2021年8月1日

ビットコインのガチホとは?仮想通貨を長期保有するメリットについて解説!

仮想通貨_ガチホ_アイキャッチ
仮想通貨のガチホとは何を指すのか、ガチホをするメリットやデメリットを詳しく知りたいです!
ガチホとは「ガチでホールドする」の略称で、仮想通貨(暗号資産)を長期保有することを指します。

ガチホは長期的な視点での投資になるため、日々の値動きに気疲れする必要がなくなります。またガチホしている銘柄が将来的に大きな値上がりをした場合は、短期売買よりも大きな利益を狙えるでしょう。

この記事を読むことで、ガチホをするとどんなメリットがあるのか・ガチホをするのにおすすめの仮想通貨取引所はどこなのかが詳しくわかります。

この記事のまとめ

  • 「ガチホ」とは「ガチでホールドする」の略で、長期的にある通貨を保有する投資手法のこと
  • ガチホをすることで「相場の細かな値動きを気に必要がない」「時価総額の低いアルトコインが値上がりすると利益が大きくなる可能性がある」などさまざまなメリットがある
  • ガチホをする取引所を選ぶ際は「取り扱い銘柄の数」や「積立投資ができるか」がポイントになる
  • 仮想通貨をガチホするのにおすすめの取引所は「Coincheck(コインチェック)
  • Coincheckは、取り扱い銘柄数が国内最多で積立投資もできる

つみたて投資でガチホにおすすめ!

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインのガチホとは?ガチホの意味を解説

ガチホとは「ガチでホールドする」の略語であり、長期的に保有する投資スタイルのことを指します。

ガチホは、基本的に買う時にルールを決めて、そのルールに則り長期的に値上がりを待ちます。そのため、日々の細かい相場の動きを気にする必要がありません。

ガチホは投資初心者の方でも簡単にできる投資スタイルです。また、ガチホにはさまざまなメリットやデメリットが存在します。

この記事を読んでガチホが自身にあった投資スタイルであるか判断しましょう。

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するメリット

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットは、以下が挙げられます。

それでは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

今後利益を上げられる可能性がある

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットとして、今後利益を上げられる可能性がある点が挙げられます。

仮想通貨には数多くの種類が存在します。その中でも、利益が大きい可能性があるコインとして期待されているのはアルトコインです。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。アルトコインの具体例として以下が挙げられます。

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH、BCC)

上記のアルトコインは比較的時価総額が大きいアルトコインです。また、時価総額が小さいアルトコインの場合、取引量が少ないため大きく値上がりする可能性があります。

アルトコインは成熟していない場合もあるため、今後大きな値上がりが見込める可能性があると言えるでしょう。

ただし、価値が落ちて無価値になる可能性や取引所から取引廃止になる可能性などのリスクも存在します。

時価総額の低いアルトコインだと利益が大きくなる可能性があるんですね!
有名ではないアルトコインに関してはハイリスクハイリターンのため、リスク許容度を考えて持つ必要があります。

相場の細かな動きを気にする必要がない

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットとして、相場の細かな動きを気にする必要がない点が挙げられます。

デイトレードなど短期売買が中心の場合は、相場の動きを常にチェックする必要があるでしょう。

しかし、仮想通貨をガチホ・長期保有するということは、細かい相場の動きを繰り返しながら、徐々に価値が上がっていくことを想定しているため、細かい相場を気にする必要がありません。

また、仮想通貨は価格の変動が激しいため、細かい相場を気にしていると精神的に疲れてしまうでしょう。

長期的な視点を持って投資ができるため、日々の値動きに気疲れすることもないでしょう。

レンディングサービスによりローリスクな運用ができる

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットとして、レンディングサービスによりローリスクな運用ができる点が挙げられます。

レンディングサービスとは、自身の保有している仮想通貨を取引所を経由して貸し出し、その金利分を得るサービスです。

レンディングサービスのメリットとして、仮想通貨を預けてその分の金利を得る単純な仕組みのため、リスクが低い点が挙げられます(ただし、価格下落のリスクはあります)。

また取引所が必ず仲介するため、持ち逃げや不正のリスクを抑えて堅実に運用ができるでしょう。

リスクが低く利益が出るのは嬉しいですね!
ただし、レンディングしている仮想通貨は取引できないため、注意が必要です。

短期売買と比較して課税回数が少ない

仮想通貨をガチホ・長期保有するメリットとして、短期売買と比較して課税回数が少ない点が挙げられます。

仮想通貨をガチホ・長期保有している場合、含み益が出ていても売却しない限りは税金がかかりません。反対に、短期トレードでは取引回数が多いため、利益を確定する都度課税されます。

