btn-scroll
Smart Maketing for Your Life
Smart Maketing for Your Life WATCH VIDEO
btn-scroll

NEWS

Googleアナリティクスにデータ削除機能が追加されたようです。
THINKING

Googleアナリティクスにデータ削除機能が追加されたようです。

お疲れ様です、システム知恵袋の細谷です。   ブログ対応を始めてからニュースを見るようになったのですが、「あ、これうちの事かな」や「うちにも影響ありそうだな」という記事を見かける事があります。 今回もその一環で、分析に関わる部分に大きな変更があったので、またも予定を変更して紹介します。   とは言え、要約なので間違ってたらごめんなさい。 一部は既に設定可能ですが実際に反映されるのは5月25日からとの事で、まだ慌てる必要はありません。     ●ユーザーデータの削除機能の追加 Googleアナリティクスではサイトにアクセスしてきた人に対して、追加でパラメータをつけることができるのですが、 それに基づき、対象者に関連するデータを削除する機能が追加されるようです。   用途としてはECサイトで「いたずら購入」を行った人のデータを削除する、、ですかね。 今まではレポートの中から、人が目でみて対応していたのが、システムで切り分けできるようになるようです。 分析をする人にとっては重要な機能ですね、ただし間違えてしまうとどうなるかは現状不明です。 (一部表現から推測するに、追加パラメータ分のみを削除するだけのようですが、復旧は出来なさそうなので、慣れるまでは事前にデータを落としておいた方が無難ですね。)     ●ユーザーデータの保持期限の追加 先ほどと同じくユーザーに追加で付与したパラメータ分をいつまで残しておくかという機能が追加されるようです。 今までは個人情報に当たるデータが残りっぱなしになっていたのが、時間で自動で消えるようになる。という機能のようです。 ※アナリティクスにアクセス後、設定>プロパティのトラッキング情報>データ保持から該当の設定にアクセスできます。   個人情報と言いましたが、基本はアナリティクスだけで特定は出来ません、ECサイトの購買データなどと合わせることで特定できるといった形なので。ECサイトから退会した時点で特定はできなくなりますので「保護」という観点では気にするほどではありません。 特定できないなら残しておけばいいじゃないかという見方もあるかもしれませんが、過去に特定に使っていたデータが残っているのはどうしても気になってしまう部分なので、削除できるようになって一安心です。   保持期間の単位は年単位で「1年」「2年」「3年」「4年」「無期限」となっているようです。※正確には左記の期間に+2ヶ月になるので14か月、26か月、、、となっています。 初期は2年になっているので、プライバシーポリシーに合わせて調整を行いましょう。   またこちらも、ECサイトなどと紐つけるためのデータのみを削除するので「●日に何人アクセスした」といった情報は残るようです。 なのでレポートなどには影響しないようですので、「3年前の個人を特定しないといけない」というような特殊な状況がなければ気にする必要はありません。 前述の通り残っている方が問題なので、ここはきちんとご自身のプライバシーポリシーに合わせましょう。     以上となります。 この記事は新機能が分析の面で影響が大きそうでしたので紹介の目的で作っています、なのでこの記事は参考程度にとどめ、 機能の詳細はGoogleアナリティクスの通知をご確認ください。色々と説明を省いている部分もありますので、ご自身で一度詳細を確認することをお勧めいたします。   新卒も落ち着いてきたのでそろそろ記事を戻したいですが、話題のニュースも多いんですよね、悩みどころです。 それでは失礼いたします。

More
プログラムは魔法の言葉ではない
THINKING

プログラムは魔法の言葉ではない

こんばんは、システムの知恵袋の細谷です。   新卒研修会でいろいろとこちらの準備の時間が取れず申し訳ありません、 今回もちょっと認識合わせをしていきたいと思います。       プログラムは難しくないよと前回お話いたしましたが。 そうです、プログラム自体は難しくありません、自体は、、、   何が大変なのかって、プログラムにできないことはないといえるぐらいできる事は多いんですが、、 凄く細かいんです。、、   例えば、「歩くロボットを作る」とするとします。 歩くのであれば、 ・右足を前に出す。 ・左方の足を前に出す ・右足を前に出す これだけでいいような気がしますが、プログラムの世界ではそうはいきません。   ・右膝をXまで持ち上げる。 ・足先をY先に放り出す ・足が地面についたら、崩れたバランスを戻す ・重心を前にもっていき、左足の負担を0にする ・上記をワンセットとし、次は左で同じ事を行う ・上記を指定の回数繰り返す。 とここまで命令しなければいけません。 更に言うとこれだけだと上半身が動いていないので、それらもプログラムに組み込む必要があります。   面倒だなぁと思うでしょうが、これ「私たちもやっていること」なんです。 歩く際には足を動かすだけではなく「手を振った勢いを使って前に加速する」などでサポートしていますし。(これは左右に身体が流れるのを防ぐ意味もあります。) 足の力で体を前に出しているのではなく「意図的に前に倒れるようにして、足を交互に使って倒れる防いでいる」だけだったりします。   実際に上半身を固定して足の力だけで歩こうとしてみると、すごく力が要りますし、すごく大変です。 アスリートの人がフォームを教えてもらっているシーンがありますが、これと全く同じでプログラムの時は私たちがトレーナーに当たるわけですね。   つまり、プログラムは「当たり前のことを当たり前に書けばいい」という事です。 以前に文字に直すと意味が分かりますよと言ったのですが、 これはその続きで、プログラムも現実も法則はおおよそは同じです。 ただし、普段意識しない部分も意識する必要があるので、それが「難しい」と感じてしまう部分ですね。   逆に言えば突飛な事はフローの中に書いてないわけです、 先ほどの例で行くと、いきなり「空を飛ぶ」みたいな命令は入ってきません。(その場合はプロペラを回す、などの命令が必ず前に居ます。) 順番に一つ一つ追っていくことで、それが何をしているのかが分かるようになっています。   これが読めるようになってくると、他の人がなぜこのようなプログラムを書いたのかが分かります。 すると、なら私はこうしようとか、多分目的のプログラムはここにある、というのが自然と出てくるようになります。 これが「プログラムで会話する」という事ですね。   「プログラムで会話する」のは日常会話をプログラム言語にするとかではありませんよ。 「エコー カッコ おひるどうする カッコトジ セミコロン」とか会話しても面倒なだけですw (エイプリルフールネタだとは思いますが、昔に教えてもらって笑った覚えがあります。)   以上です。 なんだか適当に書いているような気がしていますが、そんなことはないと信じたい(需要があるかは別) […]

More
4月2日に平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました!
News

4月2日に平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました!

