2021年9月7日

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインの今後はどうなる?5年後・10年後の将来性、未来はどこまで上がるかを予想!

仮想通貨(ビットコイン)_今後_アイキャッチ

ビットコインや仮想通貨の将来性について知りたい!

今ビットコインを買っても今後儲かるの?

ビットコイン(BTC)や仮想通貨の今後について、上記のような悩みや疑問を感じている方は多いでしょう。

この記事では、今後のビットコインについて将来性を左右するポイントや今後の時価総額・価格を予想しています。

この記事のまとめ

  • ビットコインは、今後伸びる可能性がある仮想通貨(暗号資産)
  • フィナンシャル・コンサルタントや投資会社の創業者など、多くの著名人が期待の声を寄せている
  • 決済での利用増加基軸通貨としての利用など、ビットコインの普及が広まることで、今後さらなる価格上昇が見込める可能性がある
  • ビットコインの投資を始めるなら「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckは、ビットコインの取引手数料が無料で初心者でも使いやすいアプリが特徴

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

記事を最後まで読むことで、ビットコインの今後や実際に取引を始める際におすすめの取引所などが詳しくわかるでしょう。

ビットコインはこれからどうなる?将来性・展望を予想

ビットコインはこれからの将来性があり、伸びる可能性があると言えます。多くの著名人がビットコインに対して、期待の声を寄せています。

例えば、ファイナンシャル・コンサルタントやファンド・マネジャーとして活躍する若林栄四氏は、以下のように述べています。

「2019年現在から2023~2024年まで世界的な株安・円高となる一方で、金(ゴールド)や仮想通貨ビットコインが暴騰していくのではないかー」。普段はニューヨーク在住の若林栄四(わかばやしえいし)氏が皇居を見下ろす東京大手町のホテルで語った。

また、仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルの創業者のノボグラーツ氏もこのように述べています。

仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルの創業者マイケル・ノボグラーツ氏は8日、ビットコインが年内に2倍以上の10万ドル(約1052万円)に上昇すると予想した。

上記以外にも多くの有識者や著名人が、ビットコインの今後に期待しています。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由

ビットコインが今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、以下が挙げられます。

それでは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

半減期により価格が上昇する傾向がある

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、半減期により価格が上昇する傾向があることが挙げられます。

半減期とは、ビットコインをマイニングする際に一定数のブロックが生成されると、マイニングによってマイナーが得ることができる報酬が半分になる時期のことです。

そのため、市場に出回るビットコインが少なくなり、発行されているビットコインの希少化により価値が上がります。ビットコインは過去に2012年、2016年、2020年に3度半減期が訪れましたが、いずれも価格が上昇しました。

そのため、今後半減期がきた場合価格上昇することが予想されます。

半減期は4年に1度訪れると言われています。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

ビットコイン決済の普及により需要が増加する可能性が高い

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、ビットコイン決済の普及により需要が増加する可能性が高いことが挙げられます。

ビットコインで決済できる店舗が増えれば、需要も高くなってくるでしょう。現在日本では、導入店舗がそれほど多くはないですが、少しづつ増えてきています。

現在国内でビットコイン決済に対応している店舗の例は、以下の通りです。

  • H.I.S
  • DMM.com
  • コジマ

世界でもさまざまな企業がビットコイン決済を導入を進めており、普及が広まるとビットコインの価値も上がることが予想されます。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

ビットコインで運用するファンド(ETF)の承認により仮想通貨市場が注目される

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、ビットコインで運用するファンド(ETF)の承認により仮想通貨市場が注目されることが挙げられます。

ETFとは、上場投資信託のことです。ETFが承認されるには、セキュリティや価値が認められる必要があります。

アメリカでは、今まで何度かビットコインで運用するETFが申請されてきましたが、いずれも承認が却下されています。

しかし、現在カナダとバミューダにてETFが承認されているため、今後他の国も承認が進む可能性が期待されます。

今後、さまざまな国で承認が進めば、仮想通貨市場が注目され価格の上昇が予想できるでしょう。

ETFの承認には厳しい審査があるんですね!
承認される事例が増えれば、さらにビットコインの価値が認められたと言えるでしょう。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

