2022年1月24日

チェーンリンク(Chainllink/LNK)仮想通貨とは?取引所や買い方・チャートを解説!

チェーンリンク仮想通貨
仮想通貨のチェーンリンクにはどんな特徴があるの?
チェーンリンクの今後の将来性も知りたいですよね!

仮想通貨チェーンリンクに対して、上記のような疑問や考えを持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではチェーンリンクの特徴や将来性を左右するポイント、取引できる取引所などを詳しく紹介していきます。

この記事のまとめ

  • チェーンリンクは「ブロックチェーンと現実世界のデータ」や「ブロックチェーンと他のブロックチェーン」をつなげられることが特徴
  • スマートコントラクトの実用化により、チェーンリンクが活躍する場面が増える可能性がある
  • チェーンリンクと提携する企業が増加することで、価格が上昇する可能性もある
  • チェーンリンクを購入するのにおすすめの取引所は「bitFlyer
  • bitFlyerでは、チェーンリンク取り扱い開始キャンペーンを開催しており最大5万円を抽選でプレゼント!(※2022年1月13日まで)

チェーンリンク取り扱い開始キャンペーンで最大5万円を抽選でプレゼント!

この記事を最後まで読むことで、チェーンリンクの具体的な特徴や今後の将来性などが詳しくわかります。

また、チェーンリンク以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」を参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)チェーンリンク(Chainllink/LINK)とは?特徴を解説

チェーンリンク

通貨名 チェーンリンク
単位 LINK
時価総額 1,510,023,418,578.49円(2021年11月執筆時点)
取り扱い開始 2017年9月
発行上限 1,000,000,000 LINK
おすすめの取引所 ・bitFlyer
・SBI VCトレード

チェーンリンクは、ブロックチェーンとそれ以外のもの(現実世界のデータや他のブロックチェーンなど)をつなげられることが特徴の仮想通貨(暗号資産)です。

チェーンリンクの特徴としては、主に以下のものが挙げられます。

上記で挙げたチェーンリンクのそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

チェーンリンクをお得に取引できる!

現実世界のデータとブロックチェーンをつなげられる

チェーンリンクの特徴として、現実世界のデータとブロックチェーンをつなげられることがあります。

以下の場面で対応可能なため、それぞれのパターンについて詳しく見ていきましょう。

ブロックチェーンから現実データ

チェーンリンクは、ブロックチェーンで使用している技術を現実世界で利用することが可能になります。

例えばスマートコントラクトは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行してくれる仕組みのため、契約の透明性が高まるなどのメリットがあります。

チェーンリンクを用いることで、このような技術を現実世界の電子マネー決済や送金システムなどで利用することが可能になるため、注目を集めていると言えます。

チェーンリンクをお得に取引できる!

現実データからブロックチェーン

チェーンリンクでは、先ほどの説明とは逆で、現実データをブロックチェーン上に取り込むことも可能になります。

前提として、現実データとブロックチェーンを接続する際には「オラクル」というつなぎ役が必要になります。これまでのオラクルは、特定の管理者が必要になるため、ブロックチェーンの強みである分散型管理と相反する仕組みでした。

一方でチェーンリンクは、オラクルの役割を果たしつつ、分散型の管理を可能にしたため、安全性などの面からメリットのある仕組みと言えます。

ブロックチェーン同士もつなげられる

チェーンリンクの特徴として、ブロックチェーン同士もつなげられるということもあります。

ブロックチェーンは主に3種類(パブリックチェーン、プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン)に分けられ、互換性がないものは基本的につなぐことは難しいとされていました。

一方でチェーンリンクを使えば、上記のような問題が解決されます。

チェーンリンクをお得に取引できる!

世界的に有名な企業と提携している

世界的に有名な企業と提携していることも、チェーンリンクの大きな特徴です。

Googleやカカオトークを始め、国内でもAP通信などが、チェーンリンクと提携を発表しています。先述の通りチェーンリンクは、現実世界とブロックチェーンをつなげられます。

提携している企業の知名度などからも、その技術に対する期待感が想像できるでしょう。

チェーンリンク(Chainllink/LINK)の今後の将来性を予想するポイント

チェーンリンク(Chainllink/LINK)の今後の将来性を予想するポイントとして、以下が挙げられます。

チェーンリンク(Chainllink/LINK)の今後の将来性を予想するポイント

上記のポイントを抑えておくことで、今後チェーンリンクに関して注目が集まったときにも落ち着いて判断しやすいでしょう。

それでは、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

チェーンリンクをお得に取引できる!

スマートコントラクトの実用化

チェーンリンクの今後を予想するポイントとして、スマートコントラクトの実用化が挙げられます。

スマートコントラクトとは、決められた契約がブロックチェーン上で自動で実行・承認される仕組みのことです。この仕組みを利用すると、安全性・コストの面でメリットがあるとされています。

チェーンリンクの公式サイトでは、スマートコントラクトのユースケースの例が挙げられています。以下はその一部です。

  • 分散型ファイナンス
  • サプライチェーン
  • NFT
  • オフチェーン計算

この他にも合計で77のユースケースの例を提示しており、これらの機能が実際に実現するとチェーンリンクの注目度も高まる可能性があると言えるでしょう。

チェーンリンクをお得に取引できる!

