2021年9月14日

仮想通貨取引所おすすめ比較一覧|ビットコインを買うならどこがいい?

仮想通貨取引所 おすすめ

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所はどこなのか知りたい!

おすすめの取引所の選び方を知りたい!

仮想通貨取引を始める際に、どの取引所で始めるかは大切なポイントです。

この記事では、仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ際に重要な以下のポイントを中心におすすめの取引所を詳しく紹介していきます。

 仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ際のポイント

  • 取り扱い銘柄の種類は豊富にあるか
  • 取引手数料は無料か
  • 取引アプリは使いやすいか

上記のポイントを押さえている特におすすめしたい仮想通貨(暗号資産)取引所は「Coincheck」です。

Coincheckは取り扱い銘柄が16種類と多く、アプリも非常に使いやすいと評判であるため、まだ開設していない人は、開設してみることをおすすめします。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

記事を最後まで読むことで、自身のニーズに合ったおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所がわかるでしょう。

【比較】おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所一覧

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所として、以下の8つを厳選しました。

おすすめの仮想(暗号資産)取引所

それぞれの取引所の特徴や魅力などを紹介していきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

Coincheck|購入できるアルトコインが国内最多

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 16種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770〜1,018円
・クイック入金:770〜1,018円
出金手数料 407円
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
レバレッジ倍率 -

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckの魅力!

  • 取り扱い通貨の種類が16種類と日本No.1である
  • 仮想通貨初心者にも利用しやすいアプリがある
  • 東証一部上場企業マネックスグループの子会社として運営しているため信頼感がある

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、取扱通貨の種類が16種類と日本で最も多いことが挙げられます(2021年7月時点)。そのため、多くの仮想通貨から選択して分散投資をすることが可能です。。

また、Coincheckの魅力として、仮想通貨初心者にも取引が簡単で利用しやすいアプリがあることが挙げられます。ワンタッチで通貨を購入できるシンプルで見やすいデザインのため、スマホアプリをメインで取引したい方にもおすすめです。

さらに、Coincheckは東証一部上場企業マネックスグループの子会社として運営しているため信頼感があるといった魅力もあります。

初めて仮想通貨取引を行う方にとって取引所が安全かどうかは重要であり、大手企業の子会社として運営している点は安心できるポイントと言えるでしょう。

Coincheckは取り扱い通貨が16種類と国内最多であるため、さまざまな通貨に投資したい方安全に利用したい方におすすめです。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

bitFlyer|ビットコイン取引量が国内トップクラス

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインカッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
入金手数料 ・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
出金手数料 ・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.01 〜 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 2倍

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerの魅力!

  • ビットコインの取引量が国内でトップクラスにある
  • 取り扱い銘柄が13種類と豊富である
  • 最大で2倍のレバレッジ取引が可能である

bitFlyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。

bitFlyerの魅力として、ビットコインの取引量が国内でトップクラスにあることが挙げられます。

取引量が多いため、取引所形式での売買が成立する可能性も高く自身の望んだ価格でビットコインを購入しやすいでしょう。

また、bitFlyerの魅力として、取り扱い銘柄が13種類と豊富であることも挙げられます。多くの銘柄を扱っているため、分散投資が可能です。

加えて「取引したい通貨が出てきたけどbitFlyerで取り扱っていない」といった機会損失が少なく、チャンスを逃さずに投資できる可能性もあります。

さらに、最大で2倍のレバレッジ取引が可能であることもbitFlyerの魅力の1つです。そのため、仮想通貨取引に慣れている方であれば、現物取引と比較して大きく利益を上げられる可能性があります。

ただし利益を上げることが可能な反面、損失も大きくなる可能性があるため、レバレッジ取引を行ったことがない初心者の方は慎重に取り組むことをおすすめします。

ビットコインの取引量の多い取引所なんですね!
取引量が多く活発に取引されているため、自身の希望する価格で取引しやすい取引所と言えるでしょう。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin|レバレッジ取引の対応通貨が国内最多

取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 ・銀行振込:銀行手数料お客様負担
・クイック入金:無料
出金手数料 無料
取引手数料
※BTCを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.001BTC
レバレッジ倍率 2倍

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの魅力!

