2022年3月7日

仮想通貨NFTとは?ビットコインとの意味の違いや使い方、メリットをわかりやすく解説!

NFT仮想通貨
NFTとは何のことですか?
仮想通貨との違いは何なのか気になっている方も多いでしょう。

近年話題になりつつあるNFTについて、この様に感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、NFTの基本概要やメリット、デメリットについて紹介していきます。

この記事のまとめ

  • NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、代替できないトークンのこと
  • NFTはブロックチェーン技術により、デジタルコンテンツに唯一無二の価値を持たせることができる
  • NFT銘柄の一例として、「音楽作品」「ゲーム」「トレーディングカード」などが挙げられる
  • NFTを取引するなら「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheck」はCoincheck NFT(β版)でNFTを取り扱っており、出品・購入時のガス代(手数料)が無料

ガス代無料でNFTを取引できる!

この記事を最後まで読むことで、NFTの基本情報から詳細部分までしっかりと理解できるようになるでしょう。

仮想通貨NFTとは?意味をわかりやすく解説

はじめに、NFTについて以下の3つの項目で解説していきます。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

NFTの意味

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、代替できないトークンのことを表しており、非代替性トークンとも呼ばれています。

NFTはブロックチェーン技術により、個別データを記録・識別することが可能になります。これにより、デジタルデータに固有性を持たせることができ、新たな価値を創出することができます。

現実世界で例えると、人気俳優のサイン入り色紙と、一般人が捏造したサイン入り色紙を判別することができ、本物の色紙に正しい価値をつけることができるようなイメージです。

一方で代替のできるFT(Fungible Token)は、NFTのように固有性を持たせることができないため、サイン入り色紙を区別できず同じ価値をつけてしまうことになります。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

このように、NFTは唯一無二の価値をもたせることができます。

NFTとビットコインなど仮想通貨(暗号資産)との違い

NFTと仮想通貨(暗号資産)の違いは「代替可能かどうか」という点になります。

NFTは先述の通り、個別データに代替不可能な唯一無二の価値を付与することが可能です。一方で仮想通貨は、トークンごとに差別化はできないため、基本的に同質の価値になります。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

NFTとイーサリアム(ETH)の関係

NFTを取引するためには仮想通貨が必要であり、主にイーサリアム(ETH)を用いて取引されるケースが多いです。

イーサリアムを所持していればNFT銘柄を取引することが可能です。なお、イーサリアムを購入するには、仮想通貨取引所を利用すると良いでしょう。

NFTのメリット4選

NFTのメリットとして、以下の4点が挙げられます。

それでは、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

代替不可能なコンテンツを作成できる

NFTには、代替不可能なコンテンツを作成できるというメリットがあります。

先述の通り、NFTはブロックチェーン技術により、個別データを記録・識別することが可能なため、代替不可能なデジタルコンテンツを作成することが可能です。

また、他者によるデジタルデータの改ざんなども起こりにくく、デジタルコンテンツに価値・値段が付加されます。それにより、NFTコンテンツを新たな資産として扱うこともできます。

このように、NFTはデジタルコンテンツの独自性を担保してくれます。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

NFTにより、これまでは複製が容易で、低コストで流出しがちだったデジタルコンテンツの価値を守れるようになりました。

使い道が豊富にある

NFTには、使い道が豊富にあるというメリットがあります。具体的な使い道としては、以下の4点が挙げられます。

それでは、それぞれの使い道を見ていきましょう。

アート作品|音楽や絵画など

NFTの使い道の1例として、音楽や絵画などのアート作品が挙げられます。

アート作品はデジタルの領域では複製が容易でしたが、NFTを用いることで所有権を示すことができ、多く取引されるようになりました。

さらに、NFTアートはPhotoshopやIllustratorなどのツールを使ってだれでも気軽に制作することが可能です。

過去には、約75億円もの価値がついたという事例もあり、作品が唯一無二であることの期待感を感じられます。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

ゲーム

NFTの使い道の1例として、ゲームも挙げられます。

ゲームもNFTと相性が良いコンテンツの1つです。ゲーム内で創り上げた、オリジナルのキャラクターやアイテムをNFTマーケットに出品することが可能です。

一例として、The Sandboxというゲーム内では、LANDと呼ばれる土地をまるで実際の土地のように売買したり、アイテムを販売することが可能となっています。

トレーディングカード

トレーディングカードもNFTの使い道の1例として挙げられます。

トレーディングカードゲームもアート作品と同様に複製の心配がありましたが、NFTの活用により所有権の明確化が可能になりました。

国内では人気アイドルグループSKE48のNFTトレーディングカードゲームが発売された事例もあります。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

NFTを用いたトレーディングカードゲームアプリも開発されており、ゲーム内で実際にユーザー間での取引が可能になっています。

ローンの担保

NFTの使い道の1例として、ローンの担保も挙げられます。

NFTを担保とすることで、資産を借り入れることが可能です。

NFTを預け入れることで、DAIと呼ばれる仮想通貨を引き出すことが可能となります。このDAIを取引所などで換金すればキャッシュに変えることが可能です。

ブロックチェーン上に所有権があるため自由な取引ができる

NFTには、ブロックチェーン上に所有権があるため自由な取引ができるというメリットもあります。

デジタルコンテンツは発行した会社のサーバー内に所有権が存在します。これによりデジタルコンテンツは、発行した会社に帰属するような形になっていました。

一方でNFTはブロックチェーン上に所有権があるため、仮想通貨のように自由にユーザー間で取引が可能です。

これによって発行会社のサーバーなどの特定の場所に帰属することなく、自由度が高い状態で取引することができます。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

