2022年6月20日

仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!

仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!
仮想通貨のおすすめの銘柄を知りたい!
これから伸びる可能性のある仮想通貨を選ぶポイントも知りたいですよね!

仮想通貨を購入する際に、このような悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、仮想通貨おすすめ銘柄やその銘柄を購入するのにおすすめの仮想通貨取引所について紹介しています。

この記事のまとめ

  • 仮想通貨のおすすめ銘柄は「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」、「リップル(XRP)」などが挙げられる
  • これから伸びる仮想通貨を選ぶ際は「安全性」「取引量」「将来性」などが大切である
  • 購入する銘柄によっておすすめの仮想通貨取引所は異なる
  • 例えば「ビットコイン(BTC)」を購入する場合は「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckは、取引手数料無料でビットコイン(BTC)を取引できる

日本で最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、おすすめの仮想通貨銘柄や銘柄にあった仮想通貨取引所を知れるでしょう。

なお、ほかにもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」も参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄として、以下の7つの銘柄が挙げられます。

それでは、それぞれの銘柄について詳しく見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン

通貨名 ビットコイン
単位 BTC
時価総額 ¥100,677,053,650,760
取り扱い開始 2009年1月3日
発行上限 2,100万枚
おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、GMOコインなど

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

ビットコインは、仮想通貨(暗号資産)でも代表的な通貨の1つです。

ビットコインの魅力として、数ある仮想通貨銘柄の中で知名度や時価総額が最高水準であることが挙げられます。仮想通貨(暗号資産)の中でも代表的な銘柄のため、初めて取引する初心者の方でも安心して購入しやすいでしょう。

またビットコインの別の魅力として、ビットコイン決済の普及が期待できることも挙げられます。

2021年9月執筆時点で、ビックカメラやコジマなど実店舗でビットコイン決済が普及しています。世界的にもコカ・コーラなどの企業が導入を進めており、日常生活で使用できる機会が増えれば価値の上昇も期待できるでしょう。

さらにビットコインには、さまざまな仮想通貨取引所の基軸通貨に採用されているという魅力もあります。

他のアルトコインを購入する際に基軸通貨であるビットコインが必要となるため、一定の需要が見込まれ市場の流動性にもつながります。

ビットコインは初めて仮想通貨を購入する方どの銘柄が良いか迷っている方におすすめの仮想通貨銘柄です。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

通貨名 イーサリアム
単位 ETH
時価総額 ¥45,160,108,734,278
取り扱い開始 2015年7月30日
発行上限 上限なし
おすすめの取引所 GMOコイン、Coincheck、bitFlyerなど

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

イーサリアムは、時価総額が2番目に高い仮想通貨(暗号資産)です(2021年9月執筆時点)。

イーサリアムの魅力として、スマートコントラクト機能が備わった分散型プラットフォームであることが挙げられます。

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクト機能が採用されていることです。スマートコントラクトとは、指定した条件を満たすことで、契約や業務を自動で行ってくれる機能です。

そのため、既存の業務の効率化や不正の防止が可能であると言えるでしょう。

またイーサリアムの魅力として、DeFiとして利用されることも挙げられます。先述の通り、優れたブロックチェーン技術により、金融機関を介さないやり取りが可能なため、効率化の観点から注目を集めています。

さらにイーサリアムには、ICOに利用できるという魅力もあります。ICOとは、新しい仮想通貨を発行することで事業資金を集める方法のことです。

イーサリアム自体もこのICOによって発行された仮想通貨であり、現在はほとんどのICOでイーサリアムが利用されています。

スマートコントラクトは画期的な機能で期待されていますね!
イーサリアムはどのアルトコインを購入するか迷っている方半減期などの価格変動に左右されたくない方におすすめの仮想通貨です。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

イーサリアムを購入できる取引所について詳しく知りたい方は「イーサリアム取引所|購入手数料が安いおすすめ取引所を比較!」を参考にしてください。

リップル(XRP)

リップル

通貨名 リップル
単位 XRP
時価総額 ¥5,582,823,902,354
取り扱い開始 2013年2月2日
発行上限 1,000億枚
おすすめの取引所 bitFlyer、Coincheck、GMOコインなど