4月2日、平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました。 今年も新たに14名の新入社員が入社いたしました。   入社式では、代表取締役飛鳥貴雄と常務取締役根来伸吉より祝辞が贈られ 新入社員からは、これからの抱負についてお話いただきました。   時代に即したマーケティングの仕組みを市場へ提供し続けていくためにも、 新しいエネルギーに満ち溢れた仲間とともに、さらにパワーアップしていきますので 引き続きよろしくお願いいたします。

More
パスワードの定期更新は「非推奨」となったようです。
THINKING

パスワードの定期更新は「非推奨」となったようです。

こんばんは、システムの知恵袋の細谷です。   皆様は花粉症は大丈夫でしょうか? 私は仕事ができないほどではありませんが、かゆみと鼻水に悩まされています。   さて、ニュースにもなっていましたが「パスワードを定期的に更新する必要はない」というのが上がっていました。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6276906   最初に念を押しておくと、「パスワードを変える意味がない」というわけではありません、 パスワードの変更は以前に紹介している「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)」への対策となります。 この記事の焦点は「定期的」であり、その意図としては「攻撃を受けていないのに対策をとっても時間の無駄」という事です。   もし攻撃を受けているなどのお知らせが利用しているサービスから届きましたら、その時はパスワードをきちんと変更しましょう。 またサービスを提供している企業は、「パスワードの期限切れ」の機能が付いている場合はOFFにし、攻撃を受けていないかどうかなどのチェック体制の方を強化し。攻撃が発覚したら速やかにサービス利用者にお伝えできるようにフローを整えておきましょう。     3月最後のブログになりますが、社内社外含め4月はイベントがいっぱいありますね。 新入社員は何人来られるのでしょうか? 今年のエイプリルフールはどんなものが出てくるでしょうか? お花見はいかれましたか? (私は調布市の野川で行われる夜桜を見に行こうと思っています。映画などの機材が使われているのですごくきれいですよ。) 年号変更の対応は準備は進んでいるでしょうか?   色々と盛り沢山ですね、どんな月になるでしょうか。 それでは失礼いたします。 (※余談ですが、採用サイトがリニューアルしました、かなり気合を入れて作っていますのでお時間があれば一度ご閲覧ください。 https://recruit.piala.co.jp/ )

More
採用サイトリニューアルオープンのお知らせ
News

採用サイトリニューアルオープンのお知らせ

採用サイトがリニューアルオープンいたしました。   http://recruit.piala.co.jp/ 今年も2019年新卒採用説明会を行います! 4月以降も開催予定ですので、ご興味のある方はぜひ上記サイトよりご応募ください。 エントリーお待ちしております!

More
通販事業者様必見!離れた休眠顧客と“寄りを戻す” メール&電話アンケートによる成果報酬型プラン “Yorimodos -ヨリモドス-”をリリース!
Press Release

通販事業者様必見!離れた休眠顧客と“寄りを戻す” メール&電話アンケートによる成果報酬型プラン “Yorimodos -ヨリモドス-”をリリース!

PDFはこちら   AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 ピアラ)は、自社の保有する統合マーケティングオートメーションツール「RESULTMASTER」を介して、休眠顧客*1を分析し、メール及び電話でのアンケートにて、アクティブユーザーに戻す成果報酬型プラン「Yorimodosu –ヨリモドス–」の提供を2月5日より開始します。これにより、通販事業などで会員リストを保有する企業様は、休眠顧客のアクティブユーザーへの引き戻しが可能となり、顧客資産のさらなる活性化を図ることで、LTV*2の向上が期待できます。     ※休眠顧客:一定期間購入等のアクションを起こしていないユーザー。 ※LTV(ライフタイムバリュー):1生涯にユーザーが利用した価値=金額。     ■導入の背景   通販事業において売り上げ向上ためには、新規顧客を増やすか、既存顧客を活性化させることしかありません。 インターネットの発達により、ユーザーが情報を多量かつ自由に取得することができるようになり、かつEコマースを含めた通販業界全体が拡大する中では競争が激化し、新規のお客様1名を獲得するコストは年々増加傾向にあります。通販事業者様においては、新規顧客獲得効率の悪化から、既存会員へのCRM*強化という方針を強化されるケースも増えて参りました。 CRMの中でも「一定期間購入していない」休眠したお客様へは、施策の手が回っていないという企業様が多く、大きな共通課題であると感じ、今回のサービス導入に至りました。   *CRM(Customer Relationship Management):顧客満足度と顧客ロイヤルティの 向上を通して、売上の拡大と収益性の向上を目指す経営戦略/手法。     ■「Yorimodos –ヨリモドス–」の特長   メールや電話のアンケートで休眠しているお客様の声を聞き、今後の休眠化を防ぐためのサービス改善を提案するとともに、お客様へ商品特性を再度アピールする機会とし、再注文を獲得する成果報酬型のプランです。       休眠顧客の状況やインサイトを把握し、クリエイティブ等のパーソナライズを図ることで、最適化された接客が可能となります。アンケート後のアクション次第で、CVR(獲得効率)が一気に上がる傾向があります。   アンケートによって得られたデータは休眠・離脱防止策だけでなく、多角的に分析することで、新規獲得や拡売・顧客育成の領域においても活用することができます。データ集計後のコンサルティングにおいては、休眠顧客の引き戻しにとどまらず、貴社のマーケティング活動を広範に捉え、各施策における最適化をご提案致します。   【㈱ピアラについて】   ピアラは自社開発のRESULTプラットフォームを主体に、ECトランスフォーメーションを掲げ、   ・マーケティングオートメーションシステム ・行動履歴、購買履歴、顧客属性等のデータマネージメントプラットフォーム(DMP) ・成果報酬型アフィリエイトシステム ・チャットボットコマース【Gibbons】   などを有し、述べ 650社以上のダイレクトマーケティング支援のノウハウを強みとしています。クライアント様に対し、運用コンサルタント×独自テクノロジーを用いて、マーケティング契約のイノベーションとしてKPI保証型サービスを展開。集客~販促~顧客育成までの一貫した提案に積極的に取り組んでおります。     【株式会社ピアラ 会社概要】 商号    : 株式会社ピアラ 代表者  […]