プログラマビリティによりさまざまな機能をNFTに付帯させられる

プログラマビリティによりさまざまな機能をNFTに付帯させられることも、NFTのメリットになります。

プログラマビリティとは、プログラム言語を用いてネットワークの運用などを行うことを指します。これにより、手動でしていた作業などを自動化させることが可能です。

2次流通、3次流通といった場合にプログラマビリティは効果が出やすいとされています。

例えば、自身がNFTゲームの製作者であった場合、そのゲームを売りに出して買い手がつけば売上がたちます。

さらに自身のゲームの購入者がまた別の誰かに対して販売を行い、買い手がつけばその際も製作者にお金が入るように設定することが可能です。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

このようにプログラマビリティでは、流通のたびに1次製作者に売上が還元されるなどのさまざまな作業を自動化できます。

NFTのデメリット3選

NFTのデメリットとして、以下の点が挙げられます。

それでは、それぞれのデメリットを詳しく見ていきましょう。

デジタルデータ自体は複製が可能である

NFTには、デジタルデータ自体は複製が可能であるというデメリットがあります。

鑑定書付きのデジタルデータはブロックチェーンにより保護されていますが、鑑定書なしのデジタルデータは複製が可能です。

例えば、NFT化した有名アーティストのデジタルデータは保護されていますが、複製画は制作することができてしまいます。

このように、複製品が流通してしまうことはNFTのデメリットであると言えるでしょう。しかしそういった場合でも、NFTにより正式な所有者であるということは担保されるため、過度に心配する必要はないでしょう。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

長期的にNFTの価値が存続できない可能性がある

NFTには、長期的にNFTの価値が存続できない可能性があるというデメリットがあります。

NFTにより価値が補償されていても、NFT銘柄が利用されるプラットフォームを運営する会社自体が存続しなかった場合にはNFTの価値は消失してしまいます。

ゲーム関連のNFTを所持している場合を例に上げると、ゲーム会社の経営破綻などによりゲーム自体の運営が不可能となると、NFTの価値がなくなってしまいます。

このようにNFTはNFT銘柄を運営する会社との相関性があり、長期的に見ると存続できない可能性も出てくると言えるでしょう。

こういった場合も考慮し、その会社が長期的に運営を行えるかどうかを見た上で判断するのが良いでしょう。

取引時の手数料が比較的高い

NFTには、取引時の手数料が比較的高いというデメリットがあります。

NFTの売買にはガス代と呼ばれる手数料が発生します。この手数料が取引で発生し、ユーザーのアクセス状況によっては高騰する場合があります。

それによって収益を圧迫してしまい、結果として利益率が低くなる可能性もあると言えるでしょう。

こういった場合を避けるために、手数料を高めに見積もった上で取引を行うことをおすすめします。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

NFTを購入するならCoincheckがおすすめ

コインチェック
取引所名 Coincheck
取引手数料
※ガス代
無料
取り扱い銘柄数 17種類

Coincheckの魅力!

  • Coincheck NFT(β版)にてNFTを取引できる
  • 2021年10月時点ではThe SandboxとCryptoSpellsを取り扱っており今後も拡大する可能性がある
  • ビットコインなどの仮想通貨を取引できる有名な取引所である

ガス代無料でNFTを取引できる!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、Coincheck NFT(β版)でNFTを取引できることが挙げられます。出品や購入にかかる手数料も無料なため、NFTのやり取りがお得に行えます。

また、Coincheckの魅力として、2021年10月時点ではThe SandboxとCryptoSpellsを取り扱っており、今後も拡大する可能性があるという魅力も挙げられます。

早い段階でNFT取引に慣れておくことで、今後銘柄が増えたときにチャンスを逃さずに投資できると言えるでしょう。

CoincheckはNFTを安心して取引できる取引所となっています。

ガス代無料でNFTを取引できる!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

NFTに関するよくある質問

NFTの今後の動向や時価総額はどうなるの?

NFTは将来性があり、時価総額も上昇すると予想されています。

NFT自体が2021年に伸び始めたばかりで、2020年から2021年の1年で市場規模は100倍になったとも言われており、まだまだ発展途上のため伸びしろがあると予想されています。

2021年3月、TwitterのCEO(最高経営責任者)であるジャック・ドーシー氏の初めてのツイートがNFT化され、291万5835ドル(約3億円)で落札されました。

他にも「せきぐちあいみさん」のアートが1,300万円で落札されるといった事例もあります。

このように有名人のNFT利用・参入が今後も期待されることからも、将来性はあり、時価総額は上昇すると予想されます。

NFTを取引できる便利なマーケットプレイスがわかる!

NFT関連銘柄を取引する際の注意点は?

NFT関連銘柄を取引する際の注意点として、ガス代(手数料)が挙げられます。

ガス代とは、ブロックチェーン上のデータが正しいことを承認するマイナー(採掘者)に支払われる手数料のことで、取引などでユーザーのアクセスが集中するほど高額になります。

NFTを売買するときにこのガス代は生じ、マイナーに手数料を払う必要があります。

ガス代により利益が削られることを踏まえて、NFTの取引や収益計算を行っておくべきだと言えるでしょう。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。