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

リップル(XRP)は、Ripple社という明確な管理主体が存在することが特徴の仮想通貨(暗号資産)です。

リップル(XRP)の魅力として、国際送金に適していることが挙げられます。銀行から国際送金を行った場合は着金まで数日かかりますが、リップル(XRP)で国際送金を行うと数秒で着金が完了します。

また送金にかかる手数料についても、銀行間の送金に比べ安価です。そのため頻繁に国際送金を行う方については時間・費用ともにメリットのある通貨であると言えるでしょう。

またリップル(XRP)の魅力として、総発行可能枚数をすべて発行済みであることも挙げられます。

送金システムで使用される都度、消滅していく仕組みを採用しているため、時間の経過とともに希少価値が高まっていくと言えるでしょう。

リップル(XRP)は国際送金としての利用に期待する方におすすめの仮想通貨銘柄です。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

リップルを購入できる取引所について詳しく知りたい方は「リップル(XRP) 取引所おすすめ8選を比較!買い方・購入方法や手数料も紹介」を参考にしてください。

ネム(XEM)

ネム

通貨名 ネム
単位 XEM
時価総額 ¥185,025,942,700
取り扱い開始 2015年3月29日
発行上限 8,999,999,999 枚
おすすめの取引所 DMM Bitcoin、Coincheck など

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

ネムとは、新しい経済の仕組みを確立するという理念のもと作られた仮想通貨(暗号資産)で、New Economy Movementの頭文字をとっています。

ネムの魅力として、トランザクションのスピードが速いことが挙げられます。トランザクションとは、仮想通貨の取引記録のことです。ネムはこのトランザクションが1分ほどで完了すると言われています。

他の仮想通貨銘柄の中にはトランザクションの承認に10分ほどかかるものもあるため、ネムのトランザクションのスピードの速さがわかるでしょう。

またネムの魅力として、独自のアルゴリズム「PoI」が採用されていることも挙げられます。PoIとは「Proof of Importance」の略であり、独自の評価基準で報酬分配が決定される仕組みのことです。

この評価は取引量や保有期間などによって決定されているため、ネムを頻繁に活用するほど評価が高まり報酬を受けられる可能性が高くなります。

ネムを保有しているとメリットがありそうですね!
ネムは独自のアルゴリズムや処理スピードを評価している方におすすめの仮想通貨銘柄です。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

ほかにもネムを購入できる取引所について詳しく知りたい方は「ネム(XEM/NEM)仮想通貨とは?シンボル(XYM)との違いや今後の将来性・買い方を解説!」を参考にしてください。

アイオーエスティ(IOST)

通貨名 アイオーエスティ
単位 IOST
時価総額 ¥137,064,682,389.79
取り扱い開始 2018年1月
発行上限 900億枚
おすすめの取引所 Coincheck

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

アイオーエスティとは、2018年1月に発行を開始した比較的新しい仮想通貨(暗号資産)です。

アイオーエスティ(IOST)の魅力として、コンセンサスアルゴリズム「PoB」が採用されていることが挙げられます。「PoB」とは「Proof of Believability」の略であり、中央管理者のいない独自のアルゴリズムとなっています。

「PoB」はビットコインなどが採用している「PoW」に比べて処理スピードが速いともいわれているため、高速取引を行うことが可能です。

またアイオーエスティ(IOST)の魅力として、定期的にエアドロップが行われていることも挙げられます。エアドロップとは特定の通貨を保有しているユーザーに無料でトークンが配布されるキャンペーンのことです。

銘柄の知名度を上げるために行われるキャンペーンであり、アイオーエスティもこれまで定期的にエアドロップが行われています。

過去エアドロップが実施された際は価格が急騰していることや、エアドロップにより知名度が向上することから今後もエアドロップの開催に期待が持たれています。

日本では2020年9月にCoincheckでアイオーエスティ(IOST)の取扱が開始されました(※キャンペーンには参加しておらず、エアドロップは受け取れないことは注意が必要です)。

アイオーエスティ(IOST)を購入できるおすすめの仮想通貨取引所はCoincheckです。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