  • 12種類もの通貨がレバレッジ取引に対応している
  • 「BitMatch取引」で手数料を抑えて利用できる
  • 最短1時間以内に取引を開始できる

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinの魅力として、12種類もの通貨がレバレッジ取引に対応していることが挙げられます。

国内では数多くのアルトコインのレバレッジ取引が可能な取引所は少ないため、ビットコイン以外でもレバレッジ取引をしてみたい方にはおすすめのポイントです。

また、DMM Bitcoinの魅力として「BitMatch取引」で手数料を抑えて利用できることが挙げられます。

Bitmatchでは、同時間帯にサービスを利用している投資家同士が、提示する価格(ミッド価格)にて取引が成立する仕組みです。

さらにこの取引所では、最短1時間以内に取引を開始できる魅力もあります。『スマホでスピード本人確認』を利用して7時~22時の間に申し込みが必要ですが、すぐに取引を開始したい方にはおすすめです。

多くの通貨のレバレッジ取引に対応しており、自身の資金を超えて取引が可能になります。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

bitbank|多くの銘柄を取引所形式で購入可能

取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 10種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 銀行振込:銀行手数料お客様負担
出金手数料 ・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 -

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankの魅力!

  • さまざまな銘柄を取引所形式で取引できる
  • 第三者機関からセキュリティNo.1の評価を得ている
  • ​​「使いやすく安定したアプリ」部門で国内No.1の評価を獲得した実績がある

bitbankは、運営会社がビットバンク株式会社となっている仮想通貨取引所です。

bitbankの魅力として、さまざまな銘柄を取引所形式で取引できることが挙げられます。

国内の取引所ではアルトコインを販売所でしか取引できないケースがありますが、bitbankでは取扱のある10銘柄すべてを取引所形式で取引することが可能です。

ベーシックアテンショントークン(BAT)やステラルーメン(XLM)など、比較的マイナーな仮想通貨も取引所での取引が可能なため、販売所と比べて手数料を抑えて取引ができるメリットがあります。

またbitbankの魅力として、第三者機関からセキュリティNo.1の評価を得ていることが挙げられます。

オフラインのコールドウォレットでの仮想通貨の管理や、マルチシグによるハッキング対策に取り組んでおり、暗号資産を守るためのセキュリティが万全です。

セキュリティ対策が万全なことは、安全に仮想通貨を取引したい方にとって嬉しいポイントだと言えるでしょう。

さらにbitbankには、「使いやすく安定したアプリ」部門で国内No.1の評価を獲得した実績があるという魅力もあります。

初心者でも使いやすいシンプルなアプリになっており、豊富な機能を有しています。アプリから手軽に取引をしてみたい方には、おすすめできる取引所です。

bitbankは多くの銘柄を取引所形式で売買できる仮想通貨取引所です。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

GMOコイン|500円の少額から積み立て投資可能

取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・即時入金:無料
出金手数料 無料
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 2倍

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインの魅力!

  • アルトコインのレバレッジ取引にも対応している
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社であり、安心して利用ができる

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所で、500円の少額からの積立投資が可能な取引所です。

GMOコインの魅力として、アルトコインのレバレッジ取引にも対応していることが挙げられます。

ビットコイン以外でも、アルトコインのレバレッジ取引で大きく利益を上げたい方にとって嬉しいポイントです。

また、GMOコインの魅力として、東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社であり、安心して利用ができることが挙げられます。

GMOインターネットグループは、インターネット事業に強みがあり、そのノウハウがGMOコインでも活かされているため、初心者でも安心して取引を始められるでしょう。

GMOコインはセキュリティ体制が整っている取引所なんですね!
はい!安全に仮想通貨取引を始めたい方におすすめの取引所です!

最短10分で簡単に口座開設ができる!

Huobi JAPAN|世界170か国以上で利用される高水準なセキュリティ

取引所名 Huobi JAPAN
取り扱い銘柄数 11種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・フォビトークン(HT)
・イーサリアムクラシック(ETC)
入金手数料 ・クイック入金:無料
・銀行振り込み/ペイジー入金/コンビニ入金:手数料お客様負担
出金手数料 330円
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所(BTC):0.060〜0.100%(Maker)、0.060〜0.100%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.0005BTC
・ETH:0.007ETH
・XRP:0.1XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.0001BTC
レバレッジ倍率 2倍

世界水準の強固なセキュリティ!

Huobi JAPANの魅力!

