2022年6月20日

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後上がらない?将来性や価格、取引所・買い方を紹介|ハードフォークによる展望も解説

ビットコインキャッシュ_今後_アイキャッチ
ビットコインキャッシュの今後について知りたい!
ビットコインキャッシュの今後を左右するポイントについても知りたいですよね!

近年人気が高まっているビットコインキャッシュですが、このような悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、ビットコインキャッシュの今後を予想する理由や予測のポイント、購入するのにおすすめの仮想通貨取引所を紹介しています。

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインからのハードフォークした通貨である
  • 現在では、スマートコントラスト機能マイニング調整システム「DAA」が導入しており、今後が期待されている
  • 一方で、ハッキングなどの不正アクセス半減期によるマイナーの撤退中国などの規制の強化を懸念する声もある
  • 今後を予想するポイントは、「実用化が評価されるか」や「次の半減期はいつ来るか」や「規制が抑制されるか」である
  • ビットコインキャッシュを購入するのに、おすすめの仮想通貨取引所は「Coincheck
  • Coincheckは、500円と少額からでもビットコインキャッシュが購入できる

日本で最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、ビットコインキャッシュの今後の見通しを詳しく知れるでしょう。

なおビットコインキャッシュ以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」を参考にしてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰する見通しは?今後価格が上がると予想する理由

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、以下が挙げられます。

それでは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

ハードフォークによるスケーラビリティ問題の解消

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、ハードフォークによるスケーラビリティ問題の解消が挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、以前にビットコインからのハードフォークしたことにより作られた仮想通貨です。ハードフォークとは、機能などの改善によるアップデートのことを指します。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインからハードフォークしたことにより、取引を記録するブロックサイズが大きくなり、スケーラビリティ問題が改善されました。

今後、新しくハードフォークした際には、より機能面で改善されたビットコインキャッシュ(BCH)が作られる可能性があると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ビットコインキャッシュのブロックサイズは、ビットコインの約32倍です。

半減期による希少価値の上昇

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、半減期による希少価値の上昇が挙げられます。

半減期とは、生成されるブロックの量が一定のラインに達したタイミングでマイニングで支払われる報酬が半減する時期のことです。

半減期では、マイニングの撤退などの原因から流通量が少なくなるため、希少価値が上がる傾向にあります。そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は上昇すると言われています。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

半減期では、希少価値が上がる傾向があるのですね!
過去の半減期でも価格が上昇する傾向が見られました。

基軸通貨としての採用(海外取引所)

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、基軸通貨としての採用が挙げられます。

現在ビットコインキャッシュ(BCH)は、いくつかの海外の仮想通貨取引所で基軸通貨として扱われています。

ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨として利用する海外の仮想通貨取引所が増えることにより、需要が高まっていくと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

基軸通貨として扱われることで、一度ビットコインキャッシュに換える必要があるため、一定の需要があると言えます。

スマートコントラクト技術の採用

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、スマートコントラクト技術の採用が挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は2018年に行われたハードフォークにより、スマートコントラクト技術が採用されました。スマートコントラクトとは、ある条件を持たすことで契約や取引を自動的に実行してくれる機能です。

この機能により、契約や取引の自動化ができ業務の改善をすることが可能です。また、取引の信頼性も高まるため、期待できる機能と言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

スマートコントラクトは評価が高まっているんですね!
この機能により、今後もより期待が高まる可能性があるでしょう。

決済通貨として利用できる店舗の浸透

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、決済通貨として利用できる店舗の浸透が挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)を決済で利用できる店舗は現在増えてきています。

例えば、アメリカで映画館を運営しているAMCエンターテインメント・ホールディングスでは、チケットの支払いでビットコインキャッシュ(BCH)が認められました。

このように、決済できる店舗やサービスが増えることにより決済通貨としての需要も高まると予想できます。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

決済通貨として評価されれば、一定の需要が担保されるでしょう。

マイニング調整システム「DAA」

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後価格が上がると予想する理由として、マイニング調整システム「DAA」が挙げられます。

