2021年7月31日

三井住友カードゴールドのメリットは?インビテーションやゴールドデスク、限度額、評判・口コミを解説

三井住友カードゴールド アイキャッチ

三井住友カードゴールドの評判は良い...?

三井住友カードゴールドのメリットやデメリットを詳しく知りたい!

三井住友カードゴールドの発行を検討する際に、上記のように考える方は多いでしょう。

この記事では、三井住友カードゴールドの評判やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

この記事のまとめ

  • 三井住友カードゴールドは、三井住友カード株式会社が発行するゴールドカード
  • 空港ラウンジサービス高級ホテルの宿泊予約サービスなど豪華な特典が豊富!
  • 国内外の旅行傷害保険も自動付帯するため、旅行によく行く方も安心
  • ポイントUPモールやココイコ!の利用で身近な店舗で還元率がアップ!
  • 特にコンビニ大手3社やマクドナルドでは、還元率が通常の5倍!
  • 30歳未満の方は申し込みができないハイステータスなカード
  • 実際に三井住友カードゴールドを利用している方のリアルな口コミ・評判も紹介!

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

三井住友カードゴールドとは?年会費やポイント還元率など基本情報を解説

三井住友カードゴールド

カード名 三井住友カード ゴールド
年会費 ・インターネット入会で初年度無料
・2年目以降11,000円(年会費割引特典あり)
ポイント還元率 0.5%
ランク ゴールドカード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
発行スピード 最短翌営業日
付帯保険 旅行傷害保険
・海外:最高5,000万円
・国内:最高5,000万円
ショッピング保険
・海外:最高300万円
・国内:最高300万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
・楽天Pay
・au Pay
・Pay Pay
・d払い
・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD
・楽天Edy

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

三井住友カードゴールドの魅力!

  • ゴールドカードならではの豪華な特典が付帯する
  • 海外・国内旅行傷害保険が充実している
  • 初年度の年会費を無料で利用できる

豪華な優待特典が多く付帯していることで知られている三井住友カードゴールドは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

このカードの魅力として、ゴールドカードならではの豪華な特典が付帯することが挙げられます。

例えば、国内主要空港のラウンジを無料で利用可能なことが挙げられます。空港での退屈な待ち時間が、快適な時間になるでしょう。

ほかにも宿泊予約の優待もあるため、出張や旅行が多い方には特に嬉しい特典です。

また、三井住友カードゴールドの魅力として、海外・国内旅行傷害保険が充実している点も挙げられます。

事故や疾病治療費用であれば、1事故1疾病につき最高300万円、傷害死亡・後遺障害なら最高5,000万円を補償してくれる保険です。

万が一の事態に備えられる、非常に便利なサービスと言えるでしょう。

さらにこのカードの魅力として、初年度の年会費を無料で利用できることが挙げられます。

オンラインでの申し込みが条件ですが、誰でも簡単に11,000円分の年会費を無料で利用することが可能となります。

三井住友カードゴールドはステータスが高く旅行保険も充実しており、とてもおすすめです!

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

三井住友カードゴールドのメリット6選

三井住友カードゴールドのメリットとして、以下の6つが挙げられます。

これらのメリットを抑えておくことで、三井住友カードゴールドを発行する際の判断基準となるでしょう。

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

メリット①ステータス性の高い豪華な優待特典が付帯する

三井住友カードゴールドには、ステータス性の高い豪華な優待特典が付帯する点がメリットとして挙げられます。

代表的な優待特典として以下の4つが挙げられます。

以下でそれぞれの優待特典を詳しく解説していきます。

宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」

三井住友カードゴールドの豪華な優待特典として、宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が挙げられます。

宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」とは一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービスです。

宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」で利用できるホテルや旅館の一例を表にまとめました。

利用できるホテル・旅館 サービス内容
食べるお宿 浜の湯 名物「稲取金目」付きのお宿満喫プランを堪能できる
ハレクラニ沖縄 ハワイで生まれたリゾートホテル「ハレクラニ」を沖縄で満喫できる
三井ガーデンホテル大手町 全階33階以上の高層階ホテルを楽しめる

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

リゾートホテルや老舗旅館のみでなく、ビジネスホテルも割引価格で予約可能です。

ご家族での旅行の利用はもちろんのこと、出張が多い方にも魅力的な特典となっています。

家族旅行や出張の多い方には、大きな味方となる特典です!