  • 全世界170か国で仮想通貨を提供しており、世界水準のセキュリティである
  • HT(フォビトークン)でお得に利用できる

Huobi JAPANは、運営会社がフォビジャパン株式会社となっている仮想通貨取引所です。

Huobi JAPANの魅力として、全世界170カ国で仮想通貨を提供しており、世界水準のセキュリティを有していることが挙げられます。

Huobi JAPANでは、マルチシグやコールドウォレット管理、ホットウォレット管理などのさまざまなセキュリティ対策に取り組んでいます。そのため、Huobi JAPANは安全に取引をしたい方に強くおすすめできる取引所と言えるでしょう。

また、Huobi JAPANの魅力として、HT(フォビトークン)でお得に利用ができることが挙げられます。

Huobi JAPANでは、HTを手数料に利用したり、今後HTを用いた決済サービスの提供を予定しているなど、独自通貨ならではのメリットが多くある点もポイントです。

なおHuobi JAPANは、HTの保有量に応じて手数料率が変わる割引サービスも行っているため、HTを運用し利益を上げれば上げるほどお得に取引所を利用することが可能です。

Huobi JAPANは世界最高峰の抜群の安定性により、安心して利用できる取引所です!

世界水準の強固なセキュリティ!

SBI VCトレード|主要な通貨を取引所形式で購入可能

取引所名 SBI VCトレード
取り扱い銘柄数 5種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
出金手数料 ・住信SBIネット銀行の場合:50円
・住信SBIネット銀行以外の場合:160円(3万円未満)or250円(3万円以上)
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC or 500円
・販売所:0.0001BTC or 500円
レバレッジ倍率 -

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

SBI VCトレードの魅力!

  • ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの主要な通貨を取引所形式で利用できる
  • 住信SBIネット銀行の利用で、出金手数料を安く利用できる

SBI VCトレードは、運営会社がSBI VCトレード株式会社となっている仮想通貨取引所です。

SBI VCトレードの魅力として、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの主要な通貨を取引所形式で利用できることが挙げられます。

加えて前述の主要な通貨では、500円からの少額投資が可能になっており、まずは有名な仮想通貨から投資を始めてみたい方にとって利用しやすい取引所です。

また、SBI VCトレードの魅力として、住信SBIネット銀行の利用で、出金手数料を安く利用できることが挙げられます。

連携している住信SBIネット銀行を利用することで手数料が安くなるため、SBI VCトレードはコストを抑えて投資をしたい方には強くおすすめできる取引所です。

SBI VCトレードは取引所形式で主要な通貨の取引を考えている方には特におすすめとなっています!

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

BITPoint|最短5分で口座開設完了

取引所名 BITPoint
取り扱い銘柄数 8種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
入金手数料 ・銀行振込:無料
(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
出金手数料 振込手数料実費分お客様負担(実費330円)
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:500円(買注文の場合)or0.00000001BTC(売注文の場合)
レバレッジ倍率 -

取引所形式の取引手数料が無料!

BITPointの魅力!

  • 口座開設までの時間が短い
  • 500円以下の少額からでも投資をスタートできる

BITPointは、運営会社が株式会社ビットポイントジャパンとなっている仮想通貨取引所です。この取引所は、口座開設までの時間に定評がある取引所です。

BITPointの魅力として、口座開設までの時間が短いことが挙げられます。BITPointでは、最短5分での口座開設が可能となっています。

申込からの口座開設完了までが非常にスピーディであるため、すぐにでも取引を開始したい方にとって嬉しいポイントです。

また、BITPointの魅力として、500円以下の少額からでも投資をスタートできる点が挙げられます。少額から少しずつ積み立てることで、比較的リスクの低い投資が可能です。

BITPointは今すぐにでも口座開設を行い、取引をしたい方に特におすすめの取引所です!

取引所形式の取引手数料が無料!

【熟練度別比較】おすすめの取引所・販売所一覧|仮想通貨(暗号資産)・ビットコインを買うならどこがいい?

ここからは、おすすめの仮想通貨取引所を熟練度別で紹介していきます。

それでは、それぞれの熟練度でのおすすめの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう。

初心者の方|使いやすいアプリで選ぼう

取引所名 取り扱い銘柄数 取引手数料 セキュリティ対策 特徴
Coincheck 16種類 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・顧客と会社の資産を分別管理
・アカウントログイン時の2段階認証
・使いやすい
・ダウンロード数No.1
・ウィジェット機能でスマホのロック解除なしに価格変動をチェック可能
bitFlyer 13種類 ・取引所:約定数量 × 0.01 〜 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
・ファイアウォール
・SSL暗号化通信
実店舗の決済もアプリで可能
GMOコイン 14種類 ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
・24時間365日休まず監視
・マルチシグネチャ
・現物取引専用アプリ
・ウィジェット機能でスマホのロック解除なしに価格変動をチェック可能

