news

お正月の話題

お正月の話題

お疲れ様です、システムの知恵袋の細谷です。

 

ここ最近、携帯でいろいろなサイトを見ていると「あなたのアンドロイドは破損しています」とGoogleを模したページに誘導されます、

wiki等のユーザー主体の情報サイトでよく見られますが、偽物なのでインストールしないようにご注意ください。(ユーザーがページを編集できるので、悪質なスクリプトを埋め込みやすい)

次の現象があったら要注意です。

「勝手にページが切り替わる。」「有名なサイトのロゴやデザインのページで警告」「戻るボタンで戻れない」

年末という事で攻撃は増えると思いますので、皆様お気を付けください。

 

さて、セキュリティにも触れましたし年末という事でお正月の話題でもしましょうか、

 

◇お正月の縁起物

お正月といえば、色々なイベントがありますが、それぞれ意味があります。

 

年越しそばなら、「長いものをいただく」という事から「長く生きられますように」という意味があります。

お飾りには「神様を迎えるための門」という事で「円」をかたどったものが使われ、どのような神様に来て欲しいのかで「輪」に「飾る」ものが決まります。

 

そのようにそれぞれに意味がありますが、年越しそばなら「うどん」や「スパゲッティ」等、「長い食べ物」なら代用ができるのはご存知でしたか?

日本の文化は「受け入れる」ものが多く、「行動」の「意味」が変わらなければ代用できるのが日本文化の面白いところだと思ってます。

 

「昔ながら」というのも大切ですが、そういった新しいものを「受け入れて」一味違ったお正月を迎えるのもまた一興かと思います。

 

◇おせちの意味

縁起物の集まりといえば「おせち」や「おもち」がありますが、縁起物以外の意味があるのは知っていましたか?

今でこそ「新年のごちそう」の面が強く出ていますが、定番の食材を見るとかまぼこ等の「練り物」や根菜や豆等の「煮もの」が多いです。

 

これらの共通点として、保存がきいて手間がかからないものが中心という事に気が付いたでしょうか。

新年には家族や神様への「ご挨拶」が多く、多くの時間が必要になりお店がお休みになることも多いです。

すると食材などの日用品の調達が難しくなるので。忙しい「三が日」は少なくとも過ごすために、保存のきく食材を使っています。

 

また、練り物は切るだけ、煮物は温めなおすだけと家族で過ごすために「台所」での負担を減らすという意味もあります。

これは普段から頑張ってもらっている「お母さん」に「お父さん」からの感謝の意味があります。(おせちへの文句は禁句というのはここからきています。)

 

今では家事は女性の仕事では無くなっていますが、「一緒の時間」を作りたいという意味は変わりませんので、大切な人と多めに時間を取ってみてはいかがでしょうか?

 

◇お守りに込められたもの

新年に初もうでに行かれる方がいると思いますが、その際に「お守り」を買われる方がいると思いますが、

お守りは1年以内に返さないといけない、というのはご存知でしょうか?

 

お守りにはその神社の神様の使いが分けて込められていて、この使いが「お願い」が成就するように支援してくれます。

このお使いも「ごはん」が必要で、それが「お守りの中のもの」ですが、これが「一年分」しか持ちません。なので毎年お参りをして「古いお守り」はお返しして「新しいお守り」をお迎えするわけです。

もし1年以上持っていると、空腹になったお使いが「持ち主の運気や健康」を食べ始めてしまうので、思い出の品だとしてもきちんとお返ししましょう、

 

返すには、納所が用意されていますので、ごみ箱に捨てずにこちらに返してあげてください。(場所によっては別の名前だったりしますが、「納」める場「所」を探せば問題ありません)

また、新年のお参りが難しいのであれば、早めに納めるようにしましょう、(早めに返却する分には問題ありません)

 

 

最近では昔ながらの文化を嫌ったり面倒がったりする人が多くなっていると聞きますが。

文化というのは「共通の話題」であり、友好関係を築く場所でもあります。

 

お正月は年に一度なので、せっかくなのでお付き合いください。

 

それでは、年内最後のITブログでした。(全然ITしていませんが、、、笑)

来年も頑張って続けていこうと考えていますので、引き続きお付き合いいただければと思います。

それでは良いお年を。