提携する企業の増加

チェーンリンクの今後を予想するポイントとして、提携する企業の増加も挙げられます。

先述の通り、Googleをはじめとして既に有名な提携企業は存在します。実際に有名な企業と提携を発表した段階で、価格が上昇したケースもあり、今後の企業からの注目度もチェックすると良いでしょう。

チェーンリンク(Chainllink/LINK)のリアルタイムチャート



上記からもわかる通り、2021年6月ごろに大きく値を下げましたが、11月にかけて価格が戻ってきています。

今後スマートコントラクトの実用化が進んだり、提携する企業が増えたりすることでチェーンリンクの価格がさらに上昇する可能性もあると言えるでしょう。

チェーンリンクをお得に取引できる!

チェーンリンク(Chainllink/LINK)を購入できる取引所

bitFlyer

bitflyer
取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 14種類(2021年12月中予定のチェーンリンク含む)
取引手数料(LINKを購入した場合) ・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料 1LINK
最低取引金額 0.00000001 LINK
レバレッジ倍率 -

bitFlyerの魅力!

  • チェーンリンクの取り扱い開始によりキャンペーンを開催している(※2022年1月13日まで)
  • チェーンリンクを1円から購入できる
  • ビットコインの取引量が国内最高クラスに多い

チェーンリンク取り扱い開始キャンペーンで最大5万円を抽選でプレゼント!

bitFlyerは、運営会社が株式会社ビットフライヤーとなっている仮想通貨取引所です。

bitFlyerの魅力として、チェーンリンクの取り扱い開始によりお得なキャンペーンを開催していることが挙げられます(※2022年1月13日まで)。

チェーンリンク(LINK)の取扱いを記念し、 12 月 14 日(火)から「チェーンリンク(LINK)取扱開始記念!抽選で 15 名様に最大 5 万円が当たるキャンペーン」を開催しております。

キャンペーン期間中に所定の数量の仮想通貨(暗号資産)を購入することで、最大5万円がプレゼントされるため、お得と言えるでしょう。

また販売所では、チェーンリンクを1円から購入できるため、初めて購入する方でも比較的気軽に取引を始めやすい取引所です。

お得なキャンペーンを開催している今がチャンスですね!

チェーンリンク取り扱い開始キャンペーンで最大5万円を抽選でプレゼント!

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?口コミやメリット、評価、デメリットなどを解説!」や「ビットフライヤーの口座開設方法|新規登録・申し込みの手順や手続きに必要な本人確認書類も解説」を参考にしてください。

SBI VCトレード

取引所名 SBI VCトレード
取り扱い銘柄数 7種類
取引手数料
※LINKを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド
送金手数料 無料
最低取引額 0.001LINK
レバレッジ倍率 -

SBI VCトレードの魅力!

  • 国内で初めてチェーンリンクの取り扱いを開始した
  • 500円相当の少額からチェーンリンク取引を始められる

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

SBI VCトレードは、運営会社がSBI VCトレード株式会社となっている仮想通貨取引所です。

SBI VCトレードの魅力として、国内で初めてチェーンリンクの取り扱いを開始したことが挙げられます。2021年9月に取り扱いを開始し、bitFlyerが取り扱い開始するまでは、国内で唯一チェーンリンクを購入できる取引所と言えます。

また、この取引所の魅力として、500円相当の少額からチェーンリンクを購入できることも挙げられます。そのため、初めてチェーンリンクを購入する方でもまずはお手頃な金額から試せるでしょう。

比較的少額からチェーンリンクを購入したい方におすすめです!

住信SBIネット銀行を利用すると手数料がお得!

ほかにもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」を参考にしてください。

チェーンリンク(Chainllink/LINK)の買い方・購入方法を解説

ここからは、チェーンリンク(Chainllink/LINK)の買い方・購入方法にについて解説していきます。

この手順を踏むことで、実際にチェーンリンクを購入する際にも迷うことなくスムーズに取引できるでしょう。なお、本人確認書類として運転免許証パスポートが必要になるため、事前に準備しておくと良いでしょう。

チェーンリンクを購入する手順

  1. bitFlyerで口座開設の申し込みをする
  2. 本人確認書類を提出し、口座を開設する
  3. 指定の銀行口座に入金する
  4. 専用のアプリからチェーンリンクを購入する

なお、入金の際は住信SBIネット銀行を利用すると手数料が無料になるため、おすすめです。

チェーンリンク取り扱い開始キャンペーンで最大5万円を抽選でプレゼント!

チェーンリンク(Chainllink/LINK)に関するよくある質問

ICOはいつ行われた?

チェーンリンクのICOは、2017年9月に行われました。

ICOとは新規通貨公開のことで、これが行われることで、開発者は資金調達を行うことが可能になります。

時価総額はいくら?

チェーンリンクの時価総額は、1,510,023,418,578.49円です(2021年11月執筆時点)。

発行枚数は何枚?

チェーンリンクの発行枚数上限は、1,000,000,000 LINKです。

チェーンリンクをお得に取引できる!

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。