初心者の方におすすめの仮想通貨取引所は、上表の通りです。上記の中でも特におすすめの仮想通貨取引所は、Coincheckとなっています。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckの魅力として、ボタン操作1つで通貨を購入でき、複雑な手間がかからないため初心者でも利用しやすいことが挙げられます。

また、チャートを自分好みにカスタマイズでき、さまざまなテクニカル分析も使えるため初心者だけでなく上級者にとっても利用しやすいと言えるでしょう。

Coincheckは高機能なツールを備えながら、シンプルなデザインも兼ね備えているため、初心者でも使いやすい取引所となっています!

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

中・上級者の方|信用取引・FX取引ができるかで選ぼう

取引所名 取り扱い銘柄数 取引手数料 セキュリティ対策 取引量(※) 特徴
DMM Bitcoin 12種類 ・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
・オフラインウォレット
・SSL暗号化通信
少ない 2倍のレバレッジ取引か可能
GMOコイン 14種類 ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
・コールドウォレット
・サイバー攻撃対策
少ない レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
Huobi JAPAN 11種類 ・取引所(BTC):0.060〜0.100%(Maker)、0.060〜0.100%(Taker)
・販売所:スプレッド
・マルチシグ
・アカウントログイン時の2段階認証
少ない 独自の通貨「HT(フォビトークン)」での取引が可能

※順位は日々変わるため、2021年7月現在の数字です。

中・上級者の方におすすめの仮想通貨取引所は、上表の通りです。上記の中でも特におすすめの仮想通貨取引所は、DMM Bitcoinです。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの魅力として、12種類もの暗号資産のレバレッジ取引に対応していることが挙げられます。

多くの仮想通貨のレバレッジ取引に対応しているため、さまざまな通貨で自身の資金の範囲外での取引が可能です。

また、DMM Bitcoinの魅力として、DMM FXなどのネット証券などを展開している大手企業「DMMグループ」を親会社に持っている暗号資産取引所であり、安心感があることも挙げられます。

DMM Bitcoinは12種類もの通貨をレバレッジ取引が可能で、信頼性が高い取引所です。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

【特徴別比較】おすすめの仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所を紹介

ここからは、おすすめの仮想通貨取引所を以下の特徴別に紹介していきます。

【特徴別比較】おすすめの仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

取引量・出来高で選ぶ方には

取引所名 取引量(※) 取り扱い銘柄数 取引手数料 セキュリティ対策
bitFlyer 多い 13種類 ・取引所:約定数量 × 0.01 〜 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
・ファイアウォール
・SSL暗号化通信
Liquid by Quoine 多い 5種類 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・クーリングピリオド
・IPホワイトリスト
Coincheck 多い 16種類 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・コールドウォレット
・顧客と会社の資産を分別管理

取引量・出来高で選ぶ方におすすめの仮想通貨取引所は、上表の通りです。上記の中でも特におすすめは、bitFlyerとなっています。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerの魅力として、取引量が国内トップクラスであり、希望の価格で取引できる場合が多いことが挙げられます。

利用者が多いことから希望の価格で取引できる確率が高いため、安定した取引を行いたい方にはおすすめできる取引所と言えます。

また、bitFlyerの魅力として、取り扱い銘柄が13種類と多く、さまざまな仮想通貨を取引できることが挙げられます。

取り扱い通貨が多いため、多くの仮想通貨に分散投資が可能です。

bitFlyerは取引量が多いため、希望した価格での取引の確率が比較的高い取引所となっています。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

セキュリティ機能で選ぶ方には

取引所名 セキュリティ対策 取り扱い銘柄数 取引手数料 特徴
bitbank ・アカウントログイン時の2段階認証、スマホ生体認証
・セキュリティーホールの報告
10種類 ・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
コールドウォレットやホットウォレットを用いて資産をオフラインに移動するなどして安全に管理している
Huobi JAPAN ・マルチシグ
・アカウントログイン時の2段階認証
11種類 ・取引所(BTC):0.060〜0.100%(Maker)、0.060〜0.100%(Taker)
・販売所:スプレッド
マルチシグで複数の電子署名がなければ仮想通貨を送付できない管理方法をとっている
Coincheck ・SSL暗号化通信
・コールドウォレット
16種類 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
インターネット上での通信を暗号化し、第三者による盗聴や改ざんを防ぐSSL暗号化通信の手法をとっている

※順位は日々変わるため、2021年7月現在の数字です。

セキュリティ機能で選ぶ方におすすめの仮想通貨取引所は、上表の通りです。上記の中でも特におすすめの仮想通貨取引所は、bitbankです。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankの魅力として、第三者機関から、セキュリティ国内No.1の高い評価を得ていることが挙げられます。(※2018年10月3日ICORating調べ)

また、bitbankではマルチシグ(複数人署名)によるコールドウォレットと、鍵管理システムによるホットウォレットで管理していることも安全性の観点からはメリットと言えるでしょう。

bitbankはセキュリティが高く、安心して仮想通貨を売買できる取引所です!

