2021年8月31日

債務整理の弁護士・司法書士費用相場|任意整理、過払い金請求の金額や手数料、着手金の料金を解説

債務整理_費用_アイキャッチ

債務整理の費用相場って実際どのくらいなの?

費用が安く済む弁護士事務所・司法書士事務所を知りたい!

債務整理を検討する際に、上記のような疑問や悩みを持たれている方は多いでしょう。

この記事では、債務整理の費用相場や具体的な費用項目、比較的費用の安いおすすめの弁護士事務所・司法書士事務所を紹介していきます。

この記事のまとめ

  • 債務整理の費用相場は、選択する解決方法によって異なる
  • 比較的費用が安く済むのは「任意整理」と「過払い金請求」で1件あたり数万円~10万円程度
  • 自己破産や個人再生は、債務整理の中でも高額で数十万円~100万円程度
  • 債務整理の費用が比較的安いおすすめの事務所は「弁護士法人サンク総合法律事務所
  • 相談料は無料!完全匿名の減額診断も無料で利用できる

記事を最後まで読むことで、債務整理の費用相場や比較的費用の安い事務所、費用が払えない場合の対策方法などが詳しくわかるでしょう。

債務整理にかかる費用相場・値段|弁護士・司法書士の値段を比較

債務整理にかかる費用相場は、依頼する事務所や解決方法によって異なります。ここでは、以下の解決方法別に債務整理にかかる費用相場を詳しく紹介していきます。

なお今回紹介する費用相場は、各事務所の料金を参考に当サイトが独自に算出したものになります。

事務所によっては記載の金額よりも安い・高い場合も存在するため、相談前に必ず公式サイトを確認してください。それでは、それぞれの方法別に、費用相場を詳しく見ていきましょう。

任意整理の場合

任意整理の場合の費用相場は、以下の通りです。

項目 料金(弁護士の場合) 料金(司法書士の場合)
相談料 無料(※多くの事務所で無料) 無料(※多くの事務所で無料)
着手金 無料~55,000円/件程度 無料~3万円/件程度
成功報酬 無料~22,000円/件程度 無料~3万円/件程度
減額報酬 無料~減額に成功した料金の11%程度 無料~減額に成功した料金の11%程度
合計 数万円~10万円程度 数万円~10万円程度

上記からわかる通り、任意整理の場合の費用相場は数万円~10万円程度になります。

任意整理の場合、他の解決方法のように裁判所に支払う費用が発生しないため、比較的費用は抑えられる傾向があります。

また、費用体系は借入先1件に対して発生するため、整理をする件数が多くなればなるほど件数に比例して必要な費用も増加すると言えるでしょう。

60秒で簡単・匿名診断!

事務所によっては、ある程度まとまった件数を依頼することで料金がお得になる場合もあります。

自己破産の場合

自己破産の場合の費用相場は、以下の通りです。

項目 料金(弁護士の場合) 料金(司法書士の場合)
相談料 無料(※多くの事務所で無料) 無料(※多くの事務所で無料)
着手金 20~30万円程度 -(別途費用発生、公式サイトに明記がない場合が多い)
成功報酬 数万円~20万円程度 30万円程度
その他費用 管財費用(管財事件の場合):20万円程度
裁判所費用(郵便代や収入印紙代など):数万円~数十万円程度
管財費用(管財事件の場合):20万円程度
裁判所費用(郵便代や収入印紙代など):数万円~数十万円程度
合計 数十万円~100万円程度 数十万円~100万円程度

上記からわかる通り、任意整理の場合の費用相場は数十万円~100万円程度になります。

また自己破産は、大きく分けて以下の2パターンが存在し、それぞれで費用が異なります。

種類 費用 ケース
管財事件 破産管財人を選出する必要があるため、比較的高額になりやすい 破産者に20万円を超える資産がある場合
同時廃止事件 破産管財人を選出する必要がないため、管財事件と比較すると安くなりやすい 破産者に20万円を超える資産がない場合

破産者に一定金額以上の資産がある場合、財産を管理するために破産管財人(裁判所で選出される弁護士)が必要になるため、費用は高額になりがちです。

60秒で簡単・匿名診断!

