2022年3月2日

仮想通貨SHIBA INU・柴犬コイン(SHIB)とは?取引所や買い方、今後の将来性を解説!

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?今後の将来性や購入方法・買い方を解説!

SHIBA INU(SHIB)の特徴を知りたい!

SHIBA INU(SHIB)の今後の将来性はどうなの?

SHIBA INUに対して、上記のような要望や疑問を持っている方もいるでしょう。

この記事では、SHIBA INU(SHIB)の特徴や今後を左右するポイント、具体的な購入方法まで詳しく解説しています。

この記事のまとめ

  • SHIBは、DOGEから派生したミームコインである
  • 3種類のトークンであるSHIB、LEASH、BONEが存在する
  • また、DEXに預けることでステーキング報酬がもらえるのが特徴である
  • 今後は、国内仮想通貨取引所への新規上場著名人の発言によって価格が変動する可能性が高い
  • SHIBは国内仮想通貨取引所では取り扱っていないため、海外の仮想通貨取引所でのみ購入ができる
  • 海外仮想通貨取引所で購入に必要なBTCを手数料を抑えて購入するには「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckは、取引手数料が無料の取引所形式でBTCを購入できる

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

この記事を最後まで読むことで、SHIBについて理解を深められるでしょう。

またSHIB以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」や「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」を参考にしてください。

仮想通貨SHIBA INU(SHIB・柴犬コイン)とは?特徴を紹介!

SHIBA_INU

通貨名 SHIBA INU
単位 SHIB
時価総額 ¥1,310,181,304,534(2021年10月時点)
取り扱い開始 -
発行上限 1,000,000,000,000,000SHIB
おすすめの取引所 国内仮想通貨取引所で取り扱いなし

SHIBA INU(SHIB)は、柴犬がモチーフとなっている通貨で知られています。SHIBの特徴として以下が挙げられます。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

DOGEのミームコインである

SHIBA INU(SHIB)の特徴として、DOGEのミームコインであることが挙げられます。

ミームコインとは「模倣通貨」のことです。SHIBA INUはDOGEの模倣通貨であり、SNSなどで話題性が高まることで、出来高や価格が乱高下することで知られています。

またミームコインのことを「ネタコイン」として扱う人もいるのが特徴です。この通貨は、DOGEから派生したコインであるため「DogeCoin Killer」とも呼ばれています。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

3種類のトークンが存在する

SHIBA INU(SHIB)の特徴として、3種類のトークンが存在することが挙げられます。それらの3種類のトークンは以下になります。

それぞれのトークンについて詳しく見ていきましょう。

SHIB

SHIBA INU(SHIB)の3種類のトークンとして、まずSHIBが存在します。

このSHIBは、メインのトークンとして扱われおり、投資対象となっているトークンです。このトークンは、決済や送金などのメイン通貨として利用されているのが特徴です。

また、分散型取引所(DEX)である「Uniswap」に預けると報酬としてBONEがもらえます。

LEASH

SHIBA INU(SHIB)の3種類のトークンとして、LEASHが存在します。

LEASHは、当初派生元であるDogeCoinの価格と連動するリベーストークンとして作られました。しかし、現在ではリベーストークンとしては扱われていません。

このトークンは、SHIBよりも発行枚数が少ないため、価値が比較的高いのが特徴です。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

BONE

SHIBA INU(SHIB)の3種類のトークンとして、BONEが存在します。

BONEは、ガバナンストークンとして利用されることを目的として作られました。ガバナンスとは、SHIBの今後のプロジェクトの方針や方向性などをガバナンス参加者の投票で話し合う会議のことです。

ユーザーはBONEの保有数に連動して、ガバナンスへの参加が可能になります。

保有数が多ければ、ガバナンスの時に影響力があるんですね!
また、このBONEはSHIBをUniswapに預けたステーキング報酬として入手することが可能です。

DEXの利用でステーキング報酬が得られる

SHIBA INU(SHIB)の特徴として、DEXの利用でステーキング報酬が得られることが挙げられます。

先述した通り、分散型取引所(DEX)である「Uniswap」にSHIBを預けておくと、ステーキング報酬が手に入ります。また、この分散型取引所「Uniswap」では、流通量の約半数が預けられているのが特徴です。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

ステーキング報酬では、BONEが手に入り、保有数に応じてガバナンスへの参加が可能になります。

NFTを公開している

SHIBA INU(SHIB)の特徴として、NFTを公開していることが挙げられます。

NFTとは、代替不可能なトークンの意味で、ブロックチェーン技術の活用で写真や音楽、動画などのデジタルデータの唯一性を担保されることです。

現在では、ShibaNFTが公開されており、注目を集めています。また、Shiba Incubatorと呼ばれるアーティストを支援する団体を提供しているのもSHIBの特徴です。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

匿名「Ryoshi」が開発者である

SHIBA INU(SHIB)の特徴として、匿名「Ryoshi」が開発者であることが挙げられます。

SHIBは匿名「Ryoshi」によって、2020年の8月に開発された仮想通貨になります。

SHIBA INU(SHIB)の今後の将来性を左右するポイント

SHIBA INU(SHIB)の今後の将来性を左右するポイントとして、以下が挙げられます。

SHIBA INU(SHIB)の将来性を左右するポイント

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

国内取引所への新規上場

SHIBA INU(SHIB)の将来性を左右するポイントとして、国内取引所への新規上場が挙げられます。

2021年10月時点でSHIBは国内仮想通貨取引所で取り扱いがありません。そのため、国内での知名度は他の上場している通貨と比較すると低いと言えるでしょう。

今後、価格を上昇させるにはより知名度を上げていく必要があります。SHIBが国内仮想通貨取引所へ新規上場した場合、知名度が上がることで価格の上昇が期待できるでしょう。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

