2022年1月24日

仮想通貨リスク(LSK/Lisk)は終わった?リスクコインの今後の将来性やチャート、取引所を解説!

リスク_仮想通貨_アイキャッチ

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)ってどんな特徴があるの?

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の将来性を予想できるポイントを知りたい!

リスク(LSK)について興味がある方の中には、このような悩みを持っている方も多いでしょう。この記事では、リスク(LSK)の特徴や今後の将来性を予想するポイントについて紹介しています。

この記事のまとめ

  • リスク(LSK)とは分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームで使われている暗号資産のことである
  • リスクは、ブロックチェーンが開発途中であり独自アルゴリズム「DPoS」を採用している
  • 使用する言語がJavaScriptのため開発者が参入しやすい特徴もある
  • 今後はアップデートや開発の進展ビットコインやイーサリアムなど競合通貨の動向がポイントになる
  • また、リスクSDK完全版が公開されれば価格が上昇する可能性がある
  • リスクを購入するのにおすすめの取引所は「Coincheck」である
  • Coincheckは、リスク(LSK)を最低500円と少額から購入でき、初心者でも利用しやすいのが特徴である

日本で最多級の取り扱い通貨数!

この記事を最後まで読むことで、リスク(LSK)について理解を深められるでしょう。

また、リスク以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」を参考にしてください。

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは?コインの特徴を解説!

通貨名 リスク
単位 LSK
時価総額 ¥34,251,225,060.81(2021年12月執筆時点)
取り扱い開始 2016年5月24日
発行上限 なし
おすすめの取引所 Coincheck、bitFlyer

リスク(LSK)とは、分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームで使われている暗号資産のことです。なお、このプラットフォームのことは「Lisk」と呼びます。

リスク(LSK)には、以下のような特徴があります。

それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

リスクをお得に購入できる!

ブロックチェーンが開発途中である

リスク(LSK)の特徴として、ブロックチェーンが開発途中であることが挙げられます。リスク(LSK)のブロックチェーンでは、以下の2つの機能の実装を目指しています。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

サイドチェーンの構築

リスク(LSK)のブロックチェーンの特徴として、サイドチェーンの構築が挙げられます。

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは異なるブロックチェーンで処理をすることでスケーラビリティ問題の解消を目指しています。

また、ハッキングなどが起きた場合はサイドチェーンを切り離すことで、被害を最小限に抑えることも可能です。

リスクをお得に購入できる!

スマートコントラクトの実装予定

リスク(LSK)のブロックチェーンの特徴として、スマートコントラクトの実装予定が挙げられます。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で、自動的に契約を承認する(締結する)機能です。この機能は、ビジネスシーンなどでも注目されている機能でもあります。

リスクは、このスマートコントラクト機能を実装予定としていることから、その活用に注目が集まっています。

実装されれば、注目度がより上がりますね!

使用する言語がJavaScriptのため開発が進みやすい

リスク(LSK)の特徴として、使用する言語がJavaScriptのため開発が進みやすいことが挙げられます。

JavaScriptとは開発言語の1つで、広く知られたメジャーな言語です。プログラミングをしている方であれば、知らない方は少ないでしょう。

リスク(LSK)は、このJavaScriptを使用することで開発者の参入ハードルが下がり、開発者が増えることによりさらに普及が進む可能性があります。

リスクをお得に購入できる!

開発のロードマップが公開されている

リスク(LSK)の特徴として、開発のロードマップが公開されていることが挙げられます。

リスク(LSK)の開発期間や開発の方向性は、一般に公開されています。そのため、ユーザーはリスク(LSK)に対する理解を深めたうえで、投資や開発に携わることが可能となっています。(ただし、このロードマップは途中で変更されることもあります。)

ステーキング報酬がもらえる取引所がある

リスク(LSK)の特徴として、ステーキング報酬がもらえる取引所があることが挙げられます。

ステーキング報酬とは、対象の通貨を保有することでもらえる報酬のことです。

現在、国内ではCoincheckとbitFlyerがステーキングサービスを行っています。通貨を保有しているだけで利益が得られるため、簡単かつ安定して利益を得ることが期待できるといえるでしょう。

CoincheckとbitFlyerがステーキングサービスを提供しているんですね!

リスクをお得に購入できる!