また司法書士は、借金が140万円以下の場合のみ対応できるため、自己破産など借金が比較的高額になりがちなケースは弁護士に相談するのが一般的です。

個人再生(民事再生)の場合

個人再生(民事再生)の場合の費用相場は、以下の通りです。

項目 料金(弁護士の場合) 料金(司法書士の場合)
相談料 無料(※多くの事務所で無料) 無料(※多くの事務所で無料)
着手金 30~50万円程度 -(別途費用発生、公式サイトに明記がない場合が多い)
成功報酬 30~50万円程度 30~50万円程度
その他費用 個人再生委員会への報酬、手数料等:20万円程度 個人再生委員会への報酬、手数料等:20万円程度
合計 数十万円程度 数十万円程度

上記からわかる通り、個人再生の場合の費用相場は数十万円程度になります。

個人再生の場合、ほかの解決方法と比較して裁判所との手続きなどが複雑になる傾向があり、弁護士の成功報酬が高くなるケースもあります。

また住宅ローン特例(住宅資金特別条項)を利用して、住宅を残して個人再生をする場合は上記費用のほかに追加で費用がかかるケースもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

60秒で簡単・匿名診断!

借金が140万円以上になる場合の個人再生は、弁護士に相談するのが一般的です。

過払い金請求の場合

過払い金請求の場合の費用相場は、以下の通りです。

項目 料金(弁護士の場合) 料金(司法書士の場合)
相談料 無料(※多くの事務所で無料) 無料(※多くの事務所で無料)
着手金 借金を完済している場合は無料(※未完済の場合は別途費用) 無料~
成功報酬 過払金回収額の22~27%程度 過払金回収額の22~27%程度
合計 数万円~数十万円程度(過払い金の額により異なる) 数万円~数十万円程度(過払い金の額により異なる)

上記からわかる通り、過払い金請求の場合の費用相場は数十万円程度になります。

例えば、診断によりこれまで払い過ぎていた過払い金が100万円返済された場合、100万円×22%=22万円の成功報酬(過払報酬)が発生します。

また、過払い金を訴訟により回収した場合は、成功報酬が追加されるケースがあることも覚えておきましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

比較的費用が安い!債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所4選

比較的費用が安い債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所として、以下4事務所を厳選しました。

それぞれの事務所を詳しく見ていきましょう。

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所出典:https://thank-law.jp/lp/saimusim_asp/asp_rent2/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 55,000円/件~
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 11%
所在地 東京都中央区八丁堀4-2-2
ヒューリック京橋イーストビル2階
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、民事事件一般、離婚、相続、遺言、事業再編、貸金問題、企業の倒産処理など
対応時間 24時間・365日

弁護士法人サンク総合法律事務所の魅力!

  • 相談費用は何度でも無料、分割払いも対応
  • 月600件以上の相談実績がある
  • 匿名で無料減額診断ができる
  • 24時間・365日全国に対応している

弁護士法人サンク総合法律事務所は、初期費用が無料なことが特徴の弁護士事務所です。

弁護士法人サンク総合法律事務所の魅力として、相談費用などの初期費用が無料なことが挙げられます。相談は何度でも無料で、過払い金請求の着手金も無料なため、費用を押さえたい方におすすめできます。

また、この事務所の魅力として、債務整理に関する実績が豊富にあることも挙げられます。その実績は月に600件以上と非常に多いため、債務整理のノウハウや知識も十分と言えるでしょう。

さらに弁護士法人サンク総合法律事務所には、匿名で無料減額診断ができるという魅力もあります。時間や場所を問わず今の借金の状況を診断してくれるので、初めて債務整理を検討している方も安心です。

24時間365日、全国からの相談に無料で対応してくれる事務所です。

はたの法務事務所

はたの法務事務所出典:http://hatano-saimuseiri.net/lp2/index.html

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 22,000円/件~
減額報酬(任意整理の場合) 10%
所在地 東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階(受付)・6階
※東京本店の場合
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理(任意整理、自己破産、個人再生・民事再生)、過払い金請求、登記業務など
対応時間 ・メール:24時間受付
・電話:8:30~21:30(平日)・8:30~21:00(土日祝)

はたの法務事務所の魅力!

