだけで、実質永年無料でクレジットカードを持つことが可能です。

三井住友カードデビュープラスは生活費をクレジットカードで支払いたい25歳までの方におすすめのカードです。

学生・新社会人がお得に使えるクレジットカード!

楽天カード

楽天カード出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

発行会社 楽天カード株式会社
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS

楽天カードの魅力!

  • ポイント還元率が1.0%と比較的高く生活費の支払いでお得にポイントが貯まる
  • 楽天市場での買い物で還元率が上がる

年会費無料で楽天系列サービスでお得!

楽天カード株式会社が発行する楽天カードは、楽天経済圏でお得に利用できることで知られています。

楽天カードの魅力として、食費や携帯料金などの支払いでポイント還元率が1.0%と高いことが挙げられます。一部例外を除き、多くの支払い場面で高還元率なため、ユーザーは生活費の支払いにカードを利用するだけで、お得にポイントを貯められるでしょう。

また楽天カードの魅力として、楽天市場での買い物でポイント還元率が上がることも挙げられます。楽天カードは楽天市場での買い物の際にカードを利用することで、ポイント還元が最大3倍となります。

楽天トラベルでの利用もポイント還元が最大2倍となるなど、楽天ユーザーにとって効率よくポイントを貯められるでしょう。

楽天市場をよく利用するので、嬉しいです!
楽天カードは生活費の支払いをクレジットカードで行いたい楽天経済圏ユーザーにおすすめのクレジットカードです。

年会費無料で楽天系列サービスでお得!

au Payカード

発行会社 auフィナンシャルサービス株式会社
年会費 無料
※au IDに紐づくau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、au ひかり、auひかりちゅらの契約を全て解約された場合は1,375円
ポイント還元率 1.0%
ランク 一般カード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
au PAYカードの詳細情報
発行スピード 最短4営業日
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピング保険(海外) 最高100万円
ショッピング保険(国内) 最高100万円
対応スマホ決済 ・PayPay・d払い・AmazonPay・Apple Pay・楽天ペイ・au PAY

au Payカードの魅力!

  • 通常のポイント還元率が1.0%と比較的高い
  • au PAYと合わせて利用することでポイントがお得に貯まる

au PAYとの利用でさらにお得になる!

auフィナンシャルサービス株式会社が発行するau PAYカードは、au PAYとの相性が良いことで知られています。

au PAYカードの魅力として、通常のポイント還元率が1.0%と比較的高いことが挙げられます。携帯料金の支払いなどでも1.0%の還元率になるため、水光熱費・携帯料金・食費などの生活費をお得に支払いたいユーザーにおすすめのカードです。

またau PAYカードの魅力として、au PAYと合わせて利用することでポイントがお得に貯められることも挙げられます。

au PAYカードはau PAYへのチャージによってもポイントを貯めることが可能です。そのため、au PAYと合わせて利用することでお得に買い物を楽しめるでしょう。

au PAYカードは生活費をクレジットカードで支払いたいauユーザーにおすすめのカードです。

au PAYとの利用でさらにお得になる!

用途別|生活費・固定費の支払いでお得なおすすめのクレジットカード

生活費・固定費の支払いでお得なおすすめのクレジットカードについて、以下の用途別にまとめています。

それでは、それぞれの項目について詳しく見ていきましょうという。

普段の買い物|食費・ネットショッピングなど

普段の買い物におすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

普段の買い物でお得なカードを選ぶポイント

  • ポイント特約店が充実しているか
  • 通常のポイント還元率が高いか
  • ポイントの交換先が豊富か

上記の3つのポイントを押さえたおすすめのクレジットカードは、JCB CARD Wです。

JCB CARD Wの魅力として、成城石井やセブンイレブンが特約店となっていることが挙げられます。そのため毎日の食料品の買い物の際にカードを利用することで、効率よくポイントを貯まるでしょう。

JCB CARD Wはセブンイレブンや成城石井を利用している方Amazonでよくネットショッピングをする方におすすめのクレジットカードです。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

公共料金|水道・光熱費・ガス料金など

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

公共料金の支払いでカードを選ぶポイント

  • 通常のポイント還元率が高いか
  • 年会費が永年無料であるか
  • 公共料金の支払いでも還元率は下がらないか

上記のポイントを押さえたおすすめのクレジットカードは、リクルートカードです。

リクルートカードの魅力として、通常時のポイント還元率が1.2%と高いことが挙げられます。そのため公共料金の支払いに利用することで、お得にポイントを貯めることが可能です。

還元率が1.2%と高いので、公共料金の支払いでお得にポイントが貯まりますね!
リクルートカードは公共料金の支払いでより多くのポイントを獲得したい方におすすめにおすすめのカードです。

年会費無料で1.2%の高還元率!

