2021年8月31日

債務整理とは?種類やメリット、債務処理をするとどうなるかをわかりやすく解説

債務整理_アイキャッチ

債務整理ってそもそも何?

今ある借金をなくすにはどの方法を選べば良いの?

債務整理を検討する際に、上記のような疑問や悩みを感じる方は多いでしょう。この記事では、債務整理とは何か、各方法のメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 債務整理とは、借金(債務)を整理すること
  • 主な方法は「任意整理」「自己破産」「個人再生」「過払い金請求」の4種類
  • 各方法には、メリット・デメリットが存在する
  • 債務整理をするには、弁護士か司法書士へ相談するとスムーズに手続きが完了する
  • 借金に不安がある方は、まずは「無料減額診断」がおすすめ
  • 完全匿名・無料で、最短60秒で簡単診断できる!

60秒で簡単・匿名診断!

記事を最後まで読むことで、債務整理とは何か・それぞれのメリット・デメリットや債務整理をするのにおすすめの弁護士事務所・司法書士事務所がわかるでしょう。

債務整理とは何?4つの種類をわかりやすく解説

債務整理とは、借金の返済問題に関する法的な解決方法を指す総称のことです。

債務整理をするには、主に以下の4つの方法があります。

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

任意整理

任意整理とは、弁護士や司法書士が債務者(借金をしている人)の代わりになって、債権者に交渉する方法です。交渉する際は、生活が成り立つように返済条件を調整します。

任意整理とは

任意整理とは、支払能力を超える債務を負っている債務者について支払能力に応じた返済計画を立て、その返済計画にしたがって個々の債権者との間で返済方法についての和解をしていく債務整理の方法です。

交渉方法としては、今ある債務を「長期間に分割払いする方法」や「支払利息を交渉によりカットする方法」が挙げられます。

交渉が完了したら、決定された和解内容に沿って返済を続けて借金を完済することになります。

60秒で簡単・匿名診断!

基本的に債権者の同意を得たうえで行われる方法です。
債権者に最も迷惑をかけない方法の1つと言えますね!

自己破産

自己破産とは、裁判所に借金を返済できない状態であることを認めてもらい、今ある支払義務が免除される方法です。

自己破産とは

自己破産とは、地方裁判所で破産手続開始決定を受け、法令で認められた財産以外の全財産を弁済に充てることで、残債務の免除を受け、再出発をする方法です。

自由財産以外の一切の財産を処分する必要がありますが、借金はすべて免除されるため、債務整理の方法の中でも最も強力な方法と言えます。

先述の任意整理とは異なり、裁判所が認めることで債権者の同意なしに手続きを進めることが可能です。

なお、自己破産の際は保有する資産の金額に応じて、以下の2つに分類されることも覚えておきましょう。

種類 ケース 概要
管財事件 破産者に20万円を超える資産がある場合 ・一定の財産(20万円)を超える資産がある場合の方法
・破産管財人を選出する必要があるため、実費や弁護士費用は比較的高額になりやすい
同時廃止事件 破産者に20万円を超える資産がない場合 ・一定の財産(20万円)を超える資産がない場合の方法
・破産管財人を選出する必要がないため、管財事件と比較すると安くなりやすい
借金をゼロにして、人生を再スタートさせるようなイメージですね!

個人再生(民事再生)

個人再生とは、裁判所に借金を返済できない状態であることを認めてもらい、今ある借金を大幅に減額してもらう方法です。

自己破産と同様に裁判所の許可が必要で、3~5年の分割払いになります。また、自己破産と大きく異なることは、住宅を残したまま債務整理ができる点です。

個人再生とは

個人再生手続きは、破産せずに経済的に再生することを目的としています。
その手続きには、「小規模個人再生」「給与所得者等再生」の二つがあります。

個人再生は上記の通り、大きく以下の2パターンに分けられます。

小規模個人再生 給与所得者等再生
条件 ・負債額が5,000万円以下
・将来の収入見込みがある
・負債額が5,000万円以下
・将来の収入見込みがある(給与などの定期的な収入+変動幅が小さい)
対象者 特に指定なし 公務員や会社員など継続的な給与所得が見込める方が多い

支払う金額は、借金の総額(基準債権額)により異なりますが、最大で10分の1まで減額されることがあります。(※総額が3,000万円を超える場合)

60秒で簡単・匿名診断!