アルトコインを取引所形式で取引できる!

取り扱い銘柄・通貨の種類の豊富さで選ぶ方には

取引所名 取り扱い銘柄数 取引手数料 セキュリティ対策 特徴
Coincheck 16種類 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・コールドウォレット
・SSL暗号化通信
取り扱い銘柄が国内で最も多い
GMOコイン 14種類 ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
・顧客と会社の資産を分別管理
・マルチシグ
取り扱い銘柄が豊富で、アルトコインの取引所形式での取引も可能
bitFlyer 13種類 ・取引所:約定数量 × 0.01 〜 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
・SSL暗号化通信
・ファイアウォール
取り扱い銘柄が13種類と豊富

取り扱い銘柄・通貨の種類の豊富さで選ぶ方におすすめの仮想通貨取引所は、上表の通りです。

上記の中でも特におすすめの仮想通貨取引所は、Coincheckとなっています。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckの魅力として、取り扱い通貨数が16種類と国内最多であることが挙げられます。また初心者でも使いやすいアプリがあり、気軽に始めやすいため、多くの方におすすめです。

Coincheckは取り扱い通貨が国内最多の16種類であり、さまざまな通貨を取引できる取引所となっています。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

【初心者おすすめ】仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方を解説

初心者におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方として、以下が挙げられます。

これらの特徴を押さえることで、初心者の方にとって最適な取引所を選択することが可能となるでしょう。

それでは、それぞれの選び方を詳しく見ていきましょう。

取引手数料で選ぶ

初心者の方におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして、取引手数料で選ぶ点が挙げられます。

取引手数料は、取引の都度発生するため、取引所選びの重要な指標になります。また、取引手数料には、大きく分けて「Maker」と「Taker」の2種類が存在します。

Maker/Taker手数料

なお、上記の手数料は仮想通貨取引所ごとに異なります。具体例を下表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨取引所 取引所(ビットコインを取引した場合) 販売所
Coincheck 無料 スプレッド
bitFlyer 約定数量 × 0.01 〜 0.15%(単位: BTC)
bitbank -0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
DMM Bitcoin BitMatch手数料(※通貨により異なる)
BITPoint 無料

取引手数料が無料かなるべく安い取引所を選ぶと、運用コストを比較的抑えることが可能となります。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

初心者の方は、まずは取引手数料を意識して仮想通貨取引所を検討してみてください!

取り扱い通貨・銘柄の種類で選ぶ

初心者の方におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして、取り扱い通貨・銘柄の種類で選ぶことも挙げられます。

取扱銘柄数は取引所ごとに大きく異なってきます。

取引所 取り扱い銘柄数
Coincheck 16種類
bitFlyer 13種類
DMM Bitcoin 12種類
bitbank 10種類
BITPoint 8種類

Coincheckの様な取扱銘柄数が多い取引所を選ぶと、複数の仮想通貨に分散投資をすることができます。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

また、取り扱い銘柄が少ない取引所だと、投資したい通貨を取扱っておらず、別の取引所を開設する手間が発生してしまうでしょう。

口座開設のスピードで選ぶ

初心者の方におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして、口座開設のスピードで選ぶことも挙げられます。

口座開設がすぐにできる仮想通貨を選ぶことで、急ぎの取引にも対応できるといったメリットがあります。

口座開設に時間がかかると場合によっては1週間程度待つこともあり、取引が開始できる頃には大きく価格が変わってしまっている可能性があります。

DMM BitcoinやGMOコインでは特定の本人確認方法を用いることで、最短即日で口座開設を行うことが可能です。

仮想通貨取引所 本人確認方法
DMM Bitcoin スマホでスピード本人確認
GMOコイン かんたん本人確認

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

取引の流行に遅れないためにも口座開設のスピードは重要です!

