2021年9月14日

リップル(XRP) 取引所おすすめ8選を比較!買い方・購入方法や手数料も紹介

リップル_取引所_アイキャッチ
リップル(XRP)を購入するのにおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所はどこですか?
なるべくお得な取引所でリップル(XRP)を売買したいですよね!

この記事のまとめ

  • リップル(XRP)はアルトコインの中でも比較的メジャーな通貨のため、多くの仮想通貨(暗号資産)取引所で取り扱いがある
  • リップル(XRP)を購入する取引所は、アプリの使いやすさ・取引の手軽さ・取引手数料などで選ぶのがおすすめ
  • リップル(XRP)を購入するのにおすすめの取引所は「Coincheck(コインチェック)
  • Coincheckは、ダウンロード数No.1の使いやすいアプリで、リップル(XRP)を簡単に購入できる
  • 東証一部上場企業が親会社のため、安心感を持って取引ができる

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

リップル(XRP)はどこで買う?おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所比較

リップル(XRP)を購入できるおすすめの仮想通貨取引所として、以下の8つが挙げられます。

それぞれの仮想通貨取引所について、詳しく特徴を見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック)|スマホアプリが使いやすい

取引所名 Coincheck(コインチェック)
取り扱い銘柄数 16種類
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ファクトム(FCT)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
出金手数料 407円
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円
・販売所:500円
レバレッジ倍率 -

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

Coincheckの魅力!

  • スマホアプリが使いやすく、初心者でも手軽にリップル(XRP)を購入できる
  • 取り扱い銘柄が多く、リップル(XRP)以外にもさまざまな仮想通貨を購入できる
  • 親会社が東証一部上場企業のため、セキュリティ面でも安心感が高い

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、PCの購入画面やスマホアプリが使いやすいことが挙げられます。そのため、初めて購入する初心者の方でも比較的簡単にリップル(XRP)を取引できます。

またCoincheckは取扱銘柄が16種類と多く、リップル(XRP)以外にもさまざまな仮想通貨へ投資する場合にも便利でしょう。

さらにCoincheckの魅力として、東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社が親会社であることが挙げられます。

大手証券グループが親会社となっていることで、セキュリティ面でも安心感が高いと言えるでしょう。

スマホアプリの使いやすさセキュリティ面など、初心者が手軽にリップル(XRP)の購入できる仮想通貨取引所と言えますね!

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

bitFlyer(ビットフライヤー)|取引所形式(bitFlyer Lightning)で取引できる

取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い銘柄数 13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・ネム(XEM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
入金手数料 ・住信SBIネット銀行からの入金:無料
・住信SBIネット銀行以外からの入金:330円
出金手数料 ・三井住友銀行:220円(3万円未満)、440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外:550円(3万円未満)、770円(3万円以上)
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:0.000001XRP
・販売所:0.000001XRP
レバレッジ倍率 2倍

リップル(XRP)を取引所形式で購入できる!

bitFlyerの魅力!

  • 取引所形式でリップル(XRP)を購入できるため、手数料を抑えられる
  • リップル(XRP)以外にも多くの仮想通貨を取り扱っている
  • メガバンクが出資している安心感がある

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営している仮想通貨取引所です。

bitFlyerの魅力の1つとして、リップル(XRP)を取引所形式で取引できることが挙げられます。そのため、リップル(XRP)の購入手数料を抑えることが可能です。

また、bitFlyerではリップル(XRP)以外にも多くの銘柄を取り扱っています。リップル(XRP)以外の仮想通貨の購入を検討している方にとっても、使い勝手の良い仮想通貨取引所でしょう。

さらに、bitFlyerはメガバンクが出資しているため、運営母体に安心感が持てる仮想通貨取引所です。大切な資産を預けるため、運営会社が信用できることは大切なポイントと言えます。

取引所形式で手数料を抑えてリップル(XRP)を取引したい方におすすめの取引所です。

リップル(XRP)を取引所形式で購入できる!

bitbank|取引所形式でリップル(XRP)を購入できる

取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 9種類
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
入金手数料 ・銀行振込:銀行手数料お客様負担
出金手数料 ・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 0.15XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001XRP
・販売所:0.0001XRP
レバレッジ倍率 -

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankの魅力!