公共料金払いにおすすめのクレジットカードについて詳しく知りたい方は「公共料金クレジットカードおすすめ6選|光熱費の支払いでお得なカードも紹介!」を参考にしてください。

交通費|定期のチャージなど

交通費の決済におすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

交通費の支払いでお得なカードを選ぶポイント

  • チャージでポイントが貯まるか
  • オートチャージに対応しているか
  • 電車の利用でお得な特典があるか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)の魅力として、PASMOへのオートチャージでポイントが貯まることが挙げられます。

そのため、通勤や通学などで公共交通機関を利用される方は、PASMOを利用することで効率よくポイントを貯まるでしょう。

通勤や日常生活のシーンでよくPASMOを利用する方におすすめのクレジットカードです。

携帯料金

携帯料金の支払いにおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

携帯料金の支払いがお得になるカードを選ぶポイント

  • 携帯料金を支払うことによるメリットはあるか
  • 通常のポイント還元率が高いか
  • 年会費が永年無料であるか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、dカードです。

dカードの魅力として、ドコモの月額料金が割引されることが挙げられます。dカードではドコモの携帯料金を支払うことによって、月額料金が187円(税込)割引となります。

そのため携帯料金の支払いに利用するだけで、誰でも簡単に割引を受けることができます。

ドコモユーザーには、嬉しいカードですね!
ポイント還元率がお得で、年会費が永年無料のクレジットカードが欲しいドコモユーザーにおすすめのカードです。

身近なポイント特約店でお得!

家賃

家賃の支払いにおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

家賃の支払いでお得になるカードを選ぶポイント

  • 家賃の支払いでポイントが貯まるか
  • 年会費が無料であるか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、イオンカードセレクトです。

イオンカードセレクトの魅力として「イオンカードde家賃」を利用することによって、ポイントをお得に貯められることが挙げられます(※2022年3月2日でサービス終了)。

そのため毎月の固定費である家賃支払いに関しても、お得にポイントを貯めることが可能です。

イオンカードセレクトは家賃の支払いでお得にポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

イオン系列店舗でお得に利用できる!

生活費をクレジットカードで管理するメリット4選

生活費の支払いをクレジットカードで管理するメリットとして、以下の4つが挙げられます。

それでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

カード払いでポイントが貯まる

生活費の支払いをクレジットカードで管理するメリットとして、カード払いでポイントが貯まることが挙げられます。

生活費を現金で支払している場合、当然ながらポイントは1ポイントも貯まらずお得とは言えません。

月の生活費が20万円であるとした場合、その支払いをJCB CARD Wで行うと毎月2,000円相当のポイントを貯めることが可能です。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

そのため生活費は現金で支払うよりも、クレジットカードで支払う方がお得であると言えるでしょう。

ただしクレジットカードによっては、光熱費の支払いなどはポイント還元率が下がるものもあるため、注意をしましょう。

毎月の支払いのタイミングをまとめられる

生活費の支払いをクレジットカードで管理するメリットとして、毎月の支払いのタイミングがまとめられることが挙げられます。

クレジットカードは発行するカード会社によって、締め日と支払日がそれぞれ設定されています。

そのため銀行口座から利用料金の引き落としが行われるのは、月1回の支払日のみです。このように支払日がまとめられるため、生活費の管理が簡単になると言えるでしょう。

生活費の支払いでお得なカードがわかる!

管理が簡単になりますね!
ただし生活費をまとめることによって1回の引落額が大きくなるため、必ず銀行口座に引き落としができる残高を入れておきましょう。

現金を振り込む手間や手数料が節約できる

生活費の支払いをクレジットカードで管理するメリットとして、現金を振り込む手間や振込手数料が節約できることが挙げられます。

公共料金や携帯料金の支払いは、請求書が自宅に届く場合があります。中には銀行から振り込みが必要な場合もあります。

その支払いをクレジットカードで行うことによって、支払いを行う手間や振込手数料を節約することが可能です。またクレジットカードで支払うことにより、支払い忘れも防げるでしょう。

生活費の支払いでお得なカードがわかる!