マイニング調整システム「DAA」とは、マイニングの難易度を調整するアルゴリズムのことです。

以前は、難易度が下がったタイミングでマイニングが盛んに行われる問題が起きていました。

しかし、DAAの実装により、難易度を緩やかに下げることでこの問題の解決が期待されています。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

この「DAA」の導入により、安定したマイニングの実現が期待できます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は上がらない?将来性がないと予想する理由

ビットコインキャッシュ(BCH)が将来性がないと予想する理由として、以下が挙げられます。

それでは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

ハッキングなどの不正アクセス

ビットコインキャッシュ(BCH)が将来性がないと予想する理由として、ハッキングなどの不正アクセスが挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)のみに限らず、仮想通貨にはハッキングや不正アクセスの危険が常に隣り合わせと言えます。

そのため、資産として保有するにはリスクがあると判断され、価格が下がる可能性があると言えるでしょう。

また、マイナーがハッシュレートを51%以上持つことにより記録の改ざんができる51%攻撃のリスクも存在します。

このようなリスクが拭えない限り、将来性は期待できないと言われています。

半減期によるマイナーの離脱

ビットコインキャッシュ(BCH)が将来性がないと予想する理由として、半減期によるマイナーの離脱が挙げられます。

先述で説明した半減期は、価格が上昇するというメリットの反面、報酬が下がるため、マイナーが大幅に撤退する可能性も懸念されています。

そのため、マイナーが撤退するとマイニングが行われなくなり、仮想通貨としての価値は下がる可能性があると言えるでしょう。

半減期でマイナーが減ってしまう場合もあるのですね!
マイニング調整システム「DAA」の導入により安定したマイニングができるかが重要になるでしょう。

競合通貨のアップデートによる劣位性

ビットコインキャッシュ(BCH)が将来性がないと予想する理由として、競合通貨のアップデートによる劣位性が挙げられます。仮想通貨には、さまざまな銘柄があり機能などが似ている通貨も存在します。

それらの競合通貨がアップデートで機能などが改善や実装されることにより、相対的にビットコインキャッシュ(BCH)の価値は下がっていく可能性があると言えるでしょう。

そのため、価格を下げないためには、ビットコインキャッシュ(BCH)も新たなアップデートをする必要であると言われています。

中国などのマイニング規制

ビットコインキャッシュ(BCH)が将来性がないと予想する理由として、中国などのマイニング規制が挙げられます。

近年、中国や韓国ではマイニングに対する規制が厳しくなってきています。そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)以外にもこれらの規制が高まるにつれ、価値が下がる可能性もあるでしょう。

マイニングの規制があるんですね!
これらの情報は、ニュースなどでいち早く確認しましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後を予想するポイント

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後を予想するポイントとして、以下が挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の実用性は評価されるか

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後を予想するポイントとして、ビットコインキャッシュ(BCH)の以下の実用性は評価されるか挙げられます。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

基軸通貨として採用されるか

ビットコインキャッシュ(BCH)の実用性の評価として、基軸通貨として採用されるかが挙げられます。

現在では、海外の一部の仮想通貨取引所では、基軸通貨として扱われています。この基軸通貨への採用が増えれば、一度ビットコインキャッシュ(BCH)に交換が必要であるため、需要が増すことが予想できるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

そのため、基軸通貨として採用された場合は価格が上昇する可能性があるでしょう。

決済通貨としてより浸透するか

ビットコインキャッシュ(BCH)の実用性の評価として、決済通貨として浸透されるかが挙げられます。

先述の通り、一部の地域(海外)では決済通貨としての普及が進んでいますが、世界的にみるとそれほど普及が進んでいない状況です。

そのため、今後決済として利用できる店舗が増えることにより決済通貨としての需要が高まるでしょう。その結果、ビットコインキャッシュ(BCH)の需要が増えて、価格の上昇が期待できます。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

決済通貨として利用が進めば、需要が高まりますね!
アジア圏では、まだ決済店舗が少ないため、今後はヨーロッパ圏以外でも普及が鍵になりそうです。

投資信託の認可を得られるか

ビットコインキャッシュ(BCH)の実用性の評価として、投資信託の認可を得られるかが挙げられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の投資信託の認可について以下を引用したので、参考にしてください。