  • 取引所形式で手数料を抑えてリップル(XRP)を購入できる
  • セキュリティ機能が高いと評価を受けている
  • リップル(XRP)以外の8種類のアルトコインも取引所形式で購入できる

bitbankは、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

bitbankの魅力として、リップル(XRP)を取引所形式で取引できることが挙げられます。そのため、手数料を抑えてリップル(XRP)を購入することが可能です。

またbitbankの魅力として、セキュリティ機能の高さが挙げられます。

bitbankではオフラインのコールドウォレットで資産を管理しており、そのセキュリティの高さは第3者機関から国内No.1のセキュリティであると評価されています。(※2018年10月3日 ICORating調べ)

さらにbitbankでは、リップル(XRP)以外のアルトコインも取引所形式で購入できます。先述のように取引所形式は手数料を抑えられるため、利用者に嬉しいポイントです。

リップル(XRP)含め多くの銘柄を取引所形式でコストを抑えて購入できるのが大きな魅力ですね。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

GMOコイン|取引所形式の手数料が無料で売買できる

取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・ポルカドット(DOT)
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:1XRP
・販売所:1XRP
レバレッジ倍率 2倍

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインの魅力!

  • 取引所形式でリップル(XRP)を購入できる
  • 最大2倍のレバレッジをかけて取引できる

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

GMOコインの魅力として、取引所形式でリップル(XRP)を取引できることが挙げられます。そのため、ほかの取引所同様に手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

またGMOコインの別の魅力として、最大2倍のレバレッジをかけてリップル(XRP)を取引ができることが挙げられます。少ない資金で大きなリターンを狙いたい方にとっては、大きな魅力と言えるでしょう。

取引手数料に加え、入出金、送金手数料など各種手数料も無料のため、コストを抑えてレバレッジ取引をしたい方はおすすめの仮想通貨取引所です!

最短10分で簡単に口座開設ができる!

DMM Bitcoin|現物取引とFX取引の両方に対応している

取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ステラルーメン(XLM)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 ・銀行振込:銀行手数料お客様負担
・クイック入金:無料
出金手数料 無料
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:10XRP
レバレッジ倍率 2倍

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinの魅力!

  • 現物取引とFX取引の両方で自由にリップル(XRP)取引ができる
  • リップル(XRP)以外の11銘柄でもFX取引が可能である

DMM bitcoinは、株式会社DMM bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。

DMM bitcoinの魅力として、現物取引とFX取引の両方でリップル(XRP)が取引が可能なことが挙げられます。現物取引で慣れてきたらFX取引を始めることで、大きな利益も狙えるでしょう。

またDMM bitcoinの別の魅力として、リップル(XRP)以外の銘柄でもFX取引が可能であることが挙げられます。イーサリアムやビットコインキャッシュなど全11種類の通貨でFX取引ができるため、上級者の方にもおすすめです。

リップル(XRP)含め、さまざまなアルトコインでFX取引が可能なため、少ない資金で利益を出せる可能性があります。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

Huobi JAPAN|セキュリティ機能が世界水準で安心できる

取引所名 Huobi JAPAN
取り扱い銘柄数 11種類
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・フォビトークン(HT)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
入金手数料 ・クイック入金:無料
・銀行振込/ペイジー入金/コンビニ入金:手数料お客様負担
出金手数料 330円
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:0.012~0.15%(Maker)、0.036~0.15%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 0.1XRP
最低取引額 ・取引所:0.1XRP
・販売所:0.1XRP
レバレッジ倍率 2倍

世界水準の強固なセキュリティ!

Huobi JAPANの魅力!

  • セキュリティの水準が高いため安心してリップル(XRP)を購入できる
  • 取引所形式でリップル(XRP)を購入できるため、手数料を抑えられる

Huobi JAPANは、フォビジャパン株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

Huobi JAPANの魅力として、世界水準のセキュリティ機能が挙げられます。フォビグループは世界170か国で事業を展開しており、そのセキュリティの高さが評価されているため、安心してリップル(XRP)を購入できます。

またHuobi JAPANでは、取引所形式でリップル(XRP)を取引できるため、手数料を抑えられる点も大きな魅力です。

リップル(XRP)の取引手数料を抑えつつ安全なセキュリティの元で取引できる取引所ですね!

世界水準の強固なセキュリティ!

SBI VCトレード|リップル(XRP)をはじめとした主要な通貨の取り扱いがある

取引所名 SBI VCトレード
取り扱い銘柄数 5種類
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BTH)
・ライトコイン(LTC)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
出金手数料 ・住信SBIネット銀行の場合:50円
・住信SBIネット銀行以外の場合:160円(3万円未満)or250円(3万円以上)
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:10XRP
・販売所:1XRP
レバレッジ倍率 -

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

SBI VCトレードの魅力!

