2022年2月6日

プラチナカード比較!おすすめのカード8選を紹介!

プラチナカード比較_アイキャッチ

とにかくおすすめのプラチナカードを知りたい!

プラチナカードってどんな基準で選べば良いの...?

プラチナカードの発行を検討する際に、上記のような悩みや疑問を持たれている方は多いでしょう。

この記事では、プラチナカードを発行する際に大切な以下のポイントを中心におすすめのプラチナカードを詳しく紹介していきます。

プラチナカードを選ぶ際のポイント

  • ステータス性を感じられる豪華な優待特典はあるか
  • コンシェルジュサービスが付帯するか
  • 国内・海外の旅行傷害保険は充実した内容か

上記のポイントを押さえたおすすめのプラチナカードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

記事を最後まで読むことで、特徴別におすすめのプラチナカードやプラチナカードを発行するメリット・デメリットなどが詳しくわかります。

また、プラチナカードに限定せず、おすすめのクレジットカードについて詳しく知りたい方は「クレジットカードおすすめ比較|人気・お得なメインカードを作るならどこがいい?」を参考にしてください。

おすすめの人気プラチナカード9枚を比較!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード JCBプラチナ アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 三井住友カードプラチナ ラグジュアリーカード(ブラック) 三井住友カードプラチナプリファード 楽天プレミアムカード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード JCBプラチナ 三井住友カードプラチナ ラグジュアリーカードブラック 三井住友カードプラチナプリファード 楽天プレミアムカード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 22,000円 27,500円 143,000円 55,000円 110,000円 33,000円 11,000円 22,000円
還元率 0.5% 0.5%
※年間カード利用額が100万円を越えると0.8%、300万円を越えると0.85%
0.5% 0.5% 1.25% 1.0% 1.0% 0.1%
コンシェルジュサービス × ×
ランク プラチナカード プラチナカード プラチナカード プラチナカード プラチナカード プラチナカード プラチナカード プラチナカード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS JCB AMERICAN EXPRESS ・VISA
・Mastercard
Mastercard VISA ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
AMERICAN EXPRESS
キャンペーン 初年度年会費無料!(※2022年3月31日(木)まで) 新規入会&利用とMyJCBアプリログインで10,000円分キャッシュバック 新規入会+カード利用で最大50,000ポイントプレゼント キャンペーン情報記載なし 新規入会後条件クリアで50,000円相当プレゼント - 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント 新規入会&利用で16,000円相当プレゼント
申し込み対象 個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く) 25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。 学生の方はお申し込みになれません。 20歳以上 30歳以上 本人に安定した継続的な収入のある方 20歳以上の方(学生は除く) 20歳以上 本人に安定した継続的な収入のある方 20歳以上 本人に安定した継続的な収入のある方 20歳以上の方(学生は除く) 本人に安定した収入がある方
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印 公式サイト矢印

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

出典:https://www.saisoncard.co.jp/amex/platinumbusiness/

発行会社 株式会社クレディセゾン
年会費 22,000円
ポイント還元率 0.5%
ランク プラチナカード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
コンシェルジュサービス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細情報
発行スピード 最短3営業日
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険(海外) 最高300万円
ショッピング保険(国内) 最高300万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD ・QUICPay ・楽天Edy

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力!

  • ビジネスで便利な特典が豊富にある
  • 会員専用のコンシェルジュサービスを利用できる
  • 会員限定の優待やサービスを受けられる

株式会社クレディセゾンが発行するセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・カードは、ビジネスで便利なプラチナカードとして知られています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・カードの魅力として、ビジネスで活用できることが挙げられます。

仕入れや法人税、広告費などをカード決済でき、法人口座を引き落とし口座に設定できるため、経費処理の仕分けをする必要がなくなります。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・カードの魅力として、会員専用のコンシェルジュサービスを利用できることも挙げられます。

