2021年10月19日

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの買い方・購入方法|初めてはどこで買うのがおすすめ?

仮想通貨_買い方_アイキャッチ

ビットコインってどう買うの?

仮想通貨(暗号資産)を購入する具体的な手順を詳しく知りたい!

仮想通貨(暗号資産)を実際に購入する際に、上記のような悩みや疑問を感じている方は多いでしょう。

この記事では、仮想通貨(暗号資産)の具体的な買い方や、おすすめの購入方法を詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨(暗号資産)を購入するには、仮想通貨取引所の口座開設が必要
  • 口座を開設したら、スマホやPCから仮想通貨を購入できる
  • 仮想通貨取引に慣れるまでは、現物取引がおすすめ
  • 販売所は実質的な手数料であるスプレッドが存在するため、取引所で購入する方がお得
  • ただし、販売所の方が手続きが簡単な傾向にあるため、初心者のうちは販売所を利用するのも良い
  • 仮想通貨取引を始めるなら「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckは、ダウンロード数No.1のアプリで取引手数料も無料!

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

記事を最後まで読むことで、仮想通貨(暗号資産)の購入方法やおすすめの買い方が詳しくわかるでしょう。

【初めての方向け】仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの買い方・購入方法

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの買い方・購入方法は、以下の4つのステップがあります。

それでは、それぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

STEP①仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を開設する

仮想通貨(暗号資産)を購入する際にまずやることは、仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を開設することが挙げられます。

口座開設を行ううえで必要なものとして以下があります。

  • 本人確認書類
  • スマートフォンやパソコン
  • メールアドレス

初めての方でも簡単に口座開設ができる!

また、具体的な口座開設の手順をCoincheckを例に紹介します。Coincheckでの口座開設の手順は以下になります。

Coincheckでの口座開設の手順

  1. 新規アカウント作成を選択する
  2. メールアドレス・パスワードを選択する
  3. SMS認証をする
  4. お客様情報を登録する
  5. 本人確認をする
本人確認には、アプリから行うかんたん本人確認がおすすめです。

STEP②指定の銀行口座に日本円を入金する

仮想通貨(暗号資産)購入する際に2番目にやることは、指定の銀行口座に日本円を入金することが挙げられます。

入金する方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3種類が存在します。その入金方法や仮想通貨取引所によって入金手数料が異なるため、入金手数料について理解が必要です。

入金手数料の具体例について下表にまとめましたので、参考にしてください。

仮想通貨取引所 入金手数料
Coincheck ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
bitbank 銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
bitFlyer ・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円

上記からわかる通り、入金方法によっては無料で入金できる場合があります。また、入金手数料は1回の入金に対して発生するため、入金額をまとめて回数を減らすことで入金手数料が抑えられるでしょう。

初めての方でも簡単に口座開設ができる!

なお、利用する銀行口座によっても手数料が異なるため、注意しましょう。

仮想通貨取引所によって入金手数料が異なるんですね!
自身がよりお得に入金できる方法を選択しましょう。

STEP③購入する仮想通貨(暗号資産)を選択する

仮想通貨(暗号資産)を購入する際に3番目にやることは、購入する仮想通貨(暗号資産)を選択することが挙げられます。

仮想通貨(暗号資産)を購入する手段は、主に以下の2つです。

  • 販売所
  • 取引所

販売所とは、仮想通貨取引所を相手方として仮想通貨を購入する場所です。取引は非常にシンプルで簡単ですが、実質的な手数料であるスプレッドが存在し、割高です。

また、取引所は一般の投資家を相手方として取引をする場所です。取引所は、取引が複雑になる傾向にありますが、手数料が抑えられるメリットもあります。

初めての方でも簡単に口座開設ができる!

取引に慣れないうちは、販売所での売買がおすすめです。

STEP④実際に取引画面で購入する

仮想通貨(暗号資産)を購入する際に最後にやることは、実際に取引画面で購入することが挙げられます。

購入する際は自身で数量を指定して、購入を確定します。実際に購入する際は、数量を間違えないように確認してから購入しましょう。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインはどこで買う?暗号資産売買におすすめの取引所

仮想通貨(暗号資産)売買におすすめの取引所は、以下の6つが挙げられます。

仮想通貨(暗号資産)売買におすすめの取引所

それでは、それぞれの仮想通貨取引所について詳しく見ていきましょう。

Coincheck

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
出金手数料:407円
送金手数料 ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
レバレッジ倍率 -
Coincheckの取り扱い銘柄 (詳細)

Coincheckの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • クアンタム(QTUM)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

Coincheckの魅力!