まだ国内では、取り扱いがないんですね!
国内新規上場の情報は早くキャッチアップすることが重要です。

著名人による発言

SHIBA INU(SHIB)の将来性を左右するポイントとして、著名人による発言が挙げられます。

SHIBについて、過去にイーロンマスク氏がTwitterにて以下のような発言をしました。


このように、購入を匂わせる発言をしたことで、注目が集まりSHIBの価格は大きく上昇しました。

また、この後にもSHIBに関する発言をした時に価格が上がったことがあります。このように著名人の発言で価格が大きく変動する可能性があるでしょう。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

著名人の発言も今後の価格を見るうえで重要なポイントになるでしょう。

SHIBA INU(SHIB)の現在の価格は?リアルタイムチャートを紹介


SHIBは2021年10月までに過去最高値をつけて、順調に上昇していました。一方で、イーロンマスク氏がSHIBを保有していないことを明らかにすると、価格が反落しています。

(ブルームバーグ): 実業家のイーロン・マスク氏が暗号資産(仮想通貨)「シバイヌ(SHIB)」を保有していないとツイッターで明らかにしたことを受け、25日の取引でSHIBが反落している。

今後もこうした著名人の発言や動向には注意が必要です。

SHIBA INU(SHIB)を購入するのに必要なBTCを取引できる取引所

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド

Coincheckの魅力!

  • BTCの取引手数料が無料な取引所形式でビットコインを購入できる
  • 取引画面がシンプルで初心者でもわかりやすい
  • 取り扱い銘柄が17種類と国内で最多級である(※2021年10月時点)

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

この取引所の魅力として、BTCを取引手数料が無料な取引所形式で購入できることが挙げられます。

スプレッドのある販売所に比べて割安な取引所形式で購入できるため、SHIBの取引に必要なBTCを手数料を抑えて手に入れられます。

さらにこの取引所には、取り扱い銘柄が17種類と国内で最多級であるという魅力もあります(※2021年10月時点)。豊富な種類のアルトコインがあるため、SHIBA INU以外にも別の銘柄を取引したい場合に適していると言えるでしょう。

BTCを手数料を抑えて購入したい方におすすめです。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

SHIBA INU(SHIB)の買い方・購入方法を紹介

SHIBA INU(SHIB)の買い方・購入方法の手順は、以下の通りです。

ただし、海外の仮想通貨取引所は金融庁の認可を受けていないため、当サイトでは推奨していません。それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①国内仮想通貨取引所の口座を開設する

SHIBA INU(SHIB)を買う際にまずやることは、国内仮想通貨取引所の口座を開設することです。具体例として、Coincheckでの口座開設の手順は以下です。

Coincheckでの口座開設の手順

  1. メールアドレスを入力してアカウントを作成する
  2. 個人の基本情報をフォームに沿って入力する
  3. 本人確認を行う

また、口座開設に必要なものとして以下が挙げられます。

  • 指定の身分証明書
  • スマホやPC
  • メールアドレス

20歳未満の方や75歳以上の方は口座開設の対象外となるため、注意しましょう。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

手順②国内仮想通貨取引所でBitcoinを購入する

SHIBA INU(SHIB)を購入する際に2番目にやることは、国内仮想通貨取引所でBitcoinを購入することです。

SHIBA INU(SHIB)は国内仮想通貨取引所で取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所で購入する方法のみです。

海外の仮想通貨取引所では、日本円が基軸通貨ではないため、Bitcoinを用意する必要があります。そのため、まずは国内の仮想通貨取引所でBitcoinを購入しましょう。

Bitcoinを買うのにおすすめの仮想通貨取引所は、Coincheckです。Coincheckは、取引手数料が無料の取引所形式で購入することが可能です。

SHIBの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

手順③海外仮想通貨取引所にBitcoinを送金する

SHIBA INU(SHIB)の購入で3番目にやることは、海外仮想通貨取引所にBitcoinを送金することです。

手順②で購入したBitcoinを海外の仮想通貨取引所に送金しなければ、SHIBA INU(SHIB)は購入できません。そのため、海外の仮想通貨取引所に送金しましょう。

送金する際にアドレスを誤ってしまうと仮想通貨が返ってこない可能性が高いため、注意しましょう。

手順④海外仮想通貨取引所でSHIBA INU(SHIB)を購入する

SHIBA INU(SHIB)の買い方・購入方法の手順として4番目にやることは、海外仮想通貨取引所でSHIBA INU(SHIB)を購入することです。

先述で送金したBitcoinでSHIBを購入します。その際に必ず海外仮想通貨取引所がSHIBを取り扱っているか確認しましょう。

また、海外仮想通貨取引所の取引手数料がかかるため、注意が必要です。さらに、海外の仮想通貨取引所は、レバレッジの倍率を日本よりも高く設定できるため、倍率に注意しましょう。

ただし、海外の仮想通貨取引所は金融庁の認可を受けていないため、当サイトでは推奨していません。

SHIBA INU(SHIB)に関するよくある質問

SHIBA INU(SHIB)コインの発行枚数の上限は?

SHIBA INU(SHIB)コインの発行枚数の上限は、1,000,000,000,000,000SHIBです。

SHIBA INU(SHIB)の時価総額は?

SHIBA INU(SHIB)の時価総額は、1,310,181,304,534円です。

なお上記の時価総額は、2021年10月執筆時点での時価総額になります。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。