会員の各種要望や問い合わせに答えてくれる専用のコールセンターが24時間365日体制で対応してくれるため、何か困りごとがあった場合にも安心して相談できるでしょう。

ビジネスの場面でも活躍する一枚ですね!
海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなど、ハイステータスな特典も付帯しています。

JCBプラチナ

JCBプラチナ出典:https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/platinum/

発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費 27,500円(税込)
ポイント還元率 0.5%
※年間カード利用額が100万円を越えると0.8%、300万円を越えると0.85%
ランク プラチナカード
国際ブランド JCB
コンシェルジュサービス
​​JCBプラチナの詳細情報
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険(海外) 最高500万円
ショッピング保険(国内) 最高500万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay ・楽天Edy

JCBプラチナの魅力!

  • プラチナカードならではの特典が充実している
  • 付帯保険が充実している
  • JCBザ・クラスのインビテーションを受けられる場合もある

プラチナカードならではの豪華な優待特典!

株式会社ジェーシービーが発行するJCBプラチナは、優待特典やカードの性能が優れていることで知られています。

JCBプラチナの魅力として、プラチナカードならではの特典が充実していることが挙げられます。

例えば、24時間対応の専用のコンシェルジュデスクサービスや、高級レストランをお得に楽しめるグルメベネフィットなど、上質なサービスを受けることが可能です。

またJCBプラチナの魅力として、付帯保険が充実していることも挙げられます。

最高1億円まで保障される旅行損害保険や、空港でのトラブルに対処される国内・海外航空機遅延保険などが付帯されており、万が一の事態にも役立つカードです。

さらにJCBプラチナには、JCBザ・クラスのインビテーションが受けられる可能性もあります。

JCBブランドの最上位カードであるJCBザ・クラスはインビテーション制のクレジットカードで、JCBプラチナの利用実績によってはそのインビテーションを受け取ることができるケースがあります。

JCBプラチナは初めてプラチナカードを持つ方豪華な特典を受けたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

プラチナカードならではの豪華な優待特典!

JCBプラチナについて詳しく知りたい方は「JCBプラチナカードのメリット・ステイタスは?インビテーションや限度額コンシェルジュデスクなどの特典の評判・口コミも解説」を参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカンエキスプレスプラチナカード出典:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/platinum-card/

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費 143,000円
ポイント還元率 0.5%
ランク プラチナカード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
コンシェルジュサービス
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの詳細情報
発行スピード 通常1~3週間
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険(海外) 最高500万円
ショッピング保険(国内) 最高500万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・楽天Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay ・楽天Edy

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの魅力!

  • ステータスの高さがトップクラスである
  • 世界中のホテルで優待が受けられる
  • ポイント還元率が1.0%と高い

豪華な特典が受けられるハイステータスカード!

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、プラチナカードの中でも比較的ハイステータスであることで知られています。

また、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの魅力として、世界中のホテルで優待が受けられることが挙げられます。

付帯特典の1つである「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」では、世界各国約1,100か所のホテルで部屋のアップグレードや朝食サービスなどの優待サービスを受けることが可能です。

さらにアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードには、ポイントの還元率が高い魅力もあります。このカードではポイント還元率が1.0%となっており、普段使いをしながらお得にポイントを貯められます。

世界中のホテルで優待を受けられるハイステータスなカードです。

豪華な特典が受けられるハイステータスカード!

三井住友カードプラチナ

三井住友カードプラチナ出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/proper/index.jsp

発行会社 三井住友カード株式会社
年会費 55,000円
ポイント還元率 0.5%
ランク プラチナカード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
コンシェルジュサービス
三井住友カードプラチナの詳細情報
発行スピード 最短3営業日
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険(海外) 最高500万円
ショッピング保険(国内) 最高500万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay ・Pay Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD ・楽天Edy

三井住友カードプラチナの魅力!

  • 国内の有名ホテルで優待を受けられる
  • 最高1億円補償の海外旅行保険が自動付帯である
  • 名医によるセカンドオピニオンサービスを受けられる

プラチナカード限定の豪華な特典!