More
Evolable Asia Co., Ltd.での IT開発事業のラボ運営開始
Press Release

Evolable Asia Co., Ltd.での IT開発事業のラボ運営開始

PDF版はこちら   AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する『株式会社ピアラ (本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 当社)』は、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、ITオフショア開発事業などを手掛ける『株式会社エボラブルアジア (本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191)』のベトナム法人『Evolable Asia Co., Ltd.(本社:ベトナム ホーチミン、代表取締役社長:薛 悠司)』より、ITオフショア開発ソリューションの提供を受け、現地でのラボ運営を開始しました。       ■ラボ運営の概要・開発内容   Evolable Asia Co., Ltd.社内に専用のラボを設けることによりデジタルマーケティング制作における、体制の強化・サポートを行っていきます。 今後マーケティングオートメーションへの取り組みが拡大し、One to Oneマーケティングが進行するほど、必要なクリエイティブや開発作業が増えるのは必至です。弊社ではオフショアに新たな拠点を作ることで十分なリソースを確保し、通販企業様に向けたより積極的なサービス提供を行っていきます。 2017年4月に公表いたしました通り、エボラブルアジア社とは戦略的資本業務提携を行っておりますが、この度のITオフショア開発ソリューションの取り組みは、その提携の一環となります。     【Evolable Asia Co., Ltd.】 本社   :4F Saigon Finance Center, 9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, HCMC 社名   :Evolable Asia Co., Ltd. 代表者 :代表取締役社長 薛 悠司 資本金 […]

More
EC サイト不要! LINE または Facebook 上で ネット通販をスタートできる!! 「チャットコマース」で、誰でも手軽に始められる次世代 EC “Gibbons (ギボンズ)” 新登場!!
Press Release

EC サイト不要! LINE または Facebook 上で ネット通販をスタートできる!! 「チャットコマース」で、誰でも手軽に始められる次世代 EC “Gibbons (ギボンズ)” 新登場!!

PDF版はこちら     AI を活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラ(本 社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 ピアラ)は、hachidori 株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役:伴 貴史、以下 ハチドリ) のチャットボット※と連 携し、協業サービスとして、世界最大規模の SNS(メッセンジャーツール)上で、簡単に E コマースを始めることができるチャットコマースシステム「Gibbons」の提供を、11 月 8 日より開始致します。 「Gibbons」の導入により、EC サイトの構築や運用にリソースを割きたくない企業様も簡 単にネット通販をスタートでき、ユーザーも WEB サイトを訪問することなく、チャットトークの会 話の中でスムーズに購入することが可能になります。また SNS でファンを獲得している企業 様やインフルエンサーは、そのコミュニケーションの中で、ショートカットで購買に結び付けること ができます。               ※チャットボットとは─ 「チャット」と「ボット(ロボット)」の組み合わせが語源。利用者とメッセンジャーアプリ などを通じて、会話や画像などの情報のやり取りを自動で行うシステムです。 ■導入の背景 ECにおける購買プロセスとして、SNSを見てから購入へ至るユーザーが増加。それ に伴い、下記のような課題が多く聞かれるようになり、その解決方法として今回のリリ ースに至りました。 よく聞かれる課題とそれに対応した「Gibbons」の機能は以下の通りです。 【課題 A】 WEB サイト更新など管理が複雑で、自社で対応できない。 ⇒トーク画面でチャットする感覚で管理できる。※1 【課題 B】 インフルエンサーとしてファンはいるが、EC の運用ができない。 ⇒通常の投稿の流れで、SNS […]

More
『チャットボットでOneToOneマーケティングを実現する』 通販向け統合マーケティングオートメーションツール “RESULTMASTER(リザルトマスター)”に新機能搭載
Press Release

『チャットボットでOneToOneマーケティングを実現する』 通販向け統合マーケティングオートメーションツール “RESULTMASTER(リザルトマスター)”に新機能搭載

  PDF用はこちら     AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 ピアラ)は、通販企業向けに提供する統合マーケティングオートメーションツール「RESULT MASTER」に、開発支援を手がけるhachidori株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:伴 貴史、以下 ハチドリ) のチャットボット※を連携の元、「LINE及びFacebook」内で、利用者とチャットを通じて自動でコミュニケーションを図ることができる機能の提供を本日10月24日より開始いたしました。これにより、顧客の属性や購買履歴等に応じた、ONE to ONEマーケティングが可能となります。   ※チャットボットとは チャットボットとは「チャット」と「ボット(ロボット)」の組み合わせが語源となる、利用者とメッセンジャーアプリなどを通じて会話や画像などの情報のやり取りを自動で行うシステムです。   ■導入の背景 EC通販においてWEBでのお客様とのコミュニケーション手段の多くは、メールマガジンでした。しかし昨今「LINE」を始めとしたコミニケーションアプリの登場により、メール自体の許諾率が低下(平均40-50%)しています。さらに開封率も20%程度であることから、実際には全顧客の10%程度しかコミュニケーションを取ることができない状況です。そこでメールだけでなく「LINE」等でのコミュニケーションを強化する企業が増えてきました。 しかしながら、「LINE」等で一方通行のコミュニケーションを行うとブロックされやすいという状況があり、弊社クライアントでも最大60%近いブロック率になることもあります。折角のコミュニケーション資産である「LINE」もブロックされては意味がありません。 今回のチャットボット機能を使うことで、双方向でのコミュニケーションが可能になります。弊社テスト段階で、一方通行のコミュニケーションより双方向の方が、ブロック率が低いという結果が見られました。また、そこからより深い接客も可能となり、ユーザーへのマーケティングの幅を広げることもできます。     出典元:The best email statistics sources to benchmark open and clickthrough rates for your email campaigns in the UK, US, Europe, Asia-Pacific including Australia     ■本サービスの特長 RESULT MASTER(リザルトマスター)のシナリオマーケティング機能において、LINE IDを連携すると、指定した条件の顧客に対して行われるアクションとして、LINEへのメッセージ配信だけでなく、双方向のチャットボットコミニケーションが可能になりました。これにより円滑なカスタマーサービスや商品のおすすめなど、様々なシナリオにおいて業務効率化及びユーザーへの最適な接客が可能となります。     【RESULT MASTER(リザルトマスター)について】http://result-master.com/ […]