独自アルゴリズム「DPoS」を採用している

リスク(LSK)の特徴として、独自アルゴリズム「DPoS」を採用していることが挙げられます。

独自アルゴリズム「DPoS」とは、リスク(LSK)を保有している方が承認作業(フォージング)をする人を投票して選ぶ方法です。

承認者をユーザーの投票にて前もって選ぶことができるため、取引のスピードが早いことが特徴です。また、承認者や保有者は承認が完了すると報酬を受け取ることが可能となっています。

発行枚数の上限が設けられていない

リスク(LSK)の特徴として、発行枚数の上限が設けられていないことが挙げられます。

リスク(LSK)にはコインの発行上限が設けられていません。そのため、発行枚数を過剰に増やしすぎると通貨価値の希少性が低くなることにより価格の下落が起こってしまう可能性があります。

発行枚数と通貨価格は密接な関係にあるため、リスク(LSK)の流通量については日頃からチェックしておく必要があるでしょう。

リスクをお得に購入できる!

リスク(Lisk/LSK)は終わった?今後の将来性を予想するポイント

リスク(LSK)の今後の将来性を予想するポイントについて、以下の4点が挙げられます。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

アップデートや開発の進展

リスク(LSK)の今後の将来性を予想するポイントについて、アップデートや開発の進展が挙げられます。

リスク(LSK)は先述の特徴の通り、開発言語にJavaScriptを使用しています。そのため、開発者の参入ハードルが比較的低く、多くの方が開発に携わることが可能です。

今後優秀な開発者や開発者の数が増加することで、さらなる開発やアップデートが起き、通貨の注目度が上がることが予想できるでしょう。

リスクをお得に購入できる!

ビットコインやイーサリアムなど競合通貨の動向

リスク(LSK)の今後の将来性を予想するポイントについて、ビットコインやイーサリアムなど競合通貨の動向が挙げられます。

リスクは分散型アプリケーションプラットフォームであるため、イーサリアムなどが競合通貨となります。時価総額もイーサリアムの方が大きいため、現時点では知名度などの観点でイーサリアムに後れを取っているといえます。

今後、競合通貨に勝るニュースやプロジェクトがあると、リスク(LSK)が注目されることを期待できるでしょう。

反対に、競合通貨が注目されることがあれば、相対的にリスク(LSK)の評価も下がることもあるかもしれません。

リスクSDK完全版の公開

リスク(LSK)の今後の将来性を予想するポイントについて、リスクSDK完全版の公開が挙げられます。

リスクSDK完全版とは、リスク(LSK)を開発していく環境や情報をまとめたものです。このリスクSDK完全版が公開されることによって、リスク(LSK)の開発者が増え通貨価格が上昇することが期待できます。

また、投資家もリスクSDK完全版を活用することで、通貨の今後の見通しが立てやすいため、リスク(LSK)の保有者が増えるきっかけにもなるでしょう。

リスクをお得に購入できる!

提携企業やプロジェクトの立ち上げ

リスク(LSK)の今後の将来性を予想するポイントについて、提携企業やプロジェクトの立ち上げが挙げられます。

リスクは、今後提携企業や新規プロジェクトが立ち上がることで注目が上がることが予想されます。

また、異なるブロックチェーンを繋ぐインターオペラビリティのプロジェクトが進めば、より価格が上昇する可能性があるといえるでしょう。

リスク(Lisk/LSK)の現在の価格は?リアルタイムチャートを紹介!



上記からもわかる通り、2021年5月ごろに2021年の最高値を記録してから、2021年12月の執筆時点では300円前後で推移しています。

今後プラットフォームとしての開発が進んだり、リスクSDK完全版が公開されるなどで期待感が高まることで、さらなる価格上昇も期待できると言えるでしょう。

リスクをお得に購入できる!

リスク(Lisk/LSK)が購入できる国内の取引所2選

Coincheck bitFlyer
松田翔太コインチェック bitflyer
取引手数料 ・取引所:-
・販売所:スプレッド
・取引所:-
・販売所:スプレッド
取り扱い銘柄数 17種類 14種類
最低取引金額 ・取引所:-
・販売所:500円
・取引所:-
・販売所:0.00000001LSK
特徴 リスク(LSK)を最低500円と少額から購入できる リスクを0.00000001LSKと少額から購入できる
詳細 公式サイト矢印 公式サイト矢印

Coincheck(コインチェック)

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※LSKを購入した場合
・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料 LSK:0.1LSK
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:500円
レバレッジ倍率 -

Coincheckの魅力!

