2022年1月24日

仮想通貨LINK(LN/リンク)とは?将来性の予想や取り扱いのある取引所、買い方を解説!

LINK_仮想通貨_アイキャッチ

LINK(LN/リンク)の特徴を知りたい!

LINK(LN/リンク)の今後の将来性はどうなの?

仮想通貨のLINKに対して上記のような要望や疑問を持っている方も多いでしょう。

この記事では、LINK(LN/リンク)の特徴や今後の将来性を予想するポイントについて紹介しています。

この記事のまとめ

  • LINK(LN/リンク)は、LINEBlockchain上の基軸通貨として利用できる通貨
  • また、提携している店舗で利用すると「LINEリワード」がもらえるのが特徴
  • 今後の将来性を予想するポイントは、LINEトークンエコノミーのユーザーが増えることが挙げられる
  • また、国内での新規上場があると価格が上昇する可能性があると言える
  • さらに、NFTマーケットやdAppsの普及も今後の価格に影響するポイントである
  • LINK(LN/リンク)を購入できるおすすめの取引所は「LINE BITMAX
  • LINE BITMAXは、国内で唯一LINKを扱っている取引所である※2021年11月執筆時点

いつものLINE上で簡単に口座開設ができる!

この記事を読むことで、LINK(LN/リンク)ついて理解を深められるでしょう。

またリンク以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」を参考にしてください。

仮想通貨LINK(LN/リンク)とは?特徴を紹介!

通貨名 LINK(リンク)
単位 LN
時価総額 ¥133,276,449,082.53(2021年11月18日現在)
取り扱い開始 2018年8月
発行上限 10億LINK
おすすめの取引所 LINE BITMAX

LINKはLINE Blockchain上の基軸通貨として利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

LINKの特徴として、主に以下の3点が挙げられます。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

LINEBlockchain上の基軸通貨として利用できる

LINKの特徴として、LINEBlockchain上の基軸通貨として利用できることが挙げられます。

現在LINEBlockchain上では、さまざまなサービスが提供されています。LINKは、それらのサービスに対する決済手段として利用することが可能です。

また、サービスの提供側もLINKにて報酬を受け取る仕組みとなっています。このように、LINKはLINEBlockchain上の基軸通貨としての役割を果たしています。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

対象サービスの利用で「LINE リワード」がもらえる

LINKの特徴として、対象サービスの利用で「LINEリワード」が還元されることが挙げられます。

「LINEリワード」とは、LINK Rewards Programに加盟しているお店で支払いをした際にもらえるトークンのことです。わかりやすくいうと、ポイント還元のようなものをイメージすれば良いでしょう。

さらにこのトークンは、LINKと交換することが可能となっています。例えば、LINE Payを決済手段として用いることで、LINKに交換できるトークンを受け取れる仕組みとなっています。

NFTマーケットをローンチしている

LINKの特徴として、NFTマーケットをローンチしていることが挙げられます。NFTとは、非代替トークンと呼ばれるもので、ブロックチェーンにて唯一無二である証明がされたデジタルデータのことです。

NFTはその特性を活かし、ネット上での音楽や絵画販売に活用されるなど現在注目を集めている分野です。それらのNFTアートを売買するプラットフォームをNFTマーケットと呼びます。

2021年6月30日、LINEアプリ内でNFTマーケットである「LINE BITMAX Wallet」がローンチされました。このマーケット内ではLINKを利用することが可能となっています。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイント

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイントとして、以下の4点が挙げられます。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

LINEトークンエコノミーのユーザー増加

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイントとして、LINEトークンエコノミーのユーザー増加が挙げられます。

LINEトークンエコノミーとは、LINEBlockchainを利用してサービスやアプリをユーザーに届ける経済圏のことを指します。

このLINEトークンエコノミーはユーザーが決済手段としてLINKを利用できたり、ユーザーも報酬としてLINKのトークンがもらえることが特徴です。

今後このLINEトークンエコノミーのユーザーが増加することで、よりLINKの価値が上がることが予想されます。

今やLINEユーザーは世界中で増えており、その利便性から今後もLINEユーザーが増加していくことが見込まれるでしょう。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