More
新人事制度「スモ休」開始のお知らせ
Press Release

新人事制度「スモ休」開始のお知らせ

PDF版はこちら   禁煙で最大6日有給付与!社員の健康を促進するWinWin施策 新人事制度「スモ休」開始のお知らせ   AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飛鳥 貴雄、以下 ピアラ)は、平成28年9月1日より、経営理念にもあるWinWinの5つの約束を実現する新人制度の一環として、非喫煙者に対して年間最大6日の有給を与える「スモ休」を開始します。         ■背景と目的 ピアラでは、WinWinの5つの約束の一つとして、「経営者と従業員及び組織間のWinWin に繋がる仕組みづくり」を目指しています。今回は従業員が目安箱制度※1を利用し、発案したことで制度化されました。 喫煙者は通常の休憩時間以外にも1日数回業務を離れることがあり、非喫煙者との業務時間の差が問題ではないか?という従業員からの疑問の声がありました。従業員からの改善提案を基に、WinWin の5つの約束の理念に照らし合わせ、従業員の健康促進と喫煙者及び非喫煙者の労働環境のWinWin を考え、今回の制度を実施する運びとなりました。本制度を皮切りに、理念に沿った働き方改革を推進し、より良い労働環境を実現して参ります。   ※1 【目安箱制度】 ピアラ従業員が匿名で社長宛に業務改善及びクレーム等を報告できる制度。 従業員から直接社長に対して意見できる状況を確保し、匿名とすることで投稿への障壁をなくす。投稿された内容は社長のみが閲覧し、必ず何らかの対策を取らなければならない。   ■新人事制度「スモ休」   平成29年9月1日より 1、目的 ①従業員一人一人の体調管理に関する意識を高め、従業員の健康増進を図ること ②一部の喫煙者と非喫煙者の日中の労働時間の不平等感の解消を図ること   2、制度内容 非喫煙者(勤務時間内外を含む)に対し、1年間当たり6日分(1月当たり0.5日分)の特別有給を付与   3、対象者 本制度の対象者は以下の従業員とする (ア)   正社員であり、入社後6ヶ月以上の勤務実績を持ち、非喫煙者である者 (イ)   過去1年間懲罰対象となっていない者 (ウ)   本制度を不正に利用する等したことがない者     【㈱ピアラについて】   ピアラは自社開発のRESULT プラットフォームを主体に、   ・マーケティングオートメーションシステム ・行動履歴、購買履歴、顧客属性などの データマネージメントプラットフォーム(DMP) ・成果報酬型アフィリエイトシステム などを有し、述べ 650社以上のダイレクトマーケティング支援のノウハウを強みとしています。運用コンサルタントがこれら独自テクノロジーを用いて、企業様に対し、KPI保証型サービスとして、集客~販促~顧客育成までの一貫した提案に積極的に取り組んでおります。   […]

More
4月2日に平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました!
News

4月2日に平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました!

4月2日、平成30年度株式会社ピアラ入社式を行いました。 今年も新たに14名の新入社員が入社いたしました。   入社式では、代表取締役飛鳥貴雄と常務取締役根来伸吉より祝辞が贈られ 新入社員からは、これからの抱負についてお話いただきました。   時代に即したマーケティングの仕組みを市場へ提供し続けていくためにも、 新しいエネルギーに満ち溢れた仲間とともに、さらにパワーアップしていきますので 引き続きよろしくお願いいたします。

More
採用サイトリニューアルオープンのお知らせ
News

採用サイトリニューアルオープンのお知らせ

採用サイトがリニューアルオープンいたしました。   http://recruit.piala.co.jp/ 今年も2019年新卒採用説明会を行います! 4月以降も開催予定ですので、ご興味のある方はぜひ上記サイトよりご応募ください。 エントリーお待ちしております!

More
2018年キックオフレビュー会を行いました
News

2018年キックオフレビュー会を行いました

先日、2018年キックオフレビュー会を行いました。 ピアラグループ全社員で行うこの総会では、2017年の振り返りとその課題からの今年の計画について各部門より発表がありました。   また、その後の懇親会ではQごとの表彰式が行われ 今回もまた若手や入社7年目の社員といった、新しいメンバーが受賞されていました。   2018年もよろしくお願いします。

More
WOMAN’s VALUE AWARD2018 優秀賞受賞しました!
News

WOMAN’s VALUE AWARD2018 優秀賞受賞しました!

この度、株式会社ピアラは、WOMAN’s VALUE AWARD事務局 キャリア美人株式会社主催、総務省後援テレコムサービス協会共催の「WOMAN’s VALUE AWARD 2018」において、総合部門で優秀賞を受賞いたしました。 「WOMAN’s VALUE AWARD 2018」は、女性の価値を見出している、もしくは見出そうとされている企業に贈られるもので、約1万人の女子学生の投票により選出されます。   弊社は何か特別女性のためにしているというわけではありませんが、逆に社員に対して女性らしさを求めることもありません。社員に与えられる仕事も裁量も同じため、いい意味で平等な環境であることが、学生に支持されたようです。   今後も経営理念である「win-win」5つの約束のうちの1つである、会社と社員のwinのもとに、女性、男性に関わらず、社員一人一人を一個人として、その価値を見出していきたいと思っております。