ほかにもIOSTを購入できる取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨IOSTとは?今後の将来価格や取引所・買い方、チャートを解説!」を参考にしてください。

ライトコイン(LTC)

通貨名 ライトコイン
単位 LTC
時価総額 ¥11,975,514,209.93
取り扱い開始 2011年10月7日
発行上限 8,400万枚
おすすめの取引所 Coincheck

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

ライトコインは、元Googleのエンジニアがビットコインを参考に作成した仮想通貨(暗号資産)です。

ライトコインの魅力として、トランザクションのスピードが速いことが挙げられます。トランザクションとは仮想通貨の取引記録のことです。

他の仮想通貨銘柄の中にはトランザクションの承認に10分ほどの時間を要するものもあり、決済通貨としての利便性を問題視されてきました。

一方ライトコインのトランザクションの承認は2分半ほどで完了するとされているため、膨大な決済データにも対応できるとされています。

そのため今後ライトコインが決済通貨として利用が広がることが期待できるでしょう。

またライトコインの魅力として、セキュリティ性の高い公式のウォレットが利用できることも挙げられます。仮想通貨の保管方法には仮想通貨取引所に預ける方法のほかに、個人のウォレットで保管する方法があります。

ライトコインでは「Litecoin Core」という公式ウォレットが提供されており、このウォレットはオフラインで仮想通貨を保管するため、ハッキングなどの被害に遭いにくいことが特徴です。

そのためユーザーはセキュリティの高い場所に仮想通貨を保管することが可能となります。

セキュリティが高いウォレットを利用できるんですね!
ライトコイン(LTC)を購入できるおすすめの仮想通貨取引所はCoincheckです。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

ビットコインキャッシュ(BCH)

通貨名 ビットコインキャッシュ
単位 BCH
時価総額 ¥1,291,360,166,178.70
取り扱い開始 2017年8月1日
発行上限 2,100万枚
おすすめの取引所 Coincheck

※時価総額は、2021年9月執筆時点のものになります。

ビットコインキャッシュは、スケーラビリティの観点からビットコインよりも優位性のある仮想通貨(暗号資産)です。

ビットコインキャッシュの魅力として、ブロックサイズが大きいことも挙げられます。

トランザクションの容量が32MBとビットコインの32倍のため、取引データの承認が比較的早いことが特徴です。そのため、ビットコインで問題視されているスケーラビリティ問題を解決できる通貨として注目と言えるでしょう。

ビットコインキャッシュの魅力として、認知度が高いことも挙げられます。ビットコインのハードフォークにより誕生後、アメリカの大手取引所への上場やビットコインキャッシュでの決済利用など注目度が高いアルトコインの1つとされています。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入できるおすすめの仮想通貨取引所はCoincheckです。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

ほかにもビットコインキャッシュを購入できる取引所について詳しく知りたい方は「ビットコインキャッシュ(BCH)は今後上がらない?将来性や価格、取引所・買い方を紹介|ハードフォークによる展望も解説」を参考にしてください。

【人気銘柄別】注目の取引所

Coincheck|ビットコイン(BTC)を購入するなら

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.001BTC
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.005BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
レバレッジ倍率 -

Coincheckの魅力!

  • 取引手数料が無料である
  • ビットコインを取引所形式で取引できる
  • 初心者でもアプリが使いやすい

日本で最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。Coincheckはビットコインを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、取引手数料が無料であることが挙げられます。ビットコインを売買する都度発生する手数料が無料なため、取引コストを抑えて購入できるでしょう。

またCoincheckは、初心者でもわかりやすく使いやすいアプリも魅力です。Coincheckは専用のスマホアプリが提供されており、その使いやすさには定評があります。

そのため仮想通貨取引の初心者の方でも、取引の手続きに悩むことなく利用できるでしょう。

Coincheckは手数料を抑えながら、ビットコイン取引をお得に行いたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

GMOコイン|イーサリアム(ETH)を購入するなら

GMOコイン
取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※ETHを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・ETH:無料
最低取引額 ・取引所:0.01ETH
・販売所:0.01ETH
レバレッジ倍率 2倍

GMOコインの魅力!