ライトニングネットワークの開発が進み、実用化の幅が広がる

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、ライトニングネットワークの開発が進み、実用化の幅が広がることが挙げられます。

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーン外で取引の処理を行うことで、送金速度を上げたり少額の決済を可能する技術のことです。

ライトニングネットワークの技術で、処理にかかる負担が減り、スケーラビリティ問題が解決できるでしょう。

問題が解決され実用化が進めば、将来性が期待できます。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

基軸通貨としての需要がある

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、基軸通貨としての需要があることが挙げられます。

ビットコインは、仮想通貨の世界で基軸通貨のような存在です。例えば、A通貨でB通貨を購入したいと思った場合、A通貨を一度ビットコインに交換しB通貨を購入するというような具合です。

上記のように、ビットコインを介したやり取りは多くあり、今後も仮想通貨世界での基軸通貨としての役割は期待できる可能性があるでしょう。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

時価総額や知名度がトップクラスのため、注目を集めやすい

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、時価総額や知名度がトップクラスのため、注目を集めやすいことが挙げられます。

「仮想通貨」と聞いて最初に思い浮かべる通貨として、ビットコインが出てくる方は多いでしょう。ビットコインは仮想通貨の中でも知名度が非常に高いと言えます。

また、仮想通貨の時価総額について下表にまとめたので、参考にしてください。

時価総額順位 コイン名 時価総額(※)
1位 ビットコイン(BTC) ¥94,291,398,777,925
2位 イーサリアム(ETH) ¥40,286,489,488,649

※2021年8月執筆時点

上記からわかる通り、時価総額も2位のETHの2倍以上あります。注目度が非常に高いため、プラスの動きがあった際は、期待する投資家が多く価格が上昇する可能性も比較的高いと言えるでしょう。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

発行上限が決められている

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、発行上限が決められていることが挙げられます。

ビットコインは発行上限が2,100万BTCと決められています。そのため、今後需要が増えればより価格が上昇しやすいと言えるでしょう。

また、発行上限に達すれば、より希少価値が高くなり、価格はさらに上昇することが予想されます。

法定通貨の価値が下がった場合に注目される可能性がある

ビットコインは今後も将来性・伸びしろはあると予想する理由として、法定通貨の価値が下がった場合に注目される可能性があることが挙げられます。

法定通貨の価値が大きく変動する場合、該当の法定通貨よりもビットコインを資産の逃避先と捉えるケースがあります。

特に発展途上国など、自国の法定通貨の価値が安定していない場合、注目を集める可能性が高いと言えるでしょう。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

ビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由

一方でビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由として、以下の点が挙げられます。

それでは、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

ハッキングの危険性が伴う

ビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由として、ハッキングの危険性が伴うことが挙げられます。

国内でも以前ハッキングが起きたように、仮想通貨は盗難の危険性があります。

どの仮想通貨取引所もハッキングに対して強固なセキュリティを準備していますが、ハッキングの被害がなくならないのが現状です。

そのため、今後ビットコインが将来性を期待されるには、より安全なセキュリティ体制を提供する必要があると言えるでしょう。

セキュリティ面で課題があるんですね!
国内では、ハッキング事件の後、取引所のセキュリティは強化されています。

取引の承認処理に課題がある(スケーラビリティ問題)

ビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由として、取引の承認処理に課題がある(スケーラビリティ問題)ことが挙げられます。

ビットコインは取引が集中してしまうと承認処理が遅くなり、取引に支障が出る場合があります。この処理の問題が、スケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題の対応策の具体例として先述したライトニングネットワークが挙げられます。この技術の開発が進むことでスケーラビリティ問題は改善される可能性があると言えるでしょう。

一部の国で規制がかけられる場合がある

ビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由として、一部の国で規制がかけられる場合があることが挙げられます。