過払い金請求

過払い金請求とは「過払いになっている利息」を請求する方法です。借金をする際に発生する利息の支払いが、法律で定められた制限利率を超えてしまっている場合に適用されます。

過払い金があることを貸金業者や金融機関に請求することで、払い過ぎたお金が戻ってくる仕組みです。

また、返還された金銭は借金の返済や生活費などに充てることができるため、債務整理の1種として考えられています。

裁判所の手続などが不要なんですね!
「減額診断」をすると、今ある借金がいくら減るか簡単にわかります。

60秒で簡単・匿名診断!

債務整理・債務処理をするとどうなる?メリットを解説

債務整理をすることのメリットは、各方法によって異なります。

それぞれの方法別に、各メリットを詳しく見ていきましょう。

【共通】債務整理のメリット

はじめに、債務整理全体で共通のメリットとして、以下が挙げられます。

借金返済を軽減、もしくは免除できる

債務整理共通のメリットとして、借金の返済を軽減・もしくは免除できることが挙げられます。

具体的に減額される内容を以下にまとめましたので、参考にしてください。

方法 減額内容
任意整理 利息のカットなど(比較的少額になる傾向がある)
自己破産 全額免除
個人再生 最大で10分の1まで免除
過払い金請求 払い過ぎてしまった利息額が返還される

上記からわかる通り、債務整理の方法によって免除額は異なります。ただし、債務整理をしない場合に比べて借金が減るため、生活を立て直せる可能性が高くなるでしょう。

60秒で簡単・匿名診断!

債権者からの直接の取り立てを停止できる

債務整理共通のメリットとして、債権者からの直接の取り立てを停止できることが挙げられます。

債務整理を始めると、弁護士が債権者に対して介入通知(受任通知)を送付します。この介入通知は、今から債務者に代わって債務整理をすることを通知するものです。

介入通知が送られると、貸金業者や金融機関からの直接の取り立てを停止できる効力があります。

60秒で簡単・匿名診断!

最短で即日に介入通知を送ることも可能です。

任意整理特有のメリット

任意整理特有のメリットとして、以下が挙げられます。

任意整理特有のメリット

  • 法的制限が少ないため、比較的柔軟な解決ができる
  • 債権者に対する負担が少ないケースが多い
  • 借金の原因は問われない

任意整理では、自己破産や個人再生のように裁判所での手続きが不要です。そのため、主要な3つの方法の中では比較的柔軟な解決がしやすいと言えます。

また、任意整理は債権者の同意の上で行われる手法です。債権者が納得した形で分割払いなどを行うことになるため、債権者への負担が少ないケースが多いでしょう。

さらに、適用する際に借金の原因が問われません。例えば、自己破産ではギャンブルによる借金の場合適用できないなどの制限があるため、免責不許可事由がないこともメリットと言えるでしょう。

自己破産特有のメリット

自己破産特有のメリットは「借金の支払が免除される」ことです。自己破産では、手持ちの財産を処分することにより借金の支払いが全額免除されます。

ほかの債務整理の方法では、借金の減額や過払い金の請求など負担を減らすことはできますが、自己破産のように全額免除することはできません。

60秒で簡単・匿名診断!

全額免除は、自己破産特有の最大のメリットですね!

個人再生(民事再生)特有のメリット

個人再生特有のメリットとして、以下が挙げられます。

個人再生特有のメリット

  • 財産の処分が必須ではない
  • 債権者の同意が不要
  • 借金の原因は問われない

個人再生は、自己破産のように手持ちの財産を処分しなくても利用できるメリットがあります。例えば、ローンの残っている住宅を維持したまま手続きができるため、過度に心配する必要はないでしょう。

また、任意整理のような債権者の同意も不要なため、借金を大幅に減額することも可能です。さらに、借金の原因は問われず手続きができるので、こちらも過度な心配は不要になります。

60秒で簡単・匿名診断!