三井住友カード株式会社が発行する三井住友カードプラチナは、ステータスの高い銀行系プラチナカードとして知られています。

三井住友カードプラチナの魅力として、国内有名ホテルで優待を受けられることが挙げられます。

このカードの特典である「プラチナホテルズ」では、国内ホテルでの宿泊割引や部屋のアップグレードなどの優待サービスを受けることが可能です。

また三井住友カードプラチナの魅力として、海外旅行保険が自動付帯であることも挙げられます。

最高1億円の補償が受けられる保険が自動付帯となっているため、カードを保有しているだけで保険の補償を受けられます。

さらに、セカンドオピニオンサービスも魅力のひとつです。そのため、カードを持っているのみでご自身の健康に関わるような場面でも頼れるカードです。

旅行の際にも役立つ便利なプラチナカードですね!

プラチナカード限定の豪華な特典!

三井住友カードプラチナについて詳しく知りたい方は「三井住友カードプラチナのメリットは?評判・口コミや年会費コンシェルジュデスク」を参考にしてください。

ラグジュアリーカード(ブラック)

ラグジュアリーカードブラック出典:https://www.luxurycard.co.jp/blackcard

発行会社 Black Card Ⅰ 株式会社
年会費 110,000円
ポイント還元率 1.25%
ランク プラチナカード
国際ブランド Mastercard
コンシェルジュサービス
ラグジュアリーカード(ブラック)の詳細情報
発行スピード 5〜7営業日
海外旅行傷害保険 最高1億2,000万円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険(海外) 最高300万円
ショッピング保険(国内) 最高300万円

ラグジュアリーカード(ブラック)の魅力!

  • 金属製のデザインに高級感があり、24時間対応のコンシェルジュサービスが付帯する
  • ポイント還元率(キャッシュバック)が1.25%と高還元率である

Black Card Ⅰ 株式会社が発行するラグジュアリーカード(ブラック)は、ブラックカードながらステータス性はプラチナカードであることで知られています。

ラグジュアリーカードは、通常のカードと異なりゴールドカードが最上級となっているため、プラチナカードながら画像のようなデザインです。

このカードの魅力として、金属製のデザインのカードであることが挙げられます。金属製のカードは珍しいため、高級感のあるデザインがほしい方におすすめです。

また、通常のプラチナカード同様に、24時間365日対応のコンシェルジュサービスも付帯するため、サービスの面でもステータス性を味わえます。

さらにこのカードの魅力として、ポイント還元率が高いことも挙げられます。このカードは、利用額に応じてキャッシュバックがされる仕組みで、還元率は1.25%と高水準です。

還元率が高く、優待特典やデザイン性が優れた一枚です。

三井住友カードプラチナプリファード

三井住友カードプラチナプリファード出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/platinum-preferred.jsp

発行会社 三井住友カード株式会社
年会費 33,000円
ポイント還元率 1.0%
ランク プラチナカード
国際ブランド VISA
コンシェルジュサービス
三井住友カードプラチナプリファードの詳細情報
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険(海外) 最高500万円
ショッピング保険(国内) 最高500万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay ・Pay Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・iD ・楽天Edy

三井住友カードプラチナプリファードの魅力!

  • 特約店での利用でポイント還元率が最大10%になる
  • 貯めたポイントの交換先が豊富である

三井住友カード株式会社が発行する三井住友カードプラチナプリファードは、ポイントに特化したプラチナカードで知られています。

三井住友カードプラチナプリファードの魅力として、特約店でのポイント還元率が高いことが挙げられます。

「プリファードストア」と呼ばれる特約店でのカードの利用によって最大10%のポイント還元を受けることができるため、お得にポイントを貯めることが可能です。

また三井住友カードプラチナプリファードの魅力として、ポイントの交換先が豊富であることも挙げられます。

カードの利用によって貯めたポイントは、マイレージ、キャッシュバック、ギフトカードなど様々なサービスに交換することができるため、ご自身のニーズに合ったポイントの使い方を選択できます。

海外旅行などの定番特典ではなく、普段使いでお得になるプラチナカードが欲しい方におすすめです!