  • 相談料や出張費用、着手金などさまざまな初期費用が無料
  • 顧客満足度も95.2%と高く20万件以上の相談実績がある
  • 過払い金の調査が無料
  • 分割払いにも対応している

はたの法務事務所は、さまざまな初期費用が無料なことが特徴の司法書士事務所です。

はたの法務事務所の魅力として、相談料や出張費用、着手金が無料なことが挙げられます。相談料や土日の対応、出張費用などの初期い費用が無料なため、気軽に相談しやすい事務所と言えます。

また、この事務所の魅力として、顧客満足度が高いことも挙げられます。これまで依頼した顧客の満足度は95.2%と高水準で件数も20万件以上と質・量ともに優れた事務所と言えるでしょう。

さらにはたの法務事務所には、過払い金の調査が無料という魅力もあります。先述の通り初期費用はかからないため、今ある借金がいくら減るのか気になる方も相談すると良いでしょう。

さまざまな初期費用が無料の事務所なんですね!
債務整理の実績も豊富なことが特徴です。

みつ葉司法書士事務所

司法書士法人みつ葉グループ出典:https://mitsuba-service.com/lp/saimu_asp/asp_rent/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 無料
成功報酬(任意整理の場合) 11,000円/件(※基本報酬)
減額報酬(任意整理の場合) 無料
所在地 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館7階
※本社
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、相続、家族信託、不動産登記、交通事故など
対応時間 24時間・365日

みつ葉司法書士事務所の魅力!

  • 過払い金の無料診断ができる
  • 減額成功報酬や相談料、着手金などの費用が無料
  • 女性相談員に相談することもできる

相談料無料・家族に内緒で診断できる!

みつ葉司法書士事務所は、過払い金の無料診断ができることが特徴の司法書士事務所です。

みつ葉司法書士事務所の魅力として、匿名・無料で減額診断ができることが挙げられます。簡単な質問に答えるだけで無料で診断してくれるので、今ある借金がどうなるかを確認したい方にはおすすめです。

また、この事務所の魅力として、さまざまな費用が無料なことも挙げられます。相談料や着手金などの初期費用をはじめ、借金の減額に成功した場合の減額成功報酬も無料なため、費用を押さえて債務整理をしたい方には嬉しいポイントです。

さらにみつ葉司法書士事務所には、女性相談員も在籍しているという魅力もあります。そのため、男性の相談員には話しにくい内容でも、気兼ねなく相談しやすいと言えるでしょう。

初期費用だけでなく、減額成功報酬も無料の事務所です。

相談料無料・家族に内緒で診断できる!

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所出典:http://ns.avance-law.com/is/callaf/

相談料 無料
着手金(任意整理の場合) 44,000円/件
成功報酬(任意整理の場合) 0円
減額報酬(任意整理の場合) 無料
所在地 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
※大阪本社
対応エリア 全国対応
対応業務 債務整理、時効援用、不動産登記、商業登記など
対応時間 ・メール:24時間受付
・電話:9:30~21:00(平日)・9:30~19:00(土日祝)

アヴァンス法務事務所の魅力!

  • 相談料は何度でも無料
  • 借金の減額に成功した場合の減額報酬も無料
  • 相談実績が23万件以上(※2018年2月末現在)

アヴァンス法務事務所 は、相談料は何度でも無料なことが特徴の弁護士事務所です。

アヴァンス法務事務所 の魅力として、減額報酬が無料なことが挙げられます。多くの事務所では減額報酬として、減額した額の10%程度を支払う必要がありますが、アヴァンス法務事務所は無料なため、費用面でお得です。

また、この事務所の魅力として、債務整理の相談実績が豊富なことも挙げられます。2018年2月末時点で相談件数は23万件以上のため、費用以外にも実績を重視する方におすすめの事務所と言えるでしょう。

減額報酬が無料で、実績も豊富な事務所です。

債務整理にかかる費用・金額の項目を解説

ここでは、債務整理にかかる費用を以下の項目に分けて解説していきます。

債務整理にかかる費用項目

それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

着手金

債務整理にかかる費用項目として、着手金が挙げられます。

着手金は、相談した弁護士・司法書士が実際に過払い金調査などの業務を着手する際に発生する費用のことです。依頼する解決方法にもよりますが、任意整理の場合無料~数万円/件に設定している場合が多いです。

60秒で簡単・匿名診断!

なお、後ほど説明する成功報酬や減額報酬が高めに設定されているケースもあるため、着手金が無料であれば費用が安い事務所とは言えないことにご注意ください。

報酬金

債務整理にかかる費用項目として、報酬金が挙げられます。

報酬金とは、成功した案件に対して発生する費用のことで、主に以下の3つに分類されます。

  • 解決報酬金
  • 減額報酬金
  • 過払い金報酬金

解決報酬金は、業者との事件が解決したことにより発生する費用です。任意整理の場合、1件あたり数万円程度になるケースが多いです。

減額報酬金は、減額に成功した借金の金額をもとに算出する費用です。減額した金額の10~15%程度が発生するケースが多いでしょう。

最後に過払い金報酬金は、過払いとなっていたお金がいくら回収できたかをもとに算出する費用です。実際の回収額の20~25%程度の場合が多く、訴訟による回収の場合は費用が上がる傾向にあります。

60秒で簡単・匿名診断!