債務整理・債務処理をするとどうなる?デメリットを解説

続いて、債務整理をすることによるデメリットを以下の方法別に紹介していきます。

それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

【共通】債務整理のデメリット

はじめに、債務整理共通のデメリットは「信用情報機関に傷がつく」ことです。

債務整理を行うと、個人の信用情報を管理しているCICやJICCなどの信用情報機関に登録されます。登録された記録が消えるまでの期間は、5~10年間です。

この期間中は、クレジットカードの新規発行や新たな借り入れができなくなってしまうことが、債務整理のデメリットと言えるでしょう。

任意整理特有のデメリット

任意整理特有のデメリットとして、以下が挙げられます。

任意整理特有のデメリット

  • 債権者の同意が必要になる
  • 返済額があまり減らないケースもある

任意整理は、先述の通り債権者との同意のもとで行われる手法です。そのため、債権者が任意整理をすることを認めなければ、そもそも任意整理をすることができません。

また、債権者の同意を得るためには、借金の大幅な減額が難しく結果として返済額があまり減らないケースもあります。

返済することを前提とした解決方法ですね!
柔軟に解決したい方におすすめの手法です。

自己破産特有のデメリット

自己破産特有のデメリットとして、以下が挙げられます。

自己破産特有のデメリット

  • 自由財産以外の財産は処分しなければならない
  • 借金の原因によっては、自己破産ができない
  • 各種制限がかかる

先述の通り、自己破産は債務整理の中でも最も強力な方法のため、上記のようなデメリットが存在します。

例えば、自由財産以外を処分する必要があるため、車などの財産は処分されてしまうでしょう。一方で、自由財産(破産者が自由に扱える財産)は除くため、身ぐるみすべてを剥がされてしまうようなことにはなりません。

自由財産の例として、以下が挙げられます。

  • 破産手続き開始後の給料
  • 99万円以下の現金
  • 衣服、寝具、家具など生活に必須のものなど

また、借金の原因によっては自己破産ができない点もデメリットです。ギャンブルの借金や特定の債権者のみに返済をしているなどの場合、適用が難しいケースもあります。

ただしこちらも裁判所の裁量によって、自己破産の適用ができる場合もあるため、弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

自己破産特有のデメリットとして、各種制限がかかることも挙げられます。制限の例を下表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

項目 制限内容
資格の制限 士業や生命保険募集人、宅地建物取引主任者(宅建)などの資格が使えない
居住制限 自己破産の手続き中は引越しや旅行ができない
※裁判所の許可がある場合は例外
通信の秘密の制限 自己破産の手続中は郵便物が破産管財人(破産手続きをする弁護士)に転送される

なお、上記の制限は基本的に破産手続き終了と同時に解除されます。

個人再生(民事再生)特有のデメリット

個人再生特有のデメリットは「利用する要件が決められている」ことが挙げられます。

具体的な要件の例は以下の通りです。

  • 債務額が5,000万円以下
  • 継続的または反復した収入を得る見込みがあるなど

なお、個人再生に関する手続はほかの解決方法に比べて裁判所との手続きが複雑になりがちですが、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼することで、スムーズに進む可能性が高いでしょう。

個人再生に限らず、債務整理をする場合は、弁護士・司法書士事務所に相談するのがおすすめです。

債務整理におすすめ!弁護士・司法書士事務所6選

ここからは、債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介していきます。

それぞれの事務所を詳しく見ていきましょう。

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所出典:https://thank-law.jp/lp/saimusim_asp/asp_rent2/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 55,000円/件~
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 11%
所在地 東京都中央区八丁堀4-2-2
ヒューリック京橋イーストビル2階
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、民事事件一般、離婚、相続、遺言、事業再編、貸金問題、企業の倒産処理など
対応時間 24時間・365日

弁護士法人サンク総合法律事務所の魅力!