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/

発行会社 楽天カード株式会社
年会費 11,000円
ポイント還元率 1.0%
ランク プラチナカード
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
コンシェルジュサービス
楽天プレミアムカードの詳細情報
発行スピード 通常1週間
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険(海外) 最高300万円
ショッピング保険(国内) 最高300万円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay(Mastercard、AMERICAN EXPRESSのみ) ・Pay Pay(VISA、Mastercardのみ) ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay ・楽天Edy

楽天プレミアムカードの魅力!

  • プラチナカードの中でも年会費が比較的安い
  • 楽天系列の利用でポイント還元率が高くなる

比較的年会費が安く楽天系列サービスでお得!

楽天カード株式会社が発行する楽天プレミアムカードは、楽天系列の利用でお得な特典が受けられることで知られています。

このカードの魅力として、年会費が比較的安いことが挙げられます。楽天プレミアムカードは年会費が11,000円と比較的安価なコストでプラチナカードを持つことが可能です。

またこのカードの魅力として、楽天系列の利用でポイント還元率が高くなることも挙げられます。

楽天市場での利用でポイントが5倍になるなど、楽天ユーザーの方にとっては、高水準な還元率でポイントを貯めることができます。

楽天系列サービスをよく利用する方は、年間で多くのポイントを貯められるでしょう。

比較的年会費が安く楽天系列サービスでお得!

エポスプラチナカード

発行会社 株式会社エポスカード
年会費 30,000円
ポイント還元率 0.5%
ランク プラチナカード
国際ブランド VISA
コンシェルジュサービス
エポスプラチナカードの詳細情報
発行スピード 通常1週間 ※店頭受け取りの場合最短即日
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
対応スマホ決済 ・Apple Pay ・Google Pay ・楽天Pay ・au Pay ・Pay Pay ・d払い ・Amazon Pay
対応電子マネー ・QUICPay ・楽天Edy

エポスプラチナカードの魅力!

  • 空港ラウンジサービスを利用できる
  • 海外サポートサービスが充実している

比較的年会費が安く旅行先で便利な優待特典が付帯!

株式会社エポスカードが発行するエポスプラチナカードは、コストパフォーマンスが良いプラチナカードとして知られています。

エポスプラチナカードの魅力として、空港ラウンジサービスを利用できることが挙げられます。

国内外の1,300か所以上の空港で利用できる「プライオリティパス」が付帯するため、ステータス性を感じながら旅行を楽しめるでしょう。

またエポスプラチナカードの魅力として、海外サポートサービスが充実していることも挙げられます。

ホテルや航空券の手配はもちろん、現地通貨を自宅または空港で受け取ることができるサービスなど、海外旅行・出張の際に役立つサービスが数多く用意されています。

旅行によく行く方はお得感を感じやすいプラチナカードと言えますね!

比較的年会費が安く旅行先で便利な優待特典が付帯!

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード出典:https://www.cr.mufg.jp/amex/platinum/index.html

発行会社 三菱UFJニコス株式会社
年会費 22,000円
ポイント還元率 0.1%
ランク プラチナカード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
コンシェルジュサービス
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細情報
発行スピード 最短3営業日
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険(海外) 最高300万円
ショッピング保険(国内) 最高300万円

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力!

  • 家族もプライオリティ・パスの対象になる
  • 割安の年会費で定番の特典が付帯する

比較的年会費が安く空港ラウンジサービスなどの特典が充実!

三菱UFJニコス株式会社が発行するMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が比較的安いことで知られています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力として、家族会員もプライオリティ・パスの対象となることが挙げられます。

カード特典であるプライオリティ・パスでは、国内外の1,300か所以上の空港ラウンジサービスを利用でき、その特典を家族も使うことができます。

またMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力として、割安の年会費で定番の特典が付帯されることも挙げられます。

プラチナカードの年会費は高価なものが多いですが、このカードは22,000円と比較的安価な年会費で、コンシェルジュデスクサービスや空港ラウンジ利用などのプラチナカード定番の特典を利用することができます。

年会費22,000円でプラチナカードを持てるのはお得と言えるでしょう。

比較的年会費が安く空港ラウンジサービスなどの特典が充実!