大きく分けて3種類の報酬金があるのですね!

その他手数料

債務整理にかかる費用項目として、その他の手数料が挙げられます。

その他の手数料とは、着手金や報酬金には含まれない別途で発生する費用のことです。具体的な手数料の例は以下の通りです。

  • 出張費用
  • 裁判所費用
  • 官報掲載手数料
  • 郵便切手費用など

上記のような費用は、公式サイトに明記されていないケースもあるため、相談の際に不明点があれば必ず確認するようにしましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

債務整理の費用がすぐに払えない時は?対策方法5選

債務整理の費用がすぐに払えない場合、以下の対策をとるのがおすすめです。

それぞれの対策方法を詳しく見ていきましょう。

方法①分割払いで費用を支払う

債務整理の費用が払えない場合の対策として、分割払いで費用を支払う方法が挙げられます。依頼する弁護士事務所・司法書士事務所によっては、着手金や報酬金を分割で払える場合があります。

60秒で簡単・匿名診断!

分割払いの回数は数回程度のケースが多いですが、まとまった資金がない場合は有効な手段になるでしょう。

なお、分割払いの対応の可否は公式サイトに明記されているケースが多いため、依頼前に確認するのが良いでしょう。

方法②司法書士に依頼する

債務整理の費用が払えない場合の対策として、司法書士事務所に依頼する方法も挙げられます。

弁護士事務所と比較して、司法書士事務所に依頼する方が費用が安く抑えられるケースが多いです。ただし先述の通り、借金の総額が140万円以上の場合司法書士が対応できないため、自身の状況を考慮して相談先は選びましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

司法書士に依頼する場合、基本的には少額案件しか対応できません。

方法③法テラスを経由して依頼する

債務整理の費用が払えない場合の対策として、法テラスを経由して依頼する方法も挙げられます。

法テラスとは「日本司法支援センター」のことで、一定以下の収入の方を対象に法律的な支援をしてくれる機関です。

法テラスを経由して依頼すると、弁護士や司法書士に対する支払いを一時的に立替払いしてくれます(利用者は分割で費用を法テラスに支払います)。また、法テラス経由にすると成功報酬など一部費用が安くなるケースもあります。

60秒で簡単・匿名診断!

ただし、法テラスに依頼する場合は以下の要件を満たしている必要があるため、ご注意ください。

人数 手取月収額の基準 注1 家賃又は住宅ローンを負担している場合に
加算できる限度額 注2
1人 18万2,000円以下
(20万200円以下)
4万1,000円以下
(5万3,000円以下)
2人 25万1,000円以下
(27万6,100円以下)
5万3,000円以下
(6万8,000円以下)
3人 27万2,000円以下
(29万9,200円以下)
6万6,000円以下
(8万5,000円以下)
4人 29万9,000円以下
(32万8,900円以下)
7万1,000円以下
(9万2,000円以下)

注1:東京、大阪など生活保護一級地の場合、()内の基準を適用します。以下、同居家族が1名増加する毎に基準額に30,000円(33,000円)を加算します。
注2:申込者等が、家賃又は住宅ローンを負担している場合、基準表の額を限度に、負担額を基準に加算できます。居住地が東京都特別区の場合、()内の基準を適用します。

方法④債務整理手続を自分で行う

債務整理の費用が払えない場合の対策として、債務整理手続を自分で行う方法も挙げられます。

債務整理をする際は、弁護士か司法書士に依頼するのが一般的ですが、一部の手続きを自分でやってしまうことで費用を削減できる可能性があります。

一方で、個人再生など非常に専門的な知識が必要で自分でやってうまく債務整理ができないケースもあるため、基本的には専門家に相談しましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

方法⑤債権者への支払いを一定期間止める

債務整理の費用が払えない場合の対策として、債権者への支払いを一定期間止める方法も挙げられます。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に対して受任通知を発送してくれます。受任通知とは、依頼者の代理人になって債務整理をする旨を伝える文書です。

受任通知を受け取った債権者は、債務者(借金をしている人)に対して直接的な取り立てなどができません。この返済が止まっている期間に、一定のお金を貯めることで債務整理費用を用意しましょう。

60秒で簡単・匿名診断!

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。