  • イーサリアムを取引所形式で取引できる
  • イーサリアムをレバレッジ取引できる
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のためセキュリティ面で安心である

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所です。GMOコインはイーサリアムを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所です。

GMOコインの魅力として、イーサリアムを取引所形式で取引できることが挙げられます。取引所形式とはユーザー同士が直接仮想通貨の売買を行う取引の方法を指します。

販売所形式での取引に比べ手数料を大幅に抑えられるため、コストを抑えながら仮想通貨取引を行えるでしょう。

またGMOコインの魅力として、イーサリアムでレバレッジ取引ができることも挙げられます。レバレッジ取引とは預入している証拠金を担保に、証拠金の数倍の金額で取引を行う手法のことです。

そのため少ない元手資金で大きな利益が出せる可能性があります。ただしその分リスクも大きくなるため取引には十分注意が必要です。

レバレッジ取引はハイリスクハイリターンということですね!
GMOコインは手数料を抑えてイーサリアムを取引したい方レバレッジ取引を行いたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインについて詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は??おすすめの特徴や口コミ、デメリット・メリットを解説」や「GMOコインの口座開設・登録方法|本人確認書類や日数・時間も解説!」を参考にしてください。

bitFlyer|リップル(XRP)を購入するなら

bitflyer
取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: XRP)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.1XRP
・販売所:0.000001XRP
レバレッジ倍率 2倍

bitFlyerの魅力!

  • リップル(XRP)を取引所形式で取引できる
  • 仮想通貨の取引量が多く流動性が高い
  • 主要メガバンクが出資しているため安心感がある

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFkyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。bitFlyerはリップル(XRP)を購入するのにおすすめの仮想通貨取引所です。

bitFlyerの魅力として、リップル(XRP)を取引所形式で取引できることが挙げられます。取引所形式とはユーザー同士が直接仮想通貨の売買を行う取引の方法のことです。

販売所形式での取引に比べ手数料を大幅に抑えられるため、コストを抑えながら仮想通貨取引を行えるでしょう。

bit Flyerの魅力として、仮想通貨の取引量が多く流動性が高いことも挙げられます。仮想通貨取引所の市場に参加者が多くなることによって取引量が増え、通貨の流動性も高まります。

bitFlyerは手数料を抑えてリップル(XRP)の取引をしたい方や、流動性がある取引所で取引したい方におすすめの仮想通貨取引所です。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?口コミやメリット、評価、デメリットなどを解説!」や「ビットフライヤーの口座開設方法|新規登録・申し込みの手順や手続きに必要な本人確認書類も解説」を参考にしてください。

DMM Bitcoin|ネム(XEM)を購入するなら

DMM Bitcoin
取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 19種類
取引手数料
※XEMを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・XEM:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:10XEM
レバレッジ倍率 2倍

DMM Bitcoinの魅力!

  • ネムをレバレッジ取引できる
  • 365日サポート対応があり初心者も安心感がある

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。DMM Bitcoinはネムを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinの魅力として、ネムでレバレッジ取引ができることが挙げられます。レバレッジ取引とは預入している証拠金を担保に、証拠金の数倍の金額で取引を行う手法のことです。

そのため少ない元手資金で大きな利益が出せる可能性があります。ただしその分リスクも大きくなるため取引には十分注意が必要です。

またDMM Bitcoinの魅力として、365日サポート対応があることも挙げられます。そのため仮想通貨取引の初心者の方でも安心して利用できるでしょう。

ネムをレバレッジ取引できる取引所は日本で少ないんですね!
DMM Bitcoinはネムでレバレッジ取引を行いたい方におすすめの仮想通貨取引所です。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの評判について詳しく知りたい方は「DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判は?安全性やメリット・デメリットを解説」を参考にしてください。

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイント

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイントとして、以下の4つが挙げられます。

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイント

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

信頼性・安全性はあるか

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイントとして、信頼性・安全性があるかが挙げられます。

信頼性や安全性の低い仮想通貨銘柄であると、詐欺などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

仮想通貨銘柄の信頼性・安全性を確かめるには、金融庁のホワイトリストを確認してみましょう。

ホワイトリストとは、金融庁の登録を受けた仮想通貨取引所で取り扱われている仮想通貨銘柄の一覧のことを言います。

ホワイトリストに掲載されているからといって信頼性や安全性が確実に保証されているわけではありませんが、一定のプロセスを経て金融庁の認可を受けている仮想通貨銘柄になります。