  • リスク(LSK)を最低500円と少額から購入できる
  • 購入方法がわかりやすいため、初心者でも使いやすい
  • 取り扱い通貨数が17種類と豊富である

日本で最多級の取り扱い通貨数!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、リスク(LSK)を最低500円と少額から購入できることが挙げられます。Coincheckではリスク(LSK)をワンコインから購入できるため、少額取引をしたいという方におすすめの仮想通貨取引所です。

またCoincheckの魅力として、購入方法がわかりやすいため、初心者でも使いやすいことが挙げられます。初めて仮想通貨の取引をする方は、コインの購入方法に不安を感じる方も多いかもしれません。

Coincheckのアプリ取引画面は簡潔で見やすいようにデザインされているため、初心者の方でも使いやすいと感じるでしょう。

Coincheckは、リスク(LSK)を少額から購入したい方におすすめの仮想通貨取引所です。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
※LSKを購入した場合
・取引所:-
・販売所:スプレッド
送金手数料 LSK:0.1LSK
最低取引額 ・取引所:-
・販売所:0.00000001LSK
レバレッジ倍率 -

bitFlyerの魅力!

  • リスクを0.00000001LSKと少額から購入できる
  • ビットコインの取引量が国内最高クラスに多い
  • 主要メガバンクを始め大企業が出資しているため、安心感がある

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerは、株式会社 bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。

bitFlyerの魅力として、リスクを0.00000001LSKと少額から購入できることが挙げられます。少額から取引できるため、仮想通貨取引の初心者の方でも気軽に購入しやすいでしょう。

またbitFlyerの魅力として、ビットコインの取引量も国内最高クラスに多いことが挙げられます。取引所形式での流動性が比較的高いため、リスク以外にもビットコインで分散投資をしたい方にもおすすめです。

少額からリスクを購入できるんですね!
bitFlyerは、少額からリスクを購入したい方や、ビットコインを購入したい方におすすめの仮想通貨取引所です。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットフライヤーについて詳しく知りたい方は「ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?口コミやメリット、評価、デメリットなどを解説!」や「ビットフライヤーの口座開設方法|新規登録・申し込みの手順や手続きに必要な本人確認書類も解説」を参考にしてください。

リスク(Lisk/LSK)の買い方の手順

リスク(LSK)の買い方の手順として、以下の取引所別に説明していきます。

リスク(LSK)の買い方の手順

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

Coincheckの場合

まずはCoincheckでのリスク(LSK)の買い方について見ていきましょう。

Coincheckでのリスク(LSK)の買い方

  1. Coincheckで口座を開設する
  2. Coincheckへ購入資金を送金する
  3. 「リスク(LSK)」をタップする
  4. 「購入」をタップする
  5. 購入金額を入力する
  6. 入力内容を確認する
  7. 購入手続きを完了する

購入金額は取引成立後に訂正ができないため、手続きを行う前には入力内容に間違いがないかよく確認しましょう。

日本で最多級の取り扱い通貨数!

bitFlyerの場合

次にbitFlyerでのリスク(LSK)の買い方を紹介します。

bitFlyerでのリスク(LSK)の買い方

  1. bitFlyerで口座を開設する
  2. bitFlyerへ購入資金を送金する
  3. 「リスク(LSK)」をタップする
  4. 「購入」をタップする
  5. 購入金額を入力する
  6. 入力内容を確認する
  7. 購入手続きを完了する

bitFlyerに資金を入金するには、銀行振込やインターネットバンキングで入金、コンビニで入金するといった方法があります。手数料や利便性を比較して、自身にとって良い方法を選びましょう。

ビットコイン取引量6年連続No.1!(※)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

なお、上記に限らずおすすめの仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」を参考にしてください。

リスク(Lisk/LSK)についてよくある質問

リスクの時価総額はいくら?

リスク(Lisk/LSK)の現在の時価総額は以下の通りです。

時価総額 ¥33,594,511,684

この時価総額は2021年12月執筆時点の時価総額となっています。

リスクをお得に購入できる!

リスクの値段が高騰した時の最高値はいくら?

リスク(Lisk/LSK)の過去の最高価格は2018年1月7日につけた4,516円となっています。

リスクは過去にハードフォークした?

リスク(LSK)は過去にハードフォークしたことがあります。

リスク(LSK)は、2021年8月にハードフォークを行いました。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。