  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の主要通貨を取引所で取引可能である
  • 住信SBIネット銀行を利用すると出金手数料を抑えた取引ができる

SBI VCトレードは、SBI VCトレード株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

SBI VCトレードの魅力として、リップル(XRP)をはじめとした主要3通貨(ビットコイン、イーサリアム)を取引所で購入できることが挙げられます。

そのため、仮想通貨取引を初めて取引する初心者の方でも、手数料を抑えてリップル(XRP)を購入できます。

また、SBI VCトレードの魅力として、住信SBIネット銀行を利用すると出金手数料を抑えられる点が挙げられます。上表からもわかる通り、住信SBIネット銀行の利用で出金手数料は3分の1以下になるため、おすすめです。

SBI VCトレードはリップル(XRP)を始めとした主要3通貨の取引ができるため、初心者の方におすすめの取引所です。

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

BITPoint|最短10分で口座開設できる

取引所名 BITPoint
取り扱い銘柄数 7種類
・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BTH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
入金手数料 ・銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
出金手数料 振込手数料分お客様負担
取引手数料
※XRPを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 ・取引所:0.01XRP
・販売所:500円(買注文の場合)or0.000001XRP(売注文の場合)
レバレッジ倍率 -

取引所形式の取引手数料が無料!

BITPointの魅力!

  • リップル(XRP)を取引所形式で取引できる
  • 最短10分で口座開設ができる

BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営している仮想通貨取引所です。

BITPointの魅力として、リップル(XRP)を取引所形式で、コストを抑えて取引できることが挙げられます。取引手数料は無料のため、短期売買を繰り返しても利益を圧迫しないでしょう。

またBITPointは、口座開設手続きが簡単なため、すぐにリップル(XRP)の売買取引を行えることが大きな魅力です。口座開設はWeb上にて最短10分で行うことが可能なため、すぐに取引を始めたい方におすすめです。

口座開設完了が簡単で、すぐにリップル(XRP)を購入できるのは、初心者にとって大きな魅力ですね!

取引所形式の取引手数料が無料!

【属性別】リップル(XRP)の購入におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

リップル(XRP)購入におすすめの仮想通貨取引所

初心者の方

リップル(XRP)の購入が初めての初心者の方は、取引アプリの使いやすさで仮想通貨(暗号資産)取引所を選択するのがおすすめです。

数ある取引所の中でも、アプリの使いやすさに定評がある「Coincheck」がおすすめの取引所になります。

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

Coincheckの公式サイトでは、以下のように明記されており、専用のアプリは非常に使いやすいことが特徴です。

Coincheckは、初心者でも使いやすい仮想通貨取引所との高い評価を得ています。初心者でも使いやすい理由の1つは、チャート画面や取引画面が見やすいことでしょう。

そのため、初めてリップル(XRP)を取引する方でも迷うことなく取引を始められます。

また、取り扱うすべての通貨で500円という少額から取引ができるため、初心者の方でも気軽にリップル(XRP)を購入できるでしょう。

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

中・上級者の方

リップル(XRP)の購入に慣れてきた中・上級者の方は、レバレッジ取引ができる仮想通貨(暗号資産)取引所を選択するのがおすすめです。

数ある取引所の中でも、リップル(XRP)を取引所形式でレバレッジ取引可能な「GMOコイン」がおすすめの取引所になります。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインでは、取引所形式でレバレッジをかけられる銘柄が国内最多となっています。

取引所(レバレッジ)取引の銘柄数は国内最多※

現物取引、レバレッジ取引ともに、ビットコインはもちろん、人気のアルトコインもお取引いただけます。
レバレッジをかけた取引所取引では、国内最多の銘柄数となります。
※暗号資産交換業登録業者において。2021年6月23日当社調べ。

取引所形式でレバレッジをかけられるため、仮想通貨取引に慣れてきてリップル(XRP)で大きな利益を狙いたい中・上級者の方も、手数料を節約しながら取引が可能です。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

【徹底比較】リップル(XRP)購入時の取引所手数料一覧

リップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所の手数料について、下表に一覧でまとめています。

取引所名 取引手数料(リップル(XRP)を購入した場合) 入金手数料 出金手数料 送金手数料(リップル(XRP)を送金した場合)
bitFlyer(ビットフライヤー) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
無料
Coincheck(コインチェック) ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
407円 0.15XRP
bitbank ・取引所:-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
・銀行振込:銀行手数料お客様負担 ・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
0.15XRP
GMOコイン ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
・銀行振込:無料
・即時入金:無料
無料 無料
DMM Bitcoin ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・銀行振込:銀行手数料お客様負担
・クイック入金:無料
無料 無料
Huobi JAPAN ・取引所:0.012~0.15%(Maker)、0.036~0.15%(Taker)
・販売所:スプレッド
・クイック入金:無料
・銀行振込/ペイジー入金/コンビニ入金:手数料お客様負担
330円 0.1XRP
SBI VCトレード ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
・住信SBIネット銀行の場合:50円
・住信SBIネット銀行以外の場合:160円(3万円未満)or250円(3万円以上)
無料
BITPoint ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
・銀行振込:無料(※銀行手数料はお客様負担)
・即時入金:無料
330円 無料
上記の中でもCoincheckがおすすめです。アプリのデザインが優れているため、リップル(XRP)を簡単に購入できます。