空港ラウンジサービス

三井住友カードゴールドの豪華な優待特典として、空港ラウンジサービスが挙げられます。

以下の国内主要空港でラウンジが無料で利用可能です。

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 関西国際空港
  • 那覇空港

上記以外のさまざまな空港でも、空港ラウンジサービスの利用が可能となっています。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

航空便はどうしても待ち時間が発生しますが、思いのほか長く退屈な時間になりがちです。

空港ラウンジサービスを利用すれば、出発前の待機時間をラウンジで快適に過ごせるでしょう。

ハーツGoldプラス・リワーズ

三井住友カードゴールドの豪華な優待特典として、ハーツGoldプラス・リワーズが挙げられます。

ハーツGoldプラス・リワーズとは、ハーツレンタカーが提供するメンバーシップサービスです。この特典では、年会費無料でメンバーに加入することが可能です。

メンバーになることで、海外でレンタカーを利用する際にカウンターでの面倒な書類手続きやサインが不要となります。

主要空港営業所にはメンバー専用パーキングがあり、免許証を提示するのみで契約書と車の鍵を受け取れます。

海外でレンタカーを頻繁に利用する方におすすめの特典ですね!
はい!こちらのサービスを利用することにより移動がスムーズになるでしょう。

VJ Supreme Selection(VJシュープリーム・セレクション)

三井住友カードゴールドの豪華な優待特典として、VJ Supreme Selection(VJシュープリーム・セレクション)が挙げられます。

VJ Supreme Selection(VJシュープリーム・セレクション)とは、実績のある旅行会社とコラボレーションした旅行プランのことです。

大人の知的好奇心や遊び心をくすぐる体験型の「知・遊シリーズ」など、さまざまな趣向に応じた旅行プランが用意されています。

実績のある旅行会社とのコラボレーションプランなため、安心して参加できる点も嬉しいポイントです。

ほかの旅行会社では無いような旅行プランが提供されており、旅行が好きな方にはおすすめの優待特典と言えるでしょう。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

メリット②海外・国内旅行傷害保険が手厚い

三井住友カードゴールドは、海外・国内旅行傷害保険が手厚いこともメリットの1つとして挙げられます。

それぞれの海外・国内旅行傷害保険ついて、確認していきましょう。

三井住友カードゴールドの海外・国内旅行傷害保険

海外旅行傷害保険

三井住友カードゴールドは、海外旅行傷害保険が充実しています。

海外旅行傷害保険の内容について、詳細は以下にまとめました。

項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 500万円

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

これらの保険は利用付帯ではなく自動付帯で保険が適用される点は大きなメリットです。

利用付帯の場合、保険を適用させるために飛行機や宿泊施設などの料金を事前にカードで払っておく必要があります。

一方で、三井住友カードゴールドの海外旅行傷害保険は自動付帯となっているため、保険適用のためにわざわざカードを利用する必要がありません。

ただし、傷害死亡・後遺障害では自動付帯の場合の限度額は補償金額が最高1,000万円となっているため注意が必要です。

また、旅行開始から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となるため長期間補償を適用させることが可能です。

さらに、家族も保険の補償対象内であるため、安心して家族旅行を楽しむことが可能です。

利用付帯で利用できる上に、家族まで補償の対象内となるんですね!
さらに、医療保険のみでなく、携行品損害保険など持ち物を守る保険も付帯しており安心して旅行できます!

国内旅行傷害保険

三井住友カードゴールドでは、国内旅行傷害保険も充実しています。

以下に補償の詳細を表にまとめました。

項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

国内旅行傷害保険も国外旅行傷害保険と同様、自動付帯で家族も補償対象内となります。

また、三井住友カードゴールドの国内旅行傷害保険は、入院の際にも保険が適用されます。

保険の適用範囲が広く利用しやすいことも大きなメリットと言えるでしょう。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