  • 無料・匿名で簡単に減額診断ができる
  • 月600件以上の相談実績がある
  • 女性弁護士も在籍している
  • 24時間・365日全国に対応している

弁護士法人サンク総合法律事務所は、無料・匿名で簡単に減額診断ができることが特徴の弁護士事務所です。

弁護士法人サンク総合法律事務所の魅力として、債務整理の実績が豊富なことが挙げられます。月に600件以上の相談実績があるため、債務整理に不安がある方でも安心して相談できるでしょう。

また、この事務所の魅力として、女性弁護士も在籍していることも挙げられます。そのため、男性弁護士に相談しにくい内容の借金問題も相談可能です。

さらに弁護士法人サンク総合法律事務所には、対応エリア・時間が優れている魅力もあります。24時間365日、全国に対応してくれるため、お住まいの場所に関係なく気軽に相談できるでしょう。

最短60秒で簡単に減額診断ができるのは嬉しいポイントですね!
気軽に今の借金の状況を確認することができます。

はたの法務事務所

はたの法務事務所出典:http://hatano-saimuseiri.net/lp2/index.html

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 10%
所在地 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
※東京本店の場合
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理(任意整理、自己破産、個人再生・民事再生)、過払い金請求、登記業務など
対応時間 ・メール:24時間受付
・電話:8:30~21:30(平日)・8:30~21:00(土日祝)

はたの法務事務所の魅力!

  • 20万件以上の相談実績があり、顧客満足度も95.2%と非常に高い
  • 司法書士歴40年以上でベテラン事務所である
  • 相談料や出張費用、着手金などさまざまな初期費用が無料
  • 分割払いにも対応している

はたの法務事務所は、債務整理の実績が豊富なことが特徴の司法書士事務所です。

はたの法務事務所は、20万件以上の相談実績があり、顧客満足度も95.2%と非常に高い魅力があります。司法書士歴も40年以上のベテランのため、初めて債務整理を検討している方も安心できます。

また、この事務所の魅力として、様々な費用が無料で利用できることも挙げられます。相談料や出張費用、着手金まで無料なため、費用を抑えて債務整理をしたい方にもおすすめです。

さらにはたの法務事務所は、分割払いにも対応しているため、債務整理の費用に心配がある方も必要以上に心配せずに相談できるでしょう。

相談実績が豊富な事務所です!

弁護士法人響

弁護士法人響出典:https://saimushindan-hibiki.com/lp/saimusim_asp/asp_rent/test.php

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 55,000円/件~
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 11%
所在地 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
※西新宿オフィス
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、交通事故、労働問題、B型肝炎、相続問題、離婚問題など
対応時間 24時間・365日

弁護士法人響の魅力!

  • 24時間・365日全国に対応している
  • 相談実績は63,000人超え、件数は12万件以上
  • 債務整理にかかる費用をわかりやすく説明してくれる
  • 響グループ全体での課題解決に尽力してくれる

弁護士法人響は、24時間365日、全国に対応していることが特徴の弁護士事務所です。

弁護士法人響の魅力として、債務整理の相談実績が豊富なことが挙げられます。これまでの相談件数は12万件以上、相談人数も63,000人を超えているため、債務整理に関するノウハウは豊富な事務所と言えるでしょう。

また、この事務所の魅力として、事務所の対応が非常にわかりやすいことも挙げられます。債務整理に関する費用もわかりやすく説明してくれるため、初めて依頼する方も納得しながら相談可能です。

さらに弁護士法人響には、響グループ全体の課題解決力も魅力です。必要であればグループ会社の税理士や行政書士とも連携可能なため、あなたの悩みに寄り添った解決を目指してくれるでしょう。

債務整理の相談実績が豊富で安心ですね!
グループ全体の解決力にも強みがある事務所です。

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所出典:https://amane-saimu.com/lp/saimusim_asp/asp_rent/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 55,000円/件~
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円~
減額報酬(任意整理の場合) 11%
所在地 東京都中央区日本橋堀留町2丁目3-14 堀留THビル10階
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、相続問題、離婚問題、残業代請求、刑事事件、不動産トラブルなど
対応時間 24時間・365日

天音総合法律事務所の魅力!

  • 相談料は何度でも無料
  • 24時間365日全国に対応
  • 報酬金や着手金などの分割相談も可能

完全匿名・無料で診断できる!