利用する店舗やサービスによってはお得になる

生活費の支払いをクレジットカードで管理するメリットとして、利用する店舗やサービスによってお得になることが挙げられます。

クレジットカードはカードの種類によってポイント特約店や優待を受けられるお店が異なります。その具体例を下記の表にまとめました。

カード名 特典やサービス
JCB CARD W セブンイレブンやAmazonなどでポイント還元率が上がる
Orico Card THE POINT オリコモール経由のネットショッピングで還元率が上がる
イオンカードセレクト イオンでの利用で割引やポイントアップが受けられる

上記のようにクレジットカードの種類によって、それぞれ優待を受けられるお店が異なります。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

自身の生活スタイルに合った特典が付帯されているクレジットカードを選ぶことで、生活費を節約ができるでしょう。

生活費をクレジットカードで管理するデメリット2選

生活費の支払いをクレジットカードで管理するデメリットとして、以下の2点が挙げられます。

それでは、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

全ての生活費をクレジットカードで決済できない場合がある

生活費の支払いをクレジットカードで管理するデメリットとして、生活費によってはクレジットカード決済ができない場合があることが挙げられます。

生活費の支払いに関して、クレジットカードでの支払いに対応していない事業者が存在します。

例えば、家賃の支払いはクレジットカードに対応していない不動産管理会社もあり、その場合の支払いは振り込みもしくは銀行口座からの引き落としです。

自身が毎月支払っている生活費がクレジットカードでの支払いに対応しているかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ポイント還元率が下がってしまう場合がある

生活費の支払いをクレジットカードで管理するデメリットとして、ポイント還元率が下がってしまう場合があることが挙げられます。

例えば、楽天カードは一部の支払いに関しては還元率が1.0%から0.2%まで下がります。ポイント還元率引き下げの対象となる支払いは、公共料金や税金関連の支払いなどです。

通常のポイント還元率が高いことを理由に選んだクレジットカードであっても、公共料金の支払いに関してはポイント還元率が下がる場合があります。

クレジットカードを選ぶ際には、支払の種類によってポイント還元率が下がらないかあらかじめ確認しておきましょう。

【チェックリスト】お得に家計管理するためのカード選びのポイント

お得に家計を管理するためのクレジットカード選びのポイントについて、下記の表にまとめ他ので、参考にしてください。

カード選びのポイント 内容
年会費 年会費が無料でできるか
ポイント還元率 ポイント還元率が1.0%以上か
国際ブランドの選択肢 自身が発行したい国際ブランドが選べるか
利用用途 利用用途と特典がマッチしているか
ポイントプログラム ポイントの交換先は自身が希望するものがあるか

上記の5つがクレジットカードを選ぶ際のポイントとなります。上記の中でも年会費ポイント還元率については、生活費を節約するうえで重要な項目であると言えるでしょう。

生活費の支払いでお得なカードがわかる!

クレジットカードは種類によって特徴がそれぞれ異なります。生活費を支払う上でよりお得になる項目はどれかなど、自身の生活スタイルやニーズを考慮しながらクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

生活費のクレジットカード払いに関するFAQ

生活費の支払いで貯めたポイントはマイルに変換できる?

クレジットカードの種類によっては、生活費の支払いで貯めたポイントをマイルに変換できます。

例えば、JCB CARD Wを例に挙げて解説します。JCB CARD Wでは、1ポイント=3マイルで交換することが可能です。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

ただし、500ポイント以上からでないとマイルに交換することができないため注意が必要です。

生活費を払うならクレジットカードと現金はどっちがお得?

生活費を支払いはクレジットカードの方がお得です。例えば、JCB CARD Wで月に15万円の生活費を支払ったとします。

現金で支払った場合はポイントを貯めることはできませんが、JCB CARD Wでの支払いであればポイント還元率が1.0%となるため、1,500円相当のポイントを貯めることが可能です。

そのため生活費を現金で支払った場合と比べ、クレジットカードでの支払いの方がお得になると言えるでしょう。

年会費無料※で高還元率!

※18歳~39歳での入会限定

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表
㈱メディエス代表取締役
TAC専任講師

■プロフィール・経歴
・兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ
立教大学卒業後、池田泉州銀行日本GEタマホームなどを経て現職
・タマホームFPとして600件超のFP相談実績
・サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています
・得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください

■所有資格
日本FP協会会員(CFP)宅地建物取引士貸金業務取扱主任者
住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。