2022年6月20日

仮想通貨BATとは?ベーシックアテンショントークンの今後の将来性やチャート、取引所での買い方を紹介!

ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?仮想通貨(暗号資産)の特徴や評価、今後の将来性、チャートを紹介!
ベーシックアテンショントークンとはどんな仮想通貨ですか?
ベーシックアテンショントークンの特徴や今後を左右するポイントを知りたいですよね!

近年知名度が高まってきているベーシックアテンショントークンですが、このような悩みを持っている方も多いでしょう。

この記事では、ベーシックアテンショントークンの特徴や今後を予想するポイント、購入するのにおすすめの仮想通貨取引所について紹介しています。

この記事のまとめ

  • ベーシックアテンショントークンはWebブラウザ「Brave」で利用できるのが特徴の仮想通貨(暗号資産)
  • 「Brave」では、自身のタイミングで広告を視聴してその報酬としてBATポイントがもらえる
  • BATポイントはコンテンツを提供している方に投げ銭で支援できる
  • ベーシックアテンショントークンの今後の将来性を予想するポイントは「実用化」や「Braveのユーザー数」や「国内取引所への新規上場」である
  • ベーシックアテンショントークンを購入するのにおすすめな仮想通貨取引所は「Coincheck
  • Coincheckはベーシックアテンショントークンを500円と少額から取引できる

日本で最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、ベーシックアテンショントークンの今後について詳しくわかるでしょう。

また、ベーシックアテンショントークン以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」を参考にしてください。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、ご注意ください。

仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?特徴を紹介!

通貨名 ベーシックアテンショントークン
単位 BAT
時価総額 911,976,018円(2021年9月時点)
取り扱い開始 2017年6月2日
発行上限 15億枚
おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer、DMM Bitcoin

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴として以下が挙げられます。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

Webブラウザ「Brave」で利用できる

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴として、Webブラウザ「Brave」で利用できることが挙げられます。

Webブラウザ「Brave」とは、今までのネット広告やページスピードの問題点を改善した比較的新しいWebブラウザです。Webブラウザ「Brave」のメリットとして、以下が挙げられます。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

広告の視聴制限によるサイト速度の改善

Webブラウザ「Brave」のメリットとして、広告の視聴制限によるサイト速度の改善が挙げられます。

「Brave」は広告をユーザーのタイミングで視聴することが可能です。そのため、表示する広告をブラウザが処理するための負担を減らせます。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ブラウザの処理の負担が減ることで、処理速度が上がり、既存の別のブラウザと比べてもサイト速度が早いのが特徴です。

広告が好きなタイミングで視聴できるのは、楽ですね!
広告が自動で出る既存のブラウザと比較して「Brave」はユーザーにとって便利と言えるでしょう。

広告閲覧による報酬の獲得

Webブラウザ「Brave」のメリットとして、広告閲覧による報酬の獲得が挙げられます。「Brave」では、広告を自身でコントロールして視聴することが可能で、広告を閲覧する必要もありません。

しかし、広告を自分の意思で視聴した際は、広告を視聴した報酬としてベーシックアテンショントークン(BAT)が配布されます。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ユーザーにとっては、広告を好きなタイミングで見て報酬をもらえるため便利でお得なサービスと言えます。

セキュリティ性が高まる

Webブラウザ「Brave」のメリットとして、セキュリティ性が高まることが挙げられます。

先述の通り「Brave」を利用することでユーザーが広告の閲覧を制限することが可能です。そのため、従来のように広告が勝手に流れることがなく、広告主がユーザー情報を取得することが難しいと言えるでしょう。

このように広告をブロックすることにより、閲覧履歴などの自身の情報が出回ることを防げる可能性が高いです。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

広告を見なければ自分の情報が広告主に流れないんですね!
「Brave」は比較的セキュリティ性が高い通信が可能であると言えます。

入手したBATポイントでコンテンツの支援ができる

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴として、入手したBATポイントでコンテンツの支援ができることが挙げられます。

先述で挙げた広告の報酬として得たBATポイントは投げ銭などで利用することが可能です。そのため、ユーザーは自身でお金を使うことなく、コンテンツを提供している方を支援できるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

また、この投げ銭機能があることで、コンテンツを提供している側にもメリットがあると言えるでしょう。

利用者以外にもメリットがある

ベーシックアテンショントークン(BAT)の特徴として、利用者以外にもメリットがあることが挙げられます。

例えば投げ銭機能では、質の良いコンテンツを作成した製作者が支援を受けることが可能です。

また、広告主側にもメリットが存在します。例えば、広告はユーザーの意思で閲覧するため、既存の広告モデルよりも成約率などが向上することが予想できます。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

メリットがある方が多いですね!
このように、利用者以外にもコンテンツ提供者、広告主側のすべてにメリットがあると言えるでしょう。

ベーシックアテンショントークン(BAT)を買うなら?便利な取引所5選

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BATを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 63.0 BAT
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円
レバレッジ倍率 -

Coincheckの魅力!