またガチホ・長期保有する場合、短期トレードに比べて税金だけではなく取引手数料も抑えられるのもメリットと言えるでしょう。

ただし、売却し利益を確定した段階で税金が発生します。

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリット

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリットは、以下が挙げられます。

上記のデメリットを押さえないと、取引を始めた後に思わぬ損失を被ってしまう場合があります。

それでは、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

利益が出るまで時間がかかる

仮想通貨をガチホ・長期保有するデメリットとして、利益が出るまで時間がかかる点が挙げられます。

仮想通貨をガチホするということは、基本的に長期目線での仮想通貨の保有になります。そのため、短期売買と比較して利益が出るまで時間がかかるでしょう。

しかし、短期売買のように細かい値動きを気にする必要がないため、比較的心的ストレスを軽減できます。

あくまで、長期的な視点を持った投資となることを押さえておきましょう。

保有している通貨が盗難されるリスクがある

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリットとして、保有している通貨が盗難されるリスクが短期保有に比べ高くなる点が挙げられます。

以前、日本でもCoincheckでハッキングの被害があり、ニュースなどで見た方も多いでしょう。

なお、仮想通貨の盗難リスクを減らすために個人でできる対策は以下が挙げられます。

  • 分散投資をする
  • コールドウォレットを利用する
  • 海外の取引所ではなく、国内の認可を受けた取引所を使う

また、上記の対策以外にも仮想通貨取引所ではセキュリティを強固にする対策を行っています。

近年の取引所では盗難に対するセキュリティ機能には力を入れていますよね!
ガチホに限らずハッキングのリスクは伴うため、信頼できる取引所を選択するようにしましょう。

銘柄選びが難しい

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリットとして、銘柄選びが難しい点が挙げられます。

ガチホをする際は、少しでもリスクを下げるため、分散投資をします。その場合、銘柄の値動きが似ていないものを選択する必要があります。

仮に似た動きの銘柄を組み合わせると、保有している通貨が共に下落する可能性が高いです。仮想通貨初心者の場合は、どの銘柄がどんな値動きをするのか特徴を掴むのが難しい傾向があります。

利益が確定すると確定申告が必要になる

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリットとして、利益が確定すると確定申告が必要になる点が挙げられます。

給与所得以外で年間の所得の合計が20万円を超えた場合、確定申告が必要になります。また、仮想通貨の所得区分は雑所得です。

雑所得の特徴を下表にまとめましたので、参考にしてください。

特徴 概要
累進課税 所得によって税率が変わる
総合課税 一部除いた所得の合計に課税がされる
損益通算禁止 損失が出た場合、雑所得内の利益としか相殺ができない
損益繰越控除の禁止 損失が出ても翌年以降の利益と相殺ができない
年間20万円以上利益が確定したら、税金がかかるんですね!
なお、仮想通貨を始める際は税制を必ず理解してから始めましょう

取引所の規模によっては倒産リスクがある

仮想通貨(暗号資産)をガチホ・長期保有するデメリットとして、取引所の規模によっては倒産のリスクがある点が挙げられます。

このリスクをなるべく軽減するには、国からの認可を受けた規模の大きい取引所を利用するようにしましょう。

また、保有する銘柄が複数ある場合、取引所を分散して保有するのも一つの手段です。

【チェックリスト】仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイント

仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイントは、以下が挙げられます。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント①値上がりが見込める通貨を選択する

仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイントとして、値上がりが見込める通貨を選択する点が挙げられます。

なぜなら、値上がりの見込める通貨でないと価格が落ちて、塩漬け状態になる可能性があるためです。

値上がりが見込める基準として、現実世界での実用化など良いニュースや実用化への取り組みのあるものを選ぶと良いでしょう。

通貨の情報収集や分析を充分した後に通貨を購入するのがおすすめです。

ポイント②運用ルールを守る

仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイントとして、自身で決めた運用ルールを守るという点が挙げられます。

