2022年1月24日

仮想通貨VeChain・ヴィチェーン(VET)とは?将来性や価格、チャート、取引所での買い方を解説!

vet_仮想通貨_アイキャッチ

VeChain(VET)にはどんな特徴があるの?

VeChain(VET)の今後の将来性を左右するポイントを知りたい!

VeChain(VET)に関して、このような疑問や悩みを持っている方も多いでしょう。

この記事では、VeChain(VET)の特徴や今後の将来性を左右するポイント、購入方法について紹介しています。

この記事のまとめ

  • VETは、製品の製造から流通までの一連の流れをブロックチェーン技術で管理できることが特徴
  • Proof of Authorityを採用しており、デュアルトークンシステムを利用している
  • BMWやPwCなど大企業と提携していることも特徴的である
  • 今後はサプライチェーンの管理など実用化が進めば、VETの価格が上昇することが予想される
  • 2021年10月時点で国内仮想通貨取引所ではVETは購入できないため、海外の仮想通貨取引所で購入する必要がある
  • VET購入に必要なBTCを購入するには「Coincheck」がおすすめ
  • Coincheckは、取引手数料が無料な取引所形式でBTCを購入できる

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

この記事を最後まで読むことで、VeChain(VET)の特徴や将来性について理解を深められるでしょう。

また、VeChain以外にもおすすめの仮想通貨について詳しく知りたい方は「仮想通貨おすすめ銘柄7選|今買うならどれがいい?これから伸びる人気の有望銘柄を紹介!」や「仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選!」を参考にしてください。

仮想通貨(暗号資産)VeChain(VET)とは?特徴を紹介

通貨名 ヴィチェーン
単位 VET
時価総額 851,957,118,675円※2021年10月時点
取り扱い開始 2017年8月15日
発行上限 873,378,637 VET
おすすめの取引所 国内取引所で取り扱いなし

VETとは、製品の製造から流通までの一連の流れをブロックチェーン技術で明確な運営にすることを目的としたプラットフォームです。

VETにより、従来の閉鎖的な運営による消費者の不利益を改善することを目指しています。また、VETの運営会社は、中国のBitSEが親会社であるため、中国での実用化が進んでいることも特徴です。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

ほかにも、VETの特徴として以下が挙げられます。

ここからは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

Proof of Authorityの採用

VETの特徴として、Proof of Authorityの採用が挙げられます。

Proof of Authorityとは、VETを保有している量に応じてマイニングの権利が付与されるコンセンサスアルゴリズムです。そのため、保有量に応じて分配されるVETの数も変化します。

また、マイニングの権利が付与されるには、一定のVETの保有に加えて個人情報の提示などの他の条件も必要になります。

上記のようにマイニング承認の条件を定めることで、不正の抑制を可能にしていることが特徴です。また、万が一不正があった場合は、マイニングの権利がなくなります。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

マイニングの権利をもらうにも条件があるんですね!
コンセンサスアルゴリズムの安全性は比較的優れている通貨と言えるでしょう。

デュアルトークンシステム|VET・VTHOの利用

VETの特徴として、デュアルトークンシステムが挙げられます。VETには、以下の2種類のトークンが存在しているので、ぜひ参考にしてください。

VETのトークン 特徴
VET 取引や決済などで利用されるバリューを表したトークン
VTHO(VeChain Thor Energy) ブロックチェーンでのトランザクションを実行するのにかかるエネルギーを表したトークン

VTHOは、VETのトランザクションのための手数料を支払うために必要になります。

ブロックチェーン技術を使うために必須になるVTHOは、VETを保有することで付与されるため、結果としてVETの需要も高まることが予想されます。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

大企業との提携

VETの特徴として、大企業との提携も挙げられます。例えば、VETと提携している企業の例は以下の通りです。

  • BMW
  • PwC
  • H&M
  • ドコモ

上記からもわかる通り、一度は見たことや聞いたことがあるような有名企業が提携していることがわかります。また、上記の中でもBMWについての記事を引用したので、参考にしてください

Vechain has partnered with BMW to develop a platform that will keep vehicles free from forgery.

