news

本社を別フロアへ移転して拡張 “共創空間” で 他部署間のコミュニケーションを活発に

本社を別フロアへ移転して拡張 “共創空間” で 他部署間のコミュニケーションを活発に

PDF版はこちら

 

株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表:飛鳥貴雄)は、事業拡大に伴う従業員増加のため、2019年5月13日に本社を現在と同ビルの別フロアに移転いたしました。

 

 

 

 

当社は化粧品や健康食品などのビューティ&ヘルス領域、及び食品領域に特化したマーケティングコミットカンパニーです。自社開発・運営する「RESULT プラットフォーム」を主体に、マーケティングオートメーション(MA)システム・行動履歴、購買履歴、顧客属性などのデーターマネージメントプラットフォーム(DMP)、成果報酬型アフィリエイトシステムなどを保有しています。述べ 600社以上のダイレクトマーケティング支援のノウハウを強みとして、企業に対し、独自のテクノロジーと運用コンサルタントが【集客~販促~顧客育成】までの一貫したサービスの提案を行っています。

 

当社はECにおける変革を起こすトップリーダー企業を目指しています。テクノロジーやコミュニケーション環境の変化が著しい昨今、新アイデアを生み続け、顧客へ時代にマッチした新たな提案を行うことは必須です。また、当社が経営理念として掲げる「全てのWinの世界を創るWin-Winの5つの約束」の中には、部署間をまたいで事業目標を達成するということがあります。

今回のオフィス移転では、まさにこれらを実現しやすい環境づくりを行いました。

 

 

■部署間を超えたコミュニケーション生まれる共創空間

新本社では、イノベーションが生まれやすい環境を整えています。コミュニケーションを活発にして、イノベーションが生まれる空間づくりとして、執務室の中央に、組織の壁を越えて社員が集まれる共創空間を設けます。

新しいビジネスのアイデアは、日常の環境や決められた会議などだけでは生まれません。今までのオフィスもフリースペースは設けていましたが、社員のデスクとは違う場所にありました。あえて執務室の中央に設置することで、仕事中に気分転換をかねて使用する、また、他部署の人がいることも見えるため、部署間を超えたコミュニケーションが生まれやすくなります。

また、オフィスデザインはブルックリンスタイルの要素を少し取り入れ、無垢の木とアンティーク調のレンガを組み合わせた落ち着いた雰囲気に、観葉植物などのグリーンを多く設置しています。さらに、窓に向かって座れるソファスペースをつくり、自分の席とは別に自由に使用できるようにして、時には気分を変えて仕事に取り組めるようにいたします。デジタルマーケティングという仕事柄、集中してPCに向かうことが多い中、できる限り働く環境のストレスを減らせる工夫をしています。

 

働き方改革が叫ばれる今、今回のオフィス移転を機に、社員がより仕事をしやすい環境を整えることで、今後も顧客やパートナーの利益に貢献してまいります。

 

 

     

 

 

 

■代表取締役  飛鳥貴雄のコメント

 

イノベーションを起こせる会社にするためには、いつも話さない部署同士が狭い空間で話す環境を整えることが必要だと考え、最近では月に数回社内でカフェを運営して、他部署との交流の場を設けたりしていました。昨年より通っているビジネススクールの授業でも、昔はどの企業にもあった“タバコ部屋”は、他部署の者が集まり、イノベーションが生まれる空間だったという話を聞きました。ピアラでは非喫煙者に対して年間最大6日の有給を与える「スモ休」という制度を取り入れているため、もちろん“タバコ部屋”はありません。そこで今回の移転では、さらに踏み込んだ「知と知の結合」を目的としたオフィスづくりを行いました。2カ所に分かれた執務室の真ん中に設置した共創空間にみんなが集まり、知と知をぶつけたり、時には休憩して仕事環境を変えるためにリラックスしたり、そんな中でいつも話さない人とのコミュニケーションでイノベーションが生まれればいいと考えています。

異なった物が新たに結合する場所を提供することで、イノベーションを起こす仕掛けとスピード感につながることを期待しています。

 

 

【新オフィス概要】

株式会社ピアラのオフィスは、恵比寿ガーデンプレイス内にあります。39階建てのオフィスタワーは、恵比寿地域で最大規模です。強固な地盤と高い耐震性は、関東大震災クラス以上の揺れも耐えうる設計といわれ、非常用発電機も導入されているため、顧客へ安定したサービス提供が可能な環境です。

移転後のオフィス床面積は1308㎡で、最大220名の従業員の収容が可能です。コミュニケーションを活発に、イノベーションが生まれる環境づくりに重視した空間づくりを行っています。

 

【所在地】

住所   東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー 13階

電話番号 03-6362-6831(代表)

 

【新オフィス特徴】

◆オフィス中央に、他部署が交流できる共創空間を設置

◆ブルックリンスタイルのデザインを取り入れた空間

◆気分を変えて仕事に取り組めるよう、フリーアドレスのデスクを一部設置

◆ペーパーレス化(個人情報管理の用紙を廃止)のために、受付システムを設置

◆40名収容のセミナールームには、ケータリングカウンターやカフェコーナーを用意

 

 

 

株式会社ピアラ会社概要】

商号    : 株式会社ピアラ

代表者   : 代表取締役 飛鳥 貴雄

所在地   : 〒150-6013 東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー13階

設立    : 2004 年 3 月

事業内容  : 1.EC マーケティング事業 2.広告マーケティング事業

資本金   : 844百万円(2019年3月末)

証券コード : 東京証券取引所マザーズ市場7044

関連会社  : 比智(杭州)商貿有限公司、 PIATEC(Thailand) Co., Ltd.、 株式会社 PIALab.

URL    : https://www.piala.co.jp/

 

【経営理念】

全てがWINの世界を創る

Win-Winの5つの約束

1.クライアントのために、お互いの利益増幅を最適化

本当に将来を見た提案、課題解決を

2.サービスとエンドユーザーのWinな関係

間接、直接でも、エンドユーザーの立場を理解することがサービス・利益向上へ

3.組織の中のWinな関係

部署間をまたいで事業目標を達成するパートナーシップ

4.会社と社員が相互Happyな関係

会社の社員に対するコミット、社員が統一した目標を達成する各自のコミット

5.自己と周りの相互Win関係

家族と友人とすべてのつながりにWinな関係構築ができる自己成長

 

 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ】
株式会社ピアラ 経営企画室 広報担当:金澤
電話:03-6362-6832 メールアドレス:press@piala.co.jp FAX:03-5793-8888

 

【株主・投資家情報に関するお問い合わせ】
株式会社ピアラ 経営企画室 IR担当:松嶋
電話:03-6362-6832 メールアドレス:prir@piala.co.jp FAX:03-5793-8888