メリット③身近な店舗でポイント還元率がアップする

三井住友カードゴールドのメリットとして、身近な店舗でポイント還元率がアップする点が挙げられます。

以下3つの場合でポイント還元率がアップします。

それぞれの身近な店舗でポイント還元率がアップする場合を詳しく見ていきましょう。

「ポイントUPモール」でのネットショッピングの場合

三井住友カードゴールドは、「ポイントUPモール」でネットショッピングすることでポイント還元率がアップします。

「ポイントUPモール」とは、三井住友カードの会員が利用できるオンライン上のショッピングモールです。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

「ポイントUPモール」を経由してネットショッピングすることで、ポイント還元率が0.5%〜アップします。

実際の取り扱い店舗とポイントアップ率を以下にまとめました。

ショップ名 ポイントアップ率
楽天 +0.5%
Yahooショッピング +0.5%
ふるさと納税 +1.5%
H&M +1.5%
DHC +2.0%

「ポイントUPモール」を利用することで、さまざまなプラットフォームでお得にポイントを貯められます。

ネットショッピングを多用する方であれば、嬉しいメリットと言えるでしょう。

ポイントアップの条件は、「ポイントUPモール」を経由して商品を購入するのみです。

「ポイントUPモール」を上手く活用して、どんどんポイントを貯めましょう!

「ココイコ!」で指定の店舗で買い物をする場合

三井住友カードゴールドでは「ココイコ!」指定の店舗で買い物をする場合、ポイント還元率がアップします。

「ココイコ!」とは来店前にエントリーした後、カードで支払うとポイントやキャッシュバックの特典がもらえるサービスです。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

さきほどの「ポイントUPモール」とは異なり、ネットショッピングではなく、実際の店舗でのカード利用でポイント還元率が上がります。

取り扱い店舗とポイントアップ率を以下にまとめました。

ショップ名 ポイントアップ率
ヤマダ電機 +0.5%
ビックカメラ・ソフマップ +0.5%
びっくりドンキー +0.5%
紀伊國屋書店 +0.5%
タカシマヤ +1.0%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン +1.0%

書店や家電量販店など、店舗のジャンルは幅広く用意されています。

上記の店舗をよく利用される方は、ポイントをお得に貯められるためおすすめです。

大手コンビニやマクドナルドなど対象の店舗で利用する場合

三井住友カードゴールドは、大手コンビニやマクドナルドなど対象の店舗で利用することでポイント還元率がアップします。

全国展開している大手コンビニやマクドナルドが対象店舗となっているため、ポイントを貯めやすいことが特徴です。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

対象店舗とポイントアップ率を以下にまとめました。

ショップ名 ポイントアップ率
マクドナルド +2.0%
セブンイレブン +2.0%
LAWSON +2.0%
FamilyMart +2.0%

通常ポイントに加えて、さらにポイント還元率2.0%でポイント付与されるため、より多くのポイントが貯まるでしょう。

対象店舗が利用しやすく、ポイント還元率もあがるお得なサービスです!

メリット④年会費がお得になるサービスがある

三井住友カードゴールドには、年会費がお得になるサービスがあるといったメリットもあります。

年会費がお得になるサービスは以下の通りです。

三井住友カードゴールドの年会費がお得になるサービス

年会費がお得になるサービスについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

初年度の年会費は無料

三井住友カードゴールドでは、初年度の年会費が無料になるサービスがあります。

初年度の年会費を無料にするには、インターネットで入会するのみです。

オンラインで入会すれば、初年度の年会費が無料になります。無料にするための条件は、ほかに設けられていません。

インターネットで入会するのみで、誰でも気軽に初年度の年会費を無料にすることが可能です!

2年目以降も条件クリアで割引

三井住友カードゴールドには、初年度のみでなく2年目以降の年会費をお得にすることも可能です。

年会費をお得にするためには、支払い方法の指定やサービスの申し込みが必要になります。

これらの条件をクリアすることで、翌年度以降の年会費割引が適用されてお得に利用できるでしょう。

年会費をお得にするために申し込みが必要なサービスの詳細を以下にまとめました。

コース 年会費
「WEB明細+マイ・ペイすリボ」コース 4,400円
「マイ・ペイすリボ」コース 5,500円
「WEB明細」コース 9,900円
コース入会なし 11,000円

上記の表からも分かる通り、「WEB明細+マイ・ペイすリボ」コースを利用すると最大で4,400円(税込)まで割引が適用されます。

通常の利用だと年会費は11,000円なため、6,600円もお得に利用することが可能です。

年会費の半額以上もお得になるんですね!
そうなんです!三井住友カードゴールドをとてもお得に利用できるサービスと言えるでしょう!