国内の取引所への新規上場

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイントとして、国内の仮想通貨取引所への新規上場が挙げられます。

LINKは、現在日本ではLINE BITMAXのみ上場しています。また、海外でも取り扱っている取引所が少ないのが特徴です。

そのため、現時点では知名度がそれほど高いとは言えないでしょう。今後、国内の仮想通貨取引所への上場が増えていくことで通貨の知名度が上がり、それにより通貨価値も上昇していく可能性があります。

NFTマーケットの拡大

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイントとして、NFTマーケットの拡大が挙げられます。

先の項目で紹介した通り、LINKではNFTマーケットをローンチしています。NFTはその特性からさまざまな分野での活用が見込まれており、今後さらにNFTマーケットが普及、拡大していくことが期待できるでしょう。

NFTマーケットを展開しているLINKの需要も拡大していく可能性がありますね。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

dAppsの新規開発

LINK(LN/リンク)の今後の将来性を予想するポイントとして、dAppsの新規開発が挙げられます。

dAppsとは、ブロックチェーン上で利用できるアプリケーション(分散型アプリ)のことです。2021年のLINEの事業計画では、このdAppsを拡大していくことを目標としています。

既にこのdAppsを基盤としたアプリがリリースされており、ゲーム、動画配信、SNSなど多岐の分野にわたるものとなっています。

今後もdAppsを拡大していくことでユーザーの増加につながり、LINKの需要も高まることが期待できるでしょう。

LINK(LN/リンク)の取り扱いがある日本の取引所はLINE BITMAXのみ!

取引所名 LINE BITMAX
取り扱い銘柄数 6種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:-
送金手数料 LN:入出庫機能は現在準備中
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.000001 LNまたは1円相当額
レバレッジ倍率 -

LINE BITMAXの魅力!

  • 国内で唯一LINKの取り扱いがある(※2021年11月執筆時点)
  • LINEのグループサービスと連携できる
  • LINEアプリから簡単に口座開設ができる

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

LINE BITMAXは、LVC株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

LINE BITMAXの魅力として、国内で唯一LINKを取り扱っていることが挙げられます(※2021年11月時点)。

国内の取引所で購入できるのはLINE BITMAXのみであるため、LINKの購入を検討している方にはおすすめの仮想通貨取引所です。

またLINE BITMAXには、LINEアプリやLINE Payなどのグループサービスと連携できる魅力もあります。LINE経済圏ユーザーにとっては、資金移動や資産管理などの面において一括管理できる利便性があるでしょう。

LINE BITMAXは、LINKを購入したい方やLINEの関連アプリを利用している方におすすめの仮想通貨取引所です。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

ほかにもおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」を参考にしてください。

LINK(LN/リンク)の購入方法・買い方を紹介!

LINKの具体的な購入方法・買い方について解説していきます。

ここでは、2021年11月執筆時点で唯一取り扱いのあるLINE BITMAXでの手順を解説します。

LINKの購入方法・買い方の手順

  1. LINE BITMAXで口座開設を行う
  2. LINE BITMAXの指定口座へ入金する
  3. LINE BITMAXトップページより「リンク」をタップする
  4. 購入金額を入力する
  5. 入力内容を確認する
  6. 購入ボタンをタップする
  7. 購入手続きが完了する
購入手続き時には、金額の入力に間違いがないかよく確認をしましょう。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

LINK(LN/リンク)についてよくある質問

LINK(LN/リンク)の時価総額は?

LINK(LN/リンク)の現在の時価総額は以下の通りです。

時価総額 ¥131,352,165,868

この時価総額は2021年11月16日時点の時価総額となっています。

LINKを取引できる唯一の国内取引所!

過去に価格が暴落したことはある?

LINK(LN/リンク)は、これまで価格の暴落が2度起きた経験があります。1度目は2021年5月、2度目は2021年9月に発生しています。

LINK/Chainlinkとは異なる暗号資産?

LINKとChainlinkとは異なる暗号資産です。

名称が似ているため混同しやすいですが全く異なる仮想通貨であるため、手続きの際は間違えないよう注意しましょう。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。