  • 取り扱い通貨数が17種類と豊富である
  • 初心者でも分かりやすく使いやすい取引所である
  • 取引所形式の取引手数料が無料である

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、取り扱い通貨数が17種類と豊富であることが挙げられます。そのため、自分の希望する通貨を選びながら分散投資ができる可能性が高いです。

またこの取引所の魅力として、初心者でも分かりやすく使いやすい取引所であることも挙げられます。取引画面がシンプルであるため、初心者でも安心して利用できるでしょう。

さらにCoincheckには、取引所形式の取引手数料が無料である魅力もあります。仮想通貨を購入するうえで手数料を抑えることは非常に重要であるため、Coincheckでは、お得に仮想通貨を取引できます。

取り扱い銘柄が多いため、さまざまな銘柄を購入したい初心者の方におすすめです。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckについて詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

bitFlyer

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
出金手数料:・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
送金手数料 ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 2倍
bitFlyerの取り扱い銘柄(詳細)

bitFlyerの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)

bitFlyerの魅力!

  • ビットコインの取引量が非常に多い
  • 取り扱い銘柄が13種類と充実している
  • 主要メガバンクが出資をしていて安心である

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ビットコインの取引量が非常に多いことが挙げられます。そのため、取引所形式での取引が成立しやすく、希望の価格で取引が決まりやすいと言えるでしょう。

またこの取引所の魅力として、取り扱い銘柄が13種類と充実していることも挙げられます。そのため、数ある仮想通貨の中から自分が購入したい銘柄を複数選択して分散投資ができるでしょう。

さらにこの取引所には、主要メガバンクが出資をしていて安心である魅力もあります。セキュリティ機能も充実しているため、安心して自身の資産を預けられます。

取引量が多いと取引が成立しやすいんですね!
bitFlyerは、取引所形式でさまざまな銘柄を取引したい方におすすめです。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerについて詳しく知りたい方は「bitFlyer(ビットフライヤー)の評判はどう?やばいという口コミやメリット・デメリットを紹介」を参考にしてください。

bitbank

取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 11種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:銀行手数料お客様負担
出金手数料:・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
送金手数料 ・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 -
bitbankの取り扱い銘柄(詳細)

bitbankの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)

bitbankの魅力!

  • 取引所形式で購入できる銘柄が多い
  • アプリが使いやすく安定している
  • セキュリティ面で高い評価がある

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankは、運営会社がビットバンク株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、取引所形式で購入できる銘柄が多いことが挙げられます。そのため、自分が購入したい銘柄を手数料を抑えてお得に取引できるでしょう。

またこの取引所の魅力として、アプリが使いやすく安定していることも挙げられます。

使いやすく安定したアプリとしてアプリストアで国内No.1となった実績もあるため、初心者の方でも安心して利用できるでしょう(※2018年10月31日 iOS App Storeファイナンスカテゴリ 無料ランキングにて)。

さらにこの取引所には、セキュリティ面で高い評価がある魅力もあります。第三者機関に国内No.1の実績を受けたこともあるため、安心して自身の資産を預けられるでしょう(※2018年10月3日 ICORating調べ)。

この取引所は、手数料を抑えて取引したい方やセキュリティ面で安心したい方におすすめです。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

DMM Bitcoin

取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 12種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
・クイック入金:無料
出金手数料:無料
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 販売所:0.0001BTC
レバレッジ倍率 2倍
DMM Bitcoinの取り扱い銘柄(詳細)

DMM Bitcoinの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)

DMM Bitcoinの魅力!

  • 証拠金取引ができる銘柄が多い
  • 365日サポート対応がありセキュリティ体制が充実している

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、証拠金取引ができる銘柄が多いことが挙げられます。そのため、自身の資金以上の取引ができ、大きな利益を得られる可能性があると言えるでしょう。

またこの取引所の魅力として、365日サポート対応がありセキュリティ体制が充実していることも挙げられます。そのため、初心者の方でも安心して利用でき、わからないことがあればサポートが受けられます。

証拠金取引ができる銘柄が多いことが特徴なんですね!
自身の資金以上のレバレッジ取引をしたい方におすすめです。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方は「DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判は?安全性やメリット・デメリットを解説」を参考にしてください。

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料
・即時入金:無料
出金手数料:無料
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.0001BTC
レバレッジ倍率 2倍
GMOコインの取り扱い銘柄(詳細)

GMOコインの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)

GMOコインの魅力!