米大手仮想通貨(暗号資産)ファンドのグレースケールは17日、ビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)の投資信託が、米証券預託機関(DTC)の認可を取得したことを発表した。

投資信託の認可を得るためには、一定の基準を満たし審査に通る必要があります。そのため、投資信託の認可が得られれば、審査の条件を満たしたこととなり、評価が上がることが予想できるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

今後、投資信託の認可が進めば、より信頼性が上がる可能性があります。

次の半減期はいつ訪れるか

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後を予想するポイントとして、次の半減期はいつ訪れるかが挙げられます。

半減期が来ると希少価値が上がり、価格が上昇する傾向があります。そのため、半減期が訪れる時期が価格変動において重要であると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

仮想通貨規制の動きが抑制されるか

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後を予想するポイントとして、仮想通貨規制の動きが抑制されるかが挙げられます。

現在は、中国などで厳しい規制が行われています。また、過去にこの規制のニュースが流れた時には、仮想通貨の価格は暴落しました。

そのため、この規制の動きが弱まることにより価格が上昇する可能性があると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

仮想通貨の規制があるんですね!
反対に、規制がより厳しくなれば、価格が下落する場合もあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)に将来性はある?今後の価格を予想!

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格は、上がると予想できます。まず、エンジェル投資家ロジャーバー氏の発言についてTwitterから引用したので、参考にしてください。

Bitcoin Cash is not an offshoot of Bitcoin,
It's the original Bitcoin with the original functionality restored.

ビットコインキャッシュはビットコインの派生ではなく、オリジナルのコインであると発言しています。

また、仮想通貨の今後を予想する人工知能のウェブボットも、実用性が評価され上昇すると予想しました。

そのため、ビットコインキャッシュは今後期待できる通貨であると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

ただし、先述の通り、今後アップデートやビットコインキャッシュの評価が高まらなければ、価格が上がる可能性は少ないと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)を今後購入するなら!注目の取引所4選

Coincheck

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BCHを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 BCH:0.001BCH
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円
レバレッジ倍率 -

Coincheckの魅力!

  • ビットコインキャッシュを500円という少額から購入できる
  • 初心者でもわかりやすく利用しやすい
  • ビットコインキャッシュ以外にも全17銘柄を取引できる

日本で最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ビットコインキャッシュを500円という少額から購入できることが挙げられます。そのため、初心者の方でも少額から仮想通貨の勉強を始められるでしょう。

またこの取引所の魅力として、初心者でもわかりやすく利用しやすいアプリも挙げられます。取引画面がわかりやすいため、初心者でも迷うことなく取引が可能です。

Coincheckは、ビットコインキャッシュを購入したい初心者の方におすすめです。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 19種類
取引手数料
※BCHを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・BitMatch:0.1BCH
・販売所:0.01BCH
レバレッジ倍率 2倍

DMM Bitcoinの魅力!

  • ビットコインキャッシュをレバレッジ取引できる
  • レバレッジ取引の対応通貨が多い
  • 365日サポートが受けられる

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ビットコインキャッシュをレバレッジ取引できることが挙げられます。そのため、少ない資金で大きな利益を得られる可能性があるでしょう。

またこの取引所の魅力として、レバレッジ取引の対応通貨が多いことも挙げられます。そのため、ビットコインキャッシュ以外でも多くの銘柄で現物取引以上の利益を狙える可能性があります。

ビットコインキャッシュ含め、さまざまな銘柄でレバレッジ取引をしたい方におすすめです。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの評判について詳しく知りたい方は「DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判は?安全性やメリット・デメリットを解説」を参考にしてください。

GMOコイン

GMOコイン
取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BCHを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:0.01BCH
・販売所:0.002BCH
レバレッジ倍率 2倍

GMOコインの魅力!