More
東洋経済にて、「スモ休」が紹介されました
News

東洋経済にて、「スモ休」が紹介されました

東洋経済ONLINEにて、「スモ休」が紹介されました。 http://toyokeizai.net/articles/-/198976

More
【スマートニュース×ピアラ共催】 ECの成功に欠かせない スマートニュース攻略セミナー in福岡
Seminar Info

【スマートニュース×ピアラ共催】 ECの成功に欠かせない スマートニュース攻略セミナー in福岡

PDF版はこちら   スマートニュースのブランド広告責任者 菅原健一氏登壇! 2500万DLを突破したニュースアプリ「スマートニュース」の広告に関する最新情報・攻略法解説セミナーになります。     昨今盛り上がりを見せる、インフィード広告市場において、存在感を誇るスマートニュースの広告「SmartNews Ads」。スマートニュース自体のユーザー数も増加の一途を辿りますが、広告においても活用するクライアントが増加しております。   そこで今回は、スマートニュースと、延べ650社以上の通販企業を支援した実績を持つ、ダイレクト案件を得意とし、実際にスマートニュースを活用する広告代理店のピアラが共同で、媒体最新情報やインフィード広告を効果的に活用する方法について、三部構成にてお話しいたします。   第一部「インフィード広告市場におけるスマートニュースの活用法とこれから」では、スマートニュースのアドセールスとして活動する傍ら、広告業界のブログ「東京都立 戯言学園」を運営する山崎氏が登壇します。   第二部「インフィード広告攻略ポイントとスマートニュースにおける運用方法のご紹介」ではピアラトレーディング本部責任者・沼尾が登壇。   第三部では、長年アドテク業界の第一線で活躍し、現在はスマートニュースでブランド広告責任者を務める菅原氏と、ピアラKPIソリューション部長の二見がインフィード広告について語ります。   九州では初開催となるスマートニュース社のセミナーに是非ご参加ください!   ■開催概要 日時  :11月13日(月曜日) 16時~19時 定員  :80名 開催場所:福岡市中央区警固2-12-23ココシスビル2F   ★来場者特典あり!スマートニュース広告の特別無料枠を進呈いたします。 詳しくは当セミナーでご案内いたします!   ★広告代理店及び同業メディアの方のご参加は、お断りさせていただきますのでご了承ください。   ■応募フォーム https://goo.gl/forms/5cxG5nGkUjTIkyIg2   【本セミナーに関するお問い合わせ先】 株式会社ピアラ 担当 沼尾・二見 TEL:03-6780-0730(代表)Mail: info@piala.co.jp    

More
ビューティ&ヘルス通販企業必見! 最新のネットワーク広告成功事例とKPI保証運用セミナー開催
Seminar Info

ビューティ&ヘルス通販企業必見! 最新のネットワーク広告成功事例とKPI保証運用セミナー開催

IT補助金を使って話題のマーケティングオートメーションツール 【RESULTMASTER】が3分の1のコストで導入可能へ   PDFはこちら   延べ650社以上の通販企業を支援した会社がコンサルティングバックアップ! PIALA常に企業の価値を発展させるマーケティングオートメーションを確立します       日時 5月24日(水)受付開始   15:30~ セミナー 16:00~18:00 懇親会 18:00~   16:00-17:00 講師 トレーディング本部執行役員 沼尾淳一 広告はLTV分析が基本!広告分析から顧客分析まで統合で分析し、さらに話題のマーケティングオートメーションでOnetoOneマーケティングを実現! 人的工数が圧倒的削減され、可視化することで新たな課題を早期に発見。 事例を挙げてご紹介します。   17:00-18:00 講師 IT本部 フィールド・クォンツ 西潟風輝 ピアラが実践するKPI保証型デジタルマーケティングの成功事例をご紹介 あらゆるネットワーク広告やネイティブ広告の高速PDCA事例や改善事例を基に最新の手法をご紹介!   場所 ファーストヴィレッジ東京支店 東京都港区西新橋 2-19-4 喜助西新橋ビル 5F     【株式会社ピアラセミナーに関するお問い合わせ先】 セミナー運営事務局ファーストヴィレッジ 担当 畑・山崎 TEL:03-6403-4123(代表)Mail: info@piala.co.jp      

More
Googleアナリティクスにデータ削除機能が追加されたようです。
THINKING

Googleアナリティクスにデータ削除機能が追加されたようです。

お疲れ様です、システム知恵袋の細谷です。   ブログ対応を始めてからニュースを見るようになったのですが、「あ、これうちの事かな」や「うちにも影響ありそうだな」という記事を見かける事があります。 今回もその一環で、分析に関わる部分に大きな変更があったので、またも予定を変更して紹介します。   とは言え、要約なので間違ってたらごめんなさい。 一部は既に設定可能ですが実際に反映されるのは5月25日からとの事で、まだ慌てる必要はありません。     ●ユーザーデータの削除機能の追加 Googleアナリティクスではサイトにアクセスしてきた人に対して、追加でパラメータをつけることができるのですが、 それに基づき、対象者に関連するデータを削除する機能が追加されるようです。   用途としてはECサイトで「いたずら購入」を行った人のデータを削除する、、ですかね。 今まではレポートの中から、人が目でみて対応していたのが、システムで切り分けできるようになるようです。 分析をする人にとっては重要な機能ですね、ただし間違えてしまうとどうなるかは現状不明です。 (一部表現から推測するに、追加パラメータ分のみを削除するだけのようですが、復旧は出来なさそうなので、慣れるまでは事前にデータを落としておいた方が無難ですね。)     ●ユーザーデータの保持期限の追加 先ほどと同じくユーザーに追加で付与したパラメータ分をいつまで残しておくかという機能が追加されるようです。 今までは個人情報に当たるデータが残りっぱなしになっていたのが、時間で自動で消えるようになる。という機能のようです。 ※アナリティクスにアクセス後、設定>プロパティのトラッキング情報>データ保持から該当の設定にアクセスできます。   個人情報と言いましたが、基本はアナリティクスだけで特定は出来ません、ECサイトの購買データなどと合わせることで特定できるといった形なので。ECサイトから退会した時点で特定はできなくなりますので「保護」という観点では気にするほどではありません。 特定できないなら残しておけばいいじゃないかという見方もあるかもしれませんが、過去に特定に使っていたデータが残っているのはどうしても気になってしまう部分なので、削除できるようになって一安心です。   保持期間の単位は年単位で「1年」「2年」「3年」「4年」「無期限」となっているようです。※正確には左記の期間に+2ヶ月になるので14か月、26か月、、、となっています。 初期は2年になっているので、プライバシーポリシーに合わせて調整を行いましょう。   またこちらも、ECサイトなどと紐つけるためのデータのみを削除するので「●日に何人アクセスした」といった情報は残るようです。 なのでレポートなどには影響しないようですので、「3年前の個人を特定しないといけない」というような特殊な状況がなければ気にする必要はありません。 前述の通り残っている方が問題なので、ここはきちんとご自身のプライバシーポリシーに合わせましょう。     以上となります。 この記事は新機能が分析の面で影響が大きそうでしたので紹介の目的で作っています、なのでこの記事は参考程度にとどめ、 機能の詳細はGoogleアナリティクスの通知をご確認ください。色々と説明を省いている部分もありますので、ご自身で一度詳細を確認することをお勧めいたします。   新卒も落ち着いてきたのでそろそろ記事を戻したいですが、話題のニュースも多いんですよね、悩みどころです。 それでは失礼いたします。

