news

テクノロジー企業成長率ランキング 「2019年 日本テクノロジー Fast 50」で46位を受賞 -成長率80.36%の収益(売上高)成長を記録 -

テクノロジー企業成長率ランキング 「2019年 日本テクノロジー Fast 50」で46位を受賞 -成長率80.36%の収益(売上高)成長を記録 -

PDF版はこちら

 

⠀株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表:飛鳥貴雄)は、デロイト トーマツ グループが発表したテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下、TMT)業界の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50」において、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率80.36%を記録し、50位中46位を受賞いたしました(http://www.deloitte.com/jp/fast50/2019)。

 

 

⠀日本テクノロジー Fast 50は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが世界約40カ国および北米・欧州・アジア太平洋地域の3地域ごとに実施しているランキングプログラムの日本版です。TMT業界での成長性や成功のベンチマークであり、今回で17回目の開催です。上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、過去3決算期の収益(売上高)成長率の上位50社がランキングされます。

プログラムの詳細は、http://www.deloitte.com/jp/fast50をご覧ください。

 

【ピアラについて】

⠀当社は、ビューティ&ヘルス及び食品領域に特化したマーケティングコミットカンパニーです。テクノロジーとコンサルティングでKPI保証を実現し、クライアントのマーケティング課題解決を支援しています。当社データベースに蓄積する独自悩み別データ量の増加×AIの最適化及び多数のヒット商品の創出により、収益(売上高)成長率80.36%を達成いたしました。今後は、「データ&AIの活用によるKPI保証・ストック型ソリューション強化」、「越境ECを主軸にグローバル化推進」、「独自データ&マーケティングテックで新規事業創出」の3本を軸に、顧客満足度の最大化を目指して成長を続けてまいります。

 

⠀この受賞について当社代表の飛鳥は、下記の通り述べています。

 

⠀この度は日本テクノロジー Fast50を受賞できたことを大変嬉しく思います。これは、ひとえに当社の活動に協力いただいている関係者のご支援の賜と深く感謝申し上げます。今後もすべての顧客と関連する企業にECトランスフォーメーションを推進し、「ショッピングに最適な出会いを、最高の体験を、最強の利便性を創造し、顧客満足を最大化する」というミッションのもと、ビューティ&ヘルス及び食品領域の通販マーケティング支援企業No.1とグローバル化の加速を目指し、マーケティング業界をKPI保証で変革していきます。

 

【会社概要】 

設 立  : 2004年3月

代 表  : 飛鳥貴雄

資本金  : 845百万円(2019年6月末)

本社所在地: 東京都渋谷区

業務分野 : ビューティ&ヘルス及び食品領域におけるマーケティング支援

 

【テクノロジー Fast 50プログラムについて】

Fast 50は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのランキングプログラムの日本版であり、TMT業界の企業を過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率で順位付けします。指標を収益成長率としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。上場・未上場企業に関わらず、応募が可能です。なお、Fast 50の応募企業は、自動的に、アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500の候補企業となります。対象となる事業領域は、ハードウェア、ソフトウェア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテックです。

 

*本プログラムで開示されている情報について

Fast 50は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、デロイト トーマツ グループやデロイト トウシュ トーマツ リミテッドは、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したりまたは内容を保証したりするものではありません。なお、Fast 50およびFast 500プログラムの詳細については、http://www.deloitte.com/jp/fast50よりご覧頂けます。

 

【本件に関する報道関係者からのお問合せ】
株式会社ピアラ 経営企画室 広報担当:金澤
電話:03-6362-6832 メールアドレス:press@piala.co.jp FAX:03-5793-8888