そのため、一定の安全性は担保されていると言って良いでしょう。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

ホワイトリストは金融庁のHPで確認することが可能です。

取引量は十分にあるか

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイントとして、仮想通貨銘柄の取引量が十分にあるかが挙げられます。

仮想通貨の取引において取引量の多さは重要なポイントとなっています。なぜなら仮想通貨取引所の市場に流動性がなければ、自身が希望する取引価格で取引が成立しにくくなるためです。

そのため、仮想通貨を選ぶ際は、取引量が多い仮想通貨取引所を選ぶと良いでしょう。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

取引量が多いと取引が成立しやすいんですね!
CoincheckやbitFlyerは、取引量も多くおすすめの取引所です。

購入時の価格は割安か

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイントとして、購入時の価格は割安かが挙げられます。

仮想通貨で利益をあげるには、安く買って高く売ることが必要となります。そのため仮想通貨を購入する際は価格の変動を見極め、いかに安い価格で購入できるかが重要です。

これまでの価格の変動推移を振り返り、購入する際の価格が割高の水準となっていないか確認をしてから購入するようにしましょう

仮想通貨の価格は著名人の発言により一時的に高騰することもあります。そのようなタイミングで購入してしまうと、その後価格が下落した際になかなか利益が出せない状況が続く可能性もあります。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

また購入する際は一括での購入ではなく、回数を分けて購入することによって分散投資が可能です。

今後伸びる可能性・分野はあるか

これから伸びる可能性のある仮想通貨(暗号資産)銘柄を選ぶポイントとして、今後伸びる可能性・分野があるかが挙げられます。

仮想通貨銘柄にはそれぞれ特徴のある技術が備わっており、今後の成長期待はさまざまです。そのため、その機能が将来どのように評価されていくかで通貨の価格が上下すると言えます。

仮想通貨の銘柄を選ぶ際は、まずその銘柄の特徴を知ったうえで今後が期待できるか判断しましょう。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

仮想通貨の銘柄によって特徴があるんですね!
ニュースなどで銘柄に関する情報を幅広く収集することで、今後どのような将来性がある銘柄であるか検討する必要があります。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)銘柄に関するよくある質問

ビットコインの次に来る可能性のある仮想通貨(暗号資産)は?

ビットコインの次に人気を集める可能性のある仮想通貨(暗号資産)として、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など比較的主要なアルトコインが挙げられます。

これらのアルトコインはビットコインよりも価格変動が激しい通貨が多いため、相場環境によっては大きな利益を得られる可能性があります。

価格変動が大きい銘柄はその分リスクも大きくなりますが、複数の仮想通貨銘柄に分散投資をすることによって価格の暴落に対するリスクを軽減することが可能です。

取引したい銘柄別に便利な取引所がわかる!

NFTに関連する今後有望なおすすめの仮想通貨(暗号資産)は?

NFTとは、非代替性トークンと呼ばれるもので、他のもので代替不可能なトークンのことを言います。

NFTはブロックチェーン技術を活用することにより、データの改ざんが極めて難しいです。そのため、アート分野やゲーム、音楽などのデジタルデータにも活用されることが期待されています。

NFTに関連する今後有望なおすすめの仮想通貨(暗号資産)として、エンジンコインが挙げられます。

エンジンコインはNFTに関連する仮想通貨銘柄の中で最も時価総額が大きい銘柄です。またエンジンコインは国内の仮想通貨取引所でも取り扱いがあるため、誰でも購入することが可能です。

エンジンコインはCoincheckで購入することが可能となっています。

500円の少額からエンジンコイン(ENJ)を取引できる!

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表
㈱メディエス代表取締役
TAC専任講師

■プロフィール・経歴
・兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ
立教大学卒業後、池田泉州銀行日本GEタマホームなどを経て現職
・タマホームFPとして600件超のFP相談実績
・サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています
・得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください

■所有資格
日本FP協会会員(CFP)宅地建物取引士貸金業務取扱主任者
住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。