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

リップル(XRP)を現物取引で購入する方法・買い方

リップルを現物取引で購入する手順について、Coincheck を例にまとめています。

Coincheck でリップル(XRP)を現物取引で購入する手順

  1. Coincheck の取引画面を開く
  2. 画面上の「ウォレット」を選択する
  3. 「コインを買う」を押してリップル(XRP)を選択する
  4. 購入数量や金額を確認し「OK」を選択する

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

補足として現物取引をする際は、以下の点について注意しましょう。

現物取引のポイント

  • 取引を行うには口座開設と事前に入金が必要になる
  • 現物取引では保有資産内でしか取引ができない
  • 仮想通貨取引所によっては現物取引ができないところもある

リップル(XRP)をFX・レバレッジ取引で購入する方法・買い方

リップルをFX・レバレッジ取引で購入する手順について、DMM Bitcoinを例にまとめています。

DMM Bitcoinでリップル(XRP)をFX・レバレッジ取引で購入する手順

  1. DMM Bitcoinの取引画面を開く
  2. 取引方法を「レバレッジ」、取り扱い銘柄を「リップル(XRP)」で選択する
  3. 「売」「買」のいずれかを選択する
  4. リップル(XRP)を選択する
  5. 「注文」を選択する

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

補足として、レバレッジ取引の際は以下の点について注意しましょう。

レバレッジ取引のポイント

  • 取引を行うには口座開設と事前に入金が必要
  • レバレッジ倍率はどの取引所も一律で2倍に固定されている
  • 取引所ごとに取引できる金額は異なる

リップル(XRP)を購入する際によくある質問

リップル(XRP)の最低購入金額はいくら?

リップル(XRP)の最低購入金額は、取引所により異なります。

各取引所の最低購入金額を以下にまとめています。

取引所名 最低購入金額
bitFlyer(ビットフライヤー) 0.000001XRP
bibank(ビットバンク) 0.0001XRP
Coincheck(コインチェック) 500円
GMOコイン 1XRP
DMM Bitcoin 10XRP
リップル(XRP)のレートにより最低購入金額が変動する取引所がありますので、注意が必要です。

リップル(XRP)を安く買うなら取引所と販売所どちらが良い?

リップル(XRP)を安く買うなら、取引所形式での取引がお得です。

取引所形式とは、取引所を介してユーザー同士で売買を行う方式です。ユーザー同士で売買を行うことで、取引所が仮想通貨の在庫を抱えるリスクがなくなるため、手数料を安く取引ができます。

一方、販売所取引には実質的な手数料であるスプレッドが存在し、割高な取引になります。各業者を比較して最も安い取引所を選択すると良いでしょう。

コストを抑えたいなら取引手数料が無料の取引所がおすすめです!

リップル(XRP)の購入後はウォレット管理がおすすめ?

リップル(XRP)を購入した後は、ハードウォレットで管理することがおすすめです。

ハードウォレットで管理することで、取引所で管理するよりもハッキングや盗難のリスクを低く抑えることが可能になります。

取引所と比較して、ハードウォレットを準備する手間がかかりますが大切な仮想通貨(暗号資産)をなるべく安全に管理するためにも、ウォレット管理がおすすめです。

まとめ

この記事では、リップル(XRP)を購入する際の取引所についてそれぞれの特徴や手数料について紹介してきました。

記事を読んだうえで、どの取引所で口座開設をするか迷っている方は、Coincheck をおすすめします。

リップル(XRP)を500円から簡単購入できる!

Coincheckは、アプリダウンロード数No.1の使いやすいアプリでリップル(XRP)を手軽に購入できます。

また、東証一部上場企業が親会社のため、安心感を持ってリップル(XRP)を取引できるでしょう。

改めておすすめの仮想通貨取引所を確認したい方は「リップル(XRP)はどこで買う?おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所比較」を参考にしてください。

この記事の監修者

阿久津 和宏

阿久津 和宏

職業:行政書士・社長のファイナンシャル・アドバイザー
手元にお金を残すお手伝いをしています、阿久津和宏と申します。

栃木県生まれ、埼玉県在住、妻、子供2人の4人家族。
群馬県の高崎経済大学を卒業後、大手コンビニエンスストア企業に入社。

入社1年目よりスタッフの育成・管理業務を任され、2年目、直営店店長を経て、9店舗を担当する店舗経営指導員という立場で、お店の売上・利益の向上を目的とした、カウンセリング業務を担当。「売上」と「利益」、「収入」と「資産(貯蓄等)」は比例しないことを学び、「お金を手元に残すこと」の大切さを知り、FP資格を取得。その後、保険会社勤務を経て独立「必要なお金を」「必要なだけ残す」をテーマに、相談業務、記事の執筆監修、セミナー、講演の活動を継続中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。