【特徴別】おすすめのプラチナカードを比較

ここでは、おすすめのプラチナカードを以下の特徴別に比較しています。

それぞれのカードの特徴を詳しく見ていきましょう。

20代でも発行できる可能性のあるプラチナカード

20代がプラチナカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

20代でも発行できる可能性のあるプラチナカードを選ぶポイント

  • 申込み条件が20代以上かどうか
  • 年会費が割安か

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、三井住友カードプラチナプリファードです。三井住友カードプラチナプリファードの魅力として、20代でも発行ができる可能性がある点が挙げられます。

このカードの申込条件は「20歳以上且つ安定収入があること」となっているため、一定の審査基準をクリアできれば20代の方でも発行できるケースがあります。

また、三井住友カードプラチナプリファードの魅力として、普段使いでもポイントが貯まりやすいことも挙げられます。

先述の通り「プリファードストア」を利用することで、宿泊予約サイトや百貨店などで数倍のポイント還元を受けることが可能です。

見た目やステータスなど、20代の方はぜひ検討したい一枚です。

年会費が安い!コスパの良いプラチナカード

年会費が安くコスパの良いおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

コスパの良いプラチナカードを選ぶポイント

  • 年会費が安いかどうか
  • 年会費以上の特典が付帯しているかどうか
  • 自身でも特典の恩恵を受けやすいかどうか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、JCBプラチナです。JCBプラチナの魅力として、年会費が比較的安いことが挙げられます。

JCBプラチナの年会費は27,500円と、プラチナカードの中では比較的安い傾向にあります。

またJCBプラチナの魅力として、プラチナカードならではの特典が充実していることも挙げられます。

プラチナカードの特典の定番であるコンシェルジュデスクサービスや空港ラウンジサービスが付帯されており、安価な年会費でそれらを利用できるカードです。

この年会費でプラチナカードの恩恵を受けられるのはコスパが良いと言えますね。

プラチナカードならではの豪華な優待特典!

ポイントが高還元率なプラチナカード

ポイントの還元率が高いおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

ポイントが高還元率なプラチナカードを選ぶポイント

  • 基本のポイント還元率が高いかどうか
  • ポイント還元率がアップする特典が豊富かどうか
  • 自身の利用シーンでポイントを貯めやすいかどうか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは楽天プレミアムカードです。楽天プレミアムカードの魅力として、楽天市場でのポイント還元がアップすることが挙げられます。

「楽天市場コース」を楽天市場でのポイント還元が6倍となるため、普段の買い物で楽天ポイントをお得に貯めることが可能です。

また楽天プレミアムカードの魅力として、通常の還元率も1.0%と高いことも挙げられます。そのため、楽天系列サービス以外の利用でも日常使いでポイントがお得に貯まるでしょう。

楽天経済圏での利用など、使い方によってはお得なカードと言えます!

比較的年会費が安く楽天系列サービスでお得!

ステータス性が高い!セレブな雰囲気のプラチナカード

ステータス性が高いおすすめのクレジットカードを選ぶポイントは、以下の通りです。

ステータス性が高い!セレブな雰囲気のプラチナカードを選ぶポイント

  • カードデザインに高級感があるかどうか
  • 審査難易度の高さなどステータスが高いかどうか

上記のポイントを押さえたおすすめのカードは、ラグジュアリーカード(ブラック)です。ラグジュアリーカード(ブラック)の魅力として、金属製のデザインカードであることが挙げられます。

金属で作られているカードは珍しく、高級感のあるデザインがおすすめできるポイントです。

またラグジュアリーカード(ブラック)の魅力として、ステータス性が高いことも挙げられます。カードの見た目はもちろん、コンシェルジュデスクをはじめとしたハイステータスな優待特典も魅力です。

