news

PCで必要なセキュリティについて

PCで必要なセキュリティについて

皆様こんばんは。

システムの知恵袋、細谷です。

◇近況

現在治療のために、減量目的で食事制限が入っています、、、と以前にお話いたしましたが身長が180近いというのもあり一食あたりは普通に食べられてます。(ご飯の量で言うと一食200g、ファミリーレストランの普通ライスが大体そのぐらいとなります。)

減らすことになったのは間食を一切カットしています、この間食が差すのは「朝昼夕以外の食事」となるので、甘いもの禁止というわけではなく「朝昼夕」と食後に取る形であれば大丈夫で、3時のおやつや夜食はNGとなります。

大変だと思っているのは「量を維持すること」で、減量目的ですが栄養バランスの計算をしていますので、野菜が増えるというのはわかるのですが、主菜となるお肉などの量も増えたのが驚きでした。

なってからでは遅いので、健康は大事にしましょう。

 

◇PCの種類について

ではメールは一旦終了として、PCのセキュリティに移りましょう。といってもまずは基本から説明になるので具体的なセキュリティのお話は次回となりますが、

まずPCにはデスクトップ型と、ノート型の2つがあります。具体的にはもっと種類ありますが、設置したら基本移動させないものと、持ち運んで使うものの2つという認識でおおよそ大丈夫だと思います。

デスクトップ型はスペックと耐久性が維持しやすいため、事務や開発チームにおすすめとなります。ノート型は携行しやすいので営業等外に出る人向けですね、

またOS*はWindowsとMACがありますが、こちらは今は拘らなくていいでしょう。(*オペレーティングシステムの略、そのままの意味でPCの操作をサポートするシステム、これがないと黒背景の画面に文字が並んでいる画面で、文字を入力して操作するという歴史で見たことあるようなものになります。)

基本なので改めて説明するのはどうなのかとは思いますが、環境によってセキュリティが変わるので説明させていただきました。

※OSがないとこんな感じに。。

 

◇PCのスペックについて

最初のことによくある失敗として「PCが遅くてイライラする」等のスペック不足からの現場のクレームになります。コストを抑えようとして「必要スペック」で購入してしまうと、起きてしまう現象です、

というのもセキュリティの為にアンチウィルスソフトなどを導入したりしますが、これらもPCに負担をかけます、つまり必要ぎりぎりですとその負担分足りなくなり、「遅い」「起動しない」「エラーが起きる」等のトラブルに繋がってしまいます。

しかしソフトの並行運用については、どのソフト開発会社もそこまで調べないことが多いです(というのも組み合わせが多すぎるため、調査だけで1~2個開発ができてしまいます。)

なので、自社の環境で確認する必要がありますが、その為に「使えないかもしれない」PCを購入するのは経理の負担にしかなりません、

そこで簡単な判断基準として、「導入予定の中で一番負荷がかかりそうなソフトの推奨スペック」を購入しましょう、推奨スペックはそのソフトがストレスなく起動するためのスペックになる為、多少の負荷が増えても、そこまで大きい声は上がりません、

普通の企業であれば営業職は文書管理ソフト、デザイナーはデザインツールを基準するといいでしょう。

実際には、CPUやメモリが50%以下であれば快適に動きますのでそちらを目安にしましょう

 

◇必要なコストは惜しまない事

「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、安いからと言って安易に飛びつくとかえって損をすることがあります。

精密機器は寿命があり、PCは2~4年程度しか持たない計算で作られていますので、中古を購入するのはおすすめいたしません。

また、PCは故障した場合買いなおせば終わりではなく、環境を戻すのに1~3日はかかります、この時間は企業としては大きい損失になりますので、慣れないうちは「新品」で「正規品」を購入しましょう。

「動けばいいや」は機器の寿命を縮めます、投げやりで購入すると支給された側も相応の対応になり、故障につながりやすくなりますので、最初にかけるコストは大切です、PCバッグ一つでも寿命は大きく変わりますので、気を付けましょう。

今は貸し出し(リースといいます)もあり、こちらの場合故障してもサポートが受けやすいため、満員電車等のハードな負荷かかかりやすい営業職の方にはおすすめです。

 

念のためですが、体験をもとにした企業向けとなりますので、個人で中古品を買うのは止めません、かけられるお金や利用頻度の関係で中古の方がいい場合もありますのでこの辺は臨機応変にご対応ください。

 

◇最後に

なぜこんな基本の話をしたのかというと、途中でも触れましたがセキュリティを入れるとPCが重くなります。

必要スペックぎりぎりで購入した結果「セキュリティ」の導入ができなかったというお話がある為、まずそれが可能なものを用意してほしいという意味を込めて基本から説明いたしました。(というより体験いたしました。80台近いPCを一つ一つメモリ増設するという経験談があります)

 

 

本日はここまでで、次回から少し難しくて面倒なお話になります。

それでは失礼いたします。