More
プログラムは魔法の言葉ではない
THINKING

プログラムは魔法の言葉ではない

こんばんは、システムの知恵袋の細谷です。   新卒研修会でいろいろとこちらの準備の時間が取れず申し訳ありません、 今回もちょっと認識合わせをしていきたいと思います。       プログラムは難しくないよと前回お話いたしましたが。 そうです、プログラム自体は難しくありません、自体は、、、   何が大変なのかって、プログラムにできないことはないといえるぐらいできる事は多いんですが、、 凄く細かいんです。、、   例えば、「歩くロボットを作る」とするとします。 歩くのであれば、 ・右足を前に出す。 ・左方の足を前に出す ・右足を前に出す これだけでいいような気がしますが、プログラムの世界ではそうはいきません。   ・右膝をXまで持ち上げる。 ・足先をY先に放り出す ・足が地面についたら、崩れたバランスを戻す ・重心を前にもっていき、左足の負担を0にする ・上記をワンセットとし、次は左で同じ事を行う ・上記を指定の回数繰り返す。 とここまで命令しなければいけません。 更に言うとこれだけだと上半身が動いていないので、それらもプログラムに組み込む必要があります。   面倒だなぁと思うでしょうが、これ「私たちもやっていること」なんです。 歩く際には足を動かすだけではなく「手を振った勢いを使って前に加速する」などでサポートしていますし。(これは左右に身体が流れるのを防ぐ意味もあります。) 足の力で体を前に出しているのではなく「意図的に前に倒れるようにして、足を交互に使って倒れる防いでいる」だけだったりします。   実際に上半身を固定して足の力だけで歩こうとしてみると、すごく力が要りますし、すごく大変です。 アスリートの人がフォームを教えてもらっているシーンがありますが、これと全く同じでプログラムの時は私たちがトレーナーに当たるわけですね。   つまり、プログラムは「当たり前のことを当たり前に書けばいい」という事です。 以前に文字に直すと意味が分かりますよと言ったのですが、 これはその続きで、プログラムも現実も法則はおおよそは同じです。 ただし、普段意識しない部分も意識する必要があるので、それが「難しい」と感じてしまう部分ですね。   逆に言えば突飛な事はフローの中に書いてないわけです、 先ほどの例で行くと、いきなり「空を飛ぶ」みたいな命令は入ってきません。(その場合はプロペラを回す、などの命令が必ず前に居ます。) 順番に一つ一つ追っていくことで、それが何をしているのかが分かるようになっています。   これが読めるようになってくると、他の人がなぜこのようなプログラムを書いたのかが分かります。 すると、なら私はこうしようとか、多分目的のプログラムはここにある、というのが自然と出てくるようになります。 これが「プログラムで会話する」という事ですね。   「プログラムで会話する」のは日常会話をプログラム言語にするとかではありませんよ。 「エコー カッコ おひるどうする カッコトジ セミコロン」とか会話しても面倒なだけですw (エイプリルフールネタだとは思いますが、昔に教えてもらって笑った覚えがあります。)   以上です。 なんだか適当に書いているような気がしていますが、そんなことはないと信じたい(需要があるかは別) […]

More
パスワードの定期更新は「非推奨」となったようです。
THINKING

パスワードの定期更新は「非推奨」となったようです。

こんばんは、システムの知恵袋の細谷です。   皆様は花粉症は大丈夫でしょうか? 私は仕事ができないほどではありませんが、かゆみと鼻水に悩まされています。   さて、ニュースにもなっていましたが「パスワードを定期的に更新する必要はない」というのが上がっていました。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6276906   最初に念を押しておくと、「パスワードを変える意味がない」というわけではありません、 パスワードの変更は以前に紹介している「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)」への対策となります。 この記事の焦点は「定期的」であり、その意図としては「攻撃を受けていないのに対策をとっても時間の無駄」という事です。   もし攻撃を受けているなどのお知らせが利用しているサービスから届きましたら、その時はパスワードをきちんと変更しましょう。 またサービスを提供している企業は、「パスワードの期限切れ」の機能が付いている場合はOFFにし、攻撃を受けていないかどうかなどのチェック体制の方を強化し。攻撃が発覚したら速やかにサービス利用者にお伝えできるようにフローを整えておきましょう。     3月最後のブログになりますが、社内社外含め4月はイベントがいっぱいありますね。 新入社員は何人来られるのでしょうか? 今年のエイプリルフールはどんなものが出てくるでしょうか? お花見はいかれましたか? (私は調布市の野川で行われる夜桜を見に行こうと思っています。映画などの機材が使われているのですごくきれいですよ。) 年号変更の対応は準備は進んでいるでしょうか?   色々と盛り沢山ですね、どんな月になるでしょうか。 それでは失礼いたします。 (※余談ですが、採用サイトがリニューアルしました、かなり気合を入れて作っていますのでお時間があれば一度ご閲覧ください。 https://recruit.piala.co.jp/ )