ハイステータスカードにふさわしいデザインと優待特典です。

プラチナカードとは?ランクを紹介

プラチナカードのステータス

プラチナカードは、限度額・ステータス・年会費ともに一般・ゴールドカードより高い傾向にあります。

プラチナカードのランクをその他のクレジットカードと以下の表で比較しています。

ランク 特徴
ブラックカード 最上位ランクのカード。インビテーション制としているものがほとんど。年会費は数万円~数十万円。限定イベントの開催や高級レストランでの優待サービスなどがある。
プラチナカード 空港ラウンジサービスやコンシェルジュデスクサービスが付帯されている。審査難易度は高い傾向にあり、インビテーション制のカードもある。
ゴールドカード 一般カードに比べて、特典やサービスが充実している。年会費は5,000円程度のものが多い。
一般カード 最も基本的なカード。年会費は無料もしくは安価なものが多い。最低限の特典・サービスが付帯されている。

おすすめの人気プラチナカードがわかる!

プラチナカードを発行するメリット・デメリット

プラチナカードを発行するメリット・デメリットとして、以下の点が挙げられます。

メリット デメリット
・コンシェルジュサービスが使える
・付帯保険が充実している
・プライオリティ・パス(空港ラウンジサービス)に登録できる
・有名ホテル・レストランで優待が受けられる
・ステータス性が高い
・年会費が高く維持コストが高額である
・普段使いのみでは、メリットを発揮しにくい

プラチナカードの特典として、有名なものに専用のコンシェルジュデスクサービスがあります。航空券やホテルの手配、レストランや舞台チケットの予約など様々なシーンで利用できるサービスです。

また、無料でプライオリティ・パスが付帯されている点も大きな魅力です。

プライオリティ・パスはスタンダード会員でも約10,000円の年会費がかかりますが、プラチナカードはそのプライオリティ・パスが無料で付帯されているものが多いです。

おすすめの人気プラチナカードがわかる!

一方でプラチナカードは、年会費が高価であるものが多く、維持コストが比較的高額です。

ただし、その分様々な特典・サービスが付帯されており、それらを活用することによって十分年会費以上の優待を受けることができます。

そのほかカードと同様、自身の利用シーンに合わせてカードを選んでいきましょう。

プラチナカードに関するFAQ

年会費無料で持てるプラチナカードはない?

残念ながら、プラチナカードの中には年会費が無料のカードはありません。

ただしプラチナカードには様々な特典・サービスが用意されているため、カードの種類によっては年会費以上のもとが取れる場合があります。

たとえばJCBプラチナでは年会費が27,500円でありながら、年会費が10,000円のプライオリティ・パスが無料で付帯されます。

プラチナカードならではの豪華な優待特典!

またその他にも国内有名レストランのコース料理が1名分無料になるサービスや、国内の人気ホテルを優待価格で利用できるなど、年会費コスト以上の優待・特典サービスを十分に受けることが可能です。

充実した特典とサービスを受ける代わりに、高額な年会費を払うという認識ですね。

発行する際にインビテーション・招待などの条件は必要?

近年、インビテーションが不要なプラチナカードが増えつつあります。

これまでプラチナカードは、インビテーション制のみとされているものが多くありましたが、最近ではインビテーションがなくても申し込みができるプラチナカードも増えてきました。

おすすめの人気プラチナカードがわかる!

たとえば「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」はこれまでインビテーション制のみの取扱でしたが、2019年4月よりインビテーションが不要で申し込めるようになりました。

クレヒスを積んできた方は、プラチナカードに申し込んでみると良いでしょう。

この記事の監修者

伊藤 亮太

伊藤 亮太

伊藤亮太FP事務所
伊藤亮太
慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書に『図解即戦力 金融業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社)、『ゼロからはじめる!お金のしくみ見るだけノート』(宝島社)、『あなたの街でも砂金が採れる!?~令和時代の砂金採り入門~』(Amazonオンデマンド)など多数。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。