BMWでは、車両偽造防止のためにVechainと提携してプラットフォームを作りました。この技術提携により「VerifyCar」というアプリがリリースされる予定です。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

このように、さまざまな大手企業との連携もVETの特徴と言えるでしょう。

実用化の拡大

VETの特徴として、実用化の拡大が挙げられます。先述の通り、VETはサプライチェーンで役立つ通貨になります。ここでは、以下の製品での実用化について解説していきます。

それぞれの製品について、詳しく見ていきましょう。

食品・健康関連製品

VETの特徴として、食品・健康関連製品での実用化が挙げられます。

VETでは、製品の製造から消費者の手元に届くまでの一連の流れであるサプライチェーンを、ブロックチェーン技術で管理しオープンにすることが可能です。

このことにより、商品を作った人などの信頼性を担保することができるようになります。消費者はこの食品や健康関連製品がどこから来たのか、どのように製造されたのかを把握することが可能になる便利な仕組みです。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

工業製品

VETの特徴として、工業製品での実用化も挙げられます。

工業製品で利用されると、製品の製造元や時期を判断することが可能です。例えば工業製品に不備があり故障してしまった場合、不調の原因となる部品の製造元などを把握することができます。

そのため、問題解決に必要な対策は何か・場合によっては製品そのものを回収する必要があるのかなどの判断がしやすくなります。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

VeChain(VET)の今後の将来性を左右するポイント

VeChain(VET)の今後の将来性を左右するポイントとして、上記のような実用化が高まるかということが挙げられます。

VETはサプライチェーンの管理に強みを持っているため、先述のような食品や工業製品をはじめ、ブランド品や医療品、情報そのものなどさまざまな場面で活躍する可能性が考えられます。

今後も分散型アプリケーションやIoT技術での実用化が進むことにより、VETの普及が進み将来の価格が上がることが予想できます。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

VeChain(VET)の将来の価格は?リアルタイムチャートも紹介


VETの価格について、仮想通貨の将来価格を予想するサイト・ウォレットインベスターでは、5年間で70セント(0.7ドル)まで上昇すると予想しています。

WalletInvestor has a five-year forecast for VeChain that only reaches 70 cents per coin.

VeChain(VET)の購入に必要なBTCを買える取引所

コインチェック
取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
※BTCを購入した場合
・取引所:無料
・販売所:スプレッド

Coincheckの魅力!

  • ビットコインが取引所形式で購入できて取引手数料が無料である
  • 取引画面がシンプルで初心者でも使いやすい
  • 取り扱い銘柄が17種類と国内最多級である

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

Coincheckは、運営会社がコインチェック株式会社となっている仮想通貨取引所です。

Coincheckの魅力として、ビットコインが取引所形式で購入できることが挙げられます。取引所形式の取引手数料は無料なため、VET購入に必要なビットコインを手数料を抑えて買うことが可能です。

また、Coincheckの魅力として、取引時の画面がシンプルで初心者でも使いやすいことも挙げられます。

アプリダウンロード数がNo.1(※2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie))になるほど人気なため、VET購入に必要なビットコインを迷わずビットコインを購入することができるでしょう。

VETの購入に必要なBTCを手数料を抑えて購入したい方におすすめです。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

コインチェックの評判について詳しく知りたい方は「コインチェックの評判・口コミ|デメリット・メリットや評価はどう?」を参考にしてください。

VeChain(VET)の購入方法・買い方を解説

VeChain(VET)の購入方法・買い方は、以下の手順の通りです。

ここでは、それぞれの手順についてより具体的に見ていきましょう。

手順①国内の仮想通貨取引所でBTCを購入する

VETの購入でまずやることは、国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入することです。

2021年10月の執筆時点では、国内の仮想通貨取引所ではVETは取り扱っていません。そのため、海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

しかし、海外の仮想通貨取引所は基軸通貨が日本円ではないため、ビットコインを利用して購入するのが一般的です。このVET購入用のビットコインを国内の取引所で買う必要があります。

日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入する場合は、取引所形式の手数料が無料である取引所で購入すると良いでしょう。

なお、上記の条件を満たしているおすすめの仮想通貨取引所はCoincheckになります。

VETの購入に必要なBTCを手数料無料で買える!

手順②購入したBTCを海外取引所に送金する

VETの購入で次にやることは、購入したビットコインを海外取引所に送金することです。

手順①で購入したビットコインを海外の仮想通貨取引所に送金します。なお、海外の仮想通貨取引所に送金する際はアドレスを間違えないようにしましょう。

手順①で購入したビットコインを送金するんですね!
もしアドレスを間違えてしまうと、送金した仮想通貨が戻ってこない場合があるため注意しましょう。

手順③送付されたBTCでVETを購入する

VETの購入で最後にやることは、送付されたビットコインでVETを購入することです。

なお海外の取引所は、金融庁の認可を得ていないため、本サイトでは推奨しておりません。

この記事の監修者

恩田 雅之

恩田 雅之

1959年 東京生まれ。専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
2004年3月にCFP資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修などを中心に活動中。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※本サイト内の記事は、投資顧問契約又は投資一任契約の締結の代理又は媒介を行うものではありません。各自のご判断で、各商品・サービスの提供主との契約締結の有無及び内容についてご検討ください。

※各社のクレジットカードの画像は各社の公式サイトから引用しましたものになります。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。