More
プログラムって難しくないよと言いたい
THINKING

プログラムって難しくないよと言いたい

お疲れ様です、システムの知恵袋の細谷です。   現在新卒の人のPCのセッティングがもさっと来ております。これまたよくある話ですが納期遅れでひいひい言うパターンに陥っておりますが。 まあよくある話なので、事前に仕込んでおいたので、ぎりぎり間に合うスケジュールとなっています、仕込みは大事です。   さて、今回は新卒の方が来られるという事で雑談です。 営業の方が多いので、「システム開発」に使われている「プログラムのイメージ」を少しだけ払拭したいと思います。 プログラムって知らない人から見たらすごく難しいことをしている気がしますが。実際理解してくるとそんなに難しいことはしていません。(複雑ではありますが。)   とりあえず何はともあれコマンドを一つ見てみましょう。 echo “Hello world”; 「うわっ分からん」っと思わず、ゆっくりとみてみましょう。   最初のechoですがこれは読みは「エコー」、カタカナにしただけで身近な言葉になりましたね、反響やこだま等、返すという意味です、 次にHelloworld、「ハローワールド」、これだけだと意味わからないですが、エコーの後にあるので、合わせると「ハローワールドと返す」という意味になります。 なので、これを展開したツール上で見ると次のようになります。 はい、画面にハローワールドと表示されましたね、(エコーは指示なので画面にはでてきません。) 他にも「なんで点々(”)で囲まれてるの?」とか「最後に記号(;)がついているの?」とかありますが、今回は慣れてもらうので一旦保留です。 まあ、プログラムを書く上でのルールだけ覚えてもらえれば。   ※これは作文でいう句読点や改行みたいなものでこれがないと非常に読みにくい文章になってしまいますプログラムとはコンピューターが理解できる言葉で記載するということなので100%守る必要はありませんがそれが抜けると誤解のもとになってしまいますのでもしプログラムを志すなら注意しましょう     これは一例ですが、基本的には「英語の文章」でコマンドは用意されていることが非常に多いです。 var box; box = “100”; これは「ボックス(box)という名前の何かを入れる箱(variable)がある」「boxには100が入っているよ(=なので左と右は同じという意味なのでこう解釈できる)」という感じですね。 こういったものを無数に組み合わせることでプログラムは出来ています。 解読するにはコマンド全部を覚える必要は無くて、それぞれの単語を翻訳することで、なんとなく読むことができます。     もうコマンドとかシステムのが出てきた瞬間「これはシステムチーム行きだな」と持ち帰ってくる人がいますが、例えば「カートでの料金が違う」といった問い合わせが来た場合は。 「まずは実際にその画面とプログラムを見てみよう」 「ん、ここにpriceとかTaxと書いてあるから、ここが料金関連の処理だな。」 「あれ金額が通販用のリストと違うぞ?」 「item_priceこれが商品の単価だな。」 「あ、300円ずれてる、商品登録の時に5と8を打ち間違えたな」(分からない人は電卓の5と8を見てみましょう) という感じで調査をすることができます。   後は「すみません、こちらの商品の単価がおかしいようですが、設定画面を確認させてもらってもいいでしょうか?」と返すだけです。     ここまででちょっと疑問に思ってほしいのですが、これって「プログラムの知識」って使ってますか? はい、これにはプログラムの技術ではなく、「記載されている文章や単語を読む」というという事しかしていません。それも全部ではなくそれっぽい単語を探しただけです。 システム開発をするコマンドを覚える必要がありますが、「解析する」だけならこの程度の知識だけで大丈夫なのです。   システムの人は解析しやすいようにネーミングをしていますので、後はひたすら読むだけです。 読んでわからなければ、そこでシステムに相談しましょう。     […]

More
シマンテックのSSLがChromeで利用できなくなります。
THINKING

シマンテックのSSLがChromeで利用できなくなります。

お疲れ様です、システムの知恵袋の細谷です。   巷で噂(というよりはニュースになっていますが)になっている、シマンテック社関連のSSLがGoogleChromeで「信用できない通信」として処理されるまであと1日となりました。 対象となるシマンテック社のブランド「RapidSSL」「Geotrust」「Symantec」を利用されている方は証明書の再発行、または別の企業のSSL証明書への差し替えを行いましょう。 もし対応を入れない場合、「https:」のページにアクセスすると強制的に次のような画面が表示されます。 httpsはサイト全部かログインなどの特別な通信のあるページで使われています。 商品を購入しようと思って、カートを見たらこれが表示されると?   少なくともそのまま買いたいとは思えないですよね? なので前述のSSLを使用されている方は証明書ファイルの再発行か別のSSLに差し替えを必ず行うようにしてください。   ●SSLの発行会社の確認手順 対象のサイトの「https:」のページアクセスしたのちにF12キーを押し、開発者ツールを起動します。 上タブの中に「security」というタブがあるのでここで確認ができます。   ●そもそもSSLって? SSLとは、簡単に言うと暗号化通信を利用するために必要な第三者に発行してもらった暗号化通信利用許可証の事です。 前述の例でいえば、シマンテック社に調査をお願いして、「ピアラはちゃんとサイトを運営していますよ」と証明書を作ってもらっているという事になります。 ※SSLは運営会社の調査も入るという事で企業の存在証明としてもつかわれることがありますが、SSLは暗号化通信の利用許可の方がメインのようです。私も勘違いしていました。   ●暗号化通信は必要なの? ネット上でのやり取りは基本公開で行われています、なので会員登録なども公開で、、、行われると困りますよね なので暗号化して通信を行っています。例えば「姓:田中」を「くぁwせdrftgyふじこlp」を置き換えるとしておけばほかの人にはわかりません   ●SSLが暗号化通信になぜ必要なのか? 暗号化という事はそのままでは使えませんよね? お名前を聞いたら「くぁwせdrftgyふじこlp」と返されても困ってしまいます。 なので元に戻すためのルール(復号化キーと言います)を送ってもらう必要がありますが、これをどうやって、、、正確には誰に送ればいいのでしょうか?   私こと細谷に送るとしても、本当に「細谷」はピアラに所属しているのでしょうか?、実は斎藤さんが書いているかもしれませんね、他の社員に聞いても口裏を合わせられたらNGです。   なので、細谷がピアラに所属しているか、というのを他の会社の人に見てもらうわけです、その調査証明書の宛先に送れば「細谷」に届きますよね? これが、「SSL」の考え方です。実際には細谷ではなく「piala.co.jp」というドメインに当てるものになりますが。   ●今回なぜ使えなくなるのか 先ほどの証明書ですが、そこら辺の通行人に調査をお願いしても、そんな証明書は信用出来ませんよね。なのできちんと調査機関として認められた会社に調査してもらうわけですが、 その調査会社がのシステムが悪用されてしまっていたことが判明したわけです。どうするかの協議が行われ、正規不正規全て丸っと「信用できない」として処理することになってしまったという事のようです。 (※ざっくりとした意訳なので、正式なものは公式のお知らせを見てください。)   不正規だけでいいんじゃないかという話もありますが、システム上は全部「正規」のものなので、それらをすべて検証しなおすのであれば、全部切ってしまおうという方針のようです。そもそも1~3年しか持たないので調査中に有効期限が終了となるケースになるので、最初からその方向にしている様ですね。(GoogleやMozillaも制限実施まで待ってくれてますし)   ●影響範囲予測 https://webrage.jp/techblog/pc_browser_share/ ChromeとFirefoxの利用率は合わせて50%ほどなので、ECであれば約半数の注文が無くなると考えて差し支えないでしょう。 また常時SSL化している場合はサイト自体のSEOの低下も懸念されます。(当たり前ですが信用できない証明書を使っているサイトが上に来るわけないですよね)     以上となります。   すみません、もう少し早くブログにあげればよかったですね、ピアラでは対応は発表時から対応を行っていたので、失念していました。 「クイック認証」はSECOM社の「FujiSSL」を、「企業認証」は「Comodo」社の「Positive SSL」を使っていますので、すぐに代わりの認証を見つけないとという場合は一旦こちらを使ってはいかがでしょうか? それでは失礼いたします。       […]