セキュリティ機能の充実度で選ぶ

セキュリティ機能の充実度で選ぶことも、初心者におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして挙げられます。

主なセキュリティ対策を下表にまとめています。

名称 内容
コールドウォレット 資産をインターネットから切り離した領域で保管することで、ハッキングできなくする
二段階認証 IDやパスワードの入力のほかにアプリでのログイン可否やセキュリティコードを追加することで、不正アクセスを防ぐ
マルチシグネチャ 仮想通貨の送付に複数の電子署名を設けることで、誤送信のリスクを防ぐ
SSL暗号化通信 通信を暗号化することで、第三者からの盗聴やなりすまし、改ざんを防ぐ

セキュリティ機能が充実している仮想通貨取引所を選ぶことで、安心して取引ができることが可能です。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

一方でセキュリティ体制が整っていない場合、ハッキングなどで資産が危険にさらされる可能性が高くなります。

ご自身の資産を守るためにもセキュリティ面を考慮して取引所を選択しましょう。

取引量で選ぶ

初心者の方におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして、取引量で選ぶ点も挙げられます。

取引所ごとの取引量を下表にまとめました。

取引所 取引量(※)
bitFlyer 多い
Coincheck 多い
bitbank 多い
DMM Bitcoin 少ない
BITPoint 少ない

※順位は日々変わるため、2021年7月現在の取引量を参考にしています。

bitFlyerの様な取引量が多い仮想通貨取引所を選ぶことで、多くの取引が行われているため自身の希望の価格で取引できる可能性が高くなります。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

反対に取引量が少ない場合、利用者が少ないため希望の価格で取引できる可能性が低くなります。

取引量が一定数あり、取引が活発な取引所を選びましょう!

最低注文金額で選ぶ

最低注文金額で選ぶことも、初心者におすすめの仮想通貨取引所の選び方のポイントとして挙げられます。

仮想通貨取引所ごとに最低注文金額は異なります。以下にビットコインにおける各取引所の最低注文金額を下表にまとめました。

取引所 最低注文金額または最低取引単位
Coincheck ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
bitFlyer ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
bitbank ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC
DMM Bitcoin ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.001BTC
BITPoint ・取引所:0.0001BTC
・販売所:500円(買注文の場合)or0.00000001BTC(売注文の場合)

最低注文金額が低い仮想通貨取引所選ぶことで、少額からの投資が可能です。

最低注文金額が高い場合、投資の初めのハードルが高くなってしまうため、初心者の方は最低注文金額が低い仮想通貨取引所を選ぶことをおすすめします。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

仮想通貨(暗号資産)・ビットコイン取引所に関するFAQ

仮想通貨(暗号資産)取引所とはどんなところ?

仮想通貨(暗号資産)取引所は、仮想通貨を取引できる場所(プラットホーム)のことです。

仮想通貨を売買する場所は大きく分けて、取引所と販売所の2種類があります。

仮想通貨取引所 販売所

販売所は、利用している仮想通貨取引所自と直接取り引きをする場所で、仮想通貨取引所が決めた価格で売ってもらう形式です。

取引所は、投資家同士が取引をする場所で、指値注文などの柔軟な取引が可能になります。

販売所では、買い値と売り値の差であるスプレッドが実質的な手数料として発生することも要注意です!

日本国内の取引所と海外取引所の違いは?

日本国内の取引所と海外取引所の違いを下表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

金融庁の許可 取り扱い通貨の種類 レバレッジ倍率 安全性
日本国内の取引所 許可を受けている 10種類〜16種類ほど 最大2倍 高い
海外取引所 許可を受けていない 10種類〜100種類以上 最大数百倍 低い

海外取引所では国内の取引所と比べて取り扱い通貨も多く、レバレッジ倍率も高くなっています。

しかし、金融庁の許可なく、ハッキング事件などのトラブルも国内と比べて多くなっているため、安定性が欠けていると言えます。

これらの理由により、安心して取引ができる国内の取引所の方がおすすめです。

安定性の観点から、国内の取引所を選択するようにしましょう!

まとめ

今回の記事では、さまざまな観点でのおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所について解説しました。

この記事を読んだうえで、どの取引所を開設するか迷っている方にはCoincheckがおすすめです。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckを開設することによって、国内最多である16種類もの仮想通貨を取引できるメリットがあります。

また、使いやすいアプリや、取引所の取引手数料が無料で利用できることも大きなメリットです。

改めて、おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所を確認したい方は「【比較】おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所一覧」を参考にしてください。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。