  • ビットコインキャッシュを取引所形式で取引できる
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のためセキュリティ面で安心である

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、ビットコインキャッシュを取引所形式で取引できることが挙げられます。

そのため、売値と買値の価格差のスプレッドが実質的な手数料である販売所形式に比べ、取引所では手数料を安く抑えられるでしょう。

またこの取引所の魅力として、東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社であることも挙げられます。そのため、セキュリティ面など安心であると言えるでしょう。

GMOインターネットグループが親会社であれば安心ですね!
ビットコインキャッシュを手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインについて詳しく知りたい方は「GMOコインの評判は??おすすめの特徴や口コミ、デメリット・メリットを解説」や「GMOコインの口座開設・登録方法|本人確認書類や日数・時間も解説!」を参考にしてください。

bitFlyer

bitflyer
取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
取引手数料
※BCHを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.2%(単位: BCH)
・販売所:スプレッド
送金手数料 0.0002 BCH
最低取引額 ・取引所:0.01BCH
・販売所:0.00000001BCH
レバレッジ倍率 2倍

bitFlyerの魅力!

  • bitFlyer Lightningにてビットコインキャッシュを取引所形式で取引できる
  • 取引量が多いため流動性が高い
  • 主要メガバンクが出資するため安心して取引できる

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、bitFlyer Lightningにてビットコインキャッシュを取引所形式で取引できることが挙げられます。

そのため、売値と買値の価格差のスプレッドが実質的な手数料である販売所形式に比べ、取引所では手数料を安く抑えられるでしょう。

またこの取引所の魅力として、取引量が多いため流動性が高いことも挙げられます。そのため、取引所形式での取引が成立しやすいと言えるでしょう。

bitFlyer Lightningは取引所形式なんですね!
ビットコインキャッシュを取引所形式で取引したい方におすすめです。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?口コミやメリット、評価、デメリットなどを解説!」や「ビットフライヤーの口座開設方法|新規登録・申し込みの手順や手続きに必要な本人確認書類も解説」を参考にしてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する方法・買い方を紹介

ビットコインキャッシュを購入する方法は以下の通りです。(なお今回は、Coincheckでの手順を解説します。)

ビットコインキャッシュを購入する手順

  1. 自動車運転免許などの本人確認書類を準備する
  2. Coincheckの公式サイトから必要な情報を入力する
  3. 本人確認を完了させ、口座開設をする
  4. 指定の銀行口座に日本円を入金する
  5. スマホアプリやPC画面からビットコインキャッシュを購入する

上記からわかる通り、Coincheckを始め多くの仮想通貨取引所では本人確認書類が必要となるケースが多いです。

また、口座開設後は日本円を入金することで実際に取引を始められるため、あらかじめ必要な金額を準備しておくと良いでしょう。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

ビットコインキャッシュ(BCH)についてよくある質問

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いとして以下が挙げられます。

  • ブロックサイズ
  • スマートコントラクト機能
  • マイニング調整機能

ビットコインキャッシュ(BCH)は元々ビットコイン(BTC)からのハードフォークで生まれました。そのため、ブロックサイズはビットコインキャッシュ(BCH)の方が大きくスケーラビリティ問題が解消されています。

ビットコインキャッシュを今後購入するのに便利な取引所がわかる!

また、ビットコインキャッシュ(BCH)では、アップデートでマイニング調整機能なども実装されています。

1BCHの価格はいくら?

最新のリアルタイムチャートを参考にしてください。


この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

竹下FP事務所代表
㈱メディエス代表取締役
TAC専任講師

■プロフィール・経歴
・兵庫県西宮市在住、昭和46年生まれ
立教大学卒業後、池田泉州銀行日本GEタマホームなどを経て現職
・タマホームFPとして600件超のFP相談実績
・サラリーマン投資家として不動産賃貸業をスタート、それだけで生活できるようになったので卒サラ。現在は大家業をメインに講師や執筆活動、相談業務でのんびりと過ごしています
・得意分野は不動産投資や住宅購入など。お気軽にご相談ください

■所有資格
日本FP協会会員(CFP)宅地建物取引士貸金業務取扱主任者
住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー、少林寺拳法3段

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。