More
新規の顧客獲得からLTVまで!“価値”クリエイティブを目指すために
EC Transformation

新規の顧客獲得からLTVまで!“価値”クリエイティブを目指すために

こんにちは。 コミュニケーションデザイン本部カスタマーアクイジション室の諸星です。 ちょっと長い部署名ですが、新規の顧客獲得における広告クリエイティブ全般を担当している部署になります。   では、具体的にどのようなことを行っているのかというと…。   ピアラでは、インフィード広告を始めとするネイティブアドの需要増加を受け、自社媒体「Curebo」を活用した広告出稿に力を入れています。     最近よく見る手法にはなりますが、記事を一枚挟むことで、商材認知、特徴理解、興味喚起、購買意向といったような態度変容をターゲットとなるユーザーに与え、新規の顧客獲得をより効率的に行うことができます。   さて、この記事を使った広告施策ですが、実はライティングには緻密なテクニックが必要になります。   例えば、LPとの整合性を持たせることでCVRが6倍以上に上がった事例もあります。     そして、ピアラのクリエイティブを支えてくれているのが、自社のMAプラットフォームであるRESULT MASTER(リザルトマスター)を用いた効果測定とページ内分析。   レスポンスを上げることはもちろん、獲得だけにとどまらずLTVまでを視野に入れた“価値”クリエイティブを目指すためには欠かせないツールになります。   広告クリエイティブに興味のある方、ライティングが得意な方、ディレクション経験は問いません。 ただつくるだけではなく、ヒトの心を動かすことのできる「ダイレクトに伝わる“価値”クリエイティブ」を私たちと一緒に追及しませんか?   >>PIALA Recruit はこちら

More
通販事業者様の多くが抱える共通の悩み
Consulting

通販事業者様の多くが抱える共通の悩み

こんにちは コンサルティング本部の大熊です。   私は過去、延べ80社を超える通販事業者様とお会いさせていただき ご担当者様・ブランドマネージャ様・代表者様から 事業における課題のヒアリングをさせていただいてきました。   その中で私が伺った最も多くのお悩み・・それは   「言ってることはわかるけど、今のままでは対応できない」   というお悩みです。   日々通販事業者様は、通販における色々なセミナーに行かれては そこで聞いた内容を社内で実践しようとされていると伺います。 MA・BI・CRM・・・・   また、セミナーに行かなくともエージェンシーからの提案を受け ブレストを重ね、お客様のためになるのはどれかと毎日試行錯誤されています。   ただ悲しい事に、いくら周到にそのプロセスを組み上げたとしても アクションに落とせない企業様が多数見受けられます。     原因は「人」です。 全ての事業者様に当てはまるわけではないと思いますが 少なからず頷かれる方も多いと思います。   それなら外部にリソースを求めればいい。 皆様そうだと思います。そこで3つの選択肢が出てきます。     まず一つ目の選択肢はエージェンシー、代理店です。 ただ、思うがままにエージェンシーにリソース提供を求めてみると、 当然のことながらバジェットとエクスクルーシブ契約を要望してきます。 エージェンシーはメディアを買ってもらいたいわけですから。   「お客様のためになることを実現するために、別の目的を持つ会社と組む」 よくあることです。   ただ、本来の目的を相手に開示している中、 交換条件とも言えるバジェットとエクスクルーシブを担保した中で 果たして相手の本領は発揮いただけるのでしょうか。 そしてそのバジェットは、相手の中で上から数えて何番目なんでしょうか。   2つ目はシステム改善による業務簡略化のお話もでてくると思います。 そうすれば業務をアウトソースすることなく、今のスタッフのままで進められますから。 ただ、ここで問題になるのは、要件定義、いざ導入、となった場合です。 当初の「お客様のために何がしたかったか」が費用面でシェイプされ、 次に「お客様のために最低何をすればいいか」に変わり、 最終的には「完成がいつか」に変わってしまうというお話はよく聞きます。   本当は導入した先に目的を置いていたものが、導入する事が目的に変わってしまうケースです。   最後は通販コンサルタントと言われる方々になると思います。 通販コンサルタントと言われる方々は、思考の面では過去の経験から培われた […]

More
今年も2018新卒採用がスタートしました!
Employment Info

今年も2018新卒採用がスタートしました!

弊社では、毎年説明会へは「デート服」でお越しいただくようお願いしています! マーケティング、広告に興味がある方、ベンチャー企業でバリバリ働きたい方などは、ぜひ採用ページよりエントリーをお願いいたします。

More

Service

Performance-based KPI Guarantee Plan
Committed to our client’s growth

Based on the concept “EC Transformation”, we will achieve marketing KPI to meet our clients’ challenges, from acquisition of new customers to training, through our original marketing automation platform and consultations based on actual results in the field of direct marketing.

Contact

29F Ebisu Garden Place Tower, 4-20-3 Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo 150-6029 Japan
7F GATO EAST Building, 2-5-17 Minami-senba, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 542-0081 Japan
7F GLANZ, 1-1-32 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka 810-0041 Japan