現在仮想通貨が注目されている一方で、特に中国など一部の国で規制が強化されています。このように規制される国があることで普及に影響がでる可能性もあるでしょう。

中国をはじめ、仮想通貨に慎重な見方をする国も存在します。

社会的影響を受けやすい

ビットコインは今後将来性・未来はないと予想する理由として、社会的影響を受けやすいことが挙げられます。

過去にアメリカの大統領選挙の影響でアメリカドルが値上がりした際に、ビットコインの価格が下落したことがあります。また近年では、イーロンマスク氏のテスラ社への導入を巡っての発言で、ビットコインの価格が大きく変動しました。

先述の通り、注目度が非常に高いためマイナスの影響も少なからず存在すると言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)・ビットコインに今後投資するなら?おすすめの取引所5選

仮想通貨・ビットコインを今後投資するのにおすすめの取引所として、以下が挙げられます。

仮想通貨・ビットコインを今後投資するのにおすすめの取引所

それでは、それぞれの取引所について詳しく見ていきましょう。

Coincheck

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 16種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
出金手数料:407円
送金手数料 ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:500円以上かつ0.001BTC以上
・販売所:500円(0.001BTC以上)
レバレッジ倍率 -
Coincheckの取り扱い銘柄 (詳細)

Coincheckの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • クアンタム(QTUM)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)

Coincheckの魅力!

  • 取り扱い通貨数が国内で最も多い※2021年8月時点
  • 取引所形式での取引手数料が無料である
  • 取引画面がシンプルで使いやすい

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。取り扱い銘柄が多く、初心者でも使いやすいことで知られています。

この取引所の魅力として、取り扱い通貨数が国内で最も多いことが挙げられます(※2021年8月時点)。そのため、さまざまな通貨に分散投資ができます。

またこの取引所の魅力として、取引所形式での取引手数料が無料であることも挙げられます。そのため、ビットコインの取引手数料を無料で取引することが可能です。

さらにこの取引所には、取引画面がシンプルで使いやすい魅力もあります。取引画面がシンプルで使いやすいため、初心者の方でも迷わず利用できます。

ビットコインを手数料を抑えて取引したい方におすすめです。

日本で最も取り扱い通貨数が多い!

bitFlyer

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 13種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円(住信SBIネット銀行以外の場合)
出金手数料:・三井住友銀行の場合・220円(3万円未満)or440円(3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合・550円(3万円未満)or770円(3万円以上)
送金手数料 ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 2倍
bitFlyerの取り扱い銘柄(詳細)

bitFlyerの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)

bitFlyerの魅力!

  • ビットコインの取引量が非常に多い
  • 取引所形式で取引できる銘柄が多い
  • 主要メガバンクが出資をしているため安心感がある

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは、運営会社が株式会社bitFlyerとなっている仮想通貨取引所です。国内の取引所でも取引量が非常に多いことで知られています。

この取引所の魅力として、ビットコインの取引量が非常に多いことが挙げられます。そのため、取引所が流動的になり取引が成立しやすくなるでしょう。

またこの取引所の魅力として、取引所形式で取引できる銘柄が多いことも挙げられます。そのため、指定の銘柄は積極的に取引所を利用することで、大幅に手数料を抑えることが可能です。

さらにこの取引所には、主要メガバンクが出資をしているため安定感がある魅力もあります。

取引量が多いため流動性が高いのですね!
ビットコインを取引所形式で購入したい方におすすめです。

ビットコイン取引量国内No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitbank

取引所名 bitbank
取り扱い銘柄数 10種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所(BTC):-0.02%(Maker)、0.12%(Taker)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:銀行手数料お客様負担
出金手数料:・550円(3万円未満)
・770円(3万円以上)
送金手数料 ・BTC:0.0006BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:0.15XRP
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00000001BTC
レバレッジ倍率 -
bitbankの取り扱い銘柄(詳細)

bitbankの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)

bitbankの魅力!