  • ベーシックアテンショントークン(BAT)を500円という少額から購入できる
  • 初心者でも利用しやすいアプリが特徴でダウンロード数はNo.1(※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie))
  • ベーシックアテンション(BAT)以外にも全17銘柄を取り扱っている

日本で最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ベーシックアテンショントークン(BAT)を500円という少額から購入できることが挙げられます。そのため、初心者の方でも少額からベーシックアテンションを売買することが可能です。

またこの取引所の魅力として、初心者でも利用しやすいアプリが特徴でダウンロード数はNo.1なことも挙げられます(※2020年度データ協力:App Annie)。

そのため、初めてベーシックアテンショントークンを購入するという方も、わかりやすいアプリで比較的簡単に取引ができるでしょう。

ベーシックアテンショントークン(BAT)を含めさまざまな銘柄で取引を行いたい初心者の方におすすめです。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 19種類
取引手数料
※BATを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・BitMatch:1,000BAT
・販売所:10BAT
レバレッジ倍率 2倍

DMM Bitcoinの魅力!

  • ベーシックアテンショントークン(BAT)のレバレッジ取引に対応している
  • 最短1時間で口座開設ができる
  • セキュリティ体制が充実している

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。レバレッジ取引ができる銘柄が多いことで知られています。

この取引所の魅力として、ベーシックアテンショントークン(BAT)のレバレッジ取引に対応していることが挙げられます。そのため、少ない資金で大きな利益を得られる可能性があるでしょう。

またこの取引所の魅力として、最短1時間で口座開設ができることも挙げられます。当日中に取引を始められるため、すぐにでも取引を始めたい方にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

ベーシックアテンショントークン(BAT)のレバレッジ取引したい方すぐにでも仮想通貨の取引を始めたい方におすすめです。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの評判について詳しく知りたい方は「DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判は?安全性やメリット・デメリットを解説」を参考にしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BATを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.2%(単位: BAT)
・販売所:スプレッド
送金手数料 5 BAT
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.00000001BAT
レバレッジ倍率 2倍

bitFlyerの魅力!

  • ベーシックアテンショントークン(BAT)を0.00000001 BATという少額から購入できる
  • 仮想通貨(暗号資産)の取引量が国内で最高水準である
  • 主要メガバンクが出資しているため安心して資産を預けられる

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ベーシックアテンショントークン(BAT)を0.00000001 BATという少額から購入できることが挙げられます。そのため、初めて仮想通貨を購入する方でも試しに少額から始められるでしょう。

またこの取引所の魅力として、仮想通貨(暗号資産)の取引量が国内で最高水準であることも挙げられます。そのため、取引所形式での取引が成立しやすく、中上級者にもおすすめです。

少額からベーシックアテンショントークンを買えるのは嬉しいですね!
ベーシックアテンショントークンを取引所形式で少額から購入したい方におすすめです。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?口コミやメリット、評価、デメリットなどを解説!」や「ビットフライヤーの口座開設方法|新規登録・申し込みの手順や手続きに必要な本人確認書類も解説」を参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン
取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BATを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.00000001BAT
レバレッジ倍率 2倍

GMOコインの魅力!

  • ベーシックアテンショントークン(BAT)のレバレッジ取引に対応している
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のため安心感がある

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ベーシックアテンショントークン(BAT)のレバレッジ取引に対応していることが挙げられます。そのため、少ない資金で大きな利益を得られる可能性があると言えるでしょう。

またこの取引所の魅力として、東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社であることも挙げられます。そのため、セキュリティ面が不安な初心者の方でも安心して取引ができるでしょう。

取引所形式でレバレッジ取引をしたい方におすすめです。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインについて詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は??おすすめの特徴や口コミ、デメリット・メリットを解説」や「GMOコインの口座開設・登録方法|本人確認書類や日数・時間も解説!」を参考にしてください。

bitbank(ビットバンク)

bitbank
取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BATを購入した場合
・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 BAT:45BAT
最低取引額 ・取引所:0.0001BAT
・販売所:0.00000001BAT
レバレッジ倍率 -

bitbankの魅力!