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

メリット⑤電話応対サービスが充実している

三井住友カードゴールドには、電話応対サービスが充実しています。

代表的な電話応対サービスは以下の2つです。

三井住友カードゴールドの電話応対サービス

それぞれの電話応対サービスを詳しく見ていきましょう。

ゴールドデスク

三井住友カードゴールドを代表する1つ目の電話応対サービスはゴールドデスクです。

ゴールドデスクとは、ゴールド会員専用のインフォメーションデスクのことです。

カードやサービスに関することを通話料無料で問い合わせできるのみでなく、紛失・盗難にあった場合に素早く対応してくれます。

ゴールドデスクのおかげで、安心してカードを利用することが可能です。

ゴールドデスクはトラブルや不明点があった時にいち早く対応してくれる、こころ強いサービスです!

ドクターコール24

三井住友カードゴールドの代表的な電話応対サービスの2つ目はドクターコール24です。

ドクターコール24では、医師への24時間・年中無休の無料電話相談ができます。

ただ、海外からの問い合わせはできません。

病気やケガの際にはもちろんのこと、医師にかかるほどでもないちょっとしたことでも気軽に相談できます。

ストレスや心のケアなどでも相談ができる、とても便利なサービスです。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

メリット⑥5万円以上の利用でボーナスポイントがもらえる

5万円以上の利用でボーナスポイントがもらえる点も三井住友カードゴールドのメリットとして挙げられます。

通常ポイントに加えて、毎月のお買物合計金額5万円ごとにボーナスポイントが付与されます。

利用金額とポイント優待の詳細は以下のとおりです。

利用金額 付与されるポイント
5万円以上 100ポイント
10万円以上 200ポイント
以降5万円ごと 200ポイント

1か月に20万円を三井住友カードゴールドで支払った場合、、600ポイント分のボーナスポイントが付与されます。

600ポイントは、12万円分をカード利用しないと貯まらないため、かなりお得にポイントが付与されています。

月々の利用額が多い人は、さらに多くのポイントを貯めることかできるでしょう!

三井住友カードゴールドのデメリット2選

三井住友カードゴールドのデメリットとして、以下の2つが挙げられます。

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

デメリット①通常のポイント還元率が0.5%と標準的である

三井住友カードゴールドのポイント還元率は0.5%と標準的です。

ポイント還元率が標準的であるため、高還元率のカードとはポイントの貯まりやすさにおいて劣ってしまうでしょう。

しかしメリットでもご紹介しましたが、三井住友カードゴールドでは「ポイントUPモール」など一時的にポイント還元率を上げた買い物が可能です。

さらに利用額に応じて貰えるボーナスポイントも存在します。

ポイント還元率こそ0.5%と標準的ですが、そのほかのサービスでよりたくさんのポイントを獲得する機会が多いため、結果的にポイントは貯めやすくなっています。

デメリット②30歳未満は申し込めない

30歳未満は申し込めない点もこのカードのデメリットの1つです。

お申し込み対象:原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※ゴールド独自の審査基準により発行させていただきます

仮に年齢以外の審査基準を通過していても、30歳未満であれば三井住友カードゴールドは発行できません。

しかし30歳未満の方は、同等の基本性能を持つ三井住友プライムゴールドカードが利用できます。

しかも三井住友プライムゴールドカードを所持している状態で30歳になると、自動的に三井住友カードゴールドに切り替わります。

30歳になるまでは同等の性能をもつ三井住友プライムゴールドカードを利用することで、30歳になると三井住友カードゴールドを持つことが可能です。

三井住友カードゴールドのキャンペーン・入会特典情報

現在開催されている三井住友カードゴールドのキャンペーン内容を下表にまとめました。

キャンペーン名 キャンペーン期間 内容
新規入会&利用キャンペーン 2021年7月1日~2021年9月30日 新規入会とカードの利用で最大13,000円相当のVポイントがプレゼントされる
【SBI証券】カード積立で最大3%Vポイントプレゼント!
スタートダッシュキャンペーン!
2021年6月30日~2021年12月10日 投資信託の積立額の最大3%のVポイントがプレゼントされる
インターネット入会限定!
「マイ・ペイすリボ」を3万円以下で登録して7万円(税込)以上利用するだけで、もれなくVポイント1,000ポイントプレゼント!
2021年6月1日~2021年10月31日 ご入会時に「マイ・ペイすリボ」を3万円以下でご登録のうえ、7万円(税込)以上のお買物をすると、Vポイントが1,000ポイントプレゼントされる