例えば、明確なルールがないと日々の値動きに耐えられず、短期トレードのような投資となってしまう場合があります。

明確なルールの例としては、以下を定めると良いでしょう。

  • 期間
  • 価格

上記のように、「何月までに保有する」や「何円になるまで保有する」という明確な目標を持つことが大切です。

また、損切りルールも決めておかなければ塩漬けの状態になる可能性もあるため、損切りルールも忘れずに決めておく必要があります。

運用ルールは必ず決めたほうが良いのですね!
自身で決めたルールを必ず守ることで投機的な投資を避けられるでしょう。

ポイント③現物取引で行う

仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイントとして、現物取引を行う点が挙げられます。現物取引とは、自身の資産と同価値の仮想通貨を購入することです。

例えば、証拠金取引を行うとロスカットなどが起きる可能性があり、想定外の損失が出てしまう場合があります。

特に初心者の場合は、単純な取引でリスクを抑えられる現物取引をしましょう

ポイント④長期目線で考える

仮想通貨(暗号資産)をガチホする際のポイントとして、長期目線で考える点が挙げられます。

以前何倍も上がった銘柄は1年から2年の長期間かけて価格が上がっており、短期目線で莫大な利益が得られるケースはほとんどありません。

例えば、ビットコインは2017年から2018年にかけて15倍程度値上がりした銘柄です。そのため、1年以上の長い目で見る必要があると言えるでしょう。

また、長期目線で考えることで日々の値動きを必要以上に気にしなくても良いため、ストレスが軽減できます。

自身の運用ルールを決め、長期的に値上がりを待つことが大切になります。

【ガチホ・長期投資向け】おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所

ガチホ・長期投資向けの方におすすめの仮想通貨取引所は以下が挙げられます。

ガチホ・長期投資向けの方におすすめの仮想通貨取引所

上記の仮想通貨取引所の特徴を知ることで、自身のニーズに合った仮想通貨取引所を見つけられるでしょう。

それでは、それぞれの仮想通貨取引所を詳しく見ていきましょう。

Coincheck

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 16種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・クアンタム(QTUM)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
出金手数料 407円
取引手数料 ・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
レバレッジ倍率 -

つみたて投資でガチホにおすすめ!

Coincheckの特徴

  • 日本一の取り扱い通貨数である
  • 「Coincheckつみたて」で積み立て投資ができる
  • 東証一部上場企業マネックスグループが親会社のためセキュリティ面で安心できる
  • 取引画面のデザインがシンプルで初心者でも使いやすい取引所である

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。東証一部上場企業のマネックスグループが親会社であるため、安心して利用できるでしょう。

Coincheckは取引画面がシンプルで使いやすいと評判が高いです。そのため、初心者から上級者まで幅広く支持されている取引所となります。

さらに、Coincheckは取り扱い通貨の数が16種類と日本で最も多いです。銘柄で悩んでいる方もCoincheckを開設すれば、基本的に問題ないでしょう。

また「Coincheckつみたて」で積み立て投資が可能なため、長期的に保有する方には嬉しいサービスと言えます。

仮想通貨にも積み立て投資があるんですね!
Coincheckつみたてサービスがあるため、長期的な投資をしたい方初心者の方におすすめの取引所です。

つみたて投資でガチホにおすすめ!

bitFlyer

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
入金手数料 ・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
出金手数料 ・三井住友銀行の場合
220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
取引手数料 ・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.00000001BTC
・販売所:0.001BTC
レバレッジ倍率 2倍

かんたん積立でガチホでも便利!

bitFlyerの特徴

  • ビットコインの国内取引量がトップクラスに多い
  • 取り扱い銘柄が13種類と多い
  • かんたん積立を利用できるため、長期目線の投資にも優れている
  • 主要メガバンクが出資しているためセキュリティ面でも安心感がある

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。みずほキャピタルや三井住友銀行ベンチャーキャピタルなど、主要メガバンクが出資をしている取引所であるため、安心感があります。

bitFlyerの特徴として、ビットコインの国内取引量がトップクラスに多い取引所であることが挙げられます。

また、bitFlyerは取り扱い銘柄が13種類と豊富にあるため、アルトコインをガチホしたい際も問題ないでしょう。さらに、かんたん積立を利用することで、長期的な取引にも優れていると言えます。

bitFlyerは、かんたん積立を利用できるため、長期的な投資をしたい方ビットコインでガチホしたい方におすすめの取引所です。

かんたん積立でガチホでも便利!

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・ネム(XEM)
・オーエムジー(OMG)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・リップル(XRP)
・Polkadot(DOT)
入金手数料 ・銀行振込:無料
・即時入金:無料
出金手数料 無料
取引手数料 ・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.0001BTC
レバレッジ倍率 2倍

1,000円からの積み立て投資が可能!