  • 取引所形式でのレバレッジ取引に対応している通貨が国内で最も多い(※2021年8月時点)
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のためセキュリティが高い

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所です。東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社であることで知られています。

この取引所の魅力として、レバレッジ取引に対応している通貨が国内で最も多い(※2021年8月時点)ことが挙げられます。そのため、自身の資金以上の取引ができ、利益を増やせる可能性もあるでしょう。

また、この取引所の魅力として、東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のためセキュリティが高いことも挙げられます。そのため、初めて取引をする方でも安心して自身の資産を預けられるでしょう。

各種手数料を抑えたい方やセキュリティ面で安心したい方におすすめです。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインについて詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は?やばい?おすすめの特徴や口コミ、デメリット・メリットを解説」を参考にしてください。

BITPoint

取引所名 BITPoint
取り扱い銘柄数 8種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料
・即時入金:無料
出金手数料:330円
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円
レバレッジ倍率 -
BITPointの取り扱い銘柄(詳細)

BITPointの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • リップル(XRP)
  • トロン(TRX)
  • エイダコイン(ADA)

BITPointの魅力!

  • 取引所形式の取引手数料が無料である
  • 取引所形式に対応した通貨が多い

取引所形式の取引手数料が無料!

BITPointは、運営会社が株式会社ビットポイントジャパンとなっている仮想通貨取引所です。各種手数料が安いことで知られています。

この取引所の魅力として、取引所形式の取引手数料が無料であることが挙げられます。そのため、取引所形式を選択することで、手数料を抑えてお得に仮想通貨を取引できるでしょう。

また、この取引所の魅力として、取引所形式に対応した通貨が多いことも挙げられます。取り扱い銘柄8種類すべて取引所で扱っているため、取引手数料を抑えたい方にもおすすめです。

取引所で購入するのがおすすめなんですね!
さまざまな銘柄を取引所形式取引したい方におすすめです。

取引所形式の取引手数料が無料!

BITPointについて詳しく知りたい方は「BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミは?取り扱い通貨やメリット・デメリットを紹介!」を参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのおすすめの買い方

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのおすすめの買い方として、以下が挙げられます。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのおすすめの買い方

それでは、それぞれの買い方について詳しく見ていきましょう。

売買に慣れるまでは現物取引をする

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのおすすめの買い方として、売買に慣れるまでは現物取引をすることが挙げられます。

仮想通貨の取引には、現物取引以外に信用取引が存在します。信用取引では、損失が出た場合損失額が大きくなる可能性があり、初心者には比較的リスクの高い取引方法です。

初めての方でも簡単に口座開設ができる!

そのため、慣れないうちは信用取引ではなく現物取引で取引に慣れるようにしましょう。

販売所ではなく取引所で購入する

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのおすすめの買い方として、販売所ではなく取引所で購入することが挙げられます。

仮想通貨を取引する場合、手数料が非常に重要な要素です。例えば、販売所での取引では実質的な手数料であるスプレッドが存在ます。

スプレッドとは、買値と売値の差額であり取引所と比較して割高になる特徴があります。そのため、仮想通貨を購入する場合は販売所ではなく手数料が抑えられる取引所で取引するのがおすすめです。

初めての方でも簡単に口座開設ができる!

取引所では、取引が少し複雑になるため、注意しましょう。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの買い方に関するよくある質問

ビットコインを買うにはいくら必要?

ビットコインを買う最低取引金額は、取引所ごとに異なります。仮想通貨取引所ごとの最低取引金額について下表でまとめたので、参考にしてください。

仮想通貨取引所 最低取引金額(ビットコインの場合)
Coincheck ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
bitFlyer ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
bitbank ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC

上表からわかる通り、最低取引金額は取引所と販売所でも異なります。また、500円と少額からでも購入できる仮想通貨取引所もあるため、少額で仮想通貨の勉強をするのも良いでしょう。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

最低取引金額で購入する場合、取引手数料が高い場合があるため注意しましょう。

取引所での購入以外で仮想通貨を入手する方法はある?

取引所での購入以外で仮想通貨を入手する方法を下表にまとめたので、参考にしてください。

仮想通貨を手に入れる方法 概要
仮想通貨取引所のキャンペーンで入手する 入会キャンペーンなどで仮想通貨をもらう
ポイントサイトで入手する ポイントサイトにある案件をこなし仮想通貨をもらう
電気やガスの料金の支払いで入手する Coincheckでんきなどのサービスを利用して仮想通貨をもらう
ネットショッピングなどの買い物で入手する 仮想通貨がポイントとしてもらえるECサイトで買い物をする
クイズゲームアプリの商品として入手する クイズアプリの賞金で仮想通貨をもらう

上表の通り、取引所での取引以外にもさまざまな形式で入手することは可能です。

この記事の監修者

飯田 道子

飯田 道子

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。
金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。海外移住にも対応しており、特にカナダや韓国への移住相談や金融・保険情報を得意としている。趣味が高じてスキーやスキューバーダイビングのインストラクターも経験。現在は、数秘&カラーの上級トレーナーとしても活動している。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。