  • ベーシックアテンショントークン(BAT)を取引所形式で取引できる
  • 第三者機関からのセキュリティに関する評価が高い

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankは、運営会社はビットバンク株式会社となっている仮想通貨取引所です。取引所形式で取引できる銘柄が豊富な仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ベーシックアテンショントークン(BAT)を取引所形式で取引できることが挙げられます。

売値と買値の価格差のある販売所形式に比べ、取引所では手数料を安く抑えられるため、手数料を抑えたい方におすすめです。

またこの取引所の魅力として、第三者機関からのセキュリティに関する評価が高いことも挙げられます。第三者機関による評価で国内No.1の実績があるため、安心して自身の資産を預けられるでしょう(※2018年10月3日 ICORating調べ)。

取引所形式では、手数料を安く抑えられるんですね!
ベーシックアテンショントークン(BAT)を手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイント

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、以下が挙げられます。

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイント

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

実用性

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、実用性の向上が挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

投げ銭機能

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、投げ銭機能の向上が挙げられます。

先述の通り「Brave」でもらったBATは、コンテンツを提供している方に投げ銭という形で寄付することが可能です。投げ銭をもらうことで、コンテンツの提供者は支援を受けられ、今後もコンテンツを提供しやすくなるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

また、投げ銭を行う際に利用するBATを、広告を視聴することによりもらえるため、購入費用がかかりません。

このように「Brave」による投げ銭機能は、コンテンツ提供者とユーザーどちらにもメリットがあります。

そのため、今後この投げ銭機能が認知されることでユーザーもコンテンツ提供者も増える可能性があると言えるでしょう。

「Brave」が普及するとBATの需要が増し価格が上昇する可能性があります。

ウォレット機能

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、ウォレット機能の実装が挙げられます。

開発が進みウォレット機能が実装されれば、Braveのメリットが増して、BATの需要が高まると言えるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

BATとBATポイントは異なるんですね!
日本では、bitFlyerがこのウォレットの開発に力を入れています。

Braveを利用するユーザーの数

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、Braveを利用するユーザーの数の上昇が挙げられます。

Braveの現在のユーザー数は、他のWebブラウザと比較してそれほど多いとは言えません。

今後Braveの利便性が評価され、ユーザーが増えるとベーシックアテンショントークン(BAT)の需要も高くなる可能性があります。

そのため、今後Braveのユーザーが伸びると価格も上昇すると予想できるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ウォレットの開発や投げ銭機能の向上でBraveのユーザー数が増える可能性もあります。

国内仮想通貨(暗号資産)取引所への新規上場

ベーシックアテンショントークン(BAT)の今後の将来性を予想するポイントとして、国内仮想通貨(暗号資産)取引所への新規上場が挙げられます。

現在でもベーシックアテンショントークンを扱っている国内仮想通貨取引所はいくつかあります。

今後より多くの国内取引所に上場することにより、国内での認知がさらに増して価格が上昇することが予想できるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の価格は?リアルタイムチャートを紹介!


<!-- TradingView Widget END →

ベーシックアテンショントークン(BAT)の買い方・購入方法を解説!

ベーシックアテンショントークンを購入する方法は以下の通りです。(なお今回は、Coincheckでの手順を解説します。)

ベーシックアテンショントークンを購入する手順

  1. 本人確認書類を準備する
  2. Coincheckの公式サイトから、住所や氏名など必要な情報を入力する
  3. 本人確認を完了させ、口座開設をする
  4. 指定の銀行口座に日本円を入金する
  5. スマホアプリやPC画面で購入するビットコインキャッシュの数量を指定する
  6. 「購入」で実際に購入する

上記からわかる通り、Coincheckでは本人確認書類が必要となります。また、初めて取引をする方は、比較的購入画面がわかりやすい取引所を選択すると迷わずに購入しやすいでしょう。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

ベーシックアテンショントークン(BAT)のTwitter(ツイッター)での評価は?

良い評価・口コミ

悪い評価・口コミ

ベーシックアテンショントークン(BAT)についてよくある質問

ベーシックアテンショントークン(BAT)の過去最高値はいくら?

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、2021年4月9日に記録した約168円が過去最高値です(2021年9月執筆時点)。

2021年4月9日の過去最高値から、2021年5月に一度暴落しました。その後、現在は暴落した価格から少しずつ回復してきている状況です。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ベーシックアテンショントークン(BAT)の現在の時価総額は?

ベーシックアテンショントークン(BAT)の現在の時価総額は102,800,000,000円前後を記録しています。(※2021年9月執筆時点、Coinmarketcapより)

ベーシックアテンショントークン(BAT)の発行枚数は?

ベーシックアテンショントークン(BAT)の発行枚数の上限は15億BATです。なお、発行枚数は全て発行済みのため、マイニングが必要ありません。

また、価格が変動する半減期もないため、比較的安定している通貨と言えるでしょう。

ベーシックアテンショントークンを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ベーシックアテンショントークン(BAT)はマイニングの必要がない?

ベーシックアテンショントークン(BAT)はマイニングの必要がありません。

なぜなら先述の通り、ベーシックアテンショントークン(BAT)は発行上限の15億BATすべて発行しているためです。

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表
㈱メディエス代表取締役
TAC専任講師

■プロフィール・経歴
・兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ
立教大学卒業後、池田泉州銀行日本GEタマホームなどを経て現職
・タマホームFPとして600件超のFP相談実績
・サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています
・得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください

■所有資格
日本FP協会会員(CFP)宅地建物取引士貸金業務取扱主任者
住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。