GMOコインの特徴

  • 13種類の仮想通貨の現物・レバレッジ取引に対応している
  • 東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のためセキュリティ機能が高い
  • 最低1,000円からの積み立て投資が可能である
  • オリコン顧客満足度が1位である

GMOコインは、GMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。東証一部上場企業GMOインターネットグループが親会社のため、信頼性が高いと言えます。

GMOコインの取扱通貨は13種類あり、レバレッジ取引にも対応しているため、取引のバリエーションが豊富です。

また、最低1,000円から積み立て投資ができるため、少額から積み立て投資が可能になります。

さらに、オリコン顧客満足度で1位に選ばれている取引所のため、初めて取引を行う方も安心して始められるでしょう。

さまざまな銘柄が買えるんですね!
1,000円からの積み立て投資が可能であるため、長期的な投資をしたい初心者の方にもおすすめの取引所です。

1,000円からの積み立て投資が可能!

bitbank

取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 9種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
入金手数料 銀行振込:無料(銀行手数料お客様負担)
出金手数料 ・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
取引手数料 ・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
送金手数料 ・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.0001BTC
レバレッジ倍率 -

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankの特徴

  • 第三者機関によるセキュリティ機能で高い評価を受けている
  • 分析ツールが充実している
  • 国内全取引所の中で最も取引量が多い(※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ)
  • 使いやすく安定したアプリとの評価も高い

bitbankは、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。第三者機関からセキュリティ面で高い評価を受けている取引所であるため、安心して長期保有できるでしょう。

bitbankでは、取引所形式でアルトコインを売買できます。そのため、手数料の負担を軽減できます。

また、分析ツールが充実していることも魅力の1つです。アプリも使いやすく安定しているため、初心者から上級者の方まで幅広く支持されています。

アルトコインを取引所形式で取引可能なため、アルトコインでガチホしたい方におすすめの取引所です。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

仮想通貨(暗号資産)のガチホに関するよくある質問

長期保有(ガチホールド)している期間の税金はどうなる?

仮想通貨を長期保有(ガチホールド)している期間の税金については、利益確定をしなければ課税されません。

仮想通貨の長期保有(ガチホールド)で税金がかかるタイミングは以下の3点が挙げられます。

  • 仮想通貨を売り利益を確定した時
  • 仮想通貨で買い物をした時
  • 仮想通貨を別の仮想通貨と交換した時

上記のタイミングで利益が出ていると、確定申告が必要になるため、忘れないよう注意しましょう。

なお、給与所得以外で年間に20万円以上の所得を得た場合に、申告が必要になります。

また、仮想通貨の所得な雑所得に分類されるため、自身の他の所得と合算して累進課税制度の総合課税となります。

仮想通貨を購入する際は、課税制度を事前に理解しておきましょう。

「ガチホ」と「塩漬け」は同じ意味?

「ガチホ」と「塩漬け」の意味は異なります。

2つの意味の違いについて下表でまとめましたので、参考にしてください。

ガチホ 値上がる可能性がある仮想通貨を長期保有している状態
塩漬け 買値より大幅に価値が落ち、損切りができない状態

上記からわかる通り、ガチホは前向きに投資しているのに対して、塩漬けは後ろ向きに投資していることになります。

なお、ガチホも大幅な下落が起きて損切りができない状態になると塩漬けとなります。

塩漬け状態にならないようにしないといけませんね!
塩漬けにならないように、損切りのタイミングなどはあらかじめ決めておきましょう

まとめ

この記事では、ガチホの意味やガチホすることによるメリット・デメリットについて紹介してきました。

この記事を読むことで、自身がガチホする際の注意点や、おすすめの仮想通貨取引所を知ることができるでしょう。

この記事を読んだうえでどの取引所を開設するか迷っている方は、Coincheckをおすすめします。

つみたて投資でガチホにおすすめ!

Coincheckは、取引画面がシンプルで使いやすいため、初心者の方でも安心して取引ができるでしょう。取り扱い通貨数も16種類と多く、さまざまな銘柄を購入できます。

また「Coincheckつみたて」で積立投資ができるため、長期保有する方にもおすすめです。

改めておすすめの仮想通貨取引所を確認したい方は「【ガチホ・長期投資向け】おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所」を参考にしてください。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。