どのキャンペーンもお得にポイントをもらえるキャンペーンばかりです。

特に、「新規入会&利用キャンペーン」ではカードの発行と1回以上の利用で、最大13,000円相当のVポイントがプレゼントされる大変お得なキャンペーンとなっています。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

最低利用金額なども設けられていないため、少額でも買い物もキャンペーンの対象となります。

キャンペーンは期間によって変更される可能性があるため注意が必要です!

三井住友カードゴールドの評判は?口コミ・評価を紹介

プラスの口コミ・評判

マイナスの口コミ・評判

三井住友カードゴールドの発行を考えている方のよくある質問

インビテーション不要で申し込める?

三井住友カードゴールドはインビテーション不要で申し込めます。

インビテーションとは、カードのランクアップに必要な招待状のようなものです。

カード会社はエントリーモデルのカードの利用履歴などを元に判断し、個別に招待状(インビテーション)を送付しています。

ゴールドカードやプラチナカードではインビテーションが必要なカードもありますが、三井住友カードゴールドの申し込みには必要ありません。

ただし、審査に不安な方は同じ三井住友系列である以下のカードがおすすめです。

カード名 年会費 内容
三井住友カード デビュープラス ・初年度無料
・2年目以降1,375円
※年一回以上の利用で無料
18〜25歳の方限定で発行でき、満26歳になったら三井住友カード プライムゴールドへ切り替わる
三井住友カードプライムゴールド ・初年度無料
・2年目以降5,500円(年会費割引特典あり)
20歳〜29歳の方が発行でき、30歳になると自動的に三井住友カードゴールドへと切り替わる
審査に不安がある方はエントリーモデルである上記のカードから発行するのもおすすめです。

三井住友カードゴールドの利用限度額は?

三井住友カードゴールドの利用限度額は最大200万円です。

利用可能枠:~200万円
引用:三井住友カード ゴールド 公式サイト

三井住友カードゴールドでは最大200万円まで利用できるため、利用限度額に不便性を感じることは少ないでしょう。

引っ越しや病気の際など、多くの出費を必要とする場合にも対処できそうですね!

MastercardとVISAのどちらで発行するのがおすすめ?

自身の利用用途にあった国際ブランドを選択すべきでしょう。

もし迷っている場合は、MastercardとVISAのどちらの国際ブランドでもカードを発行できます。

MastercardとVISAで三井住友カードゴールドを発行した場合、割引特典として2枚目のカードは年会費を2,200円で利用することが可能です。

すなわち、2枚の合計の年会費が13,200円となります。

一枚のみを発行した場合とそれほど大きな差はないため、MastercardとVISAのどちらで発行するか迷っている方は、どちらも発行することをおすすめします。

まとめ

本記事では三井住友カードゴールドのメリットやデメリットについて紹介してきました。

三井住友カードゴールドは宿泊優待サービスなどの豪華な優待特典が付帯する魅力的なカードとなっています。

お得な年会費で充実した特典が受けられる!

また、海外・国内旅行傷害保険が手厚いため安心して旅行に行くことが可能である点も魅力的なポイントの1つです。

改めて、三井住友カードゴールドの魅力を確認したい方は「三井住友カードゴールドのメリット6選」を参考にしてください。

この記事の監修者

中村 真里子

中村 真里子

2010 年に 社会保険労務士FP 中村真里子事務所開業。個人事業主として 11 年になりました。元々の仕事は法人の経理事務ですので、個人事業主の経理も簡単に考えていましたが、当初は結構大変でした。個人事業主として開業して数ヶ月後にがんが発覚し、最近ようやく完全寛解となったがんサバイバーでもあります。ホームページでは社会保険、家計管理や投資に関する情報を発信しています。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。