天音総合法律事務所は、相談料が何度でも無料なことが特徴の弁護士事務所です。

天音総合法律事務所の魅力として、対応エリアや対応可能時間が優れていることが挙げられます。24時間365日、全国からの相談に対応しているため、時間や場所を気にせずに気軽に相談できます。

また、この事務所の魅力として、報酬の分割払いも相談できることも挙げられます。成功報酬をはじめ、着手金の分割払いも相談可能なため、費用面で心配がある方も安心です。

無料・匿名での減額診断も魅力の1つです。

完全匿名・無料で診断できる!

みつ葉司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ出典:https://mitsuba-service.com/lp/saimu_asp/asp_rent/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円/件(※基本報酬)
減額報酬(任意整理の場合) 無料
所在地 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館7階
※本社
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、相続、家族信託、不動産登記、交通事故など
対応時間 24時間・365日

みつ葉司法書士事務所の魅力!

  • 過払金の無料診断可能
  • 減額成功報酬、相談料、着手金無料
  • 24時間365日、全国に対応している

相談料無料・家族に内緒で診断できる!

みつ葉司法書士事務所は、過払い金の無料診断が可能なことが特徴の司法書士事務所です。

みつ葉司法書士事務所の魅力として、各種費用が無料で利用できることが挙げられます。相談料や着手金をはじめ、減額に成功した際の減額成功報酬も無料なため、債務整理費用を押さえたい方には嬉しいポイントです。

また、この事務所の魅力として、24時間365日、全国に対応していることも挙げられます。時間や場所を選ばず、相談料も無料なため「まずは債務整理に関して相談したい」という方も便利に利用できます。

相談料や着手金、減額成功報酬も無料なんですね!
過払い金の診断も無料で利用できます。

相談料無料・家族に内緒で診断できる!

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所出典:https://vbest-shindan.com/lp/saimusim_asp/asp_rent/test.php

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 0円/件~(※負債額に応じて)
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 11%
事務手数料 44,000円/件~(金額により異なる)
所在地 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
※東京の場合
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、交通事故、離婚・男女問題、労働問題、B型肝炎訴訟、債権回収など
対応時間 24時間・365日

ベリーベスト法律事務所の魅力!

  • 280名を超える経験豊富な弁護士が在籍している
  • 過去の相談実績が24万1451件と豊富(※集計期間:2011年2月~2021年6月末まで)
  • 北海道から沖縄まで全国49の拠点がある

最短90秒!無料・匿名で診断できる!

ベリーベスト法律事務所は、280名を超える経験豊富な弁護士が在籍していることが特徴の弁護士事務所です。

ベリーベスト法律事務所の魅力として、過去の相談実績が豊富なことが挙げられます。2011年2月から2021年6月末までの約10年間で、累計24万件以上の相談件数を誇っているため、安心できる事務所です。

また、この事務所の魅力として、全国に拠点があることも挙げられます。北海道から沖縄まで全国に49の拠点があるため、お住まいの地域に関係なく相談することが可能です。

280名を超える経験豊富な弁護士が在籍する弁護士事務所です。

最短90秒!無料・匿名で診断できる!

債務整理に関するよくある質問

そもそも「債務整理」の言葉の意味とは何?

債務整理とは「借り入れたお金を返済する義務」を「整理」することから、債務整理と呼ばれています。

そもそも「債務」とは特定の人間に対して、何かしらの行為をしなければならない義務のことを指します。

債務とは、特定の人に特定の行為や給付を提供しなくてはならない義務を示します。特定の行為や給付には、金銭を支払ったり、物を引き渡したり、あるいは労力を提供することなどが挙げられます。

債務整理をするリスクはある?

債務整理をすると「信用情報機関に登録される」というリスクがあります。

一方で、債務整理をすることで、借金に苦しむ生活から解放されて生活を立て直せる可能性もあります。

例えば過払い金があり、不要な借金に苦しんでいるケースもあり得るため、まずは弁護士事務所・司法書士事務所に相談しましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

債務整理をした後も借金を返済する必要はある?

債務整理をした後も借金を返済する必要があるケースもあります。

自己破産の場合は、借金が全額免除されるため支払いは不要です。一方で任意整理や個人再生の場合は、債務整理により取り決められた方針で、着実に返済をすることが求められます。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。