  • 取引所形式で取引できる銘柄が多い
  • 使いやすく安定したアプリと評判が高い
  • セキュリティ機能が充実している

アルトコインを取引所形式で取引できる!

bitbankは、運営会社がビットバンク株式会社となっている仮想通貨取引所です。使いやすいアプリと評判の高いことで知られています。

この取引所の魅力として、取引所形式で取引できる銘柄が多いことが挙げられます。そのため、様々な銘柄を手数料を抑えて取引が可能です。

またこの取引所の魅力として、使いやすく安定したアプリと評判が高いことも挙げられます。そのため、初心者の方でも安心して利用することが可能です。

さらにこの取引所には、セキュリティ機能が充実している魅力もあります。第三者機関からセキュリティ機能国内No.1の評価を受けたこともあるため、自身の資産を安心して預けられるでしょう(※2018年10月3日 ICORating調べ)。

初心者の方でセキュリティ面で安心して取引したい方におすすめです。

アルトコインを取引所形式で取引できる!

DMM Bitcoin

取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 12種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・BitMatch:BitMatch手数料(※通貨により異なる)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:・銀行振込:銀行手数料お客様負担
・クイック入金:無料
出金手数料:無料
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.001BTC
レバレッジ倍率 2倍
DMM Bitcoinの取り扱い銘柄(詳細)

DMM Bitcoinの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)

DMM Bitcoinの魅力!

  • ビットコインをレバレッジ取引できる
  • 証拠金取引に対応しているアルトコインが豊富である

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

DMM Bitcoinは、運営会社が株式会社DMM Bitcoinとなっている仮想通貨取引所です。多くの銘柄でレバレッジ取引ができることで知られています。

この取引所の魅力として、ビットコインをレバレッジ取引できることが挙げられます。そのため、現物取引と比較して大きな利益を得られる可能性があります。

またこの取引所の魅力として、証拠金取引に対応しているアルトコインが豊富であることも挙げられます。そのため、ビットコイン以外でも多くの銘柄で自己資金以上の取引が可能です。

証拠金取引が豊富な取引所なんですね!
ビットコインをレバレッジをかけて取引したい方におすすめです。

取引ツールが使いやすく、アルトコインのレバレッジ取引にも対応!

GMOコイン

取引所名 GMOコイン
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:-0.01%(Maker)、0.05%(Taker)
・販売所:スプレッド
入出金手数料 入金手数料:無料
出金手数料:無料
送金手数料 ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
最低取引額 ・取引所:0.0001BTC
・販売所:0.00005BTC
レバレッジ倍率 2倍
GMOコインの取り扱い銘柄(詳細)

GMOコインの取り扱い銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)

GMOコインの魅力!

  • ビットコイン含めさまざまな銘柄でレバレッジ取引ができる
  • ビットコインの送金手数料や入金手数料が無料である

最短10分で簡単に口座開設ができる!

GMOコインは、運営会社がGMOコイン株式会社となっている仮想通貨取引所です。各種手数料で無料の項目が多いことで知られています。

この取引所の魅力として、ビットコイン含めさまざまな銘柄でレバレッジ取引ができることが挙げられます。そのため、現物取引以上に利益を大きくできる可能性があると言えるでしょう。

またこの取引所の魅力として、ビットコインの送金手数料や入金手数料が無料であることも挙げられます。そのため、各種手続きの際も手数料を抑えることが可能です。

手数料を抑えながら、さまざまな銘柄でレバレッジ取引をしたい方におすすめです。

最短10分で簡単に口座開設ができる!

ビットコインの5年後、10年後はどうなる?将来の時価総額はどこまで上がるか、価格を予想

ビットコインの5年後・10年後は期待する声が多いです。ビットコインが期待できる声が多い理由として2つ挙げられます。

はじめに、マイニング企業であるGenesis Miningが投資家に対する意識調査をした結果について以下に引用しました。

・17% believe Bitcoin will be worth more than $50k by 2030
・65% of Bitcoin investors remain bullish over the long term

上記からもわかる通り、17%の人が「2030年には5万米ドルに達する」と予想しました。また、65%の人が「長い期間で価格上昇を見込んでいる」とそれぞれ回答しています。

次に、世界的なニュースメディア「インサイダー」の記事を引用したので、参考にしてください。

Bitcoin just soared to a new $1,600 high — but the first investor in Snapchat thinks it could hit $500,000 by 2030

上記からもわかる通り、Snapchatの開発者は2030年までには50万米ドルに達すると予想をしています。このように、ビットコインの将来には期待している声が多く存在します。

